Samurai Goal

アルベルト・ザッケローニ


スポンサード リンク





ザッケローニ持論「中国サッカーは急成長しているが選手が甘やかされている」  

20191105-00010024-goal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/05(火) 22:52:33.37 ID:KuelHa3h9
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が中国サッカーについて自身の見解を示した。イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』がその言葉を伝えている。

ブラジル・ワールドカップで日本の指揮を執ったザッケローニ氏は、中国スーパーリーグ(CSL)の北京国安を経て2017年11月にアラブ首長国連邦(UAE)の指揮官に就任。アジアカップでは、開催国の指揮官としてチームを準決勝へと導くなど、アジアを舞台に活躍してきた。大会終了後に指揮官の座を退き、母国イタリアメディアで解説者としての活動を続けるザッケローニ氏は、わずか4カ月で終わった2016年の北京での体験を振り返った。

「私が北京で指揮を執っていたとき、クラブは私のスタッフを遠ざけようとしていた。無理矢理のことだったので、私はチームを去ることにした。ただ会長は約束を守り、シーズン終了まで(暫定監督を立てて)後任の監督を招へいしなかったがね」

CSLでは先日、首位を走る広州恒大の指揮官ファビオ・カンナヴァーロが「講習受講」の名目で現場から遠ざけられ、主将のMFチェン・チーが監督代理を務めることが発表されて物議を醸した。ザック氏は中国の問題点を指摘している。

「中国サッカーは急成長しているが、クラブはどこも、ほぼ同じように資金潤沢で、選手の国内市場が事実上ないようなものだ。このため選手が力を持ちすぎるようになり、(何か不満があれば)幹部に泣きつく。そして幹部も選手の意向をくみ取ろうとする傾向にあり、選手を甘やかしている」

11/5(火) 19:03配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010024-goal-socc

<ザッケローニ>「ロッカールームに日本人選手が1人いるのは常に良いことだ」  

無題




1: Egg ★ 2019/07/10(水) 00:24:48.62 ID:3twvJgUy9
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が9日、ボローニャの地元紙『レスト・デル・カルリーノ』のインタビューに応じ、日本代表DF冨安健洋について語った。

20歳の冨安は2018-19、ジュピラーリーグのシント=トロイデン(STVV)において印象的な活躍を見せたほか、日本代表でもデビューを果たすと見事レギュラーの座をつかんだ。また今夏のコパ・アメリカ2019でも奮闘する姿が全世界へと発信され、冨安獲得交渉を進めていたボローニャのテクニカルコーディネーターのヴァルテル・サバティーニ氏が、チリ代表のボローニャMFエリク・プルガルついて言及した際に、「(チリ戦で)マークしていたのは、我々の日本人選手か?」と思わず口を滑らすハプニングもみられた。

ボローニャでのメディカルチェックにパスし、クラブ間での合意も発表されている冨安。移籍の正式発表が待たれるなか、2014年ブラジル・ワールドカップで日本代表を率いた地元エミリア・ロマーニャ州出身の指揮官ザッケローニ氏が20歳DFを地元紙に紹介している。

「私が日本の指揮を執っていた頃、彼はまだ少年だったので、あまり良く知らないんだ。だが調べてみたよ。まず、なかなか素晴らしいフィジカルを持っているね。日本人選手であることを踏まえれば、結構なことだと思う。それに守備だけでなく、ビルドアップも上手くこなすことができる。日本での評価を聞くと、サウサンプトンでプレーする日本代表の主将DFヨシダ(吉田麻也)のことを思い出すよ」

日本人の存在はチームにとって良いこと

またザック氏は、ロッカールームにおいて日本人選手の存在は良い効果をもたらすと主張。「ロッカールームに日本人選手が1人いるのは常に良いことだ。規律を守るし、常に個人の利益よりもチーム共通の利益を優先させる覚悟ができているからね」と語った。

7/9(火) 20:20配信

<セリエA移籍が噂されるDF冨安健洋>ザックが太鼓判!「日本人CBが苦しむ問題をクリアしている」  

1: Egg ★ 2019/06/12(水) 20:32:16.29 ID:iDOxRSdw9
シント=トロイデンが850万ユーロを要求とも
 
かつて中田英寿がプレーしてから15年。再び日本人選手がボローニャのユニホームを纏うことになるか。日本代表DF冨安健洋の去就に大きな注目が集まっている。

イタリア紙『Corriere dello Sport』は6月12日、1ページを使って大々的に、冨安に対するボローニャの関心を報じた。
「日本では3本の指に入るCBと考えられている」と、高く評価されていると紹介。従来の日本人選手のイメージと違い、188センチと高さもあると伝えた。

同紙は、「マーケティングやグッズなど商業面でも大きなオペレーション」であるとしつつ、冨安にはブンデスリーガやプレミアリーグの複数クラブも関心を示していると強調した。

また、シント=トロイデンが850万ユーロ(約10億4000万円)を要求しており、ボローニャのオファーとは「大きな開き」があるとしたうえで、近いうちに両クラブが再び話し合う予定と伝えている。
 
さらに、Corriere dello Sport紙は、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニに取材。冨安を知らなかったというザックは、知人に情報収集したうえで、改めて同紙のインタビューに応じ、
「本当にとても興味深い選手と聞いたよ」と述べた後、自身の冨安評を語った。

「フィジカルや技術面の特徴が吉田麻也に似ている。通常、日本のDFはとても勤勉で、戦術面でも優れている反面、高さがなく、ハイボールで苦しむ。だが、彼にはその問題をクリアしている。
守備面でも、ビルドアップでも、優れているようだね。日本の選手のクオリティーは高いから、私としては驚くことじゃない。若いにもかかわらず、アジアカップでもいいパフォーマンスをして、パーソナリティーを出していたらしいね」

さらに、「唯一疑問があるとすれば、日本のDFがあまり持っていない、ずる賢さだ」と指摘しつつも、「ただ、それは主に、美しいが欧州のようなずる賢さがないJリーグでプレーする選手に当てはまる話だ」と続けた。
「ベルギーでプレーしているから、彼はピッチ内外でのDFのあり方をすでに学んだのではないか」

長友佑都がトルコに去ってから、日本人選手が不在となっているセリエA。ザッケローニが地元メディアで“太鼓判”を押した冨安が、守備の国イタリアに挑戦する日は訪れるのか。

6/12(水) 19:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00059952-sdigestw-socc

写真
no title

<元日本代表監督ザッケローニ>愛を語る「日本は人生で唯一無二、人生の中で最高の経験だった」  

1: Egg ★ 2019/04/20(土) 05:11:05.86 ID:O3D08TDO9
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が18日、ボローニャで開催されている『We Love Football』の開会式に出席した際にインタビューに応じ、
日本について語った。イタリア紙『レスト・デル・カルリーノ』が伝えている。

2010年8月から日本代表の指揮を執り、2014年ブラジル・ワールドカップへ“サムライブルー”を導いたイタリア人指揮官は、日本への思いを語っている。

「日本の文化は大好きだ。4年間を過ごしたわけだが、さもなければ4年間も耐えられなかったかもしれない。その4年間の中では、日本で史上最大の地震(2011年の東日本大震災)にも遭い、
様々なことを経験した。それでも私の人生の中で最高の経験だったと考えている。絶対的にね」

「サッカーキャリアとしても経験では、ウディネーゼが最高だったが、人生としての経験では、日本が1番だ。唯一無二であり、素晴らしい時間だった。他者への敬意や礼儀に基づいた文化は、模範とすべきだと考える」
また過去にミランやインテル、ユヴェントスなどのビッグクラブを率い、監督として素晴らしいキャリアを歩んできたザッケローニ氏だが、自身の意思と反するキャリアだったことを明かした。

「私は育成世代のサッカーが大好きだ。誰も知らないと思うが、私は半ば強引に育成世代から引き抜かれ、トップチームを指導するようになった。もはやかなり昔の話だがね」

4/19(金) 12:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00010001-ellegirl-ent&p=1

写真
no title

UAE代表の新監督はオランダ人指導者ファン・マルバイク…ザッケローニの後任が確定  

GettyImages-451165650-e1548744450974




1: 久太郎 ★ 2019/03/21(木) 12:14:13.19 ID:nU/prRG79
元日本代表監督アルベルト・ザッケローニが率いていたUAE代表監督のポストに、オランダ人指導者ベルト・ファン・マルバイクが就任することになった。

UAEのサッカー連盟が公式メディアを通してファン・マルバイクの招へいが決まったことを発表している。

1952年生まれ、現在66歳の同監督はかつてフェイエノールト時代に小野伸二を指導したことでも知られ、その後はドルトムント、オランダ代表、ハンブルガーSV、サウジアラビア代表、オーストラリア代表などの指揮官を歴任。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、母国オランダを準優勝に導いた。

前任のザッケローニはUAEを2017年から率いていたが、先のアジアカップ2019では自国開催ながら準決勝でカタールに敗れ、ベスト4止まりとなっていた。

UAE代表は21日にサウジアラビアと、26日にシリアと対戦することになっていた。この2試合については前ザッケローニ体制でスタッフを務めたサレム・アブドゥルラフマン氏が指揮を務める予定。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00010005-goal-socc

UAEザッケローニ監督、地元メディアとの“関係性”指摘 「私は優秀な監督ではない」 

20190127-00165978-soccermzw-000-1-view

ザック率いる開催国UAEが首位通過、チャナティップ擁するタイも2位で決勝Tへ 

Zaccheroni




1: 2019/01/15(火) 04:47:16.73
1/15(火) 4:42配信
ザック率いる開催国UAEが首位通過、チャナティップ擁するタイも2位で決勝Tへ

 アジアカップは14日、グループAの最終節を行い、アルベルト・ザッケローニ監督率いる開催国のUAE代表が首位通過を決めた。

 タイ代表と対戦したUAEは前半7分に先制したが、タイも前半41分、MFチャナティップが最終ラインの背後を狙った浮き球のパスを入れると、ゴール前のこぼれ球を最後はMFティティパン・プアンチャンが押し込み、同点に追いついた。

 試合はそのまま1-1の引き分けに終わり、UAEは1勝2分の勝ち点5、タイは1勝1分1敗の勝ち点4とした。同時刻キックオフのもう1試合では2位につけていたインド代表が最下位のバーレーン代表に0-1で敗戦。バーレーンが勝ち点4に伸ばし、勝ち点3のインドを逆転した。

 この結果、勝ち点5のUAEが首位通過。タイとバーレーンが勝ち点4で並んだが、直接対決で勝っているタイが2位通過を決めた。3位のバーレーンも勝ち点4のため、全6グループの3位チームの中で成績上位4チームに入ることが確定。決勝トーナメント進出を決めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-18434737-gekisaka-socc

アジアカップ開幕!ザッケローニ監督率いるUAE代表はハリルのPK弾で初戦ドロー!  

Zaccheroni




1: 2019/01/06(日) 07:42:45.25 _USER9
【スコア】

バーレーン1-1アラブ首長国連邦

【得点者】
78分 0-1 モハメド・マルズーク・アル=ロマイヒ(バーレーン)
87分 1-1 アーメド・カリル(UAE)

http://www.the-afc.com/asiancup/news/group-a-uae-1-1-bahrain

アジアカップ2019は5日に開幕した。開催国のUAE代表とバーレーン代表が開幕戦を行い、1-1のドローで終えた。

 大会ファーストゴールはバーレーン。後半33分、右サイドからのクロスをFWモハメド・アル・ロマイヒが頭で合わせるが、相手DFにブロックされる。しかし再びロマイヒが左足で押し込んで、クロスバーに当たりながらゴール。バーレーンが先制に成功する。

 追い込まれたUAEを率いるのは、元日本代表指揮官でもあるアルベルト・ザッケローニ監督。先制を許したUAEは後半36分にFWアフメド・ハリルを投入する。すると、この采配が的中。同43分にPKを獲得すると、ハリルが豪快に決め切り、1-1の同点となった。

 試合はそのまま1-1で終了となり、痛み分けのドローとなった。UAEは10日にインド代表と、バーレーンは同日にタイ代表と対戦する。日本代表は9日にトルクメニスタン代表との初戦を迎える。

1/6(日) 6:43配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-15635077-gekisaka-socc

<元日本代表ザッケローニ監督>「アジアは大きく進歩した」「フィットネス面や戦術面で大きな進歩」 

1: 2019/01/05(土) 09:27:59.57 _USER9
現地時間5日、いよいよアジアカップが開幕を迎える。大会初日にはホスト国でもあるUAE代表がバーレーン代表と対戦する。

UAEを率いるのは、かつて日本代表の監督としてブラジルワールドカップにも挑んだアルベルト・ザッケローニ。
65歳になったイタリア人指揮官は、4日に行われた記者会見で「我々は皆、この大会で卓越したパフォーマンスを発揮するのを待っている。
準備は非常に良くできている。上層部も最大限のサポートをしてくれた」と初戦に向けた手応えを語った。

今大会はザッケローニ監督のみならず、実績豊富な外国人監督の姿が目立つ。
韓国代表のパウロ・ベント監督は、中国代表のマルチェロ・リッピ監督、フィリピン代表のスベン=ゴラン・エリクソン監督、
ウズベキスタン代表のエクトル・クーペル監督など欧米で名の通った指導者も多い。

他にもスペイン人やイングランド人、ベルギー人など多様な国籍の指揮官がいる中で、ザッケローニ監督は
「アジアカップ優勝」という他にはない貴重な経験を持っている。8年前、日本代表を率いて大陸の頂点に立った。

ただ、「私は日本代表の監督としてこのタイトルを獲得したが、それはもうかなり前のことになる」と語るザッケローニ監督は、
「アジアカップで私が日本代表を率いていた頃に比べ、アジアのチームのパフォーマンスは大きく変わった」と久々に戻ってきた舞台が8年前とは別物になると感じているようだ。

「昨年のワールドカップを見ても分かる通り、アジアのチームにはフィットネス面や戦術面で大きな進歩が見られた。
このアジアカップでも、そのことをさらに裏付ける証拠が見られると私は確信している」

確かに2018年のロシアワールドカップでは決勝トーナメント1回戦で日本代表がベルギーに肉薄し、グループリーグでは韓国がドイツを破った。
イランもポルトガルと引き分け、スペインにも食い下がるなど善戦した。

そういった各国の「進歩」を目の当たりにし、アジアのレベルの向上をザッケローニ監督はひしひしと感じている。
アジアカップは出場国数が16から24に増えて大会全体のレベルの低下も叫ばれているが、65歳のイタリア人指揮官は
「多くの試合が非常に拮抗したものとなり、勝つか負けるかの差は細部のちょっとしたところにまで及ぶだろう」と予測した。

前回大会は準々決勝で日本を破ってベスト4に進出したUAEは、今大会のホスト国としてのプレッシャーも背負って戦う。
「私は1年と少しこの仕事に携わってきたが、その目標はアジアカップを制することだ」とザッケローニ監督は自信をのぞかせる。
他のチームも確かな成長を遂げる中、最重要ミッションを成し遂げることはできるだろうか。

1/5(土) 9:15配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00303589-footballc-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索