Samurai Goal

アントワーヌ・グリーズマン


スポンサード リンク





<グリーズマン>W杯&EL優勝もバロンドール受賞ならず…「それ以外に何が必要なのか」 

GettyImages-960636552-800x533




1: 2018/12/04(火) 07:52:33.10 _USER9
フランス代表のアントワーヌ・グリーズマンとキリアン・ムバッペが、2018年度バロンドール授賞式の後でコメントを残した。

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催する、その年最も活躍した選手へと送られるバロンドール。1956年に創設され、世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。

2018年度のバロンドールは、レアル・マドリーMFルカ・モドリッチが栄冠に。ロシア・ワールドカップ王者に輝いたグリーズマンは3位、ムバッペは4位となった。

グリーズマンはフランス代表としてW杯王者を勝ち取った他に、昨年のヨーロッパリーグでも優勝。しかし、初のバロンドール受賞とはならなかった。

授賞式前には「フランス人が勝ち取らなければ悲しいね。おそらく、欧州カップ戦はワールドカップよりも重要なんだろう。でも、どうなるか見てみよう……」と悲観的に見ていたグリーズマン。そして式典終了後には、悔しさをにじませている。

「世界王者として表彰台に上がるのは本当に誇らしいことだ……。将来ルカのポジションになれるように、クラブと代表のチームメイトとともに続けていくよ」

「僕はヨーロッパリーグとW杯を勝ち取った。それ以外に何をしなければいけないかはわからないかな」

一方ムバッペは、「失望? 問題はないよ。短期間で7位から4位となった。前には3人がいるけど、僕よりも値するよ。将来受賞できるよう、働き続けないとね」とコメントしている。

12/4(火) 7:43配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000045-goal-socc

リベンジ成功に歓喜!グリーズマン「これがアトレティコ。これがここでプレーする喜び」 

20181107-00000040-goal-000-5-view

グリーズマン国内リーグ比較!“ドイツはイングランドより上”と持論「スペインを1位に推す」 

1: 2018/11/06(火) 08:32:29.15 _USER9
アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、6日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節ドルトムント戦を前に、ドイツのブンデスリーガがイングランドのプレミアリーグに比べて過小評価されているとの見解を示し、ドイツサッカーを高く評価している。

 アトレチコは現地時間10月24日、CLグループステージ第3節ドルトムント戦に臨み、ポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロに2ゴールを奪われるなど0-4の敗戦を喫した。

 この悔しい敗戦から2週間が経ち、第4節で再戦を迎えるアトレチコのエースFWグリーズマンは、ドイツ紙「キッカー」の取材に対して国内リーグの質で言えばドイツのサッカーがスペインと最も近いと分析。加えて、より人気のあるプレミアリーグに比べて評価が低い風潮があると語った。

「(ドイツリーグは)たくさんの攻撃があり、非常にオフェンシブなリーグだ。ドルトムントは、それをよく反映していると思うよ。僕はスペインを1位に推す。CLのラウンド16や準々決勝には多くのスペインのチームが出ているからね。続いてブンデスリーガ、プレミアリーグだ。プレミアは確かに人気があり、世界で最も視聴されていてブンデスはちょっとした影のような存在だが、タレント性やチームにおいて違いはあまりないと思うよ」

グリーズマンのブンデスリーガ評 「魅力的で、たくさんのゴールが生まれる攻撃的リーグ」

 一方で、ブンデスリーガへの将来的な移籍を否定しなかったものの、スペインで迎える一戦を熱望していることを明かした。

「ブンデスリーガは非常に魅力的で、たくさんのゴールが生まれる攻撃的なサッカーのリーグだ。それは先日のドルトムント戦で経験できたよ。もちろんプレーできるリーグになるかもしれないが、僕はアトレチコでとても快適だ。ここで僕は100%を出し尽くしたいほどの美しいプロジェクトがある。クラブの成長を助け、歴史を作りたいと思っているよ」

 ドルトムントへの警戒を示すとともに、クラブ愛を強調したグリーズマン。水曜日の試合ではドルトムントを破ることで、勝ち点3を積み上げることはできるのだろうか。

11/6(火) 7:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00146029-soccermzw-socc

写真
no title

C・ロナウドとメッシの牙城を崩すのはフランス人?グリーズマン「W杯王者がバロンドールを」 

sci18101018450002-p1

S・ラモスが痛烈批判!!「彼の無知さは非常に大胆」未選出に不満のグリーズマンに苦言 

sr

フォルラン、グリーズマンに激辛コメント「メッシとC・ロナのレベルではない」 

GettyImages-960636552-800x533




1: 2018/09/18(火) 21:14:45.06 _USER9
現在、香港でプレーするディエゴ・フォルランはアトレティコ・マドリーのフランス人ストライカー、アントワーヌ・グリーズマンがメッシとクリスティアーノ・ロナウドと同等のレベルに達したと発言した事について厳しいコメントを残した。
『Cadena Ser』の番組「El Larguero」のインタビューでフォルランはグリーズマンがレオ・メッシとクリスティアーノ・ロナウドと同等のレベルにはないと語った。

グリーズマン残留裏話「フェルナンドは重要なアドバイスをくれた」

「クリスティアーノとメッシは全選手の上にいる。グリーズマンはまだ彼らのレベルには達していない。完成度からネイマールがその2人の台に最も近い選手だ」
ディエゴ・フォルランはグリーズマンの最近の発言についてそのように自身の見解を述べた。

またラ・リーガに関してフォルランはこのように言及した。
「バルサとレアル・マドリーは優位だが、アトレティもそこにいる。クラブ・ロヒブランコの戦列はバルサとレアル・マドリーに大きな差はない。コケ、サウール、グリーズマン、コスタのようなアトレティの複数選手がバルサとマドリーでレギュラーを務める事ができるだろう」

9/18(火) 19:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00010013-sportes-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索