Samurai Goal

アリエン・ロッベン


スポンサード リンク





元オランダ代表のアリエン・ロッベン、U-8の指導者に   

20191118-00348580-footballc-000-1-view[1]




1: ニーニーφ ★ 2019/11/18(月) 10:17:33.40 ID:yBc7vhdJ9
17日付けの独紙『ビルト・アム・ゾンターク』は昨季限りで現役を引退した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン氏の現在を報じている。

 16歳でプロデビューを飾ったロッベン氏はレアル・マドリーやバイエルン・ミュンヘンなどでプレーし、昨季終了後に現役を引退した。
そんなロッベン氏は現在アマチュアクラブで監督としてサッカーを教えていると同紙が伝えている。

「子どもたちと楽しんでいる」と話すロッベン氏は息子のカイくんが所属するTSVグリュンバルトというクラブでU-8を指導しているようだ。

「今は意識的に高いレベルでの指導と距離を取っている」と話すロッベン氏は
「自分の息子を教えたいし、単純に子どもたちとサッカーを楽しみたい」と少年サッカーでの指導をする理由を語る。

 ロッベン氏はオランダ代表としても輝かしい実績を持っている。
デビュー戦は2003年4月3日のポルトガル代表との親善試合で、ワールドカップには3大会、欧州選手権にも2度出場するなど代表通算96試合に出場し37得点30アシストを記録した。

 そんな素晴らしいキャリアを持つ35歳のレフティーはしばらくの間、アマチュアサッカーで“第2のロッベン”育成に従事するようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191118-00348580-footballc-socc

札幌誇りのルヴァン杯準優勝!!今夏、元オランダ代表アリエン・ロッベン氏(35)に本気でオファー  

1: あっあっ豚汁うどん ★ 2019/10/27(日) 12:46:02.96 ID:M1K5gbin9
コンサドーレ誇りの準優勝!! 今夏ロッベンにオファー
10/27(日) 6:30配信
道新スポーツ

no title

必ずここに戻ってくる…。準優勝チームに贈られるメダルを首からかけ、会場を引き揚げる札幌のイレブン(撮影・富田茂樹)

ルヴァン杯決勝 札幌3-3(PK5-4)川崎


 札幌、準優勝! 北海道コンサドーレ札幌は26日、埼玉スタジアムで川崎とルヴァン杯決勝を戦った。
1-2の後半ロスタイム5分にMF深井一希(24)のゴールで同点に追いつき、試合は延長戦に。延長前半9分にDF福森晃斗(26)が直接FKを決めて勝ち越したが、同後半4分、川崎FW小林悠(32)にゴールを奪われた。延長戦でも決着はつかず。PK戦の末、惜しくも敗れた。悔しさを糧にし、札幌は前進し続ける。

 あと一歩、カップに手は届かなかった。激闘の末に敗れた札幌を、両サポーターが総立ちでたたえた。下を向く必要はない。札幌は強かった。

 劇的弾の応酬は、死闘と呼ぶにふさわしかった。前半10分にFW菅の豪快ボレーで先制したが、同ロスタイムにCKから失点。
後半43分に川崎・小林のゴールで勝ち越しを許せば、同ロスタイム、深井がCKを頭で沈めて、命をつないだ。
延長戦、福森がFKを直接突き刺させば、川崎も小林が意地の同点弾。PK戦は5人目でも決着がつかず、6人目のDF進藤が川崎GK新井に阻まれたところで、ようやく雌雄が決した。

 挑む札幌。迎え撃つ川崎。ともに初優勝を懸けて戦ったが、札幌は挑戦者だった。過去、Jリーグ・カップ戦24度の対戦で勝利はたった1度。
わずか4%の勝率が決勝戦の構図を物語る。だが王者・川崎を、土俵際まで追い込んだ。ペトロビッチ監督は「彼らの頑張りをとても誇りに思う」と晴れやかだった。

 かつてエレベータークラブとやゆされた最北端のチームは、めざましい変貌を遂げた。
13年の野々村芳和社長(47)就任時、約3億円だった強化費は、今季18億で約6倍にまで増加。
チームづくりの根幹といえる選手を何より大切にし、資金を注いだ。
歩みを止めないクラブは今夏、バイエルン・ミュンヘンを退団した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン氏(35)の獲得に本気で乗り出した。
野々村社長、三上大勝GM(48)が極秘裏に渡欧し、直接オファーしていた。
引退の決断により獲得はかなわなかったが、世界トップレベルのスター選手とも交渉テーブルにつけるレベルまで、クラブは一気に駆け上がった。

 大観衆を熱狂させたビッグゲームで、得難い経験を手にした。「必ずここに戻ってくる」。札幌には新たな合言葉が出来た。
この誇り高き1敗を、強き伝統への礎とする。 (石栗賢)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00010000-dospo-socc

【真相究明】なぜロッベンのカットインは止められないのか?… 元チームメート・宇佐美貴史に聞く!  

1: Egg ★ 2019/07/13(土) 22:11:04.30 ID:FZJei9ul9
毎年、この時期になると世界のサッカー界から、名プレーヤー引退のニュースが飛び込んでくる。今年特にショックだったのは、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の現役引退。昨年12月には10年間在籍したバイエルンからの退団を発表し、Jリーグへの加入もうわさされていたが…。バイエルンでのラストゲームでも盟友・リベリーとともにゴールも決めた35歳での引退には「まだやれるやん…」と残念な思いを抱いたファンも多いと思う。

 私もその一人で、担当するガンバ大阪関係者(と言っても広報担当の方だが)に「神戸がイニエスタ取ったんやから、ガンバもロッベン取ってくださいよ」とお願いしたりもしていた。そんなロッベンの引退に際し、彼との思い出話を聞きたくて、かつてバイエルンに所属し、今夏G大阪に復帰した宇佐美に話を聞いた。11―12年シーズンのバイエルン在籍時、チームメートとして接したレフティーについて「努力を結果に変えられる姿勢は、1年だけですけど近くで見られて本当によかった。やっぱり印象に残っているのはカットインから左足のシュート。もちろんそれだけじゃないですけど、主にあの一本をあそこまで研ぎ澄ませた。すごいし、あの形のみで世界を渡り歩いた。あそこのゾーンでは本当に強かった」と当時の衝撃を語ってくれた。

 当時、宇佐美はロッベンと紅白戦などで幾度となくマッチアップしたという。そこでずっと疑問に思っていたことを聞いてみた。ロッベンと言えば、右サイドから中に仕掛けて、左足でシュート。言い方は悪いが、ほぼこのワンパターンだ。確かに速いし、うまい。でも、なぜあそこまで止められなかったのか。

 「止められないです。何回も対戦しましたけど、分かっていてもやっぱり(足が)出えへんし、止められなかった。カットインしてシュートだとわかっているんですけど、今回だけは縦なんじゃないかって思ったりもするし…」。爆発的なスピード、急停止、細かいタッチ…それに加えて、ロッベンの場合は他の選手よりも縦への恐怖感が強かったという。

 「中を警戒しすぎたら、もちろん縦にもいかれる。すごいのは、縦に突破しても(利き足と逆の)右足でシュート、じゃないんですよ。左足なんですよ。縦に突破したら、普通おれみたいに右利きなら、(左サイドで)縦に行けば左で打つじゃないですか。あの人は縦に突破しても、突破しきれているから、左に持ち替えて打てるんですよね。そういうのも見ているから、縦のほうが怖いって。で、結局中にいかれるっていう」

 左利きの選手が右サイドでプレーする場合、縦に突破すればシュートは精度は落ちる右足で、となる場面は多い。しかしロッベンはその一瞬のキレで完全に相手を抜き去ることで、左足に持ち替えてシュートを打つ時間を作り出していたという。これが『中はこわい→でも縦はもっと怖い→結局中でやられる』という無限ループの正体だった。

 そんなロッベンの引退に、宇佐美も少し寂しそうだった。「ストイックでしたね。練習はめちゃくちゃやる。性格は一匹狼がゆえに、勘違いされやすいタイプに見えました。でもしゃべったら、めちゃめちゃいい人やった。まだやるかなと思ってましたけど。最後、バイエルンでリベリーと2人で点を取って。ロッベンらしいな、と言えるほど仲良くはないですけど、あのまま引退って、きれいすぎる終わり方やなと」。確かに10年間在籍したクラブで、トップクラスのパフォーマンスを維持したまま引退したロッベンの最後は美しかった。しかし日本のいちファンとして、あのカットインをJリーグで見てみたかった。(G大阪担当・金川誉)

7/13(土) 18:07配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000151-sph-socc

写真
no title

ロッベンが現役引退 元オランダ代表アタッカー  

20190705-00000001-kyodonews-000-2-view[1]




1: 幻の右 ★ 2019/07/05(金) 01:54:46.28 ID:c9eCdzkK9
【ベルリン共同】サッカーの元オランダ代表で、2018~19年シーズン限りでバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)を退団したアリエン・ロッベン(35)が現役引退を発表した。4日にドイツの専門誌キッカー(電子版)などが報じた。

 ロッベンはドリブル突破が得意なアタッカーで、チェルシー(イングランド)やレアル・マドリード(スペイン)でもプレー。Bミュンヘンでは12~13年シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇など多くのタイトル獲得に貢献した。

 オランダ代表では10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で準優勝し、14年ブラジル大会は3位となった。

7/5(金) 1:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000001-kyodonews-socc

ロッベン、新天地は日本を含む4択!母国メディアで初めてJリーグ参戦の可能性を示唆 

20190530-00010027-goal-000-2-view[1]

さらばリベリ&ロッベン バイエルンに涙の別れ、7連覇を置き土産に退団  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/19(日) 11:13:45.52 ID:SA+LEmo/9
5/19(日) 10:52配信
リベリとロッベンがバイエルンに涙の別れ、7連覇を置き土産に退団

【AFP=時事】18-19ドイツ・ブンデスリーガ1部は18日、第34節の試合が行われ、リーグ7連覇を達成したバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)では、今季限りで退団するフランク・リベリ(Franck Ribery)とアリエン・ロッベン(Arjen Robben)の最後のプレーに、チームメートが涙した。

 バイエルンにそれぞれ12年と10年所属し、今季限りでの退団が発表されているリベリとロッベンは、試合前には観客の大歓声を浴びて涙をこらえているようにも見えた。

 それでもバイエルンでの最後のリーグ戦となるフランクフルト(Eintracht Frankfurt)戦が始まると、両者は交代出場からどちらもゴールを決め、チームもボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)とのリーグ前半戦の勝ち点9差を覆し、逆転優勝を飾った。

 ロッベンはスカイ・ドイツ(Sky Germany)に対して「こういう試合が終わった後だから、いろいろな感情が体中を駆け巡っている」「言葉にはならない。ただ味わうしかないよ」とコメントした。

 リベリは「一番重要なのは、自分たちがきょう優勝したことだ。この特別な瞬間のために、僕の家族も総出でフランスからやって来ていた」と話している。

 エースのロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)は「きょうはただ勝つだけでは足りないとみんな思っていた。ドイツの覇者が誰かを示す必要があった」「フランクとアリエンのためにも優勝したかった。開始前に2人の家族が目に入ったときには泣きそうになった」とコメントした。

 トーマス・ミュラー(Thomas Mueller)は「二人にとって夢のような結果になった。今年はストレスがたまったし、いらいらすることもすごく多かったから、これ以上は望めない」と話した。

 リベリが12年にわたって慕ってきたウリ・ヘーネス(Uli Hoeness)会長も、リベリの4点目のゴールが決まると客席で涙を見せた。会長は「交代出場の時点で感極まっていたのに、あの素晴らしいゴールで涙をこらえきれなくなった」「先発じゃないのが分かって、ここ数日はすごく悲しそうにしていたからね」とコメントした。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000008-jij_afp-socc
no title

<ロッペン>バイエルンでのラストマッチが迫る!今後に言及「強いて言えば中国はない」  

1: Egg ★ 2019/05/14(火) 09:16:03.18 ID:GPB8LnBF9
今シーズン終了後にバイエルン・ミュンヘン退団が決定している元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは、去就に関する決断はまだ下していないようだ。ドイツ誌『キッカー』のインタビューで明かしている。

ロッベンは先月末の第31節ニュルンベルク戦で負傷明け初のメンバー入りを果たすと、続く第32節ハノーファー戦、第33節RBライプツィヒ戦ではそれぞれ終盤に途中出場。バイエルンでの10シーズン目は5カ月間の長期離脱を強いられ、「最も美しい1年だったとは言い難い」と振り返るも、18日の最終節フランクフルト戦、25日のRBライプツィヒとのDFBポカール決勝に向けて「ポジティブな形で終えたい」と強調した。

そんなロッベンだが、離脱中の思いについて「時には絶望に陥ったが、それは普通のこと。それでも前を向いていなければならない。2~3回はメンバー復帰のドアの前に立ったけど、開くことがなく、3~4回は階段を転がり落ちてしまった」と表現。「自身の運命を重く受け止め過ぎてはいけない。スタジアムの7万人の誰もがそれぞれ何らかの悩みを抱えている。(元同僚のイケル)カシージャスのような例もある。心臓発作と比べたら足のケガなんて大したことはない」とも話している。

一方で、ロッベンは今後のキャリアに関しては現役を続ける方向に傾いているようだ。「まだサッカーを最高に楽しめているし、身体が通常の状態であれば、フィットネス状態も本当に良いと言える。フィットネステストでそれが証明されたんだ」と明かしつつ、「本来はもっとプレーを続けたい。ただ、大事なのはもう一度重傷や複数の負傷で5カ月間の離脱を経験したくないこと。そうすると楽しむことができなくなるからね」と述べ、「僕は自分の体を知り、何が必要なのか理解している。フィジカル面における力、スタミナ、基礎的なフィットネスはある。まだ4~5年間はプレーできる。そういった感覚は得ている。だが、負傷となれば話が変わる」と続けた。

また今後について、余裕を持ってプレーできる環境は選びたくないようだ。「自分はそういうキャラクターではないし、だからこそそれが少しばかりのジレンマになっているんだ。常に最高の目標、タイトルを目指してプレーしてきた。6位や8位につけるようなチームでどれほどやれるのか正直わからない」と移籍先選びに悩まされているようだ。それでも「たくさんの選択肢がある。ヨーロッパから、そしてヨーロッパ以外からもね」と欧州外に新天地を求める可能性をほのめかした。

『キッカー』のインタビューでは過去にはアメリカ行きを示唆したことについて問われると、「そうだったね。ありかもしれない。強いて言えば中国はないかな」と返答。「すべてにおいてプラスとマイナスの面があるからね。最終的には確信しての決断ではなければいけない」と慎重な構えを覗かせている。

古巣のフローニンゲンやPSV、MLS(メジャーリーグサッカー)やFC東京といったJリーグクラブからのラブコールが報じられてきたロッベン。今年1月に35歳の誕生日を迎えた右ウィングだが、来シーズンは独自のリズムで右サイドから切り込み左足でファーサイドにシュートを沈めるプレーはどのリーグで見せてくれるのだろうか。

5/14(火) 6:05配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00010001-goal-socc

写真
no title

リベリ、バイエルン退団がついに正式発表…12年を過ごしロッベンとともに別れ  

20190505-00010029-goal-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/05/05(日) 19:30:13.49 ID:2BAWlENr9
2020年に引退試合も
バイエルン・ミュンヘンが5日、フランク・リベリが今シーズン限りで退団することを発表した。

2007年からバイエルンでプレーするリベリは、ブンデスリーガ8度の制覇に加え、チャンピオンズリーグ優勝にも貢献。クラブの黄金期を支えた。4月で36歳となったリベリは、今季限りでの契約となっており、かねてより退団が濃厚と伝えられてきたが、ついに正式発表に至っている。

今回の発表に際して、リベリは「バイエルンへ来て、夢がかなった。別れは簡単なものではない。だが、ここでともに勝ち取ったものは決して忘れない。20タイトル以上を手にできた」とコメント。次なる新天地にはカタールのアル・サッドやトルコのガラタサライが噂されている。

なお、ともに一時代を築いたアリエン・ロッベンはすでに退団を発表済み。2人についてカール・ハインツ・ルンメニゲCEOは「彼らは素晴らしい選手だ。バイエルンは2人にとても感謝しているし、素晴らしく、感動的な別れを準備するつもりだ。彼らはバイエルンの成功に溢れた10年間を助けてくれた」と感謝の言葉を述べている。

また、バイエルンはこのレジェンド2人について、2020年に大規模な引退試合を行うことも明らかにしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00010029-goal-socc

ロッベンの次なる行き先はどこ? MLSか中国かインテルか、それとも日本? 

20190426-00010016-goal-000-6-view[2]

ロッベンのJリーグ参戦報道にスペイン紙も注目!「日本での新たな挑戦を見据えている」   

20190424-00184746-soccermzw-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/24(水) 06:08:10.71 ID:3c1ZArz59
バイエルン・ミュンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは今季限りでの退団を表明しているが、海外メディアでは数多くの新天地のなかでFC東京も候補に含まれていることが報じられている。スペイン紙も「ロッベンは日本での新たな挑戦を見据えている」とJリーグ参戦の可能性を取り上げている。

 これまでチェルシーやレアル・マドリードなど世界屈指のビッグクラブでプレーしてきたロッベンは、2009年にバイエルンへ加入。リベリーと両ウイングから仕掛ける攻撃がチームの軸となり、“ロベリー”のコンビ名で世界でも人気を博した。在籍10年目を迎え、バイエルンはロッベンにとって最も所属歴の長いクラブとなったが、契約満了となる今季限りで退団となる。

 今季終了後にメジャーリーグサッカー(MLS)への移籍が有力であると報じられてきたが、ここにきてFC東京入りの可能性が急浮上しているようだ。伊メディア「カルチョ・メルカート」によると、ロッベンに対しMLSに加えて中国や中東、古巣のPSVや強豪インテルが関心を示しているとのことだが、日本からはFC東京がオファーを提示したと伝えている。

 さらに、スペイン紙「AS」は「ロッベンはMLSを通過して日本での新たな挑戦を見据えている」と見出しを打って報じ、「バイエルンのウィンガーはアメリカではなく日本のJ1リーグへの移籍を好んでいるのかもしれない」と綴っている。世界中のファンを魅了したカットインシュートが、Jリーグで見られる日は来るのだろうか。

4/24(水) 6:01 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00184746-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索