Samurai Goal

イカルディ


スポンサード リンク





メッシを“嫌う”5人とは?「引退してほしい」 同胞、元同僚、好敵手まで...  

20191104-00995029-soccerk-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/04(月) 09:45:41.97 ID:HL7hwwI29
所属するバルセロナで公式戦5試合連続ゴールを挙げ、11月の国際親善試合に挑むアルゼンチン代表にも招集されたリオネル・メッシ。世界中のサッカーファンから愛され、マーケティングの面でも高い商品価値を誇っているが、スポーツメディア『TRIBUNA』によると、そんなメッシを嫌っている選手や元選手が5人いるという。

■同胞のスキャンダルに激怒?

マウロ・イカルディ

きっかけはサンプドリアでチームメートだったマキシ・ロペスの妻ワンダ・ナラとの不倫略奪婚。M・ロペスと親友だったメッシがこれに激怒し、アルゼンチン代表監督に「自分かイカルディ、どちらかを選んでくれ」と迫ったという。以来イカルディはクラブで好調を維持していても代表にほとんど呼ばれず、11月の国際親善試合にも招集されていない。

クリスティアン・テージョ

バルセロナの若手有望株だったが、ある試合の後に読唇術の専門家が試合映像を解析したところ、メッシがテージョに対してこう言っていることが判明した。「何やってんだ? お前は何者でもない。俺にパスをするためにここにいるんじゃないのか?」。メッシとの関係悪化によってバルサでのポジションを失ったテージョはポルトやフィオレンティーナへの期限付き移籍を余儀なくされ、2017年にベティスに完全移籍している。

ロイストン・ドレンテ

現在はオランダ3部のコザッケン・ボーイズというクラブでプレーする元オランダ代表。エルクレス時代のバルセロナ戦でメッシとの間に起こった出来事について、彼はこう回顧している。「試合中、メッシと軽い口論になった。その試合で、彼は僕に手を差し伸べてきて、握手をしながら何度も『やあ、ネグロ(黒色人種への蔑称)』と言ってきた」

■「メッシには早く引退してほしい」

ウェリグトン

マラガ時代のバルセロナ戦で、プレーが途切れた後にメッシと口論になり、顔をつかんで押し倒した。ウェリグトンはこの所作によりイエローカードを受けている。ラ・リーガの公式YouTubeチャンネルで該当シーンを見ることができるが、メッシがウェリグトンに対して何事かをつぶやいているのが確認できる。

アルバロ・アルベロア

彼とメッシの確執はピッチ内のみにとどまらない。あるクラシコの試合後、駐車場でアルベロアと遭遇したメッシは、彼に対して「バカ」と呼び掛けた。以来アルベロアはことあるごとにメッシを批判するコメントを発しており、「メッシには早く引退してほしい」とまで語っている。

 上記はあくまで『TRIBUNA』の見解であり、中には数年前の話題、噂レベルのものもある。真相を知るのは本人のみである。

11/4(月) 8:00配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00995029-soccerk-socc

イカルディのPSG移籍に妻ワンダ・ナラ「最悪の選択肢だったわ」  

20190906-00361160-usoccer-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/06(金) 21:10:01.73 ID:VgMJWUsd9
ワンダ・ナラ「PSG移籍は最悪の選択肢だった」

今夏にパリ・サンジェルマンにレンタル移籍したアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの妻で代理人を務めるワンダ・ナラ氏は、今回の移籍を「最悪の選択」だったと捉えているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。

キャプテンマークはく奪や、それに伴う練習放棄が問題となり、今夏に追われる形でPSGに移籍したイカルディ。インテルからの再三の契約延長交渉を延期し続けたことで、今回の主な原因となったナラ氏が、この期に及んでPSG移籍は最悪の選択だったと語っている。

「私たちが持っていた選択肢の中で、PSGが最悪の選択肢だったわ。5人の子供たちがイタリアの学校に通っているのよ。彼らを登校させなきゃいけないのは私なの」

「多くのイタリアのクラブが興味を示していた。そっちの方が快適だったに違いないわ」

「彼(イカルディ)は小さなスーツケースだけを持って、私に全てを残してパリに行ったわ。私たちはミラノとパリの間に住むことにしたの」

現在、ナラ氏には5人の子供がおり、2人はイカルディとの間に生まれた子で、3人は元夫のマキシ・ロペス(現クロトーネ)との子だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00361160-usoccer-socc

ネイマール、PSG残留 欧州主要L夏季移籍期間終了  

20190904-00000071-spnannex-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/04(水) 06:55:04.28 ID:BeW9NiZN9
欧州主要リーグの夏季移籍期間が2日に終了し、パリSGはインテル・ミラノからアルゼンチン代表FWイカルディ、Rマドリードからコスタリカ代表GKナバスを獲得した。
バルセロナ、Rマドリードなどが獲得に動いていると報じられたブラジル代表FWネイマールは残留した。

日本代表DF長友が所属するガラタサライには、モナコからコロンビア代表FWファルカオが加入した。
ローマはアーセナルからアルメニア代表MFムヒタリャンを、セビリアはウェストハムからメキシコ代表FWエルナンデスをそれぞれ獲得した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190904-00000071-spnannex-socc
9/4(水) 5:30配信

インテル“構想外”のイカルディ、PSGへの期限付き移籍で合意と伊メディア報道  

20190902-00214547-soccermzw-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/02(月) 19:02:49.23 ID:QiLw8SBC9
81億円の買い取りオプション付きで、駆け込み移籍へ
 インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが、パリ・サンジェルマン(PSG)へ買い取りオプション付きの期限付き移籍で合意に達したようだ。イタリアメディア「ジャンルカディマルツィオ・コム」が報じた。

 レポートによれば、PSGとインテルはイカルディの1年間のレンタル移籍で合意したという。移籍に際し、インテルはイカルディとの契約を延長するという。また、契約には7000万ユーロ(約81億円)の買い取りオプションが含まれている。

 イカルディは2013年からインテルでプレーし、2014-15、17-18シーズンにセリエA得点王を獲得するなどエースとして活躍。しかし、アントニオ・コンテ新監督の下で構想外の扱いを受け、主将の座や背番号9を剥奪されるなどチームで居場所を失っていた。イカルディはクラブから不当な扱いを受けたとして訴えに出るなど、事態は泥沼化していた。

 このまま移籍市場が閉幕となれば、来年1月までプレーできない“空白期間”となる可能性もあったが、デッドラインデーにフランス王者への駆け込み移籍を果たすことになるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00214547-soccermzw-socc

「夫に敬意を払って!」カッサーノとイカルディ嫁が再び“舌戦”!インテルCEOを激怒させたのは?  

20190827-00063362-sdigestw-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/27(火) 21:59:04.44 ID:vdDkiPFe9
カッサーノがイカルディ嫁を前にして……
“犬猿の仲”と目される二人がインテルの元主将の去就を巡って再び激論をかわした。

 事の発端は、元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノが、現地時間8月25日にイタリアの大手メディア『Media Set』のサッカー番組『Tiki Taka』へゲスト出演した際のコメントだった。古巣インテルに所属するアルゼンチン代表FWのマウロ・イカルディに対して、次のように言い放ったのだ。

「数か月前に言ったことをもう一度言う。イカルディはラミレス(元・江蘇蘇寧)と同じ末路をたどり、ピッチに足を踏み入れることはないだろう。あいつは終わった。ピッチを見ることはもうないだろう。イカルディたちはユベントスからのオファーを待っているのだろうが、トリノには、ワンダ・ナラ(妻)と2人で歩いていくことになるだろう」

 この発言はイカルディの現状を腐したものである。26歳のアルゼンチン代表ストライカーは、昨シーズン途中にクラブと衝突。以来、主将を剥奪されただけでなく、チームの蚊帳の外に置かれ、アントニオ・コンテ新監督が就任した今シーズンも、背番号9を新加入のロメル・ルカクに譲るなど、完全に構想外となっている。

 当然、イカルディは新天地への移籍の噂が噴出。ナポリやローマが有力候補に挙げられたが、本人はユーベ移籍を希望しているとも報じられ、いまだ去就は不透明なままとなっている。

 歯に衣着せぬ発言をすることでも知られるカッサーノは、イカルディの動向を辛辣に皮肉ったわけだが、これに異を唱えたのが、同選手の代理人も務めている妻のワンダ・ナラだ。

 以前もカッサーノと同番組内で言い争いを展開していたワンダは、面と向かって、「彼の言っていることは事実じゃない。ちゃんと敬意を払って話をすべきだわ」と反論。さらに愛する夫マウロの現状を告白した。

「あなたにマウロを馬鹿にすることなんてできない。マウロはインテルに100%残留したがっているわ。それは彼自身が下した結論であり、誰にも決断を強要されることはない。コンテはイカルディを使いたければ使えばいいのよ。彼はインテル以外のオファーをすべて拒否した。世界中の誰もが、拒否しないようなオファーも届いたけど、クラブのために『ノー』と言ったのよ」

 これにカッサーノが反論することはなかったようだが、このワンダの発言はクラブ幹部の逆鱗に触れた。現地時間8月26日に行なわれたセリエA開幕節のレッチェ戦後、インテルのジュゼッペ・マロッタCEOは強い不快感を露わにした。

「あのワンダ・ナラの発言は、タイミングと方法の両面で、我々は少々苛立ちを覚えた。それと同時に私は、クラブの誰かがイカルディに対して、インテルに残るように言ったということも断固として否定できる。とくにスティーブン・チャン会長の下ではあり得ない話だ」

 マロッタCEOの態度を見る限り、イカルディにインテルでの居場所はないように感じられるが、果たして、サッカー界屈指のお騒がせ夫婦はどのような策を講じるのか。今後の動向からも目が離せない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00063362-sdigestw-socc

ルカク売却検討のマンU、“セリエA屈指のストライカー”獲得に興味 

20190217-29484919-gekisaka-000-1-view

ロナウドを“敵対視”するのは何とイカルディの妻だった...!! 

キャプチャ
インテルの主将FWマウロ・イカルディの妻で代理人を務めるワンダ・ナラさんが3日、イタリア『メディアセット』のテレビ番組『ティキ・タカ』に出演した。今夏、レアル・マドリーからユヴェントスに加入したFWクリスティアーノ・ロナウドよりも夫がゴール数で上回ることを願った。

イカルディは昨シーズン、セリエAで29得点を記録し、ラツィオのエースFWチーロ・インモービレと並び、得点王に輝いた。今シーズンは、ユヴェントスに世界最高峰FWの一人であるC・ロナウドが加わったことで、タイトルの行方がますます注目されるが、ワンダさんは夫の活躍を信じている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000012-goal-socc

【激怒】イカルディの嫁がインテルに年俸10億円超を要求!!「夫を見下したっ!」 

1   2018/05/23(水) 18:23:08.60 _USER9
イカルディ夫人、年俸10億円超を要求 「見下された評価に我慢ならない」
5/23(水) 18:13配信 デイリースポーツ
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000120-dal-socc

イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノに所属するFWマウロ・イカルディの妻で代理人でもあるワンダ・ナラが、現在の年俸530万ユーロ(約6億8000万円)から大幅アップの800万ユーロ(約10億3000万円)をクラブ側に要求していることがわかった。23日のコリエレ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

現地報道によるとワンダ・ナラは22日、ラディオ・メトロで「いくつかのビッグクラブが違約金を払う準備をしていて、プレッシャーをかけてきている」と1億1000万ユーロ(約148億5000万円)を用意するクラブの存在を明言。「もちろん優先権はインテルにある。でも彼が見下された評価をされているのに我慢ならないの。納得いかないわ」と不満を吐き出した。

イカルディは今季、29得点でセリエA得点王となった。

〈アルゼンチン代表〉イカルディが代表落ち!!不倫騒動が影響? 

icardi
1   2018/05/22(火) 06:07:33.21 _USER9
アルゼンチンサッカー協会(AFA)は21日、ロシアW杯に向けたアルゼンチン代表の暫定メンバー23名を発表した。

AFAは14日に予備登録メンバー35名を発表しており、その中からFWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWパウロ・ディバラ(ユベントス)、
4月に膝の手術に踏み切ったFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)らがメンバー入り。

その一方で、今季セリエAで29ゴールを挙げて得点王に輝いたFWマウロ・イカルディ(インテル)など12人が外れた。

ホルヘ・サンパオリ監督率いる前回準優勝のアルゼンチンは南米予選を3位で突破し、12大会連続17回目の出場。
本大会ではグループDに所属し、6月16日にアイスランド、21日にクロアチア、26日にナイジェリアと対戦する予定となっている。

以下、アルゼンチン代表メンバー

▽GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U)
ウィリー・カバジェロ(チェルシー)
フランコ・アルマニ(リバー・プレート)

▽DF
ガブリエル・メルカド(セビージャ)
クリスティアン・アンサルディ(トリノ)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
フェデリコ・ファシオ(ローマ)
マルコス・ロホ(マンチェスター・U)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)
マルコス・アクーニャ(S・リスボン)

▽MF
ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)
ルーカス・ビリア(ミラン)
ジョバニ・ロ・セルソ(パリSG)
エベル・バネガ(セビージャ)
マヌエル・ランシーニ(ウエスト・ハム)
マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)
アンヘル・ディ・マリア(パリSG)
クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)

▽FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
パウロ・ディバラ(ユベントス)
ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

ゲキサカ 5/22(火) 3:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-01654090-gekisaka-socc

写真
no title

イカルディの得点不足を心配しないマンチーニ、長友は2戦連続先発か!? 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 14:11:43.80 ID:???*.net
インテルは27日、セリエA第10節でボローニャと対戦する。インテルのロベルト・マンチーニ監督は、
FWマウロ・イカルディの不振を心配していない。DF長友佑都は、2試合連続先発出場の可能性があるようだ。

24日のパレルモ戦を1-1のドローで終え、4試合白星がないインテルは、今季まだ2ゴールの
イカルディの得点不足が騒がれている。だが、マンチーニ監督は前日会見で、次のように述べた。
イタリアメディアが伝えている。

「もちろん、もっと決めてくれたらうれしかった。だが、私はFWというものを知っている。そういう時期もあるんだ。
彼があと3、4点決めていたら、我々はさらに勝ち点を手にしていただろう。だが、そのうち決めるようになるはずだ」

「かつて、(エルナン・)クレスポはラツィオ時代に1月まで4ゴールしか決めていなかったが、
最終的には20ゴール以上だった。イカルディもそうなってくれたらいいね。休ませる可能性?
私は現役時代、常にプレーしたかった。そうじゃなきゃ、監督を“解任”していたよ(笑)
イカルディは落ち着かなければいけない」

勝利から遠ざかっているインテルだが、マンチーニ監督は次のようにも強調している。

「最近の試合でも、開幕5連勝のときのインテルが消えてしまったわけではない。ここ3試合で2失点だ。
失点はそう多くない。勝ち点2差に上位5チームが詰まっているんだ。悪くない。目標は上位にとどまることだ。
正しい形を見つける必要があることは分かっていた。選手たちが戻ってくれば、それも見つけられるだろう」

また『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『スポーツ・メディアセット』によると、前節で今季初先発を飾った長友は、
4バックの右サイドバックとして2試合連続で先発出場する可能性があるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000009-goal-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索