Samurai Goal

イケル・カシージャス


スポンサード リンク





心臓発作で救急搬送されたカシージャス、容態は安定とポルトが発表 本人も感謝のツイートと笑顔の写真を投稿  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/02(木) 04:34:26.69 ID:h1vsCuq89
5/2(木) 4:24配信
カシージャスが練習中に心臓発作で救急搬送…命に別状なく、容態は安定とポルトが発表

ポルトのイケル・カシージャスが現地時間1日午前の練習中に心臓発作を起こしたようだ。所属クラブが発表している。


2015年に幼少期から在籍したレアル・マドリーを退団し、ポルトに移籍したカシージャス。4シーズン目を迎えた今シーズンもここまで全公式戦42試合に出場し、リーグ戦ではベンフィカと優勝争いを演じ、チャンピオンズリーグ準々決勝進出を果たしたチームの守護神として活躍する。

現在37歳とキャリアも終盤に差し掛かったカシージャスは、いつも通り4日のデスポルティーヴォ・アヴェス戦を控えたトレーニングに参加していたが、その最中に心臓発作で倒れ、直ちに地元の病院に搬送された。同選手の状態に心配の声が上がる中、守護神の命に別状はないとポルトが発表した。

「イケル・カシージャスは水曜日午前のトレーニングセッション中に急性期の心筋発作を起こした。現在、CUFポルト病院に入院中のポルト守護神を助けるためにトレーニングは直ちに中断された。カシージャスは大丈夫な様子で、彼の状態は安定しており、心臓の問題に対しての治療を受けている」

カシージャスは、レアル・マドリーで5度のリーガ・エスパニョーラ優勝や3度のチャンピオンズリーグ制覇などを成し遂げ、またスペイン代表としても1度のワールドカップ優勝、2度のEURO優勝を経験。2015年に加入したポルトでも昨シーズンのリーグ優勝に貢献するなど輝かしいキャリアを歩んでいる。

3月にはポルトと新たに2年契約を締結したばかりのカシージャスは、再びその雄姿をピッチ上で見せてくれるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00010000-goal-socc
no title

--------------------------------

Iker Casillas
@IkerCasillas

Todo controlado por aquí, un susto grande pero con las fuerzas intactas. Muchísimas gracias a todos por los mensajes y el cariño 😃💪🏼

午前4:04 · 2019年5月2日 · Twitter for iPhone

https://twitter.com/ikercasillas/status/1123664609641103360?s=21
https://pbs.twimg.com/media/D5gO8yCXoAIkF05.jpg
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

<元スペイン代表GKカシージャス>練習中に心筋梗塞で緊急入院と現地紙報道!  

1: Egg ★ 2019/05/02(木) 00:15:40.41 ID:mk6jKwsl9
 ポルトガル1部ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャスが、トレーニング中に心筋梗塞を起こして緊急入院したとスペイン紙「マルカ」が報じた。

 記事では「カシージャスがポルトでのトレーニング中、心筋梗塞に襲われた。GKは入院したが危機は脱した」と伝えている。「彼の人生は危険に晒されることはないが、今季はもうプレーしないだろう」と記している。

 現在37歳のカシージャスは、レアル・マドリードの下部組織からトップチームに昇格。以降は名門クラブの守護神として数々のタイトル獲得に尽力した。スペイン代表としても167試合に出場し、2010年の南アフリカ・ワールドカップ優勝にも貢献。2015年からポルトに移籍し、ベテランらしい落ち着いたプレーで存在感を放っていた。

 大事には至らなかったが、スペイン人守護神を襲ったハプニングに衝撃が走っている。

5/1(水) 23:56配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00186207-soccermzw-socc

写真
no title

元レアルのカシージャス、モウリーニョに皮肉ツイート「今ならポルトガル人指揮官に立ち向かう」  

GettyImages-824530060-800x533




1: 2018/12/17(月) 20:47:37.46 _USER9
数日前、イケル・カシージャスは「もしレアル・マドリーでモウリーニョと過ごした状況が繰り返されたとすれば、今ならポルトガル人指揮官に立ち向かっていただろう」と発言した。

それに対してモウリーニョは『Record』紙のインタビューで辛辣な形でその発言に反応した。

「このインタビューはキャリアを終える人物のもののようだ。彼が私について話した事に関して、彼が私に一度も立ち向かわなかったというのは真実ではない。彼はこっそりと私に立ち向かっていたよ」

それに対して、カシージャスはモウリーニョの名を挙げる事はなかったが、彼に向けたものと推察する事ができる以下のツイートを投稿し、モウリーニョとの関係性が未だ修復していない事を示した。

「とあるポルトガル紙によると、誰かが(37歳の)私のような選手はキャリアの終わりにいると言ったそうだ。完全に同意見だ!その意見に対し問いたい。監督の場合、いつ、どのタイミングでチームを率いる?もしくは指揮する事が出来なくなったと判断されるのか?」とベテランGKはコメントを残している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010014-sportes-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索