Samurai Goal

アリエン・ロッベン


スポンサード リンク





<オランダ名物記者>ロッベンの新天地有力候補に“Jリーグ”をチョイス!「Jリーグは上質な競争の場」  

GettyImages-917203664.0.0




1: 2018/12/05(水) 06:02:33.64 _USER9
🌑マンC、トロント、そしてフローニンヘンとともに
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51109_ext_04_0_1543953619.webp?v=1543954230

名手アリエン・ロッベンは日本へやって来るのか。俄然、注目度が高まっている。

 元オランダ代表のカリスマは先週土曜日、今シーズンいっぱい(2019年6月末)で満了となるバイエルン・ミュンヘンとの現行契約を更新しないと発表。およそ10年間に渡ってともにトップシーンを駆け抜けた超名門に、別れを告げる決断を下した。2018-19シーズンはここまで怪我などで欠場するケースはあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストと相変わらずの貢献ぶりを示している。

 ロッベン自身は現役続行か、あるいは引退するかを明言していない。「現時点ではさまざまなオプションがある、としか言えない。もし現役を続けるならばそれは僕自身が100パーセントやれると確信した時だけだ」とコメントし、「もちろん家族の意見を尊重する。僕だけでなく妻や子どもたちも楽しめるものにならなければならない」と付け加えた。

 はたして34歳となった稀代のドリブラーはどんな決断を下すのか。メディアを中心にさまざまな情報や憶測が錯綜しているが、これまで何度もロッベンを取材している名物記者が踏み込んだコラムを掲載した。オランダ全国紙『Volkskrant』のヴィレム・ヴィセルズ記者だ。

 敏腕はこう綴っている。

「ロッベンにとってフットボールは情熱だ。そして彼は完璧主義者であり、練習の鬼だ。輝かしいキャリアのなかにあっても常にそのスタンスを崩さず、哲学を貫いてきた。だからこそ今回、彼は悩んだ末にバイエルン退団を決めたのである。通常よりうんと早い秋に公表するのだから、実にロッベンらしいと言えるだろう」

 ラジオ局のインタビューで選手本人が明らかにしたように、ヴィセルズ記者も中国や中東のクラブでの現役続行は現実的ではないと断じる。

「中国やカタールのような国でプレーすることを彼は良しとしないだろう。そこには確かなクオリティーがなく、野心もない。ましてや家族の生活を重視するロッベンにしてみれば、大きな魅力とはなり得ないはずだ。もともとカネで動く選手ではない。いつだってフットボールを心底楽しみたいと、そう欲している選手なのだから」

つづく

12/5(水) 5:10 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51109

ロッベン「中国・中東には行かない」Jリーグ参戦の可能性は?「家族も楽しめなくちゃいけない」 

GettyImages-917203664.0.0




1: 2018/12/04(火) 05:55:49.01 _USER9
ついに名手が、慣れ親しんだ赤いキットに別れを告げる。

 日曜日、元オランダ代表のMFアリエン・ロッベンが声明を出し、今シーズンいっぱいでバイエルン・ミュンヘンを退団すると発表した。34歳のウインガーとドイツ王者の現行契約は2019年6月末まで。延長交渉は行なわれず、そのままフリートランスファーとなるようだ。

 2009年夏に鳴り物りでバイエルンに入団。この9年間で掴んだタイトルは合計13個で、ブンデスリーガが7度、DFBポカール(ドイツカップ)が4度、そしてチャンピオンズ・リーグとクラブワールドカップがそれぞれ一度ずつと輝かしい。今シーズンはここまで膝の怪我などでベンチ外となるケースがあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストとしっかり存在を示している。

 来夏以降の身の振り方はまったくの未定としており、現役続行か引退かも明確にはされていない。そこで、母国オランダのスポーツラジオ局『NOS Langs de Lijn』がロッベン本人を直撃し、その胸中に迫った。

 なにを置いても、バイエルンを離れるという決断そのものが痛みを伴ったという。

「本当に難しい選択だったよ。僕のキャリアのなかで一番だったといっても過言ではない。いろんな出来事が走馬灯のように蘇ってね。でももう決めたことさ。残る時間を大切に過ごしたいと思う。先のことかい? 正直に言うよ。プレーを続けるか、引退するか、あらゆるオプションがある。それが事実なんだ」

 現役を続ける条件として挙げたのは、“家族の同意”だ。「もし現役を続けるなら100パーセントの確信がなければやらない。ベストを尽くせるか、楽しくやれるかも大事だ」と話したうえで、「それは家族も同じ。妻と子どもたちも楽しめる生活じゃなくちゃいけない。家族はいつもひとつだからね」と説明した。

 これはドイツやオランダをはじめとした西欧諸国ではなく、アメリカやアジアという地での新たな生活を意味しているのか。インタビュアーが兼ねてから噂されている中国スーパーリーグからの誘いについて問うと、ロッベンはあっさりとこれを否定した。

「まだなにも決めてはいないけれども、中国あるいは中東のクラブでプレーするというオプションは存在しない。とにかくいまはオープンに物事を考えているよ。いくつかのオファーがあるのは確かだ。よく吟味して、ゆっくり決めたい。といってもあまり時間はないんだけどね」

つづく

12/4(火) 5:08 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181204-00010000-sdigestw-socc

今季でバイエルン退団のロッベン、米メディアが新天地にJリーグ予想 「ホットな行き先」 

GettyImages-917203664.0.0




1: 2018/12/03(月) 18:15:14.72 _USER9
2009年から9年間で公式戦143得点101アシストを挙げた快足ウインガーの去就に世界注目

 元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが現地時間2日、今季限りでバイエルンを退団すると発表した。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」はロッベンの去就について、スター選手が集う日本のJリーグも候補になるのではと言及している。

 ロッベンは2009年にレアル・マドリードからドイツの名門へ移籍。ドイツ公共放送「DWスポーツ」によれば、9シーズンのプレーで公式戦305試合143得点101アシストという成績を残した。

 右サイドから中央へカットインしてシュートを放つ一撃必殺は34歳となった今も健在。今季もここまで14試合で5得点1アシストを記録している。

 ロッベンは現役引退の意向はないとしているため、来季以降の去就には注目が集まる。記事では、将来のことはまだ不透明であるとしたうえで、新天地予想で日本のJリーグの名前も飛び出している。

「今季の彼の好調ぶりから考えれば(アメリカの)MLSや、アンドレス・イニエスタやルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが移籍してホットな行き先となっている日本でキャリアを続けるということが思い浮かぶ。しかし、彼の負傷履歴を考えれば、スパイクを脱ぐという可能性があるかもしれない」

 現役引退も含め、海を渡った海外でプレーを続ける可能性など多くの選択肢があるのではと言及されている。スター選手加入が相次ぐJリーグへの参戦という期待も高まるが、オランダが誇るドリブラーはどのような道を選ぶのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00151894-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索