Samurai Goal

アンドレス・イニエスタ


スポンサード リンク





ビッグネームが次々参戦!口コミが日本行きを後押し?日本ほど安心な国はそうない  

1: 2018/12/08(土) 18:38:09.73 _USER9
no title

(左から)トーレス、ポドルスキ、イニエスタ、ビジャ、ジョー

元スペイン代表FWダビド・ビジャのヴィッセル神戸への移籍が発表された。プレーするのは来季からだが、これで神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、ビジャとワールドカップ優勝経験者を3人擁することになる。

 スペイン代表の最多得点者であるビジャは、バレンシアやバルセロナなどでプレーした後、ニューヨーク・シティFCの契約第1号選手となり、2015~18年まで4シーズンにわたってプレー。124試合で80ゴールと、37歳となった今も得点力は衰えていない。

 神戸の3選手以外にも元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)、元ブラジル代表FWジョー(名古屋グランパス)と立て続けにビッグネームがJリーグに参入している。来季から外国籍選手の登録が無制限(J1の試合出場上限は5人)になることもあり、こうした流れは今後も続きそうだ。

 1993年にJリーグが開幕した頃は、海外から「年金リーグ」と揶揄されていたものだ。元イングランド代表FWギャリー・リネカー(名古屋)、元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー(ジェフユナイテッド市原/当時)、元アルゼンチン代表FWラモン・ディアス(横浜マリノス/当時)、元ブラジル代表MFジーコ(鹿島アントラーズ)など、すでに第一線を退いたスターたちが集結していたからだ。

 当時のJリーグは好景気で、年俸が高かった。イニエスタについては破格だが、現在は年俸なら中国のほうがJリーグよりもはるかに好待遇である。つまり、かつてとは外国籍選手にとってのJリーグの魅力も違ってきているのだ。

欧州第一線から退いた選手にとって大切なのは、家族が快適に暮らせる環境

 移籍で見逃せないのは「環境」だ。選手が単身赴任で日本に来るわけではなく、大抵は家族も一緒である。あまり表には出ないかもしれないが、奥様方の意向は無視できない。いや、むしろかなりのウエイトを占める。すでにヨーロッパの第一線から退いたスタープレーヤーにとって、お金はそこまで重要ではない。それよりも家族が快適に暮らせる環境が第一と言っていいかもしれない。

 元デンマーク代表MFのミカエル・ラウドルップが1996年に神戸へ移籍してきた時、「一つ階段を下りる」と話していた。ヨーロッパのトップレベルから少し楽にプレーできる場所として、Jリーグを選んでいる。階段を下りるといっても二段も三段も下りるのではなく、ヨーロッパほど厳しくはないが、そこそこのレベルではプレーしたい。過度のプレッシャーからも解放されたい。そういう選手にとって、Jリーグはちょうど良いわけだ。ラウドルップは神戸からオランダのアヤックスに移籍して再びヨーロッパに戻っているが、もう一度階段を上りたいと思う選手はそんなにはいないだろう。

 家族が生活する場として、日本ほど安心して暮らせる国はそうない。オーストラリアは快適そうだがAリーグのレベルが落ちる。中国の年俸は素晴らしいが、家族が住む環境としては微妙だ。そうなると現在は、アメリカか日本かという選択になるわけだ。

 日本は治安も良く、サッカーに対する過度のプレッシャーもない。億万長者のスターにはあまり関係ないかもしれないが、最近は物価も安い。リーグやクラブのオーガナイズもしっかりしている。言葉の問題はあっても、あまりストレスなく暮らせるはずなのだ。

 Jリーグには元々ブラジル人選手が多い。どの国のリーグにもブラジル人は多いのだが、日本とブラジルの関係の良さもあるのだろう。さらにスーパースターのジーコが、かつてプレーした国というイメージもある。そうしたなかで、意外と馬鹿にできないのが「口コミ」なのだ。

つづく

12/8(土) 18:30 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/152887

J1神戸のビジャ獲得に韓国メディア驚き イニエスタらとの共闘は「欧州クラブに負けない」 

20181203-00151865-soccermzw-000-4-view

スペイン紙、ビジャ効果で「日本行きを選択した10人のクラック」を紹介。その選考基準が謎すぎて… 

20181202-00051020-sdigestw-000-5-view

イニエスタが明かす日本への移籍理由…奥様との秘話も「命に関わるような一目惚れだった」 

20181113-00010000-goal-000-1-view

ループパスからジャンピングボレー!!ポドルスキ&イニエスタのコンビから芸術ゴール! 

20181103-04249920-gekisaka-000-5-view

イニエスタ(ヴィッセル神戸)金閣寺に出没!世界文化遺産をバックに友人と私服2ショット 

1: 2018/10/31(水) 22:00:19.69 _USER9
元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今夏にスペインの名門バルセロナからJ1ヴィッセル神戸に移籍以降、日本の様々な名所を訪れて楽しんでいる様子をSNSで伝えてきた。30日には自身の公式インスタグラムを更新し、京都の世界文化遺産である金閣寺をバックに友人との2ショットを投稿している。

【関連画像】京都・金閣寺に神戸の元スペイン代表MFイニエスタが出没! 世界文化遺産をバックに友人と私服2ショット
no title


 これまで東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などのアミューズメントパークをはじめ、姫路城などのスポットにも足を運んだイニエスタだが、今度は京都市北区にあるお寺・鹿苑寺(通称:金閣寺)で日本文化に触れたようだ。

 自身の公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動的に削除される写真・動画)に1枚の写真を投稿。「私の友人」の文字を添えると、存在感を放つ金閣寺を背景に友人との肩組み2ショットを公開した。

 イニエスタは白セーターとともに、ファンにはお馴染みとなっているアメリカの野球チームであるニューヨーク・ヤンキース(NY)の帽子をかぶって笑顔を覗かせている。この野球帽子は、家族でUSJを訪れた際に着用しており、ファンから「ヤンキースの帽子が良い!」などの声も上がっていた。

 チームは5連敗から、引き分けと黒星でリーグ戦7試合未勝利と不振に陥っているなか、3日に第31節名古屋グランパス戦を迎える。世界文化遺産でリフレッシュした司令塔イニエスタがチームを勝利へと導くだろうか。

10/31(水) 20:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00144986-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181031-00144986-soccermzw-000-1-view.jpg

【サッカー】<イニエスタ>今度は京都・嵐山の竹林に参上!この2週間ほどで関西の有名スポットを軒並み制覇...世界中からコメント
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540901660/

イニエスタ「日本と世界差縮める」アシックスと契約 

20181022-00369546-nksports-000-2-view

イニエスタ4戦ぶり先発 川崎F戦の救世主になるか? 

20180919-00097274-roupeiro-000-11-view




1: 2018/10/20(土) 09:35:51.48 _USER9
ヴィッセル神戸MFイニエスタが今日20日の川崎フロンターレ戦(等々力)で4戦ぶりに先発復帰する。

リージョ監督が「先発で出ます」と明言した。
右足付け根の不安で、先発出場は9月15日のガンバ大阪戦以来、約1カ月ぶり。チームは5連敗を含む6戦勝ちなしで迎える首位との一戦。
「自分の責任においてチームに貢献しないといけない。より良いプレーをするしかない」と話していたイニエスタが救世主になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00367014-nksports-socc
10/20(土) 7:48配信

https://amd.c.yimg.jp/im_siggeqhFI4nzo.Z7sy6DEau56A---x282-y400-q90-exp3h-pril/amd/20181020-00367014-nksports-000-1-view.jpg

<イニエスタ>「日本サッカーは必ず伸びていく」  

2018-07-22-kobe-andres-iniesta-lujan_tbz196hk7wiy1dipajecxroqj

1: 2018/10/17(水) 22:32:03.60 _USER9
J1神戸のMFアンドレス・イニエスタ(34)が17日、神戸市内で報道各社の合同インタビューに応じた。チームのことから神戸での生活に至るまで、余すことなく思いを語った。以下、インタビュー3。

  ◇  ◇

 (2から続く)-ヴィッセルからなかなか日本代表が出ない。もし個人名を挙げるとしたら、それに近い選手はいるか。

 「個人名を挙げるのは難しい。代表というのは選ばれた人たち、レベルの高い選手が選ばれる。うちのチームから将来的に、一緒にやっている仲間から代表に行く選手が出てくれば、うちのチームはレベルが高い選手がいることを証明することになる。ただ、最終的に決めるのは日本代表監督。個人としては、それが起きることを願っている。私としては一緒にプレーしている仲間がベストプレーヤー。ただ決めるのは私ではなく日本代表監督」

 -ヴィッセルでプレーして、神戸に住んでみて、この街のサッカーの温度や、熱を高めるには何が必要か。

 「すでにホームスタジアムでプレーした感覚から、ヴィッセルのサポーターはいいサポーターだと感じている。熱を高めるために親近感をもってもらうこと。いい仕事をしていると感じてもらうことが大事。これはどんどんよくなると確信している。サポーターの熱はいいものだと感じている」

 -プロのキャリアで、これだけ負けているのは経験のないことでは。どう思って乗り越えようとしているのか。

 「あまり比較をするのは好きではない。特に今、大きな変化があるときに単純に比較はできない。このクラブに来ると決断したとき、誰も楽な挑戦になると思っていなかった。もちろん個人として負けることは好きじゃないが、このような状況に置かれた時は、より自分の責任だったり、モチベーションという意味でチームに貢献しないといけないという気持ちは、より強く芽生える。この状況を打開するために、よりよくプレーするしかない。サッカーにおいても人生においてもずっと楽なことは絶対にない。必ず浮き沈みはあるので、いかに状況を打開するかが大事」

 -郷家や藤谷ら、若い選手が間近で見て何かを得ようとしている。若い選手にどのような印象があるか。

 「印象はすごくポジティブなもの。タレントもある。これからの伸びしろもあると感じている。大事なのは、彼らがピッチの中で成長を続けられるように、自分のサッカーを展開できるように、経験のある選手がサポートしていくこと。彼らはこのチームの現在であり、将来でもある。これから必ず伸びていくと確信している」

 -あらためて日本サッカーの将来性についてどう思うか。

 「前から日本のサッカー、選手は見ていて、楽しい選手が多い。よく走って俊敏な選手がそろっている。日本サッカーとしても、今回のW杯で証明したように、ベルギーに最後負けたが、日本サッカーのポテンシャルは世界にも証明できていると思う。これから、日本サッカーは必ず伸びていく。その道中にある」(終わり)

10/17(水) 21:01配信?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000137-dal-socc

イニエスタ 日本代表を評価「走って俊敏な選手がそろっている」 

2018-07-22-kobe-andres-iniesta-lujan_tbz196hk7wiy1dipajecxroqj


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索