Samurai Goal

アル・サッド


スポンサード リンク





39歳シャビ、現役引退。将来は古巣バルサ監督就任に意欲「私の目標」  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/22(水) 08:39:40.18 ID:zU2BynW29
5/22(水) 7:40配信
39歳シャビ、現役引退。将来は古巣バルサ監督就任に意欲「私の目標」

 カタールのアル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスは現役を引退した。

 現地時間20日、アル・サッドはAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループG第6節でペルセポリスと対戦し0-2で敗れた。この試合にシャビはフル出場し現役最後の試合を終えた。

 試合後、スペイン通信社『EFE』の取材でシャビは「再びゼロから新しいキャリアが始まる」と次の目標を語った。既にアシスタントコーチとして指導者のキャリアをスタートさせているが「カタールではプレッシャーが大きくないし、色々な事を試す事が出来る」と語った。

 一方で「もちろん、私の目標」と将来的に古巣バルセロナで監督をする事を夢見る39歳のシャビは「いきなりフェラーリを乗るではなく、小さい車から始めたい」と一歩ずつ歩んでいく事を強調した。

 バルセロナ下部組織出身のシャビは1998年にプロとしてのキャリアをスタートさせる。バルセロナでは通算769試合に出場し85得点182アシストを記録し、リーグ優勝8回、チャンピオンズリーグ(CL)3度優勝など合計27個のタイトル獲得に貢献した。またスペイン代表としても133試合でプレーしワールドカップ優勝、EUROも2度制している。

 その後2015年からはアル・サッドに移籍、カタールでは85試合に出場し21年に渡るキャリアを終了した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00322458-footballc-socc
no title

中島翔哉、カタールで初のタイトル獲得。アル・ドゥハイルはシャビを擁するアル・サッドを破り、国内杯優勝!  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/17(金) 07:03:03.57 ID:B3Pb/DNM9
5/17(金) 6:26配信
中島翔哉、カタールで初のタイトル獲得。アル・ドゥハイルはシャビを擁するアル・サッドを破り、国内杯優勝!

複数の退場者を出し、最終的には10対8の戦いに

 現地時間5月16日、2022年のカタールワールドカップで使用されるサウジ・ビン・アブドラマンスタジアムのこけら落としとして、カタール国内カップの決勝が行なわれた。

 試合前に壮大なセレモニーが行なわれ、大勢の観客がこの一戦を見守った。中島翔哉を擁するアル・ドゥハイルはアル・サッドに3-1で勝利した。

  準決勝でアル・サイリヤを3-0で下し、チームとして勢いを増していたアル・ドゥハイルで中島は3トップの一角で先発する。

 先制点は、今季限りで現役引退を発表しているシャビが主将を務めるアル・サッドが奪った。守備陣がバタバタと対応しきれないなか、アクラム・アフィフに決められてしまう。

 勢いに乗ったアル・サッドのペースで試合が進んだ15分、アルモエズ・アリのアシストでアリ・ハサンがDFの裏へ抜け出して落ち着いてシュート。これがDFに当たって軌道が変わったもののネットに突き刺さり、試合を振り出しに戻した。

 五分五分の展開が続いた26分、アルモエズ・アリに2枚目のイエローカードが提示され、アル・ドゥハイルはひとり少ない状況に追い込まれる。

 中島も守備に追われる展開が続き、後半開始時にユセフ・エル・アラビと交代してピッチを去る。

 そんななか、55分に今度はエジミウソン・ジュニオールがエリア内で倒されたプレーで、アル・サッドのタリク・サルマンが一発退場。10対10での戦いとなる。

 58分、そのジュニオールがチームの2点目となるゴールを左足で蹴り込み、2-1とリードを奪う。さらに62分にはジュニオールのクロスにエル・アラビが体ごと突っ込み、3点目を奪うことに成功する。

 勢いに乗ったアル・ドゥハイルに対し、アル・サッドは後手に回る。81分にはダメ押しの4点目をジュニオールが決めて試合を決定づけた。

 試合終了前に両チームの選手がエキサイト。アル・サッドの選手がさらにふたり退場するというアクシデントが起きたが、結果、試合は4-1でアル・ドゥハイルが大勝し、国内杯優勝を決めた。

 昨冬に同クラブに加入した中島、そして指揮官のルイ・ファリアにとって、カタールで初のタイトル獲得となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190517-00058671-sdigestw-socc
no title

<シャビ>アジア杯予想、16強の「81%的中」と話題!カタールの初優勝を予言、日本は準優勝,..  

Xavi_Hernandez_(31521652051)




1: 2019/01/20(日) 08:45:24.58
バルセロナで活躍した元スペイン代表MFシャビ(アル・サッド)は、その優雅なプレーから時に味方や敵がどのように動くか、あらかじめ分かっていたのではないかと思わされることもあった。ピッチ上で、相手の動きを先読みしていた慧眼の司令塔は、現役引退後もサッカーでは何が起こるのかを分かっているのかもしれない。韓国のスポーツ総合サイト「スポータルコリア」によると、UAEで開催されているアジアカップでは、シャビの大会開幕前の予想が次々と的中しているという

 大会の開幕が近づく2018年末、カタールのニュース番組に出演したシャビは、アジアカップの大会結果を予想したという。アジアカップでは18日までに決勝トーナメント進出チームが出揃ったが、ここまでの結果とシャビの予想を照らし合わせると、驚くべき的中率を誇っていることが分かった。

 決勝トーナメント1回戦の対戦カードを見ると、「韓国vsバーレーン」「カタールvsイラク」「UAE vsキルギス」「オーストラリアvsウズベキスタン」「ヨルダンvsベトナム」「日本vsサウジアラビア」「タイvs中国」「イランvsオマーン」となっている。

 シャビは決勝トーナメント1回戦の対戦カードを、それぞれ「韓国vsオマーン」「カタールvsイラク」「UAE vsイエメン」「オーストラリアvsウズベキスタン」「シリアvsバーレーン」「日本vsサウジアラビア」「タイvs中国」「イランvsレバノン」と予想していた。日本とサウジアラビアの一戦など4カードを的中させ、シャビが予想したイエメン、シリア、レバノンの3カ国はグループリーグで姿を消したが、16強進出チームを81%の確率で当てている。

 アジアでは多くの国が力をつけており、予想を当てるのは以前ほど簡単ではない。そのなかで、高い的中率を見せているシャビは、この先のアジアカップがどのような大会になると予想しているのか。

シャビは現在プレーするカタールの初優勝を予言、森保ジャパンは準優勝

 シャビが予想した準々決勝の組み合わせは「韓国vsカタール」「UAE vsオーストラリア」「シリアvs日本」「中国vsイラン」となっている。グループリーグで1分2敗となったシリアは、B組最下位で大会を去ったため、「シリアvs日本」のカードは実現しないが、その他の3試合は実現する可能性が残っている。

 さらに準々決勝を勝ち上がる4カ国を、カタール、オーストラリア、日本、イランと予想したシャビは、決勝の対戦カードに「カタールvs日本」を選択していた。そして15年からカタールのアル・サッドでプレーしているシャビは、同国が森保ジャパンを破って悲願の初優勝を遂げると結んでいる。果たして、大会はシャビの予想どおりに新王者誕生という結末を迎えるのだろうか。

1/20(日) 8:20配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190120-00163506-soccermzw-socc&p=1

シャビがアジアカップの優勝国予想…5度目の戴冠を目指す日本代表は? 

20190102-00000008-goal-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索