Samurai Goal

アーセナル


スポンサード リンク





ベンゲル監督への思いをセスクが語る「彼の哲学は常に美しいサッカー」 

GettyImages-645260248-800x558
1   2018/05/10(木) 18:38:43.90 _USER9
■セスクは小さい時に見たプレミアリーグが「ロングボールとヘディング、タックルだけだった」と振り返る しかしベンゲルが来てから・・・


 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、22年間の長期政権を築いた名門からの退団が決定している。そんな名将に対し、寵愛を受けたスペイン代表MFセスク・ファブレガス(チェルシー)が自身の思いを告白した。

 2003年のU-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)でスペイン代表の一員として準優勝&大会最優秀選手と結果を残したセスクは、同年にバルセロナの下部組織からアーセナルへと移籍。当初はユース所属だったがすぐにトップチームデビューを果たすと、その後ベンゲル監督の下で8年間プレーし、司令塔として公式戦300試合以上に出場した。また08年にはクラブ史上2番目の若さでキャプテンを託されるなど、11年にバルセロナへ移籍するまで恩師とともに多くの経験を積んできた。

 現在チェルシーに所属するセスクは、英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューに答え、「彼は特別な男であり、特別な人物だ」とベンゲル監督に対する思いを告白。そして、恩師のサッカー哲学がプレミアリーグへの印象を変えたと力説した。

「フットボール、そして僕は、彼がアーセナルを去ることをとても寂しく感じることだろう。退任を聞いた時は、僕にとって悲しい一日になった。彼はイングランドのフットボールを変えた人なんだ」

「彼の哲学は常に美しいサッカーをすること」
 加えて、セスクは小さい時に見たプレミアリーグが「ロングボールとヘディング、タックルだけだった」と振り返り、ベンゲル監督が就任して以降のアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドを見た時には「別のスポーツを見ているようだった」と語っている。

「彼の哲学は常に美しいサッカーをすることで、若者を別のレベルに連れて行ってより高い水準に持ち上げたり、常に達成できると信じさせたりすることだった」

 11年のチェルシー移籍後は別々の道を歩んできたが、ベンゲル監督に対する思いはセスクの心の中にいつまでも残っているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00103084-soccermzw-socc

【EL準決勝】「アーセナル×アトレティコ」...ヴェンゲル体制無惨に散る 

GettyImages-667766480-800x537
1   2018/05/04(金) 06:04:30.61 _USER9
アトレティコが6季ぶり決勝進出! アーセナルはヴェンゲル体制最後のタイトル逃す

 ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが3日に行われ、アトレティコ・マドリードとアーセナルが対戦した。

 4月26日にアーセナルのホームで行なわれたファーストレグは1-1のドロー。スコアレスドローに終わった場合は、アウェイゴールをマークしているアトレティコが決勝に進出する。なお、アトレティコは退場処分のシメ・ヴルサリコが出場停止。退席を命じられたディエゴ・シメオネ監督はベンチに入れず、スタンドから戦況を見守る。

 開始早々の8分、アーセナルにアクシデント。キャプテンのローラン・コシェルニーが右足を痛め、プレー続行不可能に。カラム・チャンバースとの交代となった。前半アディショナルタイム、グリーズマンからのパスを受けたジエゴ・コスタが左足でシュートを決め、ホームのアトレティコが先制に成功。前半はアトレティコの1点リードで折り返す。

 後半に入り63分、グラニト・ジャカのミドルシュートはGKヤン・オブラクがセーブ。アーセナルは68分にヘンリク・ムヒタリアンを投入して攻撃のリズムを掴むが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、セカンドレグは1-0でタイムアップ。

 2試合合計2-1でアトレティコが6シーズンぶりに決勝進出。一方のアーセナルは今シーズン限りで退任するアーセン・ヴェンゲル監督にとって最後のタイトルを逃す結果となった。今シーズンのEL決勝戦は今月17日、フランスのリヨンで開催される。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-0(2試合合計2-1)アーセナル

【得点者】
1-0 45+2分 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00752353-soccerk-socc

アーセナルでは育たない?ベンゲル監督の指導力に疑問の声 

img_e710fc944c9ed0d26ba87724e5e4bf3f282376
1   2018/05/01(火) 15:39:52.29 _USER9
 4月18日発売の『フランス・フットボール』誌では、アーセン・ベンゲルの今季限りでの退団が決まったアーセナルを取り上げている。

 就任当初はベテランの再生と若手の育成に手腕を発揮し、チーム力を劇的に上げたベンゲルだったが、いつのころからかアーセナルは有望な若手を獲得するものの育て切れないクラブになってしまっていた。その結果流出した選手たちの中には、他のクラブで能力を開花させている者も多い。

 いったい何がいけなかったのか、才能を伸ばしきれなかった原因はどこにあるのか――。フィリップ・オクレール記者が分析する。監修:田村修一
.
■2012年12月。光り輝いていた若手選手たち。

 アーセン・ベンゲルにとって、2012~13年シーズンのスタートは望んだ通りのものではなかった。サンダーランドとストークを相手に無得点の引き分け。本来なら得られるべきだった勝ち点4をみすみす失ってしまったからである。

 その年の12月19日、早朝にクラブの練習場であるロンドン・コロニーに、ベンゲルは笑みを浮かべながら現われた。直近の2勝によりアーセナルは、プレミアトップ4のポジションにようやく復帰したからだった。さらにその日の午後には、将来性に溢れた5人の選手たち――全員がイギリス人であった――との契約を発表し、スタートのつまずきを帳消しにする明るい未来を予感させてもいた。

 クラブのオフィシャルフォトには、ペンを片手にサインしたばかりの書類をベンゲルに手渡そうとしている、緊張した面持ちの5人の姿が映っていた。

 左からカール・ジェンキンソン(当時20歳)、アーロン・ラムジー(同21歳)、ジャック・ウィルシャー(同20歳)、キーラン・ギブス(同23歳)、アレックス・オクスレイドチェンバレン(同19歳)である。

 全員が後にイングランドとウェールズ(ラムジー)の代表に名を連ねた、まさにキラ星のごとく輝くタレントたちであった。
.
■ベンゲルは才能の発掘に定評があったはず……。

 エミレーツ・スタジアムへの本拠地の移動を決めて以来アーセナルは、移籍市場でそれまでのような競争力を失っていた。

 とはいえベンゲルは才能の発掘には定評があり、育成コーチとしても超一流の評価を得ていた。ティエリー・アンリを開花させ、パトリック・ヴィエラやニコラ・アネルカを目覚めさせたベンゲルに惹かれて、ロビン・ファンペルシやセスク・ファブレガスらが次々と彼のもとに身を寄せた。

 それはプレミアの他のどの監督も持ちえない、ベンゲルの大きなアドバンテージだった。

 5年半の歳月が流れ、希望に溢れていた写真は、今は痛みと苦い思いばかりを喚起する。

 選手たちの運命も、またクラブ自身の運命も、彼らが望んだようにはならなかった。5人のうち今も代表に残っているのはひとりアーロン・ラムジーだけである。

■今のアーセナルは有望な若手を育てられない。

 “ジ・オックス/雄牛”(オクスレイドチェンバレンの愛称)は6年に及ぶフラストレーションの溜まるシーズンを送った後に、リバプールへと移籍した。残る3人はレンタル移籍と完全移籍、度重なる負傷で表舞台から遠ざかっている。

 彼らの中で最も才能に恵まれていたジャック・ウィルシャーは、秋にクラブへのカムバックを果たした。しかし将来の攻撃の大黒柱と期待されたイングランド代表チーム、その監督のガレス・サウスゲイトからは復帰後まだ1度も呼ばれていない。

 彼らはいずれも当初は多大な期待をかけられながら壁に直面し、乗り越えることができずに伸び悩んだり、退歩した。

 彼らに限らずこのところのアーセナルは、有望な若手を獲得しながら育てきれていない。選手の側から見切りをつけてクラブを離れていった例も少なくない。これは偶然なのか、それとも選考や育成のプロセスに何か問題があるのか……。
.
>>2以降に続く

5/1(火) 12:36
Number Web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180501-00830644-number-socc&p=1

【EL準決勝】“アーセナルやらかす!?”試合結果「アーセナル×アトレティコ」「マルセイユ×ザルツブルク」 

GettyImages-909804756-800x577
1   2018/04/27(金) 05:59:04.93 _USER9
マルセイユ 2-0 ザルツブルク
[得点者]
フロリアン・トヴァン(前半15分)マルセイユ
クリントン・エンジ (後半18分)マルセイユ

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11152951


アーセナル 1-1 アトレティコ
[得点者]
アレクサンドル・ラカゼット(後半16分)アーセナル
アントワーヌ・グリーズマン(後半37分)アトレティコ

※シメ・ヴルサリコ(前半10分)イエロー2枚で退場

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11152952


アーセナル、80分間数的優位も終盤に痛恨被弾…アトレティコが価値あるドローに持ち込む

ヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグが26日に行われ、アーセナルとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 立ち上がりから試合の主導権を握ったのはホームのアーセナルだった。6分、ショートカウンターを仕掛けると、左サイドのダニー・ウェルベックがアーリークロスを供給。ペナルティエリア内中央に走り込んだアレクサンドル・ラカゼットが右足ボレーで合わせたが、ここは枠の右に外れた。直後の7分には左サイドからナチョ・モンレアルが上げたクロスにラカゼットが頭で合わせたが、枠を捉えたシュートはGKヤン・オブラクの好セーブに阻まれた。

 反撃の糸口を探るアトレティコ・マドリードだが、想定外の事態に見舞われる。10分、すでに警告を受けていたシメ・ヴルサリコがラカゼットの足を踏んでしまい、2枚目のイエローカードで退場となる。さらに12分、判定に不満をつのらせていたディエゴ・シメオネ監督が審判への抗議で退席処分に。早い時間に数的不利に陥っただけでなく、指揮官も失うこととなった。

 これでさらに攻勢を強めたアーセナルは21分、ジャック・ウィルシャーとのワンツーでエリア内左に抜け出したウェルベックが決定機を迎えたが、シュートはまたしてもGKオブラクの好セーブに阻まれた。

 耐える時間が続くアトレティコ・マドリードだが、カウンターからチャンスを作る。37分、敵陣でボールを奪ったトーマス・バルディがエリア内まで持ち上がり、中央へラストパス。フリーで受けたアントワーヌ・グリーズマンが左足ダイレクトで狙ったが、シュートはGKダビド・オスピナの正面に飛んだ。

 後半もアーセナルが押し込む時間が続くと、61分に猛攻が実る。エリア内左深い位置に抜け出したウィルシャーが折り返したボールを、ファーサイドのラカゼットがヘディングでゴール右に決めた。

 その後も追加点を狙ってアーセナルが攻め続けたが、アトレティコ・マドリードが一瞬の隙を突く。82分、ロングボール1本でディフェンスラインの裏に抜け出したグリーズマンが一度はGKに阻まれたボールを左足でゴールに蹴り込み、貴重なアウェイゴールを奪った。

 試合はこのままタイムアップ。終始、試合の主導権を握ったアーセナルが先手を取ったが、アトレティコ・マドリードがドローに持ち込む結果となった。セカンドレグは5月3日にアトレティコ・マドリードのホームで行われる。

【スコア】
アーセナル 1-1 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 61分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
1-1 82分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00748823-soccerk-socc

>>2以降に続く

【ヴェンゲル氏】日本代表監督『就任説』が急浮上!?アーセナル退任後の動きに注目が集まる 

894dffa2
1   2018/04/23(月) 18:44:08.25 _USER9
今季終了後の退任が発表されたアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、日本代表の次期監督に就任する可能性もあるのだろうか。
フランス『TF1』は、ヴェンゲル監督の新天地の「4つの候補」のひとつとして日本代表を挙げている。

アーセナルは今月20日に、ヴェンゲル監督が今季限りで退任することを発表した。
1996年から約22年間に及んだ長期政権が終焉を迎えることになる。

だが68歳のヴェンゲル監督は、そのまま監督業を引退するとは明言していない。
『TF1』は、ヴェンゲル監督が今後の行き先を「まだ決めてはいない」としつつ、監督業は続行する見通しであるとの見方を伝えている。

今後の行き先の候補地としては、4つの可能性が挙げられている。中国、ボルシア・ドルトムント、パリ・サンジェルマン、そして日本代表だ。
 
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が今月解任され、西野朗監督が新たに就任したことを説明しつつ、
名古屋グランパスエイトでの監督経験があるヴェンゲル監督は日本での仕事に慣れているとも『TF1』は述べる。

だが、ハリルホジッチ監督の解任に繋がった
「日本代表が過去数ヶ月に見せた低いレベル」が就任への障害になるのではないかとの見方も伝えられている。

4/23(月) 17:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00266598-footballc-socc

【アーセナル】ベンゲル監督が退任を発表『22年の長期政権に幕』 

1   2018/04/20(金) 18:01:47.64 _USER9
アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、今季限りでの退任を発表した。

クラブの公式HP上で、指揮官は「クラブと慎重に協議した結果、私はクラブを離れる時が来たと思う」とコメント。今季終了後にクラブを離れる意向であると認めている。

4/20(金) 17:58配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00010006-goal-socc

写真no title

近年アーセナルがおこなった補強のワースト1位に韓国人FWパク・チュヨン! 

1: 名無しさん 2016/08/29(月) 07:29:02.42 ID:CAP_USER9
今季をシュツットガルトで過ごすことになった日本代表FW浅野拓磨は、
ドイツで最高のアピールをしてアーセナルに戻ってくることが期待されている。

ここで思い出されるのはスピードスターだった宮市亮だ。宮市はJリーグを経由せずいきなりアーセナルに加入。
しかしレンタル先で負傷に悩まされたこともあり、アーセナルで定位置を確保することはできなかった。

宮市の他に稲本潤一もインパクトを残せず、浅野にはこうしたイメージを払拭することも期待されている。
また、英『METRO』がおこなったアンケート調査では、近年アーセナルがおこなった補強のワースト1位に韓国人FWパク・チュヨンが選ばれた。

パク・チュヨンは27%の票を集めてしまい、
アーセナルサポーターの中にはアジア人選手に対して良いイメージを持っていない人もいるかもしれない。

このアンケートでは2位にアンドレ・サントス、3位キム・カルストローム、4位セバスティアン・スキラッチ、
5位にヨッシ・ベナユンが選ばれているが、サントスとベナユンはパク・チュヨンと同じ2011年夏にアーセナルへ加入した選手で、当時はパニックバイだと批判されている。

中でもパク・チュヨンの評価は低く、今回のアンケートでも1位に選ばれてしまった。

浅野がこのままアーセナルに戻ってこれない場合はアジア人選手の評価がさらに下がりそうだが、
浅野にはシュツットガルトで結果を残してアーセナルの最前線を張る選手になってもらいたいところだ。

theWORLD(ザ・ワールド) 8月28日(日)22時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00010027-theworld-socc
no title

大打撃!アーセナル、負傷で絶対的エース不在で開幕を迎える? 

1: 名無しさん 2016/07/15(金) 10:07:37.93 ID:CAP_USER9
 アーセナルに大打撃だ。絶対的エースを負傷で欠いた状態で新シーズン開幕を迎えるかもしれない。13日、英紙『デイリー・メール』が報じている。

 コパ・アメリカ二連覇を達成したチリ代表FWアレクシス・サンチェスは決勝に先発出場を果たしたものの、負傷で延長104分に負傷で交代を余儀なくされた。同選手の状況は予想以上に深刻なようで、開幕までに回復しない見込みのようだ。

アーセナルに大打撃。負傷で絶対的エース不在で開幕を迎える?

 今夏アーセナルはユベントスからレアル・マドリーに復帰したアルバロ・モラタの獲得を画策していた。しかし、マドリーが同選手の残留を決断したことで、ゴンサロ・イグアインへの目標変更を強いられている。

 サンチェスは昨季公式戦41試合に出場し17ゴール11アシストとアーセナルの攻撃陣を牽引した。前線の補強が停滞している同クラブにとって、大エースの負傷離脱は痛恨だ。クラブが代役確保に成功できるのか注目が集まりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160715-00010004-footballc-socc
no title

アーセナルが昨季セリエA得点王のイグアイン取りへ!!6000万ユーロ+ジルー譲渡で 

722: 名無しさん 2016/07/12(火) 23:51:02.93 ID:vInByaVD0
アーセナル、イグアイン獲得へ…6000万ユーロ+ジルー譲渡の構えも
http://www.sanspo.com/soccer/news/20160712/pre16071223220006-n1.html
 アーセナルが、ナポリFWゴンサロ・イグアイン獲得に本腰を入れ始めている。だがナポリに同選手を安売りする意思はなさそうだ。

 イグアインは昨季セリエAで36得点をマーク。セリエAの年間最多得点記録を66年ぶりに更新した。

 この活躍がビッグクラブの関心を引き付けたのは言うまでもない。最近ではAマドリードからの関心が取りざたされたが、今度はアーセナルがイグアイン獲得に動きを見せているという。

 アーセナルはアルゼンチン代表FW獲得に、移籍金6000万ユーロを準備しているようだ。それに加え、FWオリヴィエ・ジルーを譲渡する構えだとされる。ジルーは昨季プレミアリーグで16得点を記録。2500万ユーロ程度の市場価値があると言われている選手だ。

 しかしながら、このオファーはナポリを納得させるものではないかもしれない。ナポリとイグアインの契約には9470万ユーロ(約111億2300万円)の契約解除金が設定されており、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長はこの契約解除金を満たさないオファーを断る姿勢を示している。(Goal.com)

no title

浅野加入のアーセナル、リヨンFWラカゼットも獲得か…約45億円用意 

1: 名無しさん 2016/07/06(水) 17:34:57.42 ID:CAP_USER9
アーセナルが、リヨンに所属する元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの獲得に動いているようだ。5日付けのイギリス紙『メトロ』などが報じている。

 同紙によると、アーセナルはラカゼット獲得へ向けて移籍金4000万ユーロ(約45億円)を用意。リヨンとの交渉準備を進めているようだ。

 現在25歳のラカゼットは、リヨンの下部組織出身で2010年にトップチームデビュー。今シーズンのリーグ・アンでは34試合に出場し21ゴールを記録した。この数字は、パリ・サンジェルマンで38ゴールを叩き出したスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチに次いで2番目に多い得点数となった。しかし、ラカゼットはユーロ2016に臨むフランス代表メンバーから落選している。

 アーセナルはイングランド代表FWダニー・ウェルベックが重傷を負い、復帰は来年3月頃と見込まれている。さらに、同代表FWセオ・ウォルコットの去就も不透明となっており、積極的に前線の補強を画策していた。

 今月3日にはサンフレッチェ広島から日本代表FW浅野拓磨の完全移籍加入を発表。その一方で、かねてより興味を示していたレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの獲得は失敗に終わっていた。アーセン・ヴェンゲル監督は同胞のラカゼットを獲得できるのか。今後の展開に注目が集まる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00465264-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索