Samurai Goal

イギータ


スポンサード リンク





現在のルールにも影響を与えた常識外れのGK。 イギータは自由を満喫した  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/05(火) 06:26:30.72 ID:SPRwvzRO9
スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第9回

GKの「破格のサッカースター」といえば、80年代後半から90年代に大活躍した、コロンビアのGKイギータだ。常識を覆した数々のプレーの裏には、何があったのだろうか。

黄金世代の天才、ルイ・コスタ。ポルトガルの太陽の周囲はいつも晴れ

◆ ◆ ◆

<スコーピオン>

1995年9月6日、ウェンブリースタジアムで「スコーピオン」が披露された。

イングランド対コロンビアのフレンドリーマッチ、ジェイミー・レドナップのループシュートに対して、GKレネ・イギータはキャッチするかわりに足で蹴り返した。

少し前方へ飛び上がりながら、体を反らしてカカトで蹴った。空中でイギータの両腕は飛行機の翼のように左右に開かれ、サソリの尾のように持ち上げられた両足のカカトで見事にボールをヒットしていた。

「ウチには手でセーブできるGKがいるから、イギータは要らないよ」

イングランドのテリー・ベナブルズ監督の反応は素っ気ないが、観客はもちろん大喜びである。イギータは何度かほかの試合でもスコーピオンをやっているらしい。こんな方法でシュートを防ぐことに意味はない。
手でキャッチすれば済む話だ。でも、それでは面白くない。それではイギータらしくない。

母子家庭だったうえに母親を早くに亡くしたイギータの幼少期は、生き抜くためのサバイバルだったという。さまざまな仕事をして糊口をしのいだ。
ミジョナリオスでデビューすると、86年にすぐにアトレティコ・ナシオナルに引き抜かれている。

翌87年、コロンビア代表監督のフランシスコ・マツラナが兼任でナシオナルの監督に就任する。2年後の89年、ナシオナルはリベルタドーレス杯を制して南米クラブナンバーワンとなった。コロンビア初の快挙だ。
さらにコロンビア代表は南米予選を突破して、90年イタリアW杯への出場権を得る。コロンビアにとって、1989年の前と後ですべてが変わっている。

<未来のGK>

マツラナ監督下のナシオナルに人々は驚かされ、イギータのプレーには腰を抜かしそうになった。FWからDFまでが20メートルのコンパクトな陣形、完全なゾーンディフェンス、そして攻撃するGK......。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00876270-sportiva-socc
11/5(火) 6:10配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/248000/247682/news_247682_1.jpg
no title

https://pbs.twimg.com/media/Dgr-tKTUYAA8rBt.jpg
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2019/06/GettyImages-1038540668-500x333.jpg
https://image.middle-edge.jp/medium/de8b46c1-7f4c-4417-b064-5e3183b37a7e.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=9KkMFLGg5IU


世界一ぶっ飛んでるGK イギータの〇〇〇なスーパープレイ集!スコーピオン&スーパーセーブ【サッカーゴールキーパー】Legend

https://www.youtube.com/watch?v=S4LI_2aNdGo


【サッカー】意地でも手を使わないGK??レネ・イギータの足技が異常過ぎる…【神業】The best skills【Rene Higuita】

https://www.youtube.com/watch?v=gaAq2LcbKPY


Roger Milla - World Cup 1990

伝説のGKイギータが川島の失点を擁護!!「なかなか難しいよ」 

rene-higuita-07071999_1i5c4rsri98jk1uuyobsn7f35m
1 2018/06/20(水) 20:06:23.99 _USER9
19日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループH初戦で日本代表がコロンビア代表を2-1で撃破。元コロンビア代表GKのレネ・イギータ氏はドイツの放送局『ZDF』の番組に出演し、この一戦について語っている。

スイーパーとしての役割を担うだけではなく、相手陣内にまでドリブルで突き進む超攻撃的なプレー、数々のFKやPKも担当したことで知られるコロンビア代表のレジェンド、イギータ氏。『エル・ロコ』(狂人)とも呼ばれる51歳の同氏は、今回のW杯では放送局『ZDF』のスタジオから自国の日本との対戦を見守り、その戦いぶりについてのコメントしている。

試合後、落胆した様子のイギータ氏だが、「こんなコロンビアは見たことない。誰も予想していなかっただろう」と切り出すと、「メンバーシートを見たとき、この試合は中盤での戦いになると考えていた。だが、退場者が出してからすべてが変わった。プランを実行することはできなくなったが、それでもコロンビアは守備的なプレーを続けたね」と続け、コロンビア率いるホセ・ペケルマン監督が選んだ戦略には理解できない様子をうかがわせた。

「クリエイティブな選手(フアン・クアドラード)がほかの選手に交代された。ハメス・ロドリゲスが入ったときにピッチを退いたのは同じトップ下だったので、流れが変えられることはなかったね。後半もそのまま続いていたので、私は次にゴールを決めるチームが勝利するだろうと考えたが、それは日本だったのさ」

「我々には良いチームがある。だが、勝ちに行くプレーを見せなければいけない。我々は失点を避けるチーム、待ち構えるチームではなく、勝利を目指すチームだ。そして、コロンビアには勝ちに行けるような選手が揃っている。今日の試合にはガッカリしたよ」

また、イギータ氏はGKとしての意見も問われている。司会者が注目したのは39分、日本のGK川島永嗣がコロンビアMFフアン・キンテーロの壁の下を通るグラウンダーのFKを阻止できなかった場面、そして73分、FW大迫勇也が頭を合わせた際、GKダビド・オスピナがパンチングなどで対応しなかったことについて以下のように語っている。

1-1としたFKについてイギータ氏は「あれほど近距離から低いシュートを打たれてはGK にとってなかなか難しいよ」とGKが必ずしもセーブできるようなシュートではないと言及。また大迫がCKからヘディング弾を決めたことについても「すべてがものすごく短い時間の間に起きてしまう。でも、このような場面では相手をマンマークしなければいけないね。問題はGKではなく、マークを上手くできなかった選手だと思う」とGKを責めるべきではないことを強調した。

ゴール6/20(水) 18:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000032-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索