Samurai Goal

アンス・ファティ


スポンサード リンク





スペイン紙「お気に入りのヤングプレーヤーは?」久保建英が3位に選出! J・フェリックスらを上回る  

1: Egg ★ 2019/09/29(日) 09:13:47.04 ID:ZTeBUYY29
久保がJ・フェリックスやロドリゴを上回る

no title


ここまで6節が終了したラ・リーガを盛り上げているのが、ヤングタレントたちだ。

 その筆頭格がバルセロナのアンス・ファティとアトレティコ・マドリーのジョアン・フェリックスだろう。

8月25日のベティス戦(2節)で、16歳と298日というクラブ史上2番目の若さでトップデビューを果たしたファティは、6日後のオサスナ戦(3節)でクラブ史上最年少得点記録を更新(16歳と304日)。大黒柱のリオネル・メッシが故障で出遅れた王者にあって、早くも不可欠な存在となっている。

 クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(約157億円)で加入したJ・フェリックスは、19歳とは思えない別格の輝き。開幕から全試合でスタメンを飾り、チームトップの2ゴールに1アシストと、攻撃を牽引している。

 レアル・マドリーのブラジル人コンビ、19歳のヴィニシウス・ジュニオールと18歳のロドリゴは6節のオサスナ戦でアベックゴール。とりわけ、デビュー戦で途中出場から1分で初ゴールを決めた後者の活躍は鮮烈だった。

 そのマドリーと16歳で契約し、レアル・ソシエダにレンタル中のマルティン・ウーデゴーも負けてはいない。4節には得意の左足で見事な一撃を叩き込み、アトレティコ撃破の立役者となれば、6節のアラベス戦では圧巻のスルーパスでミケル・オジャルサバルの先制点をアシスト。かつて「神童」と持て囃されて男が、20歳にしてついにその才能を開花させた。


 アジアの2人の18歳も異彩を放っている。マジョルカの久保建英とバレンシアのイ・ガンインだ。

 今夏にマドリーと契約し、マジョルカに武者修行に出た久保は、5節のヘタフェ戦でピンポイントクロスを供給して初アシスト。26日に行なわれたアトレティコ・マドリー戦では初先発を飾り、惜しいシュートを放つなど、強豪相手に小さくない存在感を発揮した。

 韓国の至宝は、同じ日に、久保より一足先にリーガ初ゴールをゲット。監督交代で揺れるチームで徐々に出場時間を増やし、そのチャンスを見事に活かした。

 彼らの活躍を受けて、スペイン紙『Marca』は、「ラ・リーガのU-20選手の革命」と題した特集を掲載。20歳以下のプレーヤーのパフォーマンスを伝えるとともに、「あなたのお気に入りのヤングプレーヤーは?」という読者投票を実施している。

『Marca』紙によるサポーター投票の結果は?

写真
no title


3900票を集めて1位となったのは、ウーデゴーで、200票差の2位でファティが続いた。

 久保は堂々の3位にランクイン。2800人が投票している。以下、ロドリゴとイ・ガンインが2500票で続き、J・フェリックスが2400票で6位、ヴィニシウスが2200票で7位となっている。

 現時点での『Marca』紙によるファン投票の結果は、以下の通りだ

1位マルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ):3900票
2位アンス・ファティ(バルセロナ):3700票
3位久保建英(マジョルカ):2800票
4位ロドリゴ(レアル・マドリー):2500票
4位イ・ガンイン(バレンシア):2500票
6位ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー):2400票
7位ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー):2200票
8位アンドリー・ルニン(バジャドリー):1700票
9位サムエル・チュクウェゼ(ビジャレアル):1500票
10位アレクサンダー・イサク(レアル・ソシエダ):1200票
11位ジャン=クレア・トディボ(バルセロナ):588票

9/28(土) 19:56配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190928-00064686-sdigestw-socc&p=1

久保建英を熟知する恩師が語る「メッシは唯一無二の存在だが、タケ・クボは彼に似た特性を持っている」  

1: Egg ★ 2019/09/19(木) 07:17:34.49 ID:Lf9g3kjW9
かつての名コンビがカンプ・ノウで再会を果たすか

いまバルセロナでもっとも熱いフットボーラーと言えば──。今季のバルセロナで彗星のごとく台頭した16歳の新鋭FW、アンス・ファティだろう。

 8月25日、ラ・リーガ第2節のベティス戦で途中出場を果たしてトップデビュー。「16歳298日」はクラブ史上2番目の若さで、「16歳304日」での初ゴールはクラブ史上最年少、ラ・リーガ史上でも3番目の若さだった。

 さらに9月17日のチャンピオンズ・リーグ開幕戦、ボルシア・ドルトムント戦でもクラブ史上最年少出場。スペイン国内はこのギニア=ビサウ出身である若者の話題で持ちきりだ。

 ファティはバルサのカンテラ育ち。現在マジョルカでプレーする日本代表FW久保建英はひとつ年上で、U-12チーム時代には前線で名コンビを組んで猛威を振るった間柄だ。2014年、FIFAがバルサの外国籍選手の獲得・登録に関して制裁を科し、久保は日本へ帰国、ファティも1年間選手登録を許されなかった。ふたつの若き才能が5年の歳月を経て、プリメーラ(1部)の舞台で輝きを放っている。

 そんな両雄をよく知る人物を直撃したのが、スペイン民放テレビ局の『La Sexta』。バルサ・カンテラの指導者であるダニエル・オルカス氏にマイクを向け、久保とファティの将来性を問うたのだ。オルカス氏は次のように答えている。

「リオネル・メッシは唯一無二の存在だが、タケ・クボはとても彼に似た特性を持っている。とてもテクニカルでね。ただどちらを選ぶかと訊かれたら、私はファティを選ぶ。なぜなら彼は常に違いを生み出すプレーヤーだからだ」

 さらにオルカス氏は、登録禁止だった頃のファティに寄り添ったことを明かし、「彼にとっては困難を伴う過酷な時期だった」とコメント。「我々は1年間、実戦ができないアンスのために練習試合をたくさん組んだものだ。プレー機会が必要だったからね」と説明した。

 ジュニア時代に抜群の相性を示し、いまも刺激し合う久保とファティ。12月8日のバルサ対マジョルカ戦でプロ初対決は実現するのか。会場はカンプ・ノウと、最高の舞台が整っている。

9/19(木) 6:39 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00010002-sdigestw-socc

写真
no title

“記録破りの少年”が1G1A!バルサ指揮官も驚き「普通じゃないね」 

20190915-43471684-gekisaka-000-1-view[1]

スペインサッカー連盟、バルサ16歳ギニアビサウ出身の新星ファティを代表招致へ!モレノ監督が明言  

1: Egg ★ 2019/09/15(日) 12:02:47.19 ID:Up9NaA4P9
西アフリカのギニアビサウ出身のファティをU-17スペイン代表でプレーさせたい方針

no title


バルセロナで今季史上最年少ゴールを記録するなどブレーク中の16歳、ギニアビサウ出身のFWアンス・ファティをスペイン代表としてプレーさせようと、早くも同国サッカー連盟が動きを見せているという。スペイン代表を率いるロベルト・モレノ監督が現地テレビ「モビスター+」で明かした。

【動画】スペイン代表に勧誘? バルセロナ16歳FWファティがクラブ史上最年少でリーガ初ゴール
https://www.football-zone.net/archives/217716/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=217716_6

 ファティは今季のラ・リーガ第2節ベティス戦(5-2)でクラブ史上2番目の若さとなる16歳298日でプロデビューを飾ると、第3節のオサスナ戦(2-2)では初ゴールもマークし、クラブの最年少得点記録(16歳304日)を更新した。

 その勢いはとどまるところを知らず、現地時間14日に行われた第4節のバレンシア戦(5-2)では1ゴール1アシストを活躍で、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを怪我で欠くバルセロナの攻撃陣のなかで異彩を放っている。

 そんな超新星をスペイン代表でプレーさせようという動きが活発になっているようだ。西アフリカのギニアビサウ出身で、6歳の頃にスペインへ移り住んだというファティについて、スペイン代表を率いるモレノ監督は「スペインサッカー連盟の人間がアンス・ファティを代表に連れて来ようと働きかけている。もちろん、それは選手が決めることだ」と語っている。記事によれば、まずはスペインU-17代表でプレーさせたいと考えているという。

 そのためにはまず父親への了承を取り、スペイン国籍取得に必要な条件を揃える必要があるようだ。バルサの“新たな宝”とも称される16歳のファティは、スペイン代表にとっても希望の星となっている。

9/15(日) 10:01配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00217716-soccermzw-socc

恐るべき16歳A・ファティが1G1A!! バルセロナ、監督交代に揺れるバレンシアを5発粉砕  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/15(日) 06:19:06.62 ID:BSvhtr3D9
[9.14 リーガ・エスパニョーラ第4節 バルセロナ5-2バレンシア]

リーガ・エスパニョーラは14日、第4節を各地で行い、バルセロナがバレンシアを5-2で破った。
前節でトップチーム初ゴールを決めていた16歳のFWアンス・ファティがまたも1ゴール1アシストの大活躍。FWリオネル・メッシ不在の穴を見事に埋めた。

ホームのバルセロナはここまで1勝1分1敗の低調な成績。前節のオサスナ戦(△2-2)から先発2人を入れ替え、中盤のMFアルトゥールが今季初先発を果たし、前節でクラブ史上最年少ゴールを決めたA・ファティも初めてスタメンに抜擢された。
対するバレンシアは11日にマルセリーノ監督が解任され、アルベルト・セラデス監督の初陣となった。

すると前半2分、話題の16歳がさっそく結果を残した。右サイドを駆け上がったFWカルレス・ペレスを起点にMFフレンキー・デ・ヨングがハーフスペースでボールを受けると、グラウンダークロスに反応したのはA・ファティ。
右足ダイレクトで強烈なシュートを突き刺し、バルセロナが先制に成功した。

さらに前半7分、今度はA・ファティが左サイドをドリブルで切り裂き、ペナルティエリア内までえぐってマイナス方向へのパスを選択。
これにデ・ヨングがダイレクトで合わせ、揃って1ゴール1アシストの結果を残した。バレンシアは27分、FWロドリゴのスルーパスにFWケビン・ガメイロが抜け出し、落ち着いたシュートで1点を返した。

2-1で迎えた後半もバルセロナが早々にゴールを奪った。
6分、FWアントワーヌ・グリエーズマンのカットインシュートは昨季までバルセロナでプレーしていたGKやスパー・シレッセンに阻まれたが、
こぼれ球を攻撃参加していたDFジェラール・ピケがプッシュ。再びリードを2点に広げた。

バルセロナは後半15分、開幕節で負傷交代していたFWルイス・スアレスがA・ファティとの交代で実戦復帰。出場3試合目、初スタメンで絶大なパフォーマンスを発揮した16歳にはスタンドから盛大な拍手が贈られた。
すると16分、縦パスを受けたスアレスがノーステップで右足を振り抜き、さっそく今季初ゴールを沈めた。

なかなか有効な打開策が繰り出せないバレンシアは後半22分、MFデニス・チェリシェフとMFイ・ガンインを揃って投入する。それでも37分、バルセロナは波状攻撃からグリエーズマンのパスをスアレスが決めて5点目。
バレンシアはラストプレーでFWマキシ・ゴメスが一矢報いたが、突然の指揮官解任に揺れる中で王者相手に大敗を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-43471665-gekisaka-socc
9/15(日) 5:54配信

no title

no title

no title

no title


https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/esp/esp-20077674.html
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=AYeSrEeuRYg


バルセロナvsバレンシア 5-2 | リーガ・エスパニョーラ第4節

バルサ、16歳のファティが衝撃のクラブ史上最年少ゴール記録を樹立! 過去に久保建英ともプレー  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/01(日) 05:13:12.93 ID:hl6hQ8xf9
16歳の神童、伝説の始まりか
16歳のギニアビサウ出身FWアンス・ファティがバルセロナの歴史を塗り替えた。

バルサは8月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節でオサスナとのアウェー戦を迎えた。
1点ビハインドで後半を迎えた中、指揮官のエルネスト・バルベルデ監督はハーフタイム明け、
前節のベティス戦においてクラブ史上2番目の若さでトップデビューを果たしていたファティを投入する。

すると、16歳がいきなり魅せる。51分、右サイドからカルレス・ペレスが入れたクロスにゴール正面でDFと競り合いながらヘッド。
高身長ではないながらも渾身のジャンプから高い打点で放たれたヘディングシュートがゴール左に吸い込まれる。
ゴールセレブレーションでは喜びを示した後、同点弾だったため、すぐさま自陣に戻る姿勢を見せるファティ。
祝福されて自陣に戻る際には手を口に当てて、自身でも驚いているような仕草を見せた。

ファティは16歳304日でのゴールとなり、これまで17歳53日のゴールで記録保持者だったボージャン・クルキッチ(現モントリオール・インパクト)、
リオネル・メッシ(17歳331日)の記録を更新し、リーガでのクラブ史上最年少ゴール記録を樹立した。また、リーガ・エスパニョーラ全体でも、元マラガのファブリス・オリンガ(16歳98日)、
アスレティック・ビルバオのイケル・ムニアイン(16歳289日)に次ぐ3番目の若さでのゴールとなっている。

バルセロナはその後、64分にアルトゥールが勝ち越し弾を記録するも、81分にジェラール・ピケのハンドから与えたPKで再び失点し、2-2のドロー。
開幕節での黒星スタートから前節に初白星を挙げたが、第3節で再び勝ち点を落とした。

なお、ファティはバルセロナの下部組織時代、今夏にレアル・マドリーからマジョルカにレンタル移籍した日本代表MF久保建英とも共にプレーした経験を持つ。
スペインメディアでは、バルサの下部組織時代に久保のパスから見事なシュートを決めた動画も紹介されていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00010004-goal-socc
9/1(日) 1:54配信

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190901-00010004-goal-000-view.jpg
https://amd.c.yimg.jp/im_siggCNZtXUf.0NgM9KHmNaux2Q---x400-y300-q90-exp3h-pril/amd/20190901-43471122-gekisaka-000-2-view.jpg
no title


https://www.youtube.com/watch?v=doDj5pFWxFE


バルサ、16歳が衝撃の史上最年少ゴール!…も、ピケ先輩が痛恨プレー vsオサスナ戦ハイライト 31/08/2019

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077669
試合スコア



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索