Samurai Goal

アリゴ・サッキ


スポンサード リンク





<仏誌、史上最高の監督ランキングを発表!> ペップ&モウリーニョは何位? ファーガソンを抑えたNO.1は…  

gettyimages-1923670-612x612




1: Egg ★ 2019/03/22(金) 15:45:23.59 ID:QAQruPXR9
監督ランキングのトップはミケルスに(C)Getty/Goal
バロンドールを主催している『フランス・フットボール』が、サッカー史上最高の監督ランキングを発表した。

ハメスの彼女がセクシーすぎる…!世界トップ選手を支えるパートナーたち【52枚】

『フランス・フットボール』は、クラブや代表での記録、その人物の個性や指揮を執る中で残した遺産、キャリアの期間やインパクトなどを基準に、過去の指導者たちをランク付けした。

第1位に選ばれたのは、リヌス・ミケルス(77歳没)。現役時代にアヤックスでプレーしたオランダ人は、指導者として同クラブでチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)を制したほか、バルセロナではリーガ・エスパニョーラ優勝を経験。そして、1988年にはオランダ代表をEURO制覇に導いた。

『フランス・フットボール』は、“トータル・フットボール”と称される組織的な戦術を落とし込んだミケルスが、1960年代半ばからフットボールに革命をもたらしたことを評価。ミケルスの存在があり、美しいアタッキング・フットボールがその後のヨハン・クライフ、ジョゼップ・グアルディオラの標榜するスタイルにつながっていったことを強調した。

2位となったのは、1986年からマンチェスター・ユナイテッドを27年にわたって指揮したアレックス・ファーガソン氏。マンチェスター・Uを常勝軍団に押し上げた同氏は、同クラブに13度のプレミアリーグ制覇や2度のチャンピオンズリーグ優勝など、数々のタイトルをもたらした。

3位は、“ゾーンプレス”の始祖と呼ばれ、1988-89シーズンからミランを2年連続の欧州王者に導いたアリゴ・サッキ氏。4位にはヨハン・クライフ氏が続き、ジョゼップ・グアルディオラ監督が現役で最高位の5位となっている。

そのほか、近年で活躍している主な指導者では、カルロ・アンチェロッティ氏が8位に入った。現在フリーのジョゼ・モウリーニョ氏が13位、先日に監督業から退いたルイ・ファン・ハール氏は18位となっている。レアル・マドリーに復帰したジネディーヌ・ジダン監督は22位。ユルゲン・クロップ監督は27位に位置している。

『フランス・フットボール』が発表した“史上最高の監督”、TOP10は以下のとおり。

【1位】リヌス・ミケルス
【2位】アレックス・ファーガソン
【3位】アリゴ・サッキ
【4位】ヨハン・クライフ
【5位】ジョゼップ・グアルディオラ
【6位】ヴァレリー・ロバノフスキー
【7位】エレニオ・エレーラ
【8位】カルロ・アンチェロッティ
【9位】エルンスト・ハッペル
【10位】ビル・シャンクリー

3/22(金) 11:47配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00010009-goal-socc

ACミランやイタリア代表監督を務めたアリゴ・サッキ氏、イタリアのU-20世代は「黒人選手が多すぎる」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 13:54:45.10 ID:???*.net
イタリア・セリエAのACミランやイタリア代表監督を務めた経歴を持つアリゴ・サッキ氏が16日、
国内のユースチームには「黒人選手や外国人選手が多すぎる」という見解を示した。

1989年と1990年にACミランでヨーロッパチャンピオンズカップ(European Cup、現在は欧州チャンピオンズリーグ
(UEFA Champions League))連覇を果たし、改革者としてその名をとどろかせたサッキ氏は、
16日夜に伊モンテカティーニ・テルメで行われた式典に出席した。

伊ガゼッタ・デロ・スポルト紙によると、68歳のサッキ氏は式典の席で、
イタリアサッカー界のユースチームには母国出身以外の選手が多いと力説したと伝えている。

U-21イタリア代表チームでディレクターを務めたこともあるサッキ氏は、
「今のイタリアには尊厳もプライドもない。なぜなら、20歳以下のリーグでプレーしているほとんどの選手が外国人であり、若手選手の多くは黒人だからだ」と語った。

サッキ氏は、スリナム系オランダ人のフランク・ライカールト氏のような選手と契約した経験があることから、自身は人種差別主義者ではないと主張している。
しかしサッキ氏は、イタリアの国際ユース大会として有名なヴィアレッジョ・カップを引き合いに出し、同国のユースチームには「有色人種が多すぎる」と断言した。

「私は決して人種差別主義者ではない。それは、指揮官としてライカールトのような選手を指導した経歴が実証している」
「しかし、ヴィアレッジョ・カップのような大会を見てみたまえ。黒人選手が多すぎる状態であり、それはU-20も同じだ」

2月17日(火)11時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000019-jij_afp-socc

アリゴ・サッキ氏 左
no title


フランク・ライカールト氏
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索