Samurai Goal

アヤックス


スポンサード リンク





デリフトのユベントス移籍の「お金事情」とは? 代理人手数料も超巨額だ! 

20190719-00061630-sdigestw-000-6-view[1]

オランダの逸材デリフト(19)を移籍金約93億7500万円でユベントスが獲得! バルサ、パリSGなど“大争奪戦”を制す  

1: Egg ★ 2019/07/17(水) 08:58:22.55 ID:5TgYAeYJ9
気になる契約内容は?

写真
no title


現地時間7月16日、ユベントスが、アヤックスからオランダ代表DFのマタイス・デリフトの獲得を内定させた。

 ユーベは公式サイトで、同日にデリフトがトリノのカゼッレ空港に到着したことを動画付きで報告。その足でメディカルチェックに向かったことも伝えた。

 メディカルチェックで問題がなければ、晴れて正式契約となるデリフト。移籍の詳細についてまだ明からかになっていないものの、イタリア・メディア『Sky Italia』などによると、移籍金は7500万ユーロ(約93億7500万円)、年俸は750万ユーロ(約9億4000万円)+ボーナスとなったと報じられている。

 また、ミーノ・ライオラ代理人がこだわったとされる契約解除金は、1億5000万ユーロ(約187億5000万円)に設定されたようだ。

 19歳ながら名門アヤックスのキャプテンを担い、18-19シーズンはエールディビジ優勝とチャンピオンズ・リーグ準決勝進出に貢献したデリフトは、そのずば抜けたポテンシャルで、今夏の移籍マーケットでメガクラブ垂涎の存在となっていた。

 バルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、マンチェススター・シティと、メガクラブがこぞって参戦した“大争奪戦”は、当初、バルサとパリSGがデッドヒートを繰り広げていたが、6月中旬に入ってポールポジションに立ったユーベがライオラ代理人との交渉を巧みに進め、早々に個人合意。クラブ間の話し合いにはやや時間を要したものの、最終的にアヤックス側の条件を飲む形となった。

 16日に公式SNSでデリフトは次のようにファンへ挨拶をした。

「やぁ、ビアンコネーリ。マタイスだ。ここに来られて本当に嬉しいよ」

 オランダ・サッカー界の未来を担う新鋭DFは、新シーズンから智将マウリツィオ・サッリが指揮を執るイタリアの絶対王者でいかなるパフォーマンスを見せるのか。大きな注目を浴びそうだ。

7/17(水) 6:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00060825-sdigestw-socc

決定的だったユヴェントスのデ・リフト獲得が難航...静観していたアヤックスが動く 

20190705-00010012-sportes-000-1-view[1]

デ・リフト獲得レースはマン・Uがリード?バルサを大きく上回る移籍金100億円の条件を提示 

20190526-00010013-goal-000-1-view[1]

クロップはデ・リフトに関心示さず、理由はファン・ダイクの存在と...。 

20190521-00010010-sportes-000-1-view[1]

オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(アヤックス)今夏のバルサ行きを決意か…プレミア複数クラブを断る  

1: Egg ★ 2019/05/21(火) 00:22:56.02 ID:gV0Vj6ut9
アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトは今夏の移籍市場でバルセロナへと移籍することを決断したようだ。
20日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

デ・リフトは今シーズン、アヤックスとともに国内2冠を達成し、チャンピオンズリーグでも準決勝まで勝ち上がるなど、好パフォーマンスを連発してきた。
多くのビッグクラブの注目を集めていたが、最終的にバルセロナへと移籍することを決断した模様だ。

同じくアヤックスに所属しているオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは1月の移籍市場ですでにバルセロナ移籍を決断。
事前契約を締結し、今夏の移籍市場で正式に加入することとなる。デ・リフトは同選手の後を追うような形でスペイン行きを果たすようだ。

他にもマンチェスター・Cやマンチェスター・Uなどがデ・リフトの獲得に関心を示していた。しかし、最終的に同選手はバルセロナ行きを決意。
一部メディアによると、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとともにプレーすることを望んでスペイン移籍を決断したという。

5/20(月) 23:57配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00939347-soccerk-socc

写真
no title

デ・リフト、バルサ移籍が暗礁に乗り上げる!? 

20190519-00010001-sportes-000-1-view[1]

19歳デ・リフトがシャーレ掲げた!! アヤックスが5季ぶり34回目の優勝、年間119点は歴代3位の大記録  

20190516-43467055-gekisaka-000-1-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/05/16(木) 06:21:53.20 ID:zFsWgz4r9
5/16(木) 5:59配信
[5.15 エールディビジ第33節延期分 デ・フラーフスハップ1-4アヤックス]

 オランダ・エールディビジは15日、最終節後に延期されていた第33節を消化し、アヤックスが5シーズンぶり34回目の優勝を決めた。KNBVカップ(オランダ国内杯)に続いて2冠を達成。年間ゴール数はリーグ歴代3位の記録となる119点に到達した。

 アヤックスがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝に進出していたため、最終節の終了後に組み込まれた第33節。引き分け以上で優勝が決まる首位のアヤックスは、敵地で入れ替え戦圏内17位に沈むデ・フラーフスハップと対戦した。

 前半37分、MFラセ・シェーネのゴールで先制したアヤックスだったが、同44分に失点。それでも同44分にDFニコラス・タグリアフィコのゴールで勝ち越すと、後半にFWドュサン・タディッチが2得点を挙げ、見事に4-1の快勝を収めた。

 シーズン通算成績は28勝2分4敗。ウィンター・ブレイク以降はやや苦しむ時期もあったが、119得点32失点の得失点差+86という圧倒的な攻撃力を誇り、2位のPSVを勝ち点3差で振り切った。

 欧州CLこそ劇的な逆転負けを喫してしまったが、KNVB杯に続いて国内2冠を達成。中盤の主軸を担うMFフレンキー・デ・ヨング(21)のバルセロナ移籍が決まり、19歳で主将を担うDFマタイス・デ・リフト、MFドニー・ファン・デ・ベーク(22)もビッグクラブ流出が取りざたされている中、世界にその名を轟かせた若きチームが集大成を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-43467055-gekisaka-socc

バルサ、デ・リフト獲得に暗雲…“最終兵器”を持つリヴァプールの存在を懸念 

20190513-00936671-soccerk-000-1-view[1]

【選手採点】最高点はトッテナムの“奇跡”の主人公!最低点は急遽先発の… 

20190509-00010013-goal-000-2-view[2]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索