Samurai Goal

アンデルレヒト


スポンサード リンク





「完全に別の選手。国外クラブも…」アンデルレヒト元指揮官が森岡亮太を絶賛 

20200502-00010008-goal-000-2-view

三好康児がベルギーリーグ初出場&初ゴール! 試合を決定づける決定弾で鮮烈デビューを飾る!  

20190915-00064219-sdigestw-000-17-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/15(日) 23:25:54.88 ID:vmxXAk5W9
名門アンデルレヒトを沈める決勝点
 現地時間9月14日に行なわれたベルギーリーグ第7節、アンデルレヒトとアウェーで対戦し、2-1で勝利した。

 アンデルレヒトはヴァンサン・コンパニはベンチ外、アントワープに今夏加入した三好康児はベンチスタートとなった。

 前半はともにゴールをあげられず、試合が大きく動いたのは後半だった。先制したのはアウェーのアントワープだった。49分にライオラ・レフェノフが先制ゴールを挙げるも、65分に取り返されて、リードは長く続かなかった。

 しかし、78分にアンデルレヒトがひとり退場者を出すと、アントワープは80分にアマラ・ベビ、82分に三好を投入する。

 初めてベルギーリーグのピッチに立った三好が輝いたのは87分のことだ。ゴール前でボールを持った三好はエリア外でボールを受けるとすかさずシュート。一度はDFに阻まれるも、三好がターンを交えて持ち直し、改めて左足を振り抜いたシュートが、ネットを揺らした。

 決勝点を挙げた三好は89分にも味方のシュートが弾かれたところをすかさずループで狙うが、これはDFのゴールラインクリアに阻まれた。

 試合はこのまま2-1で終了。三好の鮮烈なデビュー&決勝ゴールでアントワープがアンデレルレヒトを下した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00064219-sdigestw-socc

伊東純也V弾アシストでゲンクが今季初2連勝! アンデルレヒトは“プレー専念”コンパニが負傷交代  

20190824-43470833-gekisaka-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/24(土) 10:10:38.77 ID:780hzkRv9
[8.23 ベルギー・リーグ第5節 ゲンク1-0アンデルレヒト]

 ベルギー・リーグ第5節が23日に行われ、FW伊東純也の所属するゲンクはホームでアンデルレヒトと対戦し、1-0で勝利した。開幕5試合連続スタメンの伊東は後半10分に決勝点をアシスト。フル出場し、今季初の2連勝に貢献している。

 ゲンクは前半をスコアレスで折り返したが、後半に均衡を破った。後半10分、左サイドのFWムブワナ・サマッタがPA内右のMFブライアン・ハイネンにロングパスを送り、ハイネンの落としを受けた伊東がゴールに背を向けながらPA内中央でキープ。上がってきたサマッタにつなぎ、先制弾を演出した。

 伊東は第4節ベフェレン戦(4-0)に続き、2試合連続となる今季3アシスト目。一方、開幕4戦未勝利中(2分2敗)のアンデルレヒトは今夏加入のMFサミル・ナスリらを中心に反撃を図るも、後半30分にアクシデントに見舞われる。選手兼監督で今季から復帰し、チームの低迷を受けて当面のプレー専念を表明したDFビンセント・コンパニが負傷交代。1-0で逃げ切ったゲンクが2連勝を飾り、アンデルレヒトは2連敗となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-43470833-gekisaka-socc

アンデルレヒトが森岡亮太へのオファーを拒否…2億円の提示額に「安すぎる」 

20190127-00000009-goal-000-3-view

「移籍を促す報道は知っているけど…」苦境続くアンデルレヒト・森岡亮太、ベルギー紙に語った本音とは 

20181214-00051447-sdigestw-000-6-view

【速報】オイペン vs アンデルレヒト 豊川雄太1ゴール決める 

46710_ext_04_0

【速報】オイペン vs アンデルレヒト 豊川雄太 先発出場 

46710_ext_04_0

アンデルレヒトレジェンドが森岡亮太らをバッサリ「思考速度のレベルが低すぎる」  

db334ab8-4a02-53a4-1a7a-3f9159c43663




1: 2018/09/26(水) 19:34:23.43 _USER9
9/26(水) 19:11配信 GOAL

アンデルレヒトで10番を背負うMF森岡亮太は、クラブのレジェンドから厳しい評価が与えられている。ベルギー『Het Nieuwsblad』が報じた。

森岡はプレシーズンからコンディション調整で出遅れると、メンバー外が続くなど、厳しい序盤戦に。第8節にして初の先発出場を飾ったが、ゴールに絡むことはできず、75分に途中交代している。

かつてアンデルレヒト4度のリーグ優勝を経験し、リーグMVPにも輝いたことのある元ベルギー代表MFワルター・バセッジョは「10番」のポジションを争う選手たちについて厳しい評価を付けている。

「モリオカ? 彼はまさに10番のタイプだが、ワースランド・ベフェレンのようなレベルであれば、よりいいだろう。アンデルレヒトのようなチームでは、彼の思考スピード、行動のレベルは低すぎる」

また今シーズン、オーステンデからやってきて6試合に出場するナレッジ・ムソナについても言及。こちらについても「私の意見では、アンデルレヒトでは何も勝ち取れない選手だ。オーステンデではいい選手の一人だったかもしれないが、アンデルレヒトでは十分でない」と評している。

一方で、今季からアンデルレヒトでプレーする22歳のザカリア・バッカリについては、ここまで135分間の出場にとどまりながら、高い期待を口にしている。

「複数のポジションで大きなポテンシャルを感じさせる若者だ。中央でもウィングでもね。(2006年から2011年までプレーした)ムバラク・ブスファのようにゲームを作れる選手だ。小さく、シャープで、いいドリブルを持っている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00010001-goal-socc

森岡亮太、ブルサスポルへの移籍話が消滅か…!!残留が濃厚に! 

35344_ext_04_0

森岡亮太、自身の移籍説について言及!!「よく分からない...」 

1 2018/08/19(日) 08:51:34.24 _USER9
金曜日に行なわれたベルギー・ジュピラーリーグ第3節、アンデルレヒトvsムスクロン戦でついに今季初出場を果たしたのが、日本代表MF森岡亮太だ。2-0でアンデルレヒトがリードした終盤の77分からピッチに投入され、2列目でそつのない動きを披露した。
 
 試合後の取材エリアで、森岡が一連の移籍報道について初めて口を開いた。プレシーズンの調整に失敗すると、アンデルレヒトのハンス・バンハーゼブルック監督から失格の烙印を押されてしまう。その後の対話と練習での猛アピールによって信頼を徐々に回復させてきたが、依然としてアントワープやズルテ・ヴァレヘムといったベルギーの他クラブから強い関心が寄せられており、レンタル移籍の可能性が消えていない。

ベルギーの全国紙『La Derniere Heure』がその声を伝えている。
 
「なにが起こっているのかはよく分からないんです。いろんな噂があるのは聞いていますが、時にそうしたものには本当に驚かされますし、実際にクラブ内の誰も僕がここを去るなんて話はしていない。アンデルレヒトとは良好な関係が築けているし、全力を尽くして取り組むだけです」
 
 継続して指揮官との対話は繰り返しているようで、「僕にとってそれはとても大事なことです」と強調。そのうえで「もし監督が僕になにを求め、どうプレーしてほしいのかが分からないのであれば、それこそ状況は難しいを想いますけど」と続けた。
 
 ムスクロン戦でのプレーは本来の森岡のそれで、コンディションは明らかに上向き。背番号10の威信に懸けて、失地回復に邁進している。やはりアンデルレヒト残留が既定路線なのだろうか──。

8/19(日) 6:18 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-00045891-sdigestw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索