Samurai Goal

アーセナル


スポンサード リンク





オーバメヤン、古巣CEOからの批判に反論! 「デンベレの移籍金に目がくらんだくせに」 

20191004-00986101-soccerk-000-3-view[1]

強豪参戦のELグループステージ組み合わせ決定! 8選手の日本人所属クラブの相手は?  

20190830-00010040-goal-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/30(金) 20:58:09.12 ID:SNqYlFkl9
2019-20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)グループステージ組み合わせ抽選会が30日に開催された。

昨シーズンはアーセナルとの同国対決を制したチェルシーの優勝で幕を閉じたEL。今シーズンは、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、セビージャ、ローマなどの強豪クラブが参加する。また日本人も、ポルトMF中島翔哉、CSKAモスクワFW西村拓真、PSVのMF堂安律、ヘントFW久保裕也、フランクフルトMF長谷部誠とFW鎌田大地、パルチザンFW浅野拓磨、AZのDF菅原由勢と8選手が参戦する。

グループ分け、注目はグループFで長谷部と鎌田所属のフランクフルトがアーセナルと同居。スタンダール・リエージュ、ヴィトーリア・ギマランエスと決勝トーナメント行きを争う。また、グループLでは菅原所属のAZと浅野所属のパルチザンがマンチェスター・Uと同組となっている。

ELグループステージ第1節は、9月19日に開催。決勝は、来年5月27日にポーランドのスタディオン・エネルガ・グダニスクで行われる。

ELグループステージの組み合わせは以下のとおり。

【グループA】
セビージャ(スペイン)
アポエル(キプロス)
カラバフ(アゼルバイジャン)
デュドランジュ(ルクセンブルク)

【グループB】
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
コペンハーゲン(デンマーク)
マルメ(スウェーデン)
ルガーノ(スイス)

【グループC】
バーゼル(スイス)
クラスノダール(ロシア)
ヘタフェ(スペイン)
トラブゾンシュポル(トルコ)

【グループD】
スポルティング・リスボン(ポルトガル)
PSV(オランダ)
ローゼンボリ(ノルウェー)
LASKリンツ(オーストリア)

【グループE】
ラツィオ(イタリア)
セルティック(スコットランド)
レンヌ(フランス)
CFRクルージュ(ルーマニア)

【グループF】
アーセナル(イングランド)
フランクフルト(ドイツ)
スタンダール・リエージュ(ベルギー)
ヴィトーリア・ギマランエス(ポルトガル)

【グループG】
ポルト(ポルトガル)
ヤングボーイズ(スイス)
フェイエノールト(オランダ)
レンジャーズ(スコットランド)

【グループH】
CSKAモスクワ(ロシア)
ルドゴレツ(ブルガリア)
エスパニョール(スペイン)
フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)

【グループI】
ヴォルフスブルク(ドイツ)
ヘント(ベルギー)
サンテティエンヌ(フランス)
オレクサンドリア(ウクライナ)

【グループJ】
ローマ(イタリア)
ボルシアMG(ドイツ)
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
ヴォルフスベルク(オーストリア)

【グループK】
ベシクタシュ(トルコ)
ブラガ(ポルトガル)
ウォルヴァーハンプトン(イングランド)
スロバン・ブラチスラバ(スロバキア)

【グループL】
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
アスタナ(カザフスタン)
パルチザン(セルビア)
AZ(オランダ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010040-goal-socc

サラーが2得点の躍動…リヴァプール、アーセナルに快勝で開幕3連勝!  

1: 豆次郎 ★ 2019/08/25(日) 03:34:14.02 ID:l1JwIQwq9
8/25(日) 3:23配信
サラーが2得点の躍動…リヴァプール、アーセナルに快勝で開幕3連勝!

 プレミアリーグ第3節が24日に行われ、リヴァプールとアーセナルが対戦した。

 開幕2連勝スタートを切った両チームによる注目の一戦。アウェイのアーセナルは11分にピエール・エメリク・オーバメヤンが、飛び出したGKアドリアンのクリアボールを拾ってループシュートで狙うが、これは枠を捉えず。リヴァプールは21分、エリア内でボールをカットしたサディオ・マネが右足を振り抜くが、これはGKベルント・レノにセーブされた。

 アーセナルはニコラ・ぺぺが31分にエリア手前から左足ミドル、34分にはドリブル突破から左足シュートを放ったが、どちらも得点には結びつかず。リヴァプールは39分にモハメド・サラーがエリア右から右足で狙ったが、シュートは枠の左に外れる。それでも41分、トレント・アレクサンダー・アーノルドの右CKをジョエル・マティプが頭で叩き込んで、リヴァプールが先制に成功した。

 1点リードで折り返したリヴァプールは48分、サラーがエリア内でダヴィド・ルイスにユニフォームを引っ張っれてPKを獲得。49分、サラーがゴール左上に突き刺してリードを2点に広げた。さらに59分、ファビーニョの絶妙な縦パスを受けたサラーが、D・ルイスをかわして右サイドを突破すると、エリア右から左足シュートを流し込み、決定的な3点目を奪った。

 3点を追うアーセナルは85分、ルーカス・トレイラがエリア中央でオーバメヤンの折り返しを受け、右足シュートを突き刺して1点を返した。しかし試合はこのままタイムアップを迎え、リヴァプールが快勝でプレミアリーグ唯一の開幕3連勝。アーセナルは今シーズン初黒星となった。

 次節、リヴァプールは8月31日にアウェイでバーンリーと対戦。アーセナルは9月1日にホームでトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーに臨む。

【スコア】
リヴァプール 3-1 アーセナル

【得点者】
1-0 41分 ジョエル・マティプ(リヴァプール)
2-0 49分 モハメド・サラー(PK)(リヴァプール)
3-0 59分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-1 85分 ルーカス・トレイラ(アーセナル)

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4-3-3)
アドリアン;A・アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン;ヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルドゥム(69分 ミルナー);サラー、フィルミーノ(86分 ララーナ)、マネ(77分 チェンバレン)

アーセナル(4-3-1-2)
レノ;メイトランド・ナイルズ、ソクラティス、D・ルイス、モンレアル;ゲンドゥージ(86分 ムヒタリアン)、ジャカ、ウィロック(81分 ラカゼット);セバージョス(61分 トレイラ);ぺぺ、オーバメヤン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00972073-soccerk-socc
no title

ダビド・ルイスのアーセナル移籍が決定的に! 10億円でチェルシーと合意 

20190808-00062548-sdigestw-000-6-view[2]

浅野拓磨、アーセナルから“セルビア名門”パルチザン・ベオグラードへ完全移籍! 2022年までの3年契約  

1: Egg ★ 2019/08/02(金) 09:21:43.04 ID:uIpLiIfy9
セルビア1部のパルチザン・ベオグラードが1日、アーセナルに所属する24歳のFW浅野拓磨を獲得したと発表

 クラブの発表によると、2022年6月までの3年契約を結んだという。移籍金は100万ユーロ(約1億2000万円)とのこと。公式ツイッターを通じて「浅野、ようこそ! 過去2シーズン、ブンデスリーガでプレーした日本人FWが、アーセナルから100万ユーロの移籍金で加入した。彼は今日ベオグラードに到着し、3年間の契約を結ぶ予定になっている」とコメントしている。

 パルチザン・ベオグラードはセルビアの名門クラブ。ヨーロッパリーグ本戦出場を目指して戦っており、2回戦では2戦合計4-0でウェールズのギャップ・コノーズ・キー・ノーマッズFCを下し予選3回戦進出を果たしている。

8/2(金) 8:52 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00332896-footballc-socc

写真no title

浅野拓磨、セルビアの名門パルチザンに期限付き移籍が確実に…アーセナルは契約延長の必要性も  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/31(水) 07:44:21.73 ID:188/QRhp9
現地メディアがクラブ間合意と報道

アーセナルに所属する日本代表FW浅野拓磨は今シーズン、セルビアの名門パルチザンでプレーすることになりそうだ。
同国メディア『MAXBETSPORT』によると、クラブ間は期限付きの移籍で合意に至ったという。

2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに渡り、ここまでの欧州での3シーズンはシュトゥットガルトやハノーファーとドイツで過ごした浅野。
今年7月初旬からもパルチザンからの興味が伝えられていたが、自ら交渉を担当したと伝えられる同クラブのサボ・ミロシェビッチ監督の下でプレーする可能性が濃厚になりつつある。

『MAXBETSPORT』曰く、アーセナルは浅野に対するパルチザンの買い取りオプション付きの1年レンタルのオファーを受け入れ、クラブ間の合意に至ったとのこと。
また、「タクマ・アサノはセルビアのコンペティションでプレーすることが確実となった」とまで伝えられている。

一方、アーセナルは浅野との契約を2020年まで残すが、契約最終年の選手をレンタルで送り出すことは認められていない。
今回の報道が事実であれば、アーセナルは浅野との契約を延長することになるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00010022-goal-socc
7/30(火) 17:41配信

no title

出番なかった久保建英&ロドリゴ、トップ開幕の可能性も?「(アセンシオが膝負傷で)彼らの扉が開くかも」  

1: Egg ★ 2019/07/24(水) 15:01:31.95 ID:p8jfMjPI9
レアル・マドリーは現地時間23日、インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でアーセナルと対戦し、2-2で突入したPK戦の末、PK3-2で勝利したが、MF久保建英とFWロドリゴ・ゴエスに出番は訪れなかった。

 アメリカ・カナダで行われているプレシーズンツアーに帯同している18歳コンビは、デビュー戦となった20日のバイエルン戦で揃って存在感を示し、さらに注目度が高まっている。スペイン『マルカ』は「久保とロドリゴはアーセナルと対戦しなかった」と見出しを打ち、2選手について報じた。
 
 記事では「クボとロドリゴはプレシーズン最初の試合でレアルで最も熱意を見せた2人の選手」と評価し、バイエルン戦の2人の活躍が「2019-20シーズンを迎える新レアルの最も良いニュースだった」と伝えている。

 ともにラウル・ゴンサレス監督の下、カスティージャ(Bチーム)の一員として新シーズンを迎えることになっているが、プレシーズンはジダン監督やベテラン選手とともにトップチームでトレーニングを行い、ポテンシャルの高さを発揮している。

アーセナル戦はジダン監督が“構想外”としているFWガレス・ベイルらを交代で送り出したものの、久保とロドリゴの名前は最後まで呼ばれなかった。ただし、2人がトップチームに残って開幕を迎える可能性はまだ残っているようだ。

「レアル・マドリーは久保とロドリゴが土曜日にアトレティコ・マドリーと戦うことができるかどうか、待つ必要があるだろう。アセンシオの怪我、フェデリコ・バルベルデのスペイン国籍取得によって、彼らの扉が開くかもしれない」。27日のアトレティコ・マドリー戦に注目が集まる。

7/24(水) 12:53配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-43469600-gekisaka-socc

写真
no title


アセンシオが膝負傷…ジダン監督が重傷示唆「酷い怪我に見えた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-43469601-gekisaka-socc

レアル久保、あるぞトップで開幕…Bチーム合流せずそのままドイツ遠征帯同も 

20190723-00000327-sph-000-4-view[1]

レアル・マドリーの久保建英、アーセナル戦は出場なし…構想外扱いのベイル躍動でPK戦を制す 

20190724-00010012-goal-000-3-view[1]

“81分間”を10人で戦ったレアル、意地のPK戦勝利 逆境のベイルが1得点、久保は出場せず 

20190724-00205747-soccermzw-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/24(水) 10:03:57.70 ID:EHbirYBb9
ICCアーセナル戦は前半に両チームが退場者を出す展開 0-2からベイルとアセンシオのゴールで追いつく

 レアル・マドリードは現地時間23日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)第2戦、アーセナル戦に臨んだ。日本代表MF久保建英はこの日、出番が巡ってこなかった。試合はレアル退団濃厚とされるFWギャレス・ベイルがゴールを決めるなど、意地を見せるプレーぶりで2-2のドローで終わった。

 20日のバイエルン戦(1-3)で“レアルデビュー”を飾った久保は、後半の45分間プレー。軽快なドリブルなどで、ブンデスリーガ王者相手にチームの攻撃を促進した。アーセナル戦もバイエルン戦に続いてスタメンこそならなかったものの、出場に期待が高まるなかでキックオフを迎えた。

 試合は序盤からアーセナルのパスワークが冴え、前半9分にレアルDFナチョがペナルティーエリア内でハンドの反則を取られPKの判定が下る。また、これが決定機阻止と見なされ、いきなりのレッドカードを受けて退場となり、レアルは早々に10人となってしまった。このチャンスにキッカーを務めたアーセナルFWアレクサンドル・ラカゼットは、冷静に決めて1-0と先制に成功した。

 同24分には軽快なパスワークから最終ラインを抜け出したFWピエール=エメリク・オーバメヤンが、レアルGKケイラー・ナバスとの1対1を冷静に制して追加点。2-0としてアーセナルがより優位に立った。

 しかし同41分には、MFルカ・モドリッチを倒したアーセナルDFソクラティス・パパスタソプーロスも一発退場となり、両チーム10人での戦いを強いられることに。レフェリングに当惑するなかでハーフタイムを迎えた。

 後半開始に向けて、ジダン監督は多くの交代選手を使ったが、そのうちの1人に退団濃厚で関係性の悪化が伝えられていたベイルも含まれていた。後半6分にはMFマルコ・アセンシオが右サイドから切り込み、痛烈なポスト直撃のミドルシュートを放つなどレアルが反撃態勢を取る。

 すると同11分、レアルが左サイドを崩すと、アセンシオが詰めたゴール前の混戦からベイルがプッシュ。逆境の背番号11が1点差に詰め寄るゴールを決めた。3分後には再び左を切り崩したDFマルセロの折り返しをアセンシオが決めて2-2。レアルが底力を見せて同点に追いついた。しかしその8分後には、アセンシオが膝を痛めたのか、担架に乗せられて退場するアクシデントが起きた。

 同30分にはアーセナルが波状攻撃から決定機を迎えたが、ベイルがゴールライン上でシュートをかき出すクリアでチームを救う。その後もベイルは左サイドのカットインからアウトサイドキックで際どいシュートを放つなど気を吐いた。試合はそのまま終了したが、ジダン監督の見解を含めて、ベイルの動向が今後も注目される展開となったのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00205747-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索