Samurai Goal

アーセナル


スポンサード リンク





アーセナルのレジェンドFWが南野拓実を批判。「リバプールの助けになっていない」 

20200707-00379976-footballc-000-1-view




1: 2020/07/08(水) 14:40:05.71
 現役時代にアーセナルなどで活躍した元イングランド代表FWのイアン・ライト氏は、リバプールのベルギー代表FWディヴォック・オリジと日本代表MF南野拓実の2人がチームに十分な貢献をすることができていないとして批判している。英紙『メトロ』が7日付で同氏のコメントを伝えた。

 すでに今季のプレミアリーグ優勝を決めたリバプールは、5日に行われた第33節の試合でアストン・ヴィラと対戦。レギュラーのFWロベルト・フィルミーノに代えてオリジが先発に起用されたが結果は残せず、60分にフィルミーノと交代した。チームはその交代後に2点を奪って2-0の勝利を収める結果となった。

 一方の南野は、この試合での先発起用を予想する英メディアもあったが、ベンチからのスタート。リーグ戦再開後では初めての出場なしに終わった。

 フィルミーノとモハメド・サラー、サディオ・マネの不動の3トップはチームを優勝に導く働きを見せたが、リバプール攻撃陣のバックアップは不十分だとライト氏は主張。「今日のオリジやこれまでの南野を見る限りでは、彼らのことを少し心配すべきだ」と来季以降への見通しを述べている。

 オリジはすでにリバプールで4シーズンを過ごし、昨季のチャンピオンズリーグ準決勝や決勝でのゴールなどの活躍もあったが、「ベンチスタートに満足しているようだ」「リバプールファンの心を掴んではいるが、実際にはチームを助けてはいない」とライト氏。同時に南野についても「今まで見てきた限りではチームを助けていない」と評した。

7/7(火) 19:27配信
フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3d1c7472a32dc909919ab1dcfe9e8ae583fadb5

久保へのラブコール、今度はイングランドから アーセナル移籍金100億円用意か 

20200706-00000110-dal-000-6-view

稲本潤一、19年前のアーセナル移籍。 残酷なまでの現実を知った 

20200626-00897640-sportiva-000-1-view

アーセナル退団は必然? 英識者、D・ルイスの去就報道に見解「だから多くの移籍を…」 

20200530-00264408-soccermzw-000-1-view




1: 2020/05/30(土) 09:30:19.06
キャラガー氏、D・ルイスのアーセナル退団報道に言及 「契約延長なしでも驚きはない」

アーセナルに所属するブラジル代表DFダビド・ルイスは、シーズン終了後の退団が報じられているが、リバプールOBの元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏にとっては驚きではないようだ。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

D・ルイスは今シーズン開幕前に、800万ポンド(約10憶円)の移籍金でチェルシーからアーセナルに加入した。だが、英衛星放送「スカイ・スポーツ」によると、契約は1シーズンのみとなっているようで、契約満了に伴い、クラブを離れると言われている。

これに対し、リバプールのレジェンドであるキャラガー氏は同メディアに対し、U-20フランス代表DFウィリアム・サリバの加入が33歳のベテランDFを追いやることになるとしつつ、同時にD・ルイスの安定感のなさも指摘した。

「彼は集中力を欠き、判断ミスもする。それがチームに代償を払わせてきた。だから、彼はそのキャリアで多くの移籍をしてきたんだ。アーセナルは来シーズンから、サリバが加入することになっており、とても楽しみにしているだろう。彼はまだ19歳だから、あのポジションを務めるには、もう少し経験が必要だと思うけれどね。だから、正直に言うと、彼らがダビド・ルイスの契約を延長しないことは、驚きではないよ」

2017年にチェルシーでプレミア制覇を経験しているD・ルイスのキャリアについて、キャラガー氏は「DFとしては不本意な表現かもしれないけれど、エンターテインメント性があるよね」と言及。さらに「彼はプレースタイルを変えないだろう。どんな監督でも、ダビド・ルイスは変えられない。キャリアでは成功を収めたし、大金も稼いだ。素晴らしいクオリティーを持っている。タイトルを獲得した時に(アントニオ・)コンテ監督の下で務めた3バックの中央が、彼の最適なポジションだろうね」と、選手としてのキャラクターを踏まえつつ、適性ポジションを指摘した。

今シーズン、公式戦32試合でプレーしているD・ルイスだが、契約延長交渉がまとまらずに、このままアーセナルを離れることになるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/db975e40d5309b3423e0d40477b5b36a15bff472
5/30(土) 8:40配信

アーセナル、21世紀最強ベストイレブン。アンリやヴィエラら“無敵の軍団”に現所属選手も 

20200512-00010008-goal-000-2-view

「シャワー室の隅でやったのに…」誰かの“密告”で罰金のGKシュチェスニ、アーセナル退団の経緯を語る 

20200428-43479918-gekisaka-000-6-view

<久保建英続報>2年期限付きで来季アーセナル移籍も?レアルもよりレベルの高いチームでプレーさせる方針 

20200401-00000180-spnannex-000-4-view




1: 2020/04/02(木) 06:07:15.17
スペイン1部リーグでRマドリードからマジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英(18)が、来季はイングランド・プレミアリーグの名門アーセナルに移籍する可能性が浮上したとスペインのスポーツ専門サイト「ドンバロン」が3月31日に報じた。

 アーセナルのアルテタ監督が久保の実力を高く評価しており、完全移籍のオプションが付く2年の期限付き移籍での獲得に動いていると報道。Rマドリードもよりレベルの高いチームでプレーさせる方針で、ジダン監督も賛成だという

4/2(木) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000059-spnannex-socc

久保建英 名門アーセナル移籍の可能性浮上、指揮官が高評価 

20200401-00000180-spnannex-000-4-view

<アーセナル>アルテタ監督に新型コロナの陽性反応!練習場を閉鎖、全選手が自己隔離へ... 

1: 2020/03/13(金) 08:23:22.38
アーセナルは12日、ミケル・アルテタ監督から新型コロナウイルスの陽性反応が検出されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 アルテタ監督の感染経路については明らかになっていないが、アーセナルは先月27日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦・セカンドレグでオリンピアコスと対戦した際、新型コロナウイルスの感染が確認されているオリンピアコスのオーナーと多くの選手やスタッフが接触していた。これを受け、アーセナルは選手たちの自己隔離を進め、11日に行われる予定だったプレミアリーグ第28節延期分マンチェスター・C戦は延期となっていた。

 アルテタ監督の感染に関するアーセナルの公式声明は以下の通り。

「最近ミケルと濃厚接触したアーセナルの職員は、政府の健康ガイドラインに沿って自己隔離します。これは、選手とコーチスタッフ全員を含むファーストチームの大多数と、予防措置として一時的に閉鎖したアカデミーの少数の人々であると予想しています。ミケルとの濃厚接触がなかった人たちは、今後数日間で仕事に戻ることを期待しています。それまでの間、コルニーとヘイルエンドの練習場は徹底的に洗浄されます。他のクラブ関連施設は通常どおり稼働しています」

「私たちは、施設とスタッフに関する次のステップでイングランド公衆衛生サービスと協力します。プレミアリーグとFAカップでの今後の試合については、プレミアリーグ、イングランドサッカー協会、および関連クラブと協力します。現在予定されているいくつかの試合をプレイできないことは明らかです。今後のゲームのチケットをお持ちのサポーターについては、できるだけ早く詳細を更新します」

 また、アルテタ監督はクラブ公式サイトを通じて、「これは本当に残念なことですが、気分が悪くなった後にテストを受けました。許可されたらすぐに仕事に戻ります」とコメントしている。

サッカーキング3/13(金) 7:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-01045962-soccerk-socc

写真
no title

オーバメヤン、EL敗退でアーセナル退団が濃厚に…バルサ、インテルが関心 

20200301-01041674-soccerk-000-1-view




1: 2020/03/01(日) 21:43:33.79
 アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、今シーズン限りでクラブを離れるかもしれない。イギリスメディア『エクスプレス』が3月1日に報じている。

 オーバメヤンとアーセナルの現行契約は2021年6月で満了となるが、現時点で新契約は締結されていない。アーセナルとしては今季のプレミアリーグで25試合に出場し17ゴールを挙げている同選手の慰留に動きたいが、高額な年俸がネックとなっている模様だ。オーバメヤン自身もチャンピオンズリーグ(CL)出場を希望していることから、今季クラブが同大会の出場権を獲得できなければ移籍を決断すると報じられている。

 今季のプレミアリーグで暫定10位(第27節終了時点)と沈んでいるアーセナルにとって、EL優勝はCL出場権を獲得する絶好の機会だった。しかし、クラブは2月27日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでオリンピアコスに延長戦の末1-2で敗北。合計スコアを2-2とされ、アウェイゴール差で敗退が決まっていた。来季のCL出場権獲得が厳しくなった今、オーバメヤンの退団が現実味を帯びてきている。

 オーバメヤンの獲得に関心を持っているのがバルセロナとインテルだ。新たなストライカー探しに奮闘しているバルセロナは、安定したCL出場権と同大会での実績を持っていることから、オーバメヤンの獲得に自信を示しているという。一方、インテルに関しては“10番”を背負っているアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスのバルセロナ行きが噂されている。同選手の後釜として、オーバメヤンに注目している模様だ。

 果たして、“ガナーズ”のキャプテンを務めているオーバメヤンは今季限りでクラブを去ることとなるのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-01041674-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索