Samurai Goal

アル・ドゥハイル


スポンサード リンク





【検証】中島の移籍でカタール行き日本人選手は増えるか  

20190401-00000038-tospoweb-000-1-view[1]




1: 数の子 ★ 2019/04/01(月) 18:00:30.91 ID:/R+JpS+A9
サッカー日本代表MF中島翔哉(24=アルドハイル)の活躍で“中島ロード”が定着するか。

 1月に約44億円の移籍金でカタール1部アルドハイルに入団。欧州各国の強豪クラブが中島獲得に動く中で、中東の新興国へと渡り大きな話題を呼んだ。国内外で賛否両論が起きたが、日本代表ではボリビア戦(3月26日)で決勝ゴールを決めるなど大活躍。森保ジャパンの大黒柱として改めて強烈な存在感を放った。カタール移籍が飛躍につながったことで“第2、第3の中島”をめぐる動きが活発化していきそうだ。

「カタールのクラブは日本人選手を高く評価しているし、実力のある選手を狙う動きも出てきている。選手側も金額はもちろん、ある程度成長できる場だと判断すれば今後カタールへ行くケースが出てくる可能性はある」と日本代表クラスの選手を抱えるマネジメント事務所関係者は指摘する。

 中島がプレーするアルドハイルをはじめ、元スペイン代表MFシャビ(39)が所属するアルサド、強豪のアルアハリやアルラーヤンなどは以前から有力な日本人選手の調査に熱心で、今後も助っ人候補として獲得に動くとみられる。これまで日本人選手は中東の新興勢力でもあるカタールには見向きもしなかったが、現在は世界各国から有名選手や優秀な指導者が集まる環境もあり、ベテランや若手有望株などが新天地として選ぶ流れとなる可能性がある。

 日本代表の森保一監督(50)もカタールでプレーする中島について「攻撃も守備も成長している。カタールのチームでの経験が力となって成長につながっている」と評価しており、選考のうえでの支障はない。日本人プレーヤーにとって次回のW杯開催国が有力な選択肢になるかもしれない。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000038-tospoweb-socc

中島翔哉(アル・ドゥハイル)「急成長中」「年金リーグ」とも揶揄される格下のカタールへあえて移籍した理由  

20190328-00179318-soccermzw-000-6-view[1]




1: Egg ★ 2019/03/29(金) 06:27:21.52 ID:SeZ2hZ5e9
● 「年金リーグ」とも揶揄される カタールへの移籍を決めたワケ

 ポルトガル1部リーグのポルティモネンセSCから、カタールのアル・ドゥハイルへの移籍が発表されたのが2月3日。ヨーロッパでどのようなステップアップを果たすのか、と注目されていた中島の新天地が中東となった時点で、言葉は悪いが「都落ち」の感は拭えなかった。

 実際、カタールでは39歳の元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)や、34歳の元オランダ代表MFウェズレイ・スナイデル(アル・ガラファ)らのビッグネームがプレーしている。ただ、いずれもプレーヤーとしての旬が過ぎていることから、ヨーロッパよりも格がはるかに落ちる年金リーグと揶揄されてもいる。



ステップアップの図式に沿えば、次はスペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの5大リーグのクラブとなる。あるいは、クラブレベルの最高峰の舞台となるUEFAチャンピオンズリーグを戦える5大リーグ以外の強豪クラブも、中島の新天地の候補に挙げられてきた。



 「このままの勢いならば、すぐにでもビッグクラブへ移籍できるんじゃないか」

 長友自身、FC東京から移籍したセリエAの小クラブ、チェゼーナでの活躍が見初められて名門インテルミラノへ移籍した。レベルが高いチームメイトたちと日々切磋琢磨し、猛者ぞろいの相手と勝負を繰り返すことでさらに実力が磨かれる――自身の経験に則ったアドバイスでもあった。

 実際、中島自身も「本当にいろいろなクラブが話をくれた」と振り返る。さらには24歳という年齢にも「世界的に見れば、それほど若くない」と言及したこともある。中堅の域に差しかかりつつあるキャリアで、最終的には自らの決断でプレーする舞台をヨーロッパから大きく遠ざけた。

 アル・ドゥハイルがポルティモネンセへ支払った違約金は3500万ユーロ、日本円にして約44億円にのぼった。日本人選手の移籍では、2001年夏に中田英寿がASローマからパルマへ移籍した際の約32億円を大幅に上回ったが、中島は「お金のことはそこまで気にしていません」と関心を示さない。

 確かに違約金はクラブ間のやり取りであり、当該選手には関係のない案件だが、ポルティモネンセで演じた大活躍への対価でもある。それでも日本円にして4億円を超えるとされる、新天地における年俸も含めて、決め手はお金以外にあったと中島は屈託なく笑う。

 「アル・ドゥハイルが、僕のことをすごく欲しがってくれたことが嬉しい。成長するために、そして楽しむために、自分にとって一番魅力的なクラブだったから移籍することを決めました」

ここで言及した「楽しむ」が、中島が歩むサッカー人生における唯一無二のキーワードとなる。森保ジャパンの初陣だった、昨年9月のコスタリカ代表との国際親善試合後の取材エリアでは、7分あまりの質疑応答の間に「楽しむ」というニュアンスの単語を8回も口にしている。

 ただ、何度聞いても「楽しむ」は漠然としていたので、ある時に中島が抱いている定義を聞いた。小学生時代は教室にボールをもち込んでは足元に置き、担任の教師から怒られても繰り返したという、サッカーが大好きで仕方がない小僧がそのまま大人になったかのような答えの中に、サッカー人生において「楽しむ」と「成長」とを表裏一体でリンクさせてきたことが分かる。

 「ボールを多く触りながら、自分の中から湧き出てくるイメージを自然とプレーで出せる時ですかね。難しく考えなくても、自然といいプレーを勝手に自分の体がしてくれる時だと思います」

 正式なオファーを受けてから、中島はポルトガルからカタールへ2度足を運んでいる。右ふくらはぎを痛めて開幕直前で欠場が決まった、先のアジアカップ期間中のことだ。アル・ドゥハイルの練習施設やチームメイトたち、2022年の次回ワールドカップ開催国であるカタール全体を取り巻く環境や、チームが本拠地とする首都ドーハの様子を自らの視点で徹底的にチェックした。

 「サッカーの面もサッカー以外の面もすごく魅力的で自分に合っていたし、より楽しくサッカーをするために成長できると思ったので。町の人々や食事も含めてすごく住みやすいし、今は奥さんと2人で幸せに暮らしています。サッカーにもつながってくる点で、そこが一番大事かもしれないですね」

3/29(金) 6:01 ダイヤモンドオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190329-00198243-diamond-soci&p=1

「ここには中島がいる!」 殊勲の決勝弾を海外メディア絶賛「新世代が責任を取った」 

20190326-00179076-soccermzw-000-5-view[1]

“最強の矛”にして“諸刃の剣”―― 中島翔哉の破壊力がはらむリスクと必要なキーパーツ 

20190328-00179318-soccermzw-000-6-view[1]

カタール中島、改めてPSG行き完全否定 「あれだけ負けたのを、ちゃんと認識しなきゃいけない」  

20190326-00010034-goal-000-4-view[1]




1: pathos ★ 2019/03/27(水) 00:39:01.48 ID:mikYr9PN9
25日放送、フジテレビ「PRIME news alpha」では、サッカー日本代表の中島翔哉を特集。冬にカタールリーグへと移籍した中島が、改めてパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍内定を否定した。

日本人史上最高額となる約44億円で、ポルトガルのポルティモネンセからアル・ドゥハイルに移籍した中島。多くのオファーがあった中で、知名度が決して高くないカタールリーグに移籍したのは、カタール人がオーナーであるフランスの名門PSGに将来的に移籍するためとの噂がある。

だが、中島は「PSGに行きたいからここに来たっていうのはまったくなくて、そういう話は全然ない」と否定。「一般的に言われるリーグのレベルとか、チームの知名度で決めることは絶対ないし、自分の目で見たり、感じたりして(クラブを)決める」と明かした。

日本はアジアカップ決勝でカタールに1-3と敗れている。中島は「あれだけ負けたのを、ちゃんと認識しなきゃいけない」と強調。「すごく強いチームだと思ったし、サッカー選手としてレベルアップしたくて(カタールに)来た」と、移籍を決断した理由を説明した。

2022年のワールドカップを開催するカタールは、5つ星のスタジアムをそろえている。だが、人口わずか200万人ということもあり、観客は少ない。

それでも、中島は「観客のことも結構言われるけど、逆になんでそんなに言うのかなと思う」とコメント。「チケット収入がなくてもこれだけ良いスタジアムができるので、逆にすごい」と気にしない。

知名度でチームを選ぶことなく、周囲の環境に左右されない中島。それは、かつてFC東京からJ2のカターレ富山に移籍したころから変わらない。当時の富山監督だった安間貴義氏も、「あいつは気にしない。そういう性格」と証言する。

あえてカタールという場所を選んだ中島には、サッカーを楽しむという揺るぎない信念がある。中島は「自然と楽しさが湧き上がってくるときは、良いプレーが出る瞬間」とコメント。「カタールでも素晴らしいチームメートや監督とサッカーができていることをピッチで表現できれば」と意気込んだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/16217211/

長友佑都「日本の8番どこでプレーしてるの?って聞かれる」「もっとハイレベルな場所で中島翔哉を見たいな」  

GettyImages-990056450-1-800x569




1: Egg ★ 2019/03/26(火) 23:22:45.43 ID:TLN/aVxV9
ガラタサライの長友佑都(32)が26日、自身のツイッターを更新。この日行われた日本代表のボリビア代表戦で得Tンを決勝点を決めたMF中島翔哉(24=アルドハイル)にエールを送った。

 0―0で迎えた後半に途中出場した中島は後半31分、相手ボールをパスカットした堂安から南野とつないだボールを受けると、最後はペナルティーエリア左で切り返してから右足でシュート。値千金のゴールを決めた。

 長友は「日本の8番どこでプレーしてるの?ってチームメイトから聞かれるやつ。」と世界から代表戦で背番「8」をつけた中島が注目されていると明かし、「人それぞれサッカーをやるための目的は違うけど、もっとハイレベルな場所で中島翔哉のプレーを見たいな」と長友自身の思いを告白。中島のさらなる成長を期待した。

3/26(火) 22:17配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000211-spnannex-socc

中島翔哉の根底にあるのはやはり“サッカー”。カタール行き決断の理由も… 

20190320-00010016-goal-000-1-view[1]

<日本人歴代最高額>なぜ日本代表の「10」を背負う中島翔哉は移籍金44億円にも関心がないのか?  

1: Egg ★ 2019/03/20(水) 06:01:06.27 ID:9EpGcjc79
ポルトガル1部のポルティモネンセSCから、カタール1部のアル・ドゥハイルSCへの完全移籍が電撃的に発表されたのが2月3日。
日本円で約44億円に達した移籍金は、2001年夏に中田英寿がASローマからパルマに移籍した際の約32億円を超える、日本人歴代最高額となった。

もっとも、約1年半所属したポルティモネンセで演じた大活躍への対価となる、桁違いの金額に関して中島は興味を示さない。
練習後の取材エリアで口にしたのは、森保ジャパンが船出した昨年9月から何度も繰り返してきた「楽しむ」というキーワードだった。

「お金のことは、僕はそこまで気にしていません。ただ、アル・ドゥハイルが僕のことをすごく欲しがってくれたことがすごく嬉しいですし、
成長するために、そして楽しむために、自分にとって一番魅力的なクラブだったから移籍することを決めました」

サッカーシーンはヨーロッパを中心に回っている。J2の東京ヴェルディからJ1のFC東京をへて、ヨーロッパの第2集団に位置するポルトガルへ移籍したのが2017年8月。
ステップアップの図式に沿えば、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの5大リーグか、UEFAチャンピオンズリーグを戦える強豪チームが新天地の候補と期待されてきた。

実際、昨年末にはポルティモネンセのロジニー・サンパイオ会長が、プレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズとの交渉が8割方決まったと地元のラジオ番組で明言している。
フランスリーグの名門パリ・サンジェルマンや、同じポルトガルリーグで3強を形成するFCポルトが、中島に強い関心を抱いていると報じられたこともある。

だからこそ、中島が下した決断は少なからず驚きを伴っていた。中島自身、24歳という年齢に「世界的に見れば、それほど若くはない」と語ったことがある。
中堅の域に差しかかりつつあるキャリアで、プレーの舞台を中東へ変えて新たなステージへ挑んでいる意義はどこにあるのか。

2022年の次回ワールドカップはカタールで開催される。サッカーを取り巻く環境が、国を挙げて変えられていく過程でプレーすることは、昨夏のロシア大会出場を逃した中島にとってもプラスになる。
それでも、身長167cm、体重62kgの小柄なドリブラーは「そこは考えて選んだわけではないので」と、苦笑しながらこんな言葉を紡いだ。

「本当にいろいろなクラブが話をくれましたけど、そのなかでもアル・ドゥハイルはすごく自分に合っていた。
実際に移籍が決まるまで2回ほど行きましたけど、サッカーの面もサッカー以外の面も魅力的で、より楽しくサッカーをするために成長できると思ったので。
町の人々や食事も含めてすごく住みやすいし、いまは奥さんと2人で幸せに暮らしています。サッカーにもつながってくる点で、そこが一番大事かもしれないですね」

ここでもキーワードが飛び出した。漠然と聞こえる「楽しむ」に対して、中島が定めている定義を聞いたことがある。小学生時代は教室にボールをもち込んでは足元に置いていた、
サッカーが大好きでたまらない小僧がそのまま大人になったような答えが返ってきた。

「ボールを多く触りながら、自分のなかから湧き出てくるイメージを自然とプレーで出せるときですかね。難しく考えなくても、自然といいプレーを勝手に自分の体がしてくれるときだと思います」

3/20(水) 5:28配信 THE PAGES 全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010000-wordleafs-socc&p=1

写真
no title


【サッカー】<日本代表MF中島翔哉>カタールでの日々に満足!「最高です。奥さんとふたりで幸せに暮らしています」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552990549/

中島翔哉と塩谷司がACLでゴール! しかし結果は…  

1: 豆次郎 ★ 2019/03/13(水) 02:47:49.87 ID:NvkJWEW79
 12日にAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグC組第2節が行われた。アル・ドゥハイル(カタール)の中島翔哉と、アル・アイン(UAE)の塩谷司が、それぞれ1得点を記録している。

 白星発進を飾っているアル・ドゥハイルは、敵地でアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦し、1-3で敗れた。

 序盤から押し込まれたアル・ドゥハイルは、なかなか中島にボールが入らず、チャンスをつくることに苦しむ。すると25分、イタリア代表のジョビンコが出したパスにカルロス・エドゥアルドが抜け出してゴールネットを揺らした。その後もホームチームはジョビンコを中心に好機をつくり、追加点のチャンスをうかがう。

 しかし、後半に入ると中島が徐々にボールに絡む機会が増えた。すると75分、中島が決めた。左からのクロスがDFに跳ね返されると、いち早く反応した中島がペナルティエリアから出ようとするボールをコントロール。そのまま左足でゴールネットを同点弾を決める。

 それでも、中島のゴールは勝ち点につながらなかった。77分、アル・ヒラルはセットプレーでアルブライヒが決めて勝ち越すと、さらに2分後にはゴミスにもゴールが生まれる。

 その後はアル・ヒラルに押し込まれる時間が続き、アル・ドゥハイルは1-3で敗れた。

 アル・アインは敵地でエステグラル(イラン)と対戦し、1-1で引き分けている。

 エステグラルに先制を許したアル・アインは、終盤の85分に塩谷がセットプレーのこぼれ球を左足で決め、1-1の引き分け。アウェーゲームで勝ち点1を持ち帰っている。

C組はアル・ヒラルが2連勝で一歩リード。アル・ドゥハイルは勝ち点3で2位につけ、アル・アインとエステグラルが勝ち点1で並んでいる。

https://www.footballchannel.jp/2019/03/13/post312993/
no title

<中島翔哉>カタール移籍の近況報告「想像とは真逆で困ることがない環境なので毎日楽しく過ごしています」  

thumb-12105-3746-entame




1: Egg ★ 2019/03/07(木) 18:37:07.28 ID:cV1uRUVV9
カタール1部リーグのアル・ドゥハイルSCに移籍したプロサッカー選手・中島翔哉が2日に自身のアメブロを更新。カタールに移籍してから1か月が経過した近況を報告した。

中島は2月3日にポルトガル1部リーグのポルティモネンセSCからアル・ドゥハイルSCへの移籍を正式に発表。この日のブログでは「カタールに移籍してから1ヶ月が経ちますがこちらの生活もだいぶ慣れてきました」と報告。「クラブのスタッフやチームメイトたちもとても良くしてくれます」とチームメイトとの集合写真を公開した。

同日は練習後に日本から訪れた知人とイタリアンレストランでランチをしたといい、カプレーゼやクリームパスタなどの写真も紹介。中島は現地での食事情について「食べ物も豊富で美味しいお店もたくさんある」と説明し、「スーパーに行っても日本の焼きおにぎりや雪見だいふくが売ってました!!」「想像とは真逆で特に困ることがない環境なので毎日楽しく過ごしています」と報告した。

この投稿に「楽しく生活出来てるようで良かったです」「お写真から暖かいチームの雰囲気が感じられほっこりした気持ちになりました」「雪見だいふくにはビックリでした(笑)」「体に気を付けて頑張ってください」などのコメントが寄せられている。

2019年03月05日 14時20分 アメーバニュース
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12105-3746/

写真https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12105-3746/photo/

【サッカー】<ACL>中島翔哉は2点目をアシストし勝利に貢献!MOMに選出! アル・ドゥハイルは白星発進
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1551821312/




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索