Samurai Goal

アレックス・モーガン


スポンサード リンク





アメリカ女子代表FWモーガンが第1子妊娠…東京五輪の3カ月前に出産予定  

20191024-00991796-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/24(木) 07:59:26.06 ID:Fgy05dFM9
オーランド・プライドに所属するアメリカ女子代表FWアレックス・モーガンが23日、自身のTwitter(@alexmorgan13)で第1子の妊娠を発表した。

 現在30歳のモーガンは、大学時代から付き合っていたアメリカ人MFセルヴァンド・カラスコ(現在ロサンジェルス・ギャラクシー所属/31歳)と2014年12月31日に結婚。第1子は女の子のようで、出産予定は東京オリンピックが開催される約3カ月前の来年4月だという。Twitterでは「まだ会っていないけど、すでに愛しています。新たなカラスコ・ファミリーの一員がもうすぐ生まれます」と報告した。

 モーガンは2010年にアメリカ女子代表としてデビューを飾り、これまで2012年のロンドン五輪での金メダルや、2015年のカナダ大会と2019年のフランス大会でワールドカップ連覇に貢献。今夏の大会では、グループステージ第1節のタイ戦で女子W杯における1試合での最多得点記録に並ぶ5ゴールを挙げるなど、6ゴール3アシストを記録してシルバーブーツに輝いた。9月に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2019』では女子最優秀選手候補にノミネート(受賞はアメリカ女子代表FWミーガン・ラピノー)され、今月21日に発表された女子バロンドールの候補20名にも選ばれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00991796-soccerk-socc

アレックス・モーガン「フットボール選手としてのクリスティアーノと人としてのクリスティアーノは別」 

20190909-00010002-mdjp-000-1-view[1]

米美人FW、大胆ピンクミニドレスで美脚披露…“妖艶ショット”反響「女神」「モデル」 

20190902-00214341-soccermzw-000-9-view[1]

米美人FW、煌びやかなドレスの“妖艶ショット”反響 「地球で最も美しい1人」「女王」 

20190817-00210990-soccermzw-000-3-view[1]

米ラピーノ選手「ホワイトハウスには行かないよ!」→トランプ「勝ってから言え」→優勝→?  

webs190709-rapinoe-thumb-720xauto-163474[1]




1: みつを ★ 2019/07/11(木) 01:44:20.48 ID:3RIfv1LB9
https://www.bbc.com/japanese/video-48933208
(リンク先に動画あり)

W杯4回優勝の米サッカー・チーム、堂々帰国 ホワイトハウスへは……
9時間前

女子サッカーW杯で4度目の優勝を果たしたアメリカ代表チームが8日、優勝杯を手に帰国した。

ニューヨーク郊外にあるニューアーク空港での大歓迎に応える中、共同主将のメガン・ラピーノとアレックス・モーガンは、ホワイトハウスを表敬してドナルド・トランプ米大統領に会うつもりはないが、自分たちをずっと応援してくれた他の政治家たちを訪れるのは構わないと話した。

ラピーノ選手は大会中、トランプ大統領が「私のような外見の人間を排除している」と批判し、たとえ優勝してもホワイトハウスに行くつもりはないと発言。これに対してトランプ氏はツイッターで、「メガンは勝ってから物を言うべきだ!」などと反論していた。

<女子アメリカ代表FWモーガン>自身のゴールパフォ批判に反論!「男子は股間を掴んだりしてるじゃない!」  

20190706-00061071-sdigestw-000-9-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/06(土) 15:47:40.11 ID:N0mmPP0c9
モーガンが披露した“紅茶パフォーマンス”。本人はイングランドを馬鹿にしたものではなかったと主張したが……。

 女子ワールドカップは7月7日、アメリカとオランダによる決勝が行なわれる。

 大一番を前に、イングランドとの準決勝で見せたゴールセレブレーションが議論を呼んだことに、アメリカのアレックス・モーガンが不満を露にした。相手への挑発とも捉えられるジェスチャーが物議を醸したことに対し、「男女のサッカーで基準がぶれている」と訴えている。

 紅茶の国イングランドを相手に見せた、右手でお茶を飲むようなパフォーマンスには、「宣戦布告みたいなもの」といった声も上がり、元イングランド代表のリアネ・サンダーソンは「不快」と批判した。

 だが、英公共放送『BBC』によると、モーガンは騒動となったことに「唖然としているわ。笑い飛ばすべきものよ」とコメント。セレブレーションは女優ソフィー・ターナーが「ゲーム・オブ・スローンズ」で使う「that's the tea」という言葉を示したものだと説明している。

「いずれにしても、イングランドを叩くためのものではなかった」

 そのうえで、モーガンは「成功において謙虚になるべきというのは、女子スポーツに対するダブルスタンダードのように感じる」と、男女のサッカーで受け止められ方が違うと訴えた。

「私たちは喜びすぎちゃいけなくて、控えめじゃなきゃいけないと言われる。でも、男子は世界中の大きな大会でセレブレーションをしているじゃない。股間を掴んだりして」
 
 モーガンの指摘に、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグにおけるアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督や、ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドが見せた“股間パフォーマンス”を思い出す人も少なくないだろう。

 ただ、このジェスチャーも物議を醸し、なかには両者への処分を求める声もあった。だが、モーガンは自身の行動に対する反応が、男子サッカーと比べて不当と感じているようだ。

 オランダとの決勝でゴールを決めた場合、モーガンはどんなセレブレーションを見せるのだろうか。

7/6(土) 15:40配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00061071-sdigestw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190706-00061071-sdigestw-000-6-view.jpg

【サッカー】<米美人FWモーガン>“紅茶ポーズ”で波紋拡大!「イギリス人を嘲笑」 英代表FWも非難「不快」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562285284/

タイ相手に衝撃の13ゴール圧勝!<優勝候補アメリカ>モーガン5発で白星発進/2019女子W杯  

1: Egg ★ 2019/06/12(水) 08:56:34.14 ID:kIpyc+iH9
現地時間11日『2019 FIFA女子ワールドカップ』のグループE&F計3試合が行われた

2大会連続優勝を目指す優勝候補F組のアメリカは初戦でタイと激突。地力に勝るアメリカがタイを圧倒し、12分にアレックス・モーガンが先制点を決めると、ここからゴールラッシュ。

前半は3-0で折り返したものの、後半には10度ネットが揺れることとなり、モーガンは5ゴールの固め打ち。13-0という大差での決着となった。

グループFもう一つの試合、チリvsスウェーデンはスコアレスで戦況が進んだものの、83分からスウェーデンが2ゴールを奪い、0-2でスウェーデンが勝利を収めている。

E組のニュージーランドvsオランダは後半アディショナルタイムの土壇場にオランダが先制し、これがそのまま決勝点に。0-1でオランダが初戦をものにした。

■2019女子W杯の結果
ニュージーランド 0-1 オランダ
チリ 0-2 スウェーデン
アメリカ 13-0 タイ

6/12(水) 6:38 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00010003-goal-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索