Samurai Goal

イスコ


スポンサード リンク





<レアル・マドリード>久保建英VSイスコ 来季ポジション争い激化 

1: 2020/04/14(火) 22:55:27.54
レアル・マドリードで来季、若手とベテランの間のポジション争いが激化すると、スペイン紙マルカが14日に報じている。

Rマドリードは近年、莫大(ばくだい)な資金を投資して将来有望な若手選手と契約する政策を採っており、欧州チャンピオンズリーグ3連覇後に世代交代が始まっている。
その流れは前監督のソラーリが、ヴィニシウスやレギロン(セビリア)を重宝した昨季からスタート。そして今季はメンディ、バルベルデ、ヴィニシウス、ロドリゴらが、マルセロ、モドリッチ、クロース、ベイルの座を脅かした。

クラブの政策が功を奏し、チームには現在、期限付き移籍中の選手を含め、ルニン(21)、アクラフ(21)、ミリトン(22)、メンディ(24)、バルベルデ(21)、
久保建英(18)、ウーデゴール(21)、ヘイニエル(18)、ヨヴィッチ(22)、ヴィニシウス(19)、ロドリゴ(19)という、今後長年クラブを支えられる平均年齢約20歳の魅惑的な11選手が所属している。

一方、クルトワ(27)、カルバハル(28)、セルヒオ・ラモス(34)、ナチョ(30)、マルセロ(31)、カゼミーロ(28)、クロース(30)、モドリッチ(34)、ベイル(30)、アザール(29)、ベンゼマ(32)、
ヴァラン(26)、イスコ(27)、長期負傷から復帰予定のアセンシオ(24)のような選手たちがチームに存在している。

このような状況の中、マルカ紙は来季起こり得る若手対ベテランのポジション争いを次のように挙げている。

ウーデゴール(21)対モドリッチ(34)

バルベルデ(20)対クロース(30)

ヴィニシウス(19)対アザール(29)

ロドリゴ(19)対ベイル(30)

カルバハル(28)対アクラフ(21)

マルセロ(31)対メンディ(24)

ルニン(21)対クルトワ(27)

ベンゼマ(32)対ヨヴィッチ(22)

セルヒオ・・ラモス(34)対ミリトン(22)

イスコ(27)対久保(18)

この中でイスコと久保について同紙は、「イスコはソラーリと対立し、忘れるべきシーズンとなった昨季、そしてポジションを失っていた今季序盤を経て、チームでの地位を下げていた。
その後、今回のリーグ戦中断期間前までにパフォーマンスを改善し、これまでチームの欧州での成功において重要な役割を果たしてきたが、その将来は100%確実なものにはなっていない。

一方、久保はエキサイティングな選手であり、遅かれ早かれレアル・マドリードの中で、居場所をかけて戦う、才能あふれる若手選手のひとりである」と伝えている。
Rマドリードには来季、これまで以上に激しいポジション争いが存在すると予想される。それは選手層の厚さを証明するものであり、チームの将来が明るいのは間違いない。(高橋智行通信員)

4/14(火) 19:29配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-24140649-nksports-socc

写真
no title

久保建英、レアルで最も驚かされた選手とは?「一緒に練習してみると…」 

20200318-00367424-footballc-000-1-view




1: 2020/03/18(水) 23:21:17.75
 スペイン1部のマジョルカに所属する日本代表MF久保建英は、レアル・マドリードのトップチームで練習に参加して最も強烈な印象を受けた選手としてスペイン代表MFイスコを挙げている。マジョルカのFWクチョ・エルナンデスがSNSを通して久保に“インタビュー”を行った中でのコメントをスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 久保は昨年夏にFC東京からマドリーへ完全移籍。当初はBチームでのプレーが見込まれながらもトップチームのプレシーズンキャンプに参加し、その後リーガ1部での出場経験を積むためマジョルカへのレンタルを決めた。

「(マドリーで)練習に参加した時、本当に凄いと思ったのはイスコ」と久保はコメント。「良い選手だというのは知っていたけど、一緒に練習をしてみると信じられないほどだと分かった」と衝撃を振り返っている。

 久保はまた、サッカー界の2大スターであるクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシについても質問を受けた。「マンチェスター・ユナイテッドの頃のクリスティアーノの方が好きだったけど、マドリーではより点取り屋っぽくなった」と久保は返答し、フリーキックに関してはC・ロナウド、ドリブルに関してはメッシの方がより気に入っているとも話している。

 レンタルの形でマジョルカに在籍している久保は、来季以降の去就も注目されている。だが「まずはマジョルカを(降格から)救いたい」と今季のプレーに集中する姿勢を強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200318-00367424-footballc-socc

マドリードに再びプロ窃盗集団 今度はレアルのジダン監督、イスコが被害に  

20190613-00000082-dal-000-2-view[2]




1: 久太郎 ★ 2019/06/13(木) 20:39:23.56 ID:b1kYAOn29
スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督とMFイスコが、プロ窃盗集団による被害に遭ったという。スペインのテレビ局ラ・セクスタ、現地のアス紙などが13日までに伝えた。

 報道によると、ジダン監督、イスコともに本人不在時の被害。クラブは警備体制を強化するとともに、自宅の特定につながる可能性があるとして選手らに対してSNSで公表する内容を警戒するように指導している。

 同種の事件はA・マドリードのFWアルバロ・モラタが被害に遭ったばかり。同選手がスペイン代表として試合に参加していた際、自宅に武装した窃盗団が侵入。当時は妻と生まれたばかりの双子が在宅中だったといい、貴重品や記念品を奪われただけではなく、その恐怖心から自宅を売却する考えだという。

 他にも最近ではDFピケ、DFジョルディ・アルバ、FWボアテング(以上バルセロナ)、FWベンゼマ(レアル・マドリード)ら数多くの選手が似通った手口の被害を受けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000082-dal-socc

<やはり埋まらなかった溝>レアルの重鎮3選手(ベイル、マルセロ、イスコ)が退団へ  

20190412-00010002-sportes-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/12(金) 09:08:24.52 ID:s9x77yd19
レアル・マドリーの選手たちの中でも在籍期間が長い3名が今夏の移籍シーズンに退団する可能性が高い。その3名とはマルセロ(13シーズン在籍)、ベイル、イスコ(共に6シーズン)である。これらの選手らは来シーズンに向けたレアル・マドリーの大改革の影響を受けるだろう。

レアルは我慢の限界!ベイルを88億円に値下げし売却へ

ウェールズ代表のガレス・ベイルは、前シーズンにすでにクリスティアーノ・ロナウドや監督ジダンとの関係悪化により退団寸前だったが、会長フロレンティーノ・ペレスの決断により移籍を免れた経緯がある。
しかしロナウドの退団後もベイルのパフォーマンスには多くの問題が存在する。

マルセロに関しては、マドリーはすでに完全にこの選手への信頼を失ってしまった。ロナウドのいるユヴェントスへの移籍を望むマルセロだが、マドリーは第2キャプテンとしての自覚の無さを責めている。マルセロのやる気のなさは、一刻も早くユヴェントスへ移籍する為の策なのではないかと見られている。

一方で27歳のMFイスコは、前監督サンティアゴ・ソラーリとの衝突でクラブとの関係まで悪化させた。

マドリーはこれら3名の大型選手の売却により最低でも2億5,000万ユーロ(約313億円)の移籍金を手にし、新たな補強の資金に充てようと計画している。

4/12(金) 8:47配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010002-sportes-socc

レアル、超大型補強に備え軍資金調達か…高年俸の選手ら計6名を売却予定 

20190406-00925248-soccerk-000-1-view[1]

ジダン流の人心掌握術炸裂 守護神ナバス先発起用の理由は…「重要さを感じてほしい」 

20190317-00176907-soccermzw-000-4-view[2]

<新生レアル>ジダン新監督の復帰初戦を飾る“干されていた”イスコ、ベイル、マルセロらが大活躍  

1: Egg ★ 2019/03/17(日) 07:53:16.70 ID:Qu4YIAFN9
■レアル・マドリード 2-0 セルタ・デ・ヴィーゴ

イスコ(後半17分)
ガレス・ベイル(後半32分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11162558


■「冷遇組」を先発に抜擢
 
3月11日にジネディーヌ・ジダン監督が電撃復帰した3位R・マドリーは3月16日(現地時間)、ラ・リーガ28節で18位セルタをホームに迎え、2-0の勝利を飾った。

【動画】R・マドリー対セルタのハイライトはこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=55680

ジダン監督はこの復帰初戦で、サンティアゴ・ソラーリ時代の4-3-3ではなく、4-4-1-1を採用。GKのケイラー・ナバスをはじめ、イスコ、ガレス・ベイル、マルセロ、マルコ・アセンシオといったソラーリ政権下では冷遇されていた選手たちを先発に抜擢した。
立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けるマドリーは9分、ベンセマのパスを受けたマルセロの折り返しを、イスコが反転してゴールを狙うもDFにブロックされる。

29分にはマルコ・アセンシオのクロスのこぼれ球をベイルがジャンピングボレー。これはバーに弾かれる。その7分後にCKに合わせたセルヒオ・ラモスのヘッドも惜しくも左に外れ、なかなかゴールを奪えない。
降格圏に臨むセルタのゴールをようやくこじ開けたのは、62分だった。アセンシオがスピードに乗ったドリブルで持ち込み、左に開いたベンセマへ。この9番のクロスを、ゴールにねじ込んだのはイスコだった。

77分にも、ドリブルで駆け上がったマルセロのアシストを受けたベイルが右足を一閃。確実にネットを揺らし、勝負を決定づけた。
15分にマキシ・ゴメスの至近距離からのヘッドをビッグセーブで防いだナバスも含め、イスコ、ベイル、マルセロらソラーリ前監督から冷遇されていた選手たちの活躍で、ジダン復帰の初戦を飾ったR・マドリー。この試合が復調の第一歩となるか。

3/17(日) 2:08配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00055680-sdigestw-socc

写真
no title

レアル、規律違反のイスコを懲戒処分へ…ソラーリはこれ以上起用しない方針か 

20190311-00010019-goal-000-4-view[2]

リバウドの希望は『禁断の移籍』「イスコがバルセロナへ」 

20181215-00010005-sportes-000-1-view

【画像】海外サイトのレアル×ミラン戦のポスターに変な顔の本田とイスコwww 

478: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/07/30(木) 20:42:56.37 ID:YJdHAfZQ0.net
イスコと本田ワロタ
二人とももう少しいい写真使ってやれよw

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索