Samurai Goal

アーセナル


スポンサード リンク





エジル、アーセナル退団説浮上!!ウェストハム戦の病欠は嘘だった!? 

mesut-ozil-arsenal_f4f8rtpihd0w1f03rioj37lu6
 アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルウナイ・エメリ監督との衝突が原因で、同クラブを退団する可能性があるという。27日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。

 エジルは、プレミアリーグ第3節に行われたウェストハム戦は体調不良が原因で欠場した。しかし、複数メディアによりエメリ監督とのトレーニング中の衝突が原因だと伝えられている。これがきっかけで、クラブ退団の噂が浮上した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00820234-soccerk-socc

渦中のエジル、欠場の理由をエメリ監督が言及!!『トラブルではない』 

キャプチャ
 25日のプレミアリーグ第3節で、アーセナルウェストハムを3-1で下し、今シーズン初勝利を挙げた。

この試合では元ドイツ代表MFメスト・エジルが欠場となっていたが、ウナイ・エメリ監督は体調不良が原因だと明かしている。

 10番を背負うエジルは、開幕から2試合続けて先発出場を果たしていたものの、ウェストハム戦はベンチ外となった。

一部ではエメリ監督との衝突が伝えられていたが、同監督はこれを明確に否定している。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00819774-soccerk-socc

王者マンCがアーセナルに完封勝ち!!エメリ新体制のアーセナルには不安の色も? 

1 2018/08/13(月) 02:13:23.85 _USER9
8/13(月) 2:10配信
昨季王者シティが開幕白星発進。敵地でエメリ新体制のアーセナルを下す

 プレミアリーグの第1節が12日に行われ、昨季王者のマンチェスター・シティが敵地でアーセナルを2ー0で下した。

 立ち上がりの主導権争いを制して5分過ぎからペースをつかんだのはアウェイのマンチェスター・Cだった。右ウイングに入った新戦力のリヤド・マフレズを起点に徐々に攻撃のリズムをつかむと、9分には左サイドのラヒーム・スターリングがセルヒオ・アグエロとのコンビネーションから抜け出してシュート。14分にはスターリングがカットインから右足で鮮やかにゴールネットを揺らし、昨季王者があっさりと先制に成功した。

 アーセナルも21分にエクトル・ベジェリンが際どいシュートを放つが、ホームチームの攻撃ターンは長く続かない。ボランチに入ったグラニト・ジャカとマテオ・ゲンドゥージが中盤の主導権争いで劣勢に立たされ、攻撃陣に良い形でボールを供給することができない。28分に与えたFKの場面で、ペトル・チェフがマフレズの直接FK、アイメリク・ラポルテのシュートを連続セーブしていなければ、失点はさらに増えていたはずだ。

 劣勢のアーセナルに追い打ちをかけるように30分過ぎには左サイドバックのエインズリー・メイトランド・ナイルズが相手との交錯で足を負傷。35分に交代を余儀なくされる。前半終了間際には中盤でボールカットしたヘンリク・ムヒタリアンが味方とのダイレクトパスから抜け出してシュートまで持ち込んだが、同点ゴールとはならなかった。

 アーセナルは54分、アーロン・ラムジーに代えてストライカーのアレクサンドル・ラカゼットを投入。そのラカゼットが交代からわずか2分後に際どいシュートを放って同点への希望を抱かせる。しかし、63分にゲンドゥージのミスからアグエロに独走を許して肝を冷やすと、その1分後にバンジャマン・メンディのマイナスの折り返しをベルナルド・シルヴァに決められて2点目。決定的な追加点を奪われる。

 マンチェスター・Cは最後まで集中力を切らすことなく、終盤のアーセナルの攻撃もシャットアウト。王者が盤石の試合運びで開幕白星スタートを飾った。

【スコア】
アーセナル 0ー2 マンチェスター・C

【得点者】
マンチェスター・C:スターリング(14分)、ベルナルド・シルヴァ(64分)

【スターティングメンバー】
アーセナル(4ー2ー3ー1)
チェフ;ベジェリン、ムスタフィ、ソクラティス、メイトランド・ナイルズ(35分 リヒトシュタイナー);ゲンドゥージ、ジャカ(70分 トレイラ);エジル、ラムジー(54分 ラカゼット)、ムヒタリアン;オーバメヤン

マンチェスター・C(4ー3ー3)
エデルソン;ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、メンディ;ギュンドアン、フェルナンジーニョ、ベルナルド・シルヴァ;マフレズ(59分 デ・ブライネ)、アグエロ(79分 G・ジェズス)、スターリング(87分 サネ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00811164-soccerk-socc
no title

香川真司ブーム到来!?アーセナルファンが移籍を熱望!! 

1 2018/07/06(金) 23:49:53.35 _USER9
●マンU退団により英国で忘れ去られていた男がロシアW杯の活躍で再評価

日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、FIFAランキング3位のベルギー代表と壮絶な打ち合いを演じた。

後半アディショナルタイムの被弾で悔しい逆転負けを喫したものの、堂々たる戦いぶりは世界各国から称賛された。そのなかで、フットボールの母国イングランドで評価を高めているのが、トップ下に君臨したMF香川真司だ。W杯2大会連続で10番を背負った男は、ロシアW杯で1得点1アシストを記録し、強豪アーセナルのサポーターが獲得を求める大合唱を挙げている。

「アーセナルファンの人々は、日本代表の活躍でカガワがエミレーツにフィットすると考えている」と報じたのは、英メディア「フットボールファンキャスト」だった。エミレーツとは本拠地エミレーツ・スタジアムのこと。つまりアーセナルだ。

 香川は偉大なサー・アレックス・ファーガソン元監督に請われて、2012年6月にドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。

 記事では、「シンジ・カガワはアーセナルのファンにもよく知られている。マンチェスター・ユナイテッドに2012年から14年まで2年間過ごしたことで」と触れている。アーセナルサポーターの間でもユナイテッド最後のリーグ優勝に貢献した男の認知度は高いという。

ファンが香川獲得を大合唱「自分ならアーセナルに連れて行く」

 しかし、ドルトムントに復帰後、イングランドでその名は徐々に忘れられていったようだ。

「イングランドではカガワが忘れられた男になったと言っても過言ではないだろう。月曜日の夜、W杯ベスト16で日本のために優秀なパフォーマンスを見せるまで」

 記事でこう評価しているように、香川は決勝トーナメント1回戦のベルギー戦でトリッキーなヒールパスや急所を突くようなスルーパスに加え、後半7分には華麗なキープからMF乾貴士のゴールを演出した。このプレーメーカーぶりがアーセナルサポーターの心を鷲掴みにし、ツイッター上では香川に熱烈なラブコールを送っている。

「アーセナルよ、我々はドルトムントを急襲しているが、カガワも獲得できないだろうか?」
「アーセナル、今、カガワと契約するんだ」
「カガワはあまりに良すぎる。自分ならアーセナルに連れて行く」
「スヴェン・ミスリンタットがアーセナルでカガワを求めるなら、問題なし。彼はこの夜、凄まじいほどに輝いていた」
「シンジ・カガワを獲得で、メスト・エジル放出」
「移籍したウィルシャーの代わりに、アーセナルは次にカガワを獲得するのはどうだろうか?」
「カガワは優秀だ」



ZONE 7/6(金) 19:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180706-00119783-soccermzw-socc

写真
no title

ベンゲルも“イニエスタブーム”に乗るか?「日本復帰も真剣に考える」 

1   2018/05/27(日) 12:59:27.69 _USER9
22年間アーセナルを指揮したアーセン・ベンゲル氏に、Jリーグ復帰の可能性が浮上した。英『デイリー・メール』が伝えている。

 ベンゲル氏は、1995シーズンから名古屋グランパスの監督を務め、1996年8月にアーセナルに移籍。そこから22年間アーセナルを指揮し、今シーズン限りでその役目を終えた。68歳という年齢から監督業引退も囁かれ、パリSG会長への就任が報じられていた。しかし、ベンゲル氏は監督業を続けるようで、その去就に注目が集まっている。

 同紙によると、ベンゲル氏は適切なオファーがあれば、日本復帰も真剣に考えるとのこと。今月バルセロナの世界的スーパースター、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸加入が決まり、かつてないほど注目を集めているJリーグ。FWフェルナンド・トーレス加入も噂される中、ベンゲル氏も日本にやってくるのだろうか。

ゲキサカ 5/27(日) 12:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-01654306-gekisaka-socc

写真
no title

〈レンタル〉浅野拓磨、ハノーファー正式決定!!片道切符になるのか? 

WS004941
1   2018/05/23(水) 19:53:58.24 _USER9
5/23(水) 19:31配信
浅野拓磨、ハノーファーへのレンタルが正式決定…通算4人目の日本人に

ハノーファーは18日、日本代表FWの浅野拓磨を1年のレンタルでアーセナルから獲得することを発表した。


2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに加入した浅野だが、イングランドでプレーすることはなく、そのままレンタルでシュトゥットガルトへと期限付き移籍。ドイツでの1シーズン目は、レギュラーとして当時2部に所属していたクラブの1部昇格に貢献するも、今年1月にタイフン・コルクト監督が就任してからは出場機会が1試合も与えられなかった。

しかし、そんな浅野を今度はハノーファーが1年の期限付きで獲得。イギリスの就労ビザが下りないと判断したと見られる所属元アーセナルは、ハノーファーのホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)からのオファーを受け入れたとのこと。

ドイツ紙『ビルト』によれば、アーセナルに支払うレンタル料は100万ユーロ(約1億3000万円)で、レンタル契約には300万ユーロ(約3億9000万円)に設定の買い取りオプションが盛り込まれているという。

昨季は2部に所属していたハノーファーだが、今シーズンは1年ぶりに1部に復帰。アンドレ・ブライテンライター監督の下で、今シーズンを13位で終えた。過去には現マルセイユのDF酒井宏樹や、現セレッソ大阪のMF清武弘嗣、山口蛍が所属し、浅野は同クラブでプレーする4人目の日本人選手となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000017-goal-socc

〈アーセナル〉ベンゲル後任にエメリ決定か!PSGからアーセナルに!! 

origin_1
1   2018/05/22(火) 11:43:48.94 _USER9
ベンゲル氏後任にエメリ氏
アーセナルの新監督へ、サッカー
2018/5/22 08:39
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/371436021688566881

【ロンドン共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルを22シーズン率いたベンゲル監督の後任にパリ・サンジェルマン(フランス)のエメリ監督が就任する見通しであると21日、英BBC放送(電子版)など現地メディアが一斉に報じた。

スペイン出身で46歳のエメリ氏はセビリア(スペイン)を欧州リーグ3連覇に導き、2016年にパリSGの監督に就任。2年目の今季は国内リーグを制したが、契約満了で退任することが決まっていた。

1996年から指揮を執った68歳のベンゲル監督は、4月に今季限りで勇退すると発表した。

ベンゲル監督への思いをセスクが語る「彼の哲学は常に美しいサッカー」 

GettyImages-645260248-800x558
1   2018/05/10(木) 18:38:43.90 _USER9
■セスクは小さい時に見たプレミアリーグが「ロングボールとヘディング、タックルだけだった」と振り返る しかしベンゲルが来てから・・・


 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、22年間の長期政権を築いた名門からの退団が決定している。そんな名将に対し、寵愛を受けたスペイン代表MFセスク・ファブレガス(チェルシー)が自身の思いを告白した。

 2003年のU-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)でスペイン代表の一員として準優勝&大会最優秀選手と結果を残したセスクは、同年にバルセロナの下部組織からアーセナルへと移籍。当初はユース所属だったがすぐにトップチームデビューを果たすと、その後ベンゲル監督の下で8年間プレーし、司令塔として公式戦300試合以上に出場した。また08年にはクラブ史上2番目の若さでキャプテンを託されるなど、11年にバルセロナへ移籍するまで恩師とともに多くの経験を積んできた。

 現在チェルシーに所属するセスクは、英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューに答え、「彼は特別な男であり、特別な人物だ」とベンゲル監督に対する思いを告白。そして、恩師のサッカー哲学がプレミアリーグへの印象を変えたと力説した。

「フットボール、そして僕は、彼がアーセナルを去ることをとても寂しく感じることだろう。退任を聞いた時は、僕にとって悲しい一日になった。彼はイングランドのフットボールを変えた人なんだ」

「彼の哲学は常に美しいサッカーをすること」
 加えて、セスクは小さい時に見たプレミアリーグが「ロングボールとヘディング、タックルだけだった」と振り返り、ベンゲル監督が就任して以降のアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドを見た時には「別のスポーツを見ているようだった」と語っている。

「彼の哲学は常に美しいサッカーをすることで、若者を別のレベルに連れて行ってより高い水準に持ち上げたり、常に達成できると信じさせたりすることだった」

 11年のチェルシー移籍後は別々の道を歩んできたが、ベンゲル監督に対する思いはセスクの心の中にいつまでも残っているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00103084-soccermzw-socc

【EL準決勝】「アーセナル×アトレティコ」...ヴェンゲル体制無惨に散る 

GettyImages-667766480-800x537
1   2018/05/04(金) 06:04:30.61 _USER9
アトレティコが6季ぶり決勝進出! アーセナルはヴェンゲル体制最後のタイトル逃す

 ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが3日に行われ、アトレティコ・マドリードとアーセナルが対戦した。

 4月26日にアーセナルのホームで行なわれたファーストレグは1-1のドロー。スコアレスドローに終わった場合は、アウェイゴールをマークしているアトレティコが決勝に進出する。なお、アトレティコは退場処分のシメ・ヴルサリコが出場停止。退席を命じられたディエゴ・シメオネ監督はベンチに入れず、スタンドから戦況を見守る。

 開始早々の8分、アーセナルにアクシデント。キャプテンのローラン・コシェルニーが右足を痛め、プレー続行不可能に。カラム・チャンバースとの交代となった。前半アディショナルタイム、グリーズマンからのパスを受けたジエゴ・コスタが左足でシュートを決め、ホームのアトレティコが先制に成功。前半はアトレティコの1点リードで折り返す。

 後半に入り63分、グラニト・ジャカのミドルシュートはGKヤン・オブラクがセーブ。アーセナルは68分にヘンリク・ムヒタリアンを投入して攻撃のリズムを掴むが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、セカンドレグは1-0でタイムアップ。

 2試合合計2-1でアトレティコが6シーズンぶりに決勝進出。一方のアーセナルは今シーズン限りで退任するアーセン・ヴェンゲル監督にとって最後のタイトルを逃す結果となった。今シーズンのEL決勝戦は今月17日、フランスのリヨンで開催される。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-0(2試合合計2-1)アーセナル

【得点者】
1-0 45+2分 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00752353-soccerk-socc

アーセナルでは育たない?ベンゲル監督の指導力に疑問の声 

img_e710fc944c9ed0d26ba87724e5e4bf3f282376
1   2018/05/01(火) 15:39:52.29 _USER9
 4月18日発売の『フランス・フットボール』誌では、アーセン・ベンゲルの今季限りでの退団が決まったアーセナルを取り上げている。

 就任当初はベテランの再生と若手の育成に手腕を発揮し、チーム力を劇的に上げたベンゲルだったが、いつのころからかアーセナルは有望な若手を獲得するものの育て切れないクラブになってしまっていた。その結果流出した選手たちの中には、他のクラブで能力を開花させている者も多い。

 いったい何がいけなかったのか、才能を伸ばしきれなかった原因はどこにあるのか――。フィリップ・オクレール記者が分析する。監修:田村修一
.
■2012年12月。光り輝いていた若手選手たち。

 アーセン・ベンゲルにとって、2012~13年シーズンのスタートは望んだ通りのものではなかった。サンダーランドとストークを相手に無得点の引き分け。本来なら得られるべきだった勝ち点4をみすみす失ってしまったからである。

 その年の12月19日、早朝にクラブの練習場であるロンドン・コロニーに、ベンゲルは笑みを浮かべながら現われた。直近の2勝によりアーセナルは、プレミアトップ4のポジションにようやく復帰したからだった。さらにその日の午後には、将来性に溢れた5人の選手たち――全員がイギリス人であった――との契約を発表し、スタートのつまずきを帳消しにする明るい未来を予感させてもいた。

 クラブのオフィシャルフォトには、ペンを片手にサインしたばかりの書類をベンゲルに手渡そうとしている、緊張した面持ちの5人の姿が映っていた。

 左からカール・ジェンキンソン(当時20歳)、アーロン・ラムジー(同21歳)、ジャック・ウィルシャー(同20歳)、キーラン・ギブス(同23歳)、アレックス・オクスレイドチェンバレン(同19歳)である。

 全員が後にイングランドとウェールズ(ラムジー)の代表に名を連ねた、まさにキラ星のごとく輝くタレントたちであった。
.
■ベンゲルは才能の発掘に定評があったはず……。

 エミレーツ・スタジアムへの本拠地の移動を決めて以来アーセナルは、移籍市場でそれまでのような競争力を失っていた。

 とはいえベンゲルは才能の発掘には定評があり、育成コーチとしても超一流の評価を得ていた。ティエリー・アンリを開花させ、パトリック・ヴィエラやニコラ・アネルカを目覚めさせたベンゲルに惹かれて、ロビン・ファンペルシやセスク・ファブレガスらが次々と彼のもとに身を寄せた。

 それはプレミアの他のどの監督も持ちえない、ベンゲルの大きなアドバンテージだった。

 5年半の歳月が流れ、希望に溢れていた写真は、今は痛みと苦い思いばかりを喚起する。

 選手たちの運命も、またクラブ自身の運命も、彼らが望んだようにはならなかった。5人のうち今も代表に残っているのはひとりアーロン・ラムジーだけである。

■今のアーセナルは有望な若手を育てられない。

 “ジ・オックス/雄牛”(オクスレイドチェンバレンの愛称)は6年に及ぶフラストレーションの溜まるシーズンを送った後に、リバプールへと移籍した。残る3人はレンタル移籍と完全移籍、度重なる負傷で表舞台から遠ざかっている。

 彼らの中で最も才能に恵まれていたジャック・ウィルシャーは、秋にクラブへのカムバックを果たした。しかし将来の攻撃の大黒柱と期待されたイングランド代表チーム、その監督のガレス・サウスゲイトからは復帰後まだ1度も呼ばれていない。

 彼らはいずれも当初は多大な期待をかけられながら壁に直面し、乗り越えることができずに伸び悩んだり、退歩した。

 彼らに限らずこのところのアーセナルは、有望な若手を獲得しながら育てきれていない。選手の側から見切りをつけてクラブを離れていった例も少なくない。これは偶然なのか、それとも選考や育成のプロセスに何か問題があるのか……。
.
>>2以降に続く

5/1(火) 12:36
Number Web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180501-00830644-number-socc&p=1



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索