Samurai Goal

アル・アイン


スポンサード リンク





アル・アイン中島翔哉がシーズン絶望の大ケガ…練習中に脛骨骨折の負傷 

スクリーンショット 2021-02-24 18.38.03




1: 2021/02/24(水) 05:53:12.08 _USER9
アル・アインに所属するMF中島翔哉が大ケガを負ったようだ。ポルトガル『OJOGO』が報じた。

中島は今冬、ポルトからUAEのアル・アインへとレンタル移籍。加入後は公式戦2試合に出場し、1アシストを記録していた。だが、22日の練習中に負傷。脛骨を骨折し、加えて靭帯も損傷する重傷を負ったと伝えられている。

この負傷により、中島のシーズン中の復帰は絶望となった模様。「今季終了までペドロ・エマニュエル監督の選択肢からは外れた」と記された。

中島はシーズン前半戦、ポルトで9試合に出場。契約を2024年まで残しているが、アル・アインへのレンタルには4000万ユーロ(約51億1000万円)の買い取りオプションも付帯する。シーズン終了後、どのような決断を下すのかにも注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/89e08fa6b941c4ec000b4fc10587a0b5af8788f4
2/24(水) 5:47配信

中島翔哉が再び中東へ、UAE強豪アル・アイン移籍が決定…塩谷司と同僚に 

1: 2021/01/17(日) 03:32:51.78 _USER9
1/17(日) 2:02
配信
SOCCER KING
中島翔哉が再び中東へ、UAE強豪アル・アイン移籍が決定…塩谷司と同僚に

 アラビアン・ガルフ・リーグ(UAE1部)のアル・アインは16日、ポルトからFW中島翔哉をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

 契約期間は今年6月30日までとなる。中島は加入に際してクラブ公式サイトを通じ、「アジアの最高のクラブの一つに所属できることを非常に嬉しく、誇りに思います」と喜び、クラブでの意気込みについては以下のようにコメントした。

「サッカーにおける成功と偉大な成果は、常にコミットメント、献身、ハードワーク、そして忠誠心、帰属意識、チームのバッジを守るための戦いの精神を示すことと関連しています。僕はいくつかのクラブでプレーしている間、豊富なチャレンジを経験しましたが、そのたびにサッカーに対する情熱があったからこそ、それを乗り越えてきました。これから、僕は大きな野心を持ったチームで新たな挑戦を始めます。チームメイトと共に目標をすべて叶え、クラブを幸せにし、誇りにすることができればと思っています」

 現在26歳の中島は、2017年夏にFC東京からポルトガルのポルティモネンセに移籍し、初年度からプリメイラ・リーガで29試合出場10ゴールの活躍を見せた。翌2018-19シーズンはリーグ戦13試合出場で5ゴールを決めていたが、シーズン途中の2019年2月にカタールのアル・ドゥハイルに移籍。だが、同年7月には強豪ポルトに2024年6月までの契約で加入し、約半年でポルトガル復帰を果たしていた。

 ポルトでは2019-20シーズンに公式戦28試合に出場して1ゴールを記録。だが、昨年3月に新型コロナウイルスの影響でリーグが中断すると、中島はチームを離脱したままシーズンを終えていた。それでも、同8月にはチーム練習に合流し、同10月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・C戦に途中出場して日本人選手21人目のCLデビューとともに約7カ月ぶりの試合復帰を果たしていた。今シーズンは公式戦9試合に出場していたが、昨年12月中旬から再びベンチ外が続いていた。

 新天地のアル・アインはUAEの1部リーグで最多13回の優勝を誇る強豪で、日本代表DF塩谷司が2017年夏から所属している。昨年10月に開幕した今シーズンはリーグ戦第12節を終えて5勝5分2敗で5位につけている。

SOCCER KING
https://news.yahoo.co.jp/articles/60f1f64850021d9fada56bcbc03ad9065b5d3030
no title

<中島翔哉(ポルト)>再び中東行きの可能性…アル・アインとアル・ナスルが新天地候補に 

スクリーンショット 2020-12-30 11.02.27




1: 2020/12/30(水) 06:57:08.31 _USER9
ポルトの中島翔哉が再び中東のクラブに移籍する可能性がある。ポルトガル『A BOLA』が伝えた。

2019年夏にカタールのアル・ドゥハイルからポルトに加入した中島。強豪での適応に苦しみながらも徐々にセルジオ・コンセイソン監督の信頼を勝ち取り始めた矢先、新型コロナウイルスによる中断を機に、チームへの合流を見送り、一時居場所を失っていた。それでも、今シーズンが始まると再び出場機会を得始めていたが、5日のトンデラ戦を最後に、直近の公式戦5試合で出番がなく、そのうち4試合ではベンチ外に。

ここまで公式戦9試合の出場にとどまる日本代表MFだが、来年1月の移籍市場を前に、再び去就に関する報道が頻繁に飛び交っている。同メディアによると、中島との契約に興味を持つのはアラブ首長国連邦のアル・アインとアル・ナスルのようだ。

元ポルトDFペドロ・エマヌエル監督が指揮を執るアル・アインは現在、国内リーグで5位につけており、また日本人DF塩谷司が所属することもあり、移籍が実現すれば中東で日本人が共演することになりそうだ。

12/30(水) 6:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/7cbf3cb1e3d86281d616a75b6642d76de1256639

元鹿島のカイオ、名門ベンフィカで窮地に。2試合連続ベンチ外、1月に放出の噂も  

20191030-00345339-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/31(木) 00:53:10.97 ID:ZDUpA6Lr9
 この夏、UAE1部のアル・アインからポルトガル1部の強豪ベンフィカへとステップアップを果たしたFWカイオが窮地に立たされている。

 ポルトガル紙『オ・ジョーゴ』によれば、元鹿島アントラーズのウィンガーは来年1月に開く冬の移籍市場での放出の可能性もあるようだ。しかし、本人は12月に父親になるということもあり、移籍するとしてもポルトガル国内に残留することを望んでいるという。

 カイオは今季の公式戦6試合に出場しているが、先発起用されたのはリーグカップとポルトガルカップで1試合ずつ、いずれも国内カップ戦の計2試合のみ。リーグ戦では3試合に途中出場したがゴールやアシストは残せていない。

 前節は招集メンバーに含まれながらベンチ外となった。しかも主力のMFラファ・シウバが負傷していた状況で、先発の座はMFフランコ・セルビに奪われ、ベンチには20歳で正式にトップチームの一員になったばかりのFWジョタが入った。同じポジションには強力なライバルたちがおり、現状は左ウィングの4番手以下の位置づけとなっている。

 30日に行われるポルトガル1部リーグ第9節のポルティモネンセ戦に向けて発表された招集メンバー20人のリストからは、ついにカイオの名前がなくなっていた。これで2試合連続のベンチ外が確定となっている。

 もちろん今後のアピールしだいではベンフィカでの出場機会が増え、残留への道も開けてくるだろう。だが、現時点でカイオにとって初めての欧州挑戦が前途多難なものになっているのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191030-00345339-footballc-socc

<ACL>アル・ドゥハイル「中島翔哉」vsアル・アイン「塩谷司」中東の”日本人対決”第1戦はドローに..  

20190409-00056917-sdigestw-000-6-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/09(火) 05:38:13.98 ID:Q5N1mejm9
お互いにゴールの起点となる活躍だったが…

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ3節、グループCのアル・ドゥハイル(カタール)は、アル・アイン(UAE)とホームで対戦し、2-2で引き分けた。

 アル・ドゥハイル所属の中島翔哉は4-5-1のトップ下で先発。アル・アイン所属の塩谷司は4-3-3の中盤左で先発し、カタールで日本人対決が実現した。入場前にはお互いに挨拶を交わす場面も見られた。

 先制点は、ホームチームが奪った。9分、中島が起点となって右サイドに展開し、エジミウソン・ジュニオールがゴールラインギリギリまでドリブルで持ち込み、マイナスの大きなクロスを左サイドに送る。ボックス左手前に落ちたボールを、カリム・ボウディアフが足で合わせダイレクトシュート。ボールはワンバウンドしてネットに突き刺さった。

 さらに31分、右サイドから攻め上がった右SBモハメド・ムサのグラウンダーのクロスに、FWユセフ・エル・アラビが足で合わせ、ホームチームは早くも2点のリードを得る。

 しかし36分、アル・アインはGKのフィードをカイオが頭でスルーし、そのボールにジャメル・マロフが追いついて、ゴール前まで運んでシュート。あっという間に1点を返した。

 そして後半開始早々、1点を追うアル・アインが攻めに出る。

 54分、塩谷からのスルーパスを受けて飛び出したマロフが、ペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。だが、カイオがこれを外してしまう。

 それでも直後の58分、右サイドから上がったマロフのクロスをGKアッダーニがキャッチしようとしてファンブル。ボールは飛び込んできたマルカス・バーグに当たり、ゴールに吸い込まれた。

 思わぬミスから2-2となった74分、中島はボックスやや左手前から抑えたミドルシュートを放つ。不意ついたシュートは枠を捉えていたが、GKの好セーブに阻まれた。

 その後もめまぐるしく攻守が入れ替わる展開となるが、お互いにフィニッシュの精度を欠き、勝ち越すことができない。

 89分、中島は交代でピッチを退く。そして後半アディショナルタイム、セットプレーからエル・アラビのドンピシャヘッドをアル・アインGKが防いだプレーで、タイムアップ。2-2の引き分けに終わっている。

 中盤で対峙した中島と塩谷は、度々マッチアップ。塩谷が中島にマンマークにつき、見応えのある攻防を繰り広げた。

 次節、ACLグループステージ4節は現地時間4月23日、今度はアル・アインのホームへアル・ドゥハイルが乗り込み、中島と塩谷が”再戦”することになる。

4/9(火) 2:28 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190409-00056917-sdigestw-socc

写真https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/56917_ext_04_0_1554741524.webp?v=1554745004

中島翔哉と塩谷司がACLでゴール! しかし結果は…  

1: 豆次郎 ★ 2019/03/13(水) 02:47:49.87 ID:NvkJWEW79
 12日にAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグC組第2節が行われた。アル・ドゥハイル(カタール)の中島翔哉と、アル・アイン(UAE)の塩谷司が、それぞれ1得点を記録している。

 白星発進を飾っているアル・ドゥハイルは、敵地でアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦し、1-3で敗れた。

 序盤から押し込まれたアル・ドゥハイルは、なかなか中島にボールが入らず、チャンスをつくることに苦しむ。すると25分、イタリア代表のジョビンコが出したパスにカルロス・エドゥアルドが抜け出してゴールネットを揺らした。その後もホームチームはジョビンコを中心に好機をつくり、追加点のチャンスをうかがう。

 しかし、後半に入ると中島が徐々にボールに絡む機会が増えた。すると75分、中島が決めた。左からのクロスがDFに跳ね返されると、いち早く反応した中島がペナルティエリアから出ようとするボールをコントロール。そのまま左足でゴールネットを同点弾を決める。

 それでも、中島のゴールは勝ち点につながらなかった。77分、アル・ヒラルはセットプレーでアルブライヒが決めて勝ち越すと、さらに2分後にはゴミスにもゴールが生まれる。

 その後はアル・ヒラルに押し込まれる時間が続き、アル・ドゥハイルは1-3で敗れた。

 アル・アインは敵地でエステグラル(イラン)と対戦し、1-1で引き分けている。

 エステグラルに先制を許したアル・アインは、終盤の85分に塩谷がセットプレーのこぼれ球を左足で決め、1-1の引き分け。アウェーゲームで勝ち点1を持ち帰っている。

C組はアル・ヒラルが2連勝で一歩リード。アル・ドゥハイルは勝ち点3で2位につけ、アル・アインとエステグラルが勝ち点1で並んでいる。

https://www.footballchannel.jp/2019/03/13/post312993/
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索