Samurai Goal

アーセナル


スポンサード リンク





鎌田大地の逆転2発が決定打に…アーセナルのエメリ監督が退任!ユングベリコーチが暫定指揮へ  

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 20:09:04.57 ID:ohbXvNe89
アーセナルは29日、ウナイ・エメリ監督(48)の退任を発表した。

 アーセナルは22年続いたアーセン・ベンゲル前監督の体制から2018シーズンにエメリ監督体制をスタート。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)で決勝まで勝ち進み、1-4で敗れたものの、準優勝となっていた。

 しかし今シーズンはリーグ戦も4勝6分3敗で8位と低迷。さらに28日のEL第5節ではフランクフルトと対戦するも、FW鎌田大地の2得点で1-2と逆転負け。公式戦7試合未勝利となり、1992年2月以来27年ぶりの不名誉記録をつくってしまった。

 クラブ幹部のジョシュ・クロエンケ氏はクラブ公式サイトで、「エメリ監督とそのチームは私たちの要求に応えるために努力を惜しまなかった。そのことに感謝し、彼らの今後の成功を祈っている」とコメント。現在新たな指揮官は決まっておらず、元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリコーチが暫定的に指揮を執るという。

11/29(金) 19:41配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-43474543-gekisaka-socc

写真
no title

浅野拓磨、EL初弾を地元メディアが絶賛!「これを待っていた!」古巣アーセナルのファンは「呼び戻せ」の声も  

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 16:27:59.88 ID:fuS0xuSN9
日本の韋駄天が、鮮烈な一撃を見舞った。

 現地時間11月28日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節(L組)で、AZの本拠地に乗り込んだパルチザンは、前半のうちに2点をリードしたが、数的優位になったにもかかわらず、87分と後半アディショナルタイム2分に立て続けに失点……。結局、2-2で勝ち試合をフイにし、グループステージ敗退が決定した。

【動画】おなじみのジャガーポーズも! 浅野が決めたゴールはこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=67233

 試合には勝てなかったパルチザンの中で、小さくない存在感を放ったのが、浅野拓磨だ。

 4-4-2の左サイドハーフで先発起用された日本代表FWは、16分に魅せる。ハーフウェーライン付近でボールを持ったビブラス・ナトホのロブパスに反応すると、AZの最終ラインの裏を取って、エリア内に侵入。鮮やかな左足のボールコントロールから最後は右足のアウトサイドでゴールへ流し込んだ。

 EL初ゴールを決め、お馴染みの「ジャガーポーズ」も炸裂させた浅野。そのパフォーマンスに、地元メディアから賛辞が集まっている。

 セルビア・メディアの『Espreso』は、「2-2のゲームはパルチザンにとって不十分な結果だ」としたうえで、先制点を決めた浅野に次のような賛辞を贈った。

「多くの人々がこれを待っていた。アサノは非常に重要な試合で自分自身を証明した。ナトホの蹴った気持ちを込めたパスに見事にゴールで応えたのだ。そして、彼の守備におけるパフォーマンスはもはや繰り返す必要がないだろう。アサノはウロセビッチ(左SB)をとても良く助けている。それを強調しなければならない」

 また、ツイッターでは、熱狂的なパルチザン・ファンをはじめ、古巣アーセナルのファンからも、浅野に対するコメントが相次いだ。

「アサノがゴラッソを決めた」
「巧みなゴールだった」
「これを待ってた」
「綺麗すぎる一撃だ」
「信じられるか? アサノがゴールを決めたぞ。アーセナルに呼び戻せ」
「アーセナルでリベンジさせるべきだ」

 チームの勝利には結びつかなかったものの、個人としては目に見える結果を残した浅野。そのパフォーマンスから今後も目が離せない。

11/29(金) 16:05 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00067233-sdigestw-socc

写真no title

<鎌田大地>英メディアがMOM選出!「輝かしいダブル」独メディア「2発でアーセナルを粉砕」  

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 09:01:06.35 ID:FRY04Oml9
日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)の2ゴールがイングランドの名門アーセナルを沈めた。UEFA公式サイトに談話を掲載したジェームズ・ソログッド記者は「鎌田の素晴らしいブレース(2得点)のおかげで、彼らのヨーロッパリーグの運命が彼らの手中にあることを決定づけた」と称賛している。

 28日にエミレーツ・スタジアムで行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第5節、先発出場した鎌田は0-1で迎えた後半10分、DFダニー・ダ・コスタのパスを受けてDFソクラティス・パパスタソプロスと正対。素早いフェイントでかわして左足を振り抜くと、鋭いシュートをゴール左隅に突き刺した。

 鎌田にとって、これが欧州カップ戦初ゴール。さらに後半19分にも魅せた。右コーナーキックのこぼれ球をペナルティアーク付近で拾うと、今度は対面のDFダビド・ルイスのプレッシャーに惑わされず右足を一閃。グラウンダーのシュートをまたもゴール左隅に叩き込み、たった一人で逆転劇を演出した。

 鎌田の2ゴールで勝利したフランクフルトは、グループFの単独2位に浮上。首位のアーセナルを勝ち点1差で追い、最終節で最下位のギマランエス(ドイツ)に勝利すれば、自力でのグループリーグ突破を決められるという優位な状況に立った。

 試合後、クラブのスポーティング・ダイレクターを務めるフレディ・ボビッチ氏は「前半は良くなかったし、アーセナルも優れていたわけではなかった。(ハーフタイムの)監督の言葉が選手のリアクションを引き出した。彼らはとても活発になったし、勝ちに値していた。よく連係していたし、2つのゴールは格調高かった」と鎌田を称えた。

 またアーセナルの敗戦を報じたイギリスメディアも鎌田のゴールに称賛を送った。メイン写真に喜びを示す鎌田を載せた『BBC』は「鎌田大地の輝かしいダブル」と表現。『スカイ』は鎌田をマンオブザマッチに選出し、選手採点では両チーム最高点の『8』をつけた。

11/29(金) 8:48 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-43474519-gekisaka-socc

写真
no title

「キング・カマダ」アーセナルから鮮烈2ゴールの鎌田大地に英独メディアが注目  

20191129-00010008-goal-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/29(金) 10:45:08.28 ID:6p8crxJ39
アーセナル相手の逆転勝利に貢献
アーセナル戦での鎌田大地の鮮烈な活躍にイギリス、ドイツの各メディアが注目している。


フランクフルトは28日、ヨーロッパリーグ第5節でアーセナルと対戦。鎌田大地、長谷部誠はともに先発出場を飾った。試合は前半終了間際にアーセナルが先制。クロスにピエール=エメリク・オーバメヤンが合わせ、ネットを揺らす。

しかし、後半にフランクフルトが猛攻を仕掛ける。55分に鎌田がゴール右から切れ込み、左足を振り抜く。すると、ゴール左に突き刺さり、フランクフルトが同点に追いつく。さらに64分、コーナーキックのこぼれ球を鎌田が右足を強振。これがゴール左隅に吸い込まれ、フランクフルトが逆転に成功する。試合は2-1のまま終了し、フランクフルトが勝利を収めた。

鎌田の活躍に英各メディアも注目。『デイリー・メール』は「カマダは2度ゴールを決め、ガナーズを驚かせた。カマダはウナイ・エメリに圧力をかけた」と記した。

また、ドイツ紙『ビルト』は「キング・カマダ」と題し、その活躍を称えた。「主人公となったのは鎌田大地だった。日本人はわずか9分で2ゴールを挙げ、彼は8月中旬以来のゴールとなった」と評価している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010008-goal-socc

鎌田大地がアーセナル相手に圧巻の2ゴール! フランクフルト、敵地で逆転勝利  

20191129-01003453-soccerk-000-4-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/29(金) 06:59:17.24 ID:FYIcTOFD9
 ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が28日に行われ、アーセナルとフランクフルトが対戦した。フランクフルトのDF長谷部誠とMF鎌田大地は揃って先発フル出場を果たした。

 引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるアーセナルは、16分にガブリエル・マルティネッリに2度の決定機が到来。相手のクリアボールをダイレクトで撃ち返したシュートは相手Gkに弾かれ、続くコーナーキックではヘディングが枠を捉えるも、相手DFにライン上でクリアされた。

 攻勢を続けるアーセナルは、前半終了間際に先制点を獲得する。後半アディショナルタイム1分、ピエール・エメリク・オーバメヤンが、マルティネッリのグラウンダークロスにダイレクトで合わせると、シュートは相手GKとクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。

 後半開始から2人を投入して巻き上げを図ったフランクフルトは、55分に鎌田のEL初ゴールでに同点に追いつく。鎌田は右サイドのダニー・ダ・コスタからのパスを正面で受け取ると、ファーストタッチでゴール方向に反転。コースを塞ぎに行った相手DFをフェイントでいなし、左足一閃、強烈なシュートをゴール左下隅へと突き刺した。

 すると64分、鎌田が2ゴール目を挙げ、フランクフルトが逆転に成功する。コーナーキックのこぼれ球を拾った鎌田は、巧みなトラップから右足を振り抜き、ゴール左下隅へと冷静に流し込んだ。

 試合はこのまま終了。フランクフルトは0-3で敗れた初戦の借りを返し、勝ち点を「9」に伸ばして単独2位に浮上した。一方、敗れたアーセナルは今節での決勝T進出を逃すことになった。12月12日に行われるGS最終節では、アーセナルはスタンダール・リエージュと敵地で、フランクフルトはホームでギマランイスと対戦する。

【スコア】
アーセナル 1-2 フランクフルト

【得点者】
1-0 45+1分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
1-1 55分 鎌田大地(フランクフルト)
1-2 64分 鎌田大地(フランクフルト)

SOCCER KING 11/29(金) 6:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-01003453-soccerk-socc

ベンゲル氏がFIFAへ アーセナル元監督  

20191114-00000018-kyodonews-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 08:37:58.38 ID:vEniiPCO9
国際サッカー連盟(FIFA)は13日、2季前までアーセナル(イングランド)の監督を22シーズン務めたベンゲル氏が
国際的な普及を促進するグローバル・デベロップメント部門のトップに就くと発表した。
70歳の同氏はFIFA技術研究グループ長と、競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員会メンバーも務める。(ロンドン共同)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000018-kyodonews-socc
11/14(木) 8:34配信

エメリ・アーセナル、直近37年で最悪のスタート…ヴェンゲル政権晩期よりも弱体化したことが明らかに  

20191110-00010007-goal-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/11(月) 21:50:51.54 ID:lJUNlORb9
アーセナルを率いてプレミアリーグ50試合目を迎えたウナイ・エメリ監督だが、前政権晩期よりも低調な成績を記録していることがわかった。

2018年夏に22年もの長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督が退任し、エメリ監督が就任したアーセナル。1年目となった昨シーズンは、リーグ戦14戦無敗を記録するなど序盤から中盤にかけて好調を維持したが、終盤に失速し、5位でフィニッシュ。ヨーロッパリーグでも準優勝に終わり、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得には至らなかったものの、スペイン人指揮官には一定の評価が与えられていた。

そして迎えた今夏、アーセナルはクラブ史上最高額をはたいてニコラ・ペペらを獲得するなど、指揮官の望むポジションすべてで補強に成功。周囲の期待も高まる中でシーズン開幕を迎えたが、直近公式戦4試合4分と、なかなか波に乗れない状況が続いていた。

そして迎えた9日のプレミアリーグ第12節では、好調レスターと激突。エメリ監督も「大きなチャレンジ」と認めた一戦で、前半こそまずまずの戦いを見せていたものの、後半に2失点を喫して0-2の完封負け。チームはこれでリーグ戦4試合未勝利で、順位も昇格組シェフィールド・ユナイテッドにかわされて6位に後退した。

データサイト『Opta』によると、エメリ監督のアーセナルでのリーグ戦50試合の内訳は25勝12分13敗、獲得した勝ち点は87ポイント。しかし、これは多くの非難が集まっていたヴェンゲル前政権下のラスト50試合(27勝7分け16敗、88ポイント)よりも1ポイント少ない数字になっている。

さらに、今シーズンここまで低調な戦いを続けるアーセナルは、プレミアリーグ12試合で4勝5分け3敗の勝ち点17、得失点差「-1」を記録しているが、これは1982-1983シーズン以降で最悪のシーズンスタートとなっている。また、アウェイゲームではリーグ戦直近24試合でたった2つしかクリーンシートを記録できていない。

これら結果やメスト・エジルらの扱いなど、エメリ監督への風当たりは日増しに激しくなっており、スタジアムでは「Emry out」のボードを掲げるファンも急増。さらに具体的な解任説なども浮上し始めている。

チームはこれからインターナショナルブレイクに突入するが、過密日程を控える12月までにアーセナル首脳陣がどのような結論を出すか、注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00010007-goal-socc

バルサが冬の移籍市場でオーバメヤン獲得を検討か 32歳スアレスの後釜として浮上  

20191108-00227829-soccermzw-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/08(金) 20:50:19.24 ID:zHGYNNwR9
 スペイン王者バルセロナが、次期エース候補としてアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得レースに参加すると、英紙「デイリー・ミラー」が報じている。来年1月にも獲得に動く可能性があるようだ。

 アーセナルがUEFAチャンピオンズリーグ出場から遠ざかっている影響もあり、移籍の可能性が噂されているオーバメヤン。その動向に関心を寄せているのがバルセロナだという。直近の公式戦2試合で1分1敗に終わるなど、このところ不調のバルセロナとしても攻撃陣のテコ入れの必要性が浮かび上がっているようだ。

 スペインテレビ「エル・チリンギート」によれば、オーバメヤンは30歳とベテランの域に達しているが、トップフォームに戻るのに苦しんでいる32歳のウルグアイ代表FWルイス・スアレスにいずれとって代わる存在としてバルセロナが獲得を狙っているという。今夏加入したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンもチームに完全にフィットしているとは言えない状況で、1月の移籍市場で新たに動きを見せる可能性があると指摘されている。

 オーバメヤンはファンへの暴言騒動でキャプテンを剥奪されたスイス代表MFグラニト・ジャカに代わって新キャプテンに任命されたばかりだが、アーセナルは同選手が退団を望む場合には他チームからのオファーを聞き入れる約束になっているという。ブンデスリーガとプレミアリーグの両方で得点王を獲得している韋駄天FWは、CL出場のためにスペインへ渡ることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00227829-soccermzw-socc

オーバメヤン、古巣CEOからの批判に反論! 「デンベレの移籍金に目がくらんだくせに」 

20191004-00986101-soccerk-000-3-view[1]

強豪参戦のELグループステージ組み合わせ決定! 8選手の日本人所属クラブの相手は?  

20190830-00010040-goal-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/30(金) 20:58:09.12 ID:SNqYlFkl9
2019-20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)グループステージ組み合わせ抽選会が30日に開催された。

昨シーズンはアーセナルとの同国対決を制したチェルシーの優勝で幕を閉じたEL。今シーズンは、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、セビージャ、ローマなどの強豪クラブが参加する。また日本人も、ポルトMF中島翔哉、CSKAモスクワFW西村拓真、PSVのMF堂安律、ヘントFW久保裕也、フランクフルトMF長谷部誠とFW鎌田大地、パルチザンFW浅野拓磨、AZのDF菅原由勢と8選手が参戦する。

グループ分け、注目はグループFで長谷部と鎌田所属のフランクフルトがアーセナルと同居。スタンダール・リエージュ、ヴィトーリア・ギマランエスと決勝トーナメント行きを争う。また、グループLでは菅原所属のAZと浅野所属のパルチザンがマンチェスター・Uと同組となっている。

ELグループステージ第1節は、9月19日に開催。決勝は、来年5月27日にポーランドのスタディオン・エネルガ・グダニスクで行われる。

ELグループステージの組み合わせは以下のとおり。

【グループA】
セビージャ(スペイン)
アポエル(キプロス)
カラバフ(アゼルバイジャン)
デュドランジュ(ルクセンブルク)

【グループB】
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
コペンハーゲン(デンマーク)
マルメ(スウェーデン)
ルガーノ(スイス)

【グループC】
バーゼル(スイス)
クラスノダール(ロシア)
ヘタフェ(スペイン)
トラブゾンシュポル(トルコ)

【グループD】
スポルティング・リスボン(ポルトガル)
PSV(オランダ)
ローゼンボリ(ノルウェー)
LASKリンツ(オーストリア)

【グループE】
ラツィオ(イタリア)
セルティック(スコットランド)
レンヌ(フランス)
CFRクルージュ(ルーマニア)

【グループF】
アーセナル(イングランド)
フランクフルト(ドイツ)
スタンダール・リエージュ(ベルギー)
ヴィトーリア・ギマランエス(ポルトガル)

【グループG】
ポルト(ポルトガル)
ヤングボーイズ(スイス)
フェイエノールト(オランダ)
レンジャーズ(スコットランド)

【グループH】
CSKAモスクワ(ロシア)
ルドゴレツ(ブルガリア)
エスパニョール(スペイン)
フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)

【グループI】
ヴォルフスブルク(ドイツ)
ヘント(ベルギー)
サンテティエンヌ(フランス)
オレクサンドリア(ウクライナ)

【グループJ】
ローマ(イタリア)
ボルシアMG(ドイツ)
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
ヴォルフスベルク(オーストリア)

【グループK】
ベシクタシュ(トルコ)
ブラガ(ポルトガル)
ウォルヴァーハンプトン(イングランド)
スロバン・ブラチスラバ(スロバキア)

【グループL】
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
アスタナ(カザフスタン)
パルチザン(セルビア)
AZ(オランダ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010040-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索