Samurai Goal

アーセン・ベンゲル


スポンサード リンク





ベンゲル氏、日本サッカーについて「20年前からの弱点克服できていない」「得点が入るとパニックになる」 

20191024-10240388-nksports-000-8-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/24(木) 14:29:15.17 ID:YaI8hBLy9
元アーセナル監督のアーセン・ベンゲル氏(70)が24日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで講演会に出席し、日本サッカーについて語った。

ベンゲル氏は95年に名古屋監督を退任後、アーセナルを96年から18年まで約23年間に渡って指揮。9月22日に吉本興業とのマネジメント契約を発表した関係もあり、来日していた。

ベンゲル氏は名古屋の監督に就任した当時について「93年にJリーグが発足した直後で盛り上がっていた日本に来て、日本サッカーの発展を感じた経験が残っています。サッカーについて知りたいという、貪欲な人たちに囲まれた時代でした」と振り返った。

現在の日本については「20年前からの弱点が克服できていないように感じます」と指摘し「得点が入るとパニックになってしまう。それはW杯ロシア大会のベルギー戦にも表れていたと思います」と話した。

日本での活動については「講演をしたり、インタビューを受けたり、ラグビーを見たりしたい」と笑わせた。日本で指揮を執る可能性について突っ込まれると「どのような活動をしていくのかまだ特定できていない」と未定であることを明かし「日本が好きなのでずっと長くいたい」と笑顔をみせた。

また、一部で報じられた日本サッカー協会からアドバイザーもしくはテクニカルダイレクターの就任を打診されているという報道については「NO」とキッパリと否定した。

この日の講演は第1部と第2部に分けて行われ、第1部ではFC東京の大金直樹社長と、東京ヴェルディの羽生英之社長がゲストとして出席し、第2部ではFC今治の会長などを務める岡田武史氏が出席する。

10/24(木) 13:54 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-10240388-nksports-socc

<日本サッカー協会>元アーセナル監督の名将ベンゲル氏にアドバイザーリーもしくはテクニカルディレクターの就任を打診!  

20191016-00000122-spnannex-000-3-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/16(水) 08:43:00.97 ID:9iEunos39
日本サッカー協会が元アーセナル監督の名将、アーセン・ベンゲル氏(69)の招へい計画を進めていることが15日、分かった。複数の関係者によれば、アドバイザーもしくはテクニカルダイレクターの就任を打診しているという。実現すれば来年の東京五輪、22年W杯に向け、A代表から育成年代まで幅広いサポートが期待できそうだ。

 ベンゲル氏は95~96年には名古屋を指揮、天皇杯制覇に導くなど日本サッカーにも精通。その後、22シーズンにわたり名門アーセナルを指揮。プレミアで3度、FA杯で7度優勝の実績。アンリ、セスク・ファブレガスらを育て上げるなど若手育成にも定評がある。

 昨年W杯ロシア大会中には田嶋会長がベンゲル氏と会談し、日本サッカーについて議論したという。実は昨夏にも日本協会はテクニカルダイレクター的な立場での招へいに動いた経緯もある。ベンゲル氏への信頼は今も絶大で今回も継続的に打診したとみられる。

 ベンゲル氏は先月、吉本興業とマネジメント契約を締結。その際「東京に戻ってきます。本当にうれしいです。日本サッカー界の皆さまに再会できることを心待ちにしています」とコメントし、今後は日本でも活動の場を広げることが確実。名将の今後が注目される。

 ◆アーセン・ベンゲル 1949年10月22日生まれ、フランス・ストラスブール出身の69歳。現役時代はMF。84年、ナンシーで監督業をスタート。モナコ、名古屋を経て96年からアーセナルを指揮。03~04年には26勝12分けでシーズン無敗優勝するなどプレミアリーグを3度制覇。18年に退任。03年には大英帝国勲章を受勲している。

10/16(水) 6:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000122-spnannex-socc

名将ベンゲル、世界注目の進路は?アーセナルOBが明言!「おそらくPSGか日本復帰になると思う」  

1: Egg ★ 2019/10/04(金) 23:40:27.74 ID:6BfOLtI/9
アーセナルのレジェンドである元イングランド代表DFレイ・パーラー氏は、昨夏に22年にわたる長期政権を終えて同クラブの指揮官を退任したアーセン・ベンゲル氏について、フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)か日本で監督業に復帰するとの見解を示している。英紙「メトロ」が伝えた。

 1995年、96年と日本の名古屋グランパスエイトを率いたベンゲル氏は、96年10月にアーセナルの指揮官に就任。それから2003-04シーズンにプレミアリーグで無敗優勝を達成するなど、リーグ制覇3回、FAカップ制覇7回という数々のタイトルをアーセナルにもたらした。

 多くの栄光に導いた稀代の指揮官は、昨夏に近年の成績低下の影響もあって22年間率いたチームを退任。次なる指導の場がどこになるのかが大きな注目を集めているなか、パーラー氏はロンドンで行われたイベントの質疑応答で、プレミアリーグでの監督復帰は想像できないと語り、このような見解を示している。

「もし、アーセンがプレミアリーグに復帰したらびっくりする。ずっと彼は日本に戻るかもしれないと思っていた。Jリーグは常に向上し続けているし、アーセナルに来る前、あそこで非常に良い時間を過ごしたからだ」

 その一方で、「私が思うに、彼にとってベストなのはPSG。完璧にフィットするだろうね」とコメント。「彼は絶対にマンチェスター・ユナイテッドには行かない。フランク・ランパードはチェルシーで良い仕事をしているし、ペップ・グアルディオラとユルゲン・クロップの退任はない」と述べ、プレミアリーグでベンゲル氏が他に行きたいと思うクラブはないとし、「おそらくPSGか日本復帰になると思う」と話した。

 自分の未来を決断するに至っていないベンゲル氏だが、果たして再びJリーグのピッチでその姿を見られる日は来るのだろうか。プロフェッサーと呼ばれた指揮官が、次なる道としてどんな選択をするのか注目したい。

10/4(金) 21:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00221531-soccermzw-socc

写真
no title

ベンゲル氏が吉本興業と契約「東京に戻ってくる」 

201909220000950-w500_0[1]




1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/09/22(日) 20:30:16.94 ID:EKYFTpTj9
[2019年9月22日19時34分]

吉本興業は22日、アーセナルやJ1名古屋で監督を務めたアーセン・ベンゲル氏(69)と、マネジメント契約したことを発表した。

1995年に名古屋を指揮し、その後プレミアリーグの強豪アーセナルの監督を2017-18年シーズンまでの長きにわたり務めた同氏は「名古屋を指揮して、天皇杯を獲得してから25年の月日が流れました。
東京に戻ってきます。本当にうれしいです。日本サッカー界の皆さまに再会できることを今から心待ちにしております。今秋、日本で会いましょう」と、コメントを出した。


https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201909220000950.html

<名古屋グランパス>9戦未勝利!風間監督解任も!?後任にベンゲル氏ら浮上...  

1: Egg ★ 2019/07/21(日) 09:24:09.15 ID:5NjxrD+69
 【明治安田生命J1第20節 名古屋2―2G大阪 ( 2019年7月20日 豊田ス )】 名古屋の風間八宏監督(57)が解任される可能性が高いことが20日、分かった。複数の関係者によると後任にはアーセン・ベンゲル氏(69)やマッシモ・フィッカデンティ氏(51)の名前が浮上している。
 低迷するタレント軍団が大きく揺れ始めた。クラブはこの日、G大阪とホームで戦い、土壇場でドロー。元ブラジル代表FWジョーやオーストラリア代表GKランゲラックを擁しながらリーグ戦9試合連続で勝ち星なしとなった。小西工己社長は試合後に取材に応じ、現体制維持を明言したが、複数の関係者によるとスポンサー側は不満を抱いているという。

 ベンゲル氏は95~96年途中まで名古屋を指揮。その後は21年間、プレミアリーグの名門アーセナルを率いた。フィッカデンティ氏はFC東京や鳥栖で指揮した経験がある。

2019年07月21日 05:30 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/07/21/kiji/20190720s00002179593000c.html

写真no title

神戸の吉田監督が大人の対応 ベンゲル氏オファー“歓迎ムード”「神戸とJリーグにとっていいこと」  

1: Egg ★ 2019/06/01(土) 10:49:50.36 ID:0CL/UtWw9
神戸が英プレミアリーグ、アーセナル前監督のアーセン・ベンゲル氏(69)に監督就任のオファーを出したと一部海外メディアが報じた件で、吉田孝行監督(42)が31日、過熱する報道へ大人の対応を見せた。

 「クラブが決めることなので気にしてない」と話すと、「ベンゲルさんがもしヴィッセルに来てくれるというなら、神戸にとってもJリーグにとってもいいこと」と“歓迎ムード”。この日は1日の磐田戦(エコパ)へ向け、神戸市内で調整。元ドイツ代表FWポドルスキと元スペイン代表MFイニエスタは欠場が決定的だが「自分は目の前の試合に集中」と気を引き締めた。

6/1(土) 10:03配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000368-sph-socc

写真
no title

ヴィッセル神戸 三浦淳寛SD 渡欧認めるもベンゲル氏との交渉触れず 

1: Egg ★ 2019/05/29(水) 18:19:58.64 ID:xnBrXk5/9
ヴィッセル神戸の三浦淳寛スポーツダイレクター(SD、44)が29日、神戸市内で取材に応じて前日28日に帰国するまでの4日間、渡欧していたと認めた。

ただ目的については明かさず「正直、昨年も何回も行っているし、だれとは言えないがコンタクトをとっている。報道されていることに関して、話できることはない」。アーセナル前監督アーセン・ベンゲル氏(69)に年俸400万ユーロ(約5億円)で監督就任のオファー。詰めの交渉での渡欧と見られるが「(補強を含め)やることはいっぱいありますから」と話すにとどめた。

5/29(水) 17:56配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-05290500-nksports-socc

写真
no title

【要注目】神戸の「イニエスタ切り」はあるのか? ベンゲル招聘報道で憶測  

ca3cd_80_5824fa42_6d22fd0d[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/27(月) 17:26:07.71 ID:QZTQvO4+9
ついに監督もビッグネームを招聘するのか。サッカーJ1・ヴィッセル神戸が、名門アーセナル(イングランド)を長年率いたアーセン・ベンゲル氏(69)に監督就任オファーをかけていると一部海外メディアが報じ、大きな関心を集めている。

監督招聘が実現した場合の選手起用をめぐっても憶測が飛び交う。特に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)らの処遇である。

「有望株」を積極登用
英紙「デイリーメール」は2019年5月25日、神戸が2021年末までの期間でベンゲル氏に監督のオファーを持ちかけたと報道。年俸は400万ユーロ(約4億9000万円)という。英紙「ザ・サン」やサッカーメディア「GOAL」(英語版)も報じた。さらに日本のスポーツ紙各紙は26日、神戸オーナーの三木谷浩史・楽天会長兼社長が「具体的な動きはない」と語ったことを伝えている。

ベンゲル氏といえば1997年から2018年まで22シーズンに渡ってアーセナルの指揮官をつとめた名将。03-04年はリーグ無敗優勝を成し遂げるなど、一時は常勝チームを作り上げた。95~96年には名古屋グランパスを率いており、日本文化にも理解がある。

それでも懸念されるのは、神戸というクラブとの相性だ。神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)、同FWダビド・ビジャ(37)というW杯優勝経験のあるスター選手をそろえ、イニシャルから「VIPトリオ」とも言われるが、年齢的にはベテランの域にある。イニエスタは負傷中、ポドルスキも体調不良から回復したばかりだ。

ベンゲル氏はアーセナル時代、「有望株」を見出すことに長けた監督としても知られた。有名どころでは元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー(35)を21歳当時から根気よく起用し続け、世界を代表するFWに成長させた。元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(32)については10代から重用され、その後名門を渡り歩いた。元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)はレアル・マドリードで定位置を失っていた13年(当時24歳)にアーセナルへ移籍すると、ベンゲル氏のもと攻撃の要として輝きを取り戻した。こうした例は枚挙に暇がない。

「走り回れない奴は興味ない」?
ベンゲル氏はパス&ムーブと呼ばれる、パス出しと次の動きが一体化した戦い方を志向。単にボールを保持するだけではなく、ゴールに向かっていく速さも重視したため、選手には豊富な運動量が要求された。その中で、若く、走れる選手を積極的に登用してきた傾向がベンゲル氏にはあった。必ずしも「即戦力」に頼ることなく、チーム作りに一定の期間をかけた。

こうした点で、運動量には限界があるベテランの「VIPトリオ」が、そのメガネにかなうかどうかは不透明。ポドルスキについてはかつてアーセナルに3季所属したが、最終年はスタメンの座を失った。ネット掲示板などでは

「ベンゲルならビジャやイニエスタは使わんだろ? 激しい守備を90分要求されるから」
「ベンゲル来たらイニエスタとかビジャとか老人はイラネって言われるだけじゃね 走り回れない奴は興味ないだろ」
「監督に就任したら、イニエスタ切るんじゃね?」
「ベンゲルじゃ三木谷の思うようにビジャ、イニエスタ、サンペール、ポドルスキは使ってくれないと思うぞ」
などの声まで出ている。

「ベンゲルに求めてるのは求心力でしょ」
26日のJ1・湘南ベルマーレ戦で、神戸は公式戦9連敗からついに脱出。連敗中の9戦で7得点だった攻撃陣が4発を叩き込み、4-1と快勝を収めた。最たる活躍を見せたのは2ゴール1アシストのブラジル人FWウェリントン(31)で、ゴール前で体を張り続けた。ビジャもリーグ戦3試合ぶりの1ゴール。チームは13位と下位に沈んでいるが、いよいよチームとして噛み合い始めてきた感もある。

神戸はファン・マヌエル・リージョ監督をシーズン開始間もない4月に解任。現在のバルセロナの礎を築いたジョゼップ・グアルディオラ氏(現・マンチェスター・シティ監督)の「師匠」とされるリージョ氏が、「バルサ化」を進める神戸を去ったことは衝撃を与えた。同時に、今後のチーム作りを託すことができ、個性豊かな選手をまとめる力も持つ監督の招聘は急務。そうした中で浮上したベンゲル氏の名前。インターネット上では「ベンゲルに求めてるのは求心力でしょ」「チームのモチベーションを上げればここまで低迷するチーム構成じゃない」と、純粋な戦術以外にも期待したい部分があるようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16524788/
2019年5月27日 16時56分 J-CASTニュース

<ヴィッセル神戸>ベンゲル氏に正式オファー!三浦SD、平野氏が既に渡欧…詰めの交渉へ年俸約4億9000万円  

1: Egg ★ 2019/05/27(月) 11:01:48.12 ID:rECDLTbq9
 J1神戸が次期監督として昨季までイングランド・プレミアリーグのアーセナルを率いたフランス人のアーセン・ベンゲル氏(69)に正式オファーを提示していることが26日、分かった。

21年末までの2年半契約で年俸400万ユーロ(約4億9000万円)。複数の関係者によると、既に三浦淳寛スポーツダイレクター(SD、44)、平野孝アカデミー部長兼スカウト部長(44)らが渡欧して交渉にあたっているという。条件面が折り合えば、6月にも“ベンゲル神戸”が誕生する。(金額は推定)

 世界的名将が再び日本の地に降り立つ可能性が浮上した。湘南戦後、報道陣の取材に応じた神戸の三木谷会長は「具体的な動きはありません」と繰り返し語ったが、水面下では“ベンゲル招聘(しょうへい)”が着々と進んでいた。

 複数の関係者によると、ベンゲル氏側から接触を受けた神戸は、21年末までの2年半契約で年俸400万ユーロ(約4億9000万円)の正式オファーを提示。三浦SDや現役時代にJ1名古屋でベンゲル氏の指導を受けた平野氏らが渡欧して交渉に臨んでいるが、アーセナル監督時代に年俸900万ユーロ(約11億円)を受け取っていたベンゲル氏側とは条件面の開きがあるという。三浦SDらはこの日までに帰国予定だったが、滞在を延長し詰めの交渉にあたっている。

 ベンゲル氏は96~18年まで22シーズンにわたってアーセナルの監督を務め、プレミアリーグを3度制覇するなど数多くのタイトルを獲得した。昨夏には日本代表監督の候補にも挙がったが、ベンゲル氏自身は代表よりクラブでの指揮を強く望んでいるという。

 12~15年に指導を受けた元ドイツ代表FWポドルスキは「素晴らしい監督だということは疑いない」と信頼を寄せた。95~96年には名古屋の監督として天皇杯を制しており、神戸の監督に就任すれば23年ぶりの日本復帰となる。

5/27(月) 6:02配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000016-dal-socc

写真no title

【続報】<ヴィッセル神戸>ベンゲル氏に監督オファー!年俸4・9億円、実現すれば23年ぶり日本復帰  

jle19052600090001-p1[1]




1: Egg ★ 2019/05/26(日) 07:20:17.71 ID:ljlHZbuf9
サッカーのJ1神戸がイングランド・プレミアリーグ、アーセナルの元監督でフランス人の、アーセン・ベンゲル氏(69)に監督就任のオファーを出したと25日、海外メディアが報じた。

 報道によると、神戸が提示した年俸は400万ユーロ(約4億9000万円)で、期間は2021年末までの2年半。また、29日にバクー(アゼルバイジャン)で実施されるチェルシー-アーセナルの欧州リーグ決勝の観戦を「先約がある」と断ったことも、重ねて報じられている。

 ベンゲル氏は1995~96年にJ1名古屋を率い、天皇杯を制覇。96年から2018年まで22年の長きにわたってアーセナルの監督を務め、リーグ優勝3度を達成。退任後はテレビ解説者などを務めた。日本復帰が実現すれば23年ぶりとなる。

 神戸は4月にスペイン出身のファンマヌエル・リージョ監督が成績不振で退任し、後任に吉田孝行前監督が就任。25日現在でリーグ7連敗で16位と低迷している。

5/26(日) 7:00配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000001-sanspo-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索