Samurai Goal

アーセナル


スポンサード リンク





マンC、アーセナル破り公式戦18連勝…スターリングの開始2分弾が決勝点 

スクリーンショット 2021-02-22 7.55.35

「SNSはバカな人間で溢れている。時間の無駄」アーセナル守護神が語る 

スクリーンショット 2021-02-19 7.20.49




1: 2021/02/18(木) 19:43:25.36 _USER9
アーセナルGKベルント・レノが、昨今のSNS事情について語っている。

2021年に入り、人種差別被害が相次ぐプレミアリーグ。特にSNS上での問題が多発しており、先日にもマンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャルが第24節ウェストブロム戦(1-1)後に差別被害にあったことが報告された。その他アクセル・トゥアンゼベやリース・ジェームズらや、解説者のイアン・ライト氏まで被害に。イングランドサッカー協会(FA)も撲滅のために様々な施策を講じているが、一向に数は減らない状況が続いている。

そんなSNS事情について、アーセナル守護神が『スカイスポーツ』で言及。ドイツでプレーしていた時代には、元ドイツ代表でうつ病と戦いながらも2009年に自ら命を絶ったロベルト・エンケ氏の名前を出されて批判されたことを明かし、「意味がない」と断言している。

「もちろん、僕は色々なことを経験してきたよ。ここイギリスでも、ドイツでもね。だけど、1つだけ僕の心に残るクレイジーな出来事がある」

「僕は非常に悪いパフォーマンスをした。そしてSNS上である人物に『エンケのようにやれよ』と言われたんだ。これを読んでから、SNS上はバカな人間が溢れてることに気づいたんだ。だからこそ、良い時にも読まないことにした。僕には必要ない。時間の無駄だ」

「パソコンの陰に隠れ、相手の気分を害するような偽物の人間が多いんだ。人種差別、家族への批判、僕は好きじゃない。読まないよ。人生に影響を与えるとして、何の意味があるんだ?」

https://news.yahoo.co.jp/articles/993fb036414a56359ae529b00a653d95ce685f0f

トルコ1部フェネルバフチェがアーセナルからエジル獲得 

1: 2021/01/25(月) 13:13:32.27 _USER9 BE:279767159-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/25(月) 12:55
東スポWeb

トルコ1部フェネルバフチェがアーセナルからエジル獲得
フェネルバフチェ入りが決まったエジル(ロイター)
 トルコ1部フェネルバフチェは24日、元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)をイングランド・プレミアリーグのアーセナルから獲得したと発表した。契約は3年半になるという。

 エジルは2010年にドイツ1部ブレーメンからスペイン1部レアル・マドリード入り。13年にはアーセナルへ移籍し、主力選手として大活躍した。ドイツ代表で10番も背負うなど、92試合23得点。14年のブラジルW杯では優勝に貢献した。ただ、今季はアーセナルでチーム構想から外れ、リーグと欧州リーグ(EL)でともに選手登録されておらず、その去就が注目されていた。

 エジルを巡っては、これまでにイタリア1部ユベントスへのレンタル移籍や、米メジャーリーグサッカー(MSL)のDCユナイテッド入りが報じられていた。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1f2ff8aa7959a9d49a63ae784dae19582c34283

エジルと共にトロフィーを掲げた選手たちは今どこに?…アーセナルのFAカップ優勝から7年 

スクリーンショット 2021-01-25 13.09.58

6部クラブがジャイアントキリング!! マンU、アーセナルらがFAカップ4回戦へ 

スクリーンショット 2021-01-10 10.49.45

北川航也、アーセナル相手にEL初ゴール!…豪快ボレー叩き込んで今季4点目 

1: 2020/12/04(金) 08:06:51.44 _USER9
 ラピード・ウィーンに所属するFW北川航也が3日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節のアーセナル戦で今シーズン公式戦4点目を記録した。

 先発出場した北川は3点ビハインドで迎えた47分、ペナルティエリア中央で味方のシュートのこぼれ球に反応。浮き球を右足ダイレクトボレーで豪快に叩き込み、反撃の1点を決めた。

 現在24歳の北川は今シーズン公式戦16試合に出場。リーグ戦で3ゴールを挙げており、ELでは自身初ゴールを記録した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e747cc7165f7b519912a4a76a558b997944aa7d
no title

遠藤航にドルトムントやアーセナルでプレーする可能性があった…シュトゥットガルトSDが明かす 

スクリーンショット 2020-12-02 6.52.28




1: 2020/12/01(火) 22:12:23.10 _USER9
「バックアップとして検討していた」
シュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航は過去に、ボルシア・ドルトムントやアーセナルが獲得に動く可能性があったようだ。現所属クラブのスヴェン・ミスリンタートSD(スポーツディレクター)が明かした。

昨夏ベルギーのシント=トロイデンから加入した遠藤は1部昇格組シュトゥットガルトの中盤においてもはや不可欠な存在としての地位を確立。デュエル数、デュエル勝率といった個人スタッツでブンデスリーガ首位の数字を叩き出している上、攻撃面でも精度の高いフィードなどで貢献する日本代表MFは、周囲からの絶賛が止まらず、スカウト時代から“ダイヤモンド・アイ”との異名で知られるミスリンタートSDの手腕を象徴する選手の1人と見られるようになっている。

そして、同SDはインタビューを受ける際には必ず遠藤に関する質問も投げかけられることに。ドイツ『SWR』のスポーツ番組に出演した時にも「一番目覚ましい成長を見せるのはブンデスリーガで145本のデュエルを制し、最もデュエルに長けているワタル・エンドウだと思うが、どうやって彼を見つけたのか」と問われている。すると、ドルトムントやアーセナルでチーフスカウトを務めてきた同SDは次のように語った。

「ワタルのことは結構前から知っていたよ。元はと言えば、ドルトムントやアーセナルでも彼のことをバックアップとして検討していたんだ。だが、彼はベルギーの比較的小さなクラブに移籍し、幸いなことにそこでは彼が輝く守備ラインの前の中央の位置で起用されなかった。それで彼を低めな額の買い取りオプション付きでレンタルするチャンスが浮上し、私は早い段階からシュトゥットガルトとしては良い補強になるという判断に至った」

「面白いのは、彼が最初の(先発出場した)試合だった、我々が勝ったカールスルーエとのダービーマッチでまさに今もブンデスリーガで続けているプレーを見せていたことだ。レベルが変わっても、(それをできることに)私はもはや驚きを感じないよ。彼は我々のボディーガードであり、オレル・マンガラとともにセントラルMFの心臓なのだからね。オレルも含めて言うべきだと思うが、彼ら2人は素晴らしく働いており、現在うちで起こっていることにおいてものすごく重要なファクターだよ」

遠藤は2011年1月に湘南ベルマーレのトップチームに昇格し、16年1月からは2年半浦和レッズでプレー。09年9月~17年11月までドルトムントで、17年12月~19年2月までアーセナルでチーフスカウトだったミスリンタートSDだが、遠藤がいずれかに加わっていた場合、どのようなキャリアを過ごしていたのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3bfad2777f4a8db2863ea7c1a16b9d59f52fc4ee

「かなり自信があった」決勝PK沈めたオーバメヤン、マンチェスター・U撃破に歓喜 

スクリーンショット 2020-11-02 15.04.37

47年間アウェイで勝利なし、対アーセナル不名誉記録に終止符! ヴァーディーの豪快弾にファン大興奮! 

スクリーンショット 2020-10-29 9.26.56




1: 2020/10/28(水) 20:40:27.22 _USER9
 千両役者が魅せた貫禄のゴールに称賛の声が集まっている。

 現地時間25日、レスターはアーセナルと対戦し、1-0で勝利。値千金の決勝点を奪ったのはエースにして、昨季のプレミアリーグ得点王のジェイミー・ヴァーディーだった。

 合計8枚のイエローカードが飛び交い、やや荒れ気味となったこのゲームで、怪我で2試合を欠場していたヴァーディーは60分にピッチへ。すると、圧巻の輝きを放ったのは80分。自陣からの縦パスに反応したジェンギズ・ウンデルが一気に抜け出し、ゴール前に折り返しのパス。これに背番号9は豪快にダイビングヘッドで合わせ、鮮やかにゴールネットを揺らした。“ガナーズ・キラー”ヴァーディーは、アーセナル戦出場12試合目にして、11発目の一撃となった。

 この1点を守り切ったレスターは、アーセナルのホームでは1973年以来、なんと47年ぶりの勝利。そしてリーグ戦3試合ぶりの白星を掴んだ。

 試合後エースの気持ちの入ったゴールには、指揮官も「彼はワールドクラスのストライカーであり、信じられないほどの才能を持っている」と手放しで絶賛。33歳となった今も衰えぬゴールへの嗅覚を褒め称えた。
 
 また、本人も自身のインスタグラムを更新し、「3ポイント…(怪我から)戻ってきてよかった!」と力強くコメント。これにはファンも大興奮で、次のような労いの声が寄せられている。

「なんて男だ」
「愛してる」
「レジェンドが戻った!」
「ファンタジーでまた頼ってもいいですか?」
「君が一番ホットだ」
「史上最高のプレーヤー」
「47年待っていたよ、ジェイミー」

 かつての“ミラクル・レスター”の主人公が、混戦を極め例年以上に盛り上がりを見せるプレミアをさらに過熱させる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/51b302219bd2cccb9a28ca780873e0ecbb8fe0ba

アルテタ監督「失敗した」 エジルのアーセナル戦力外に責任感 

スクリーンショット 2020-10-22 17.42.21


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索