Samurai Goal

アヤックス


スポンサード リンク





パリSG、アヤックス、ミラン…スペイン有力紙「久保建英には少なくとも29クラブが関心」 

20200624-43481256-gekisaka-000-1-view




1: 2020/06/24(水) 23:03:33.04
 スペイン紙『アス』がFW久保建英を特集。
以前から獲得に乗り出していると噂されるフランスの名門パリSGが興味を強める中で、権利を持つレアル・マドリーは違約金2億5000万ユーロ(約300億円)を盾に耳を傾けていないという。

 また同紙によると、久保には「スペインの10クラブのほか、アヤックス(オランダ)、ラツィオ、ミラン(以上イタリア)、セルティック(スコットランド)といった強豪の国内外合わせて29クラブが関心を寄せている」のだという。

 23日の会見でジネディーヌ・ジダン監督が「彼はシーズンを通してプレーしてて、我々も満足している。現在、そして未来について非常に興味深い選手だ」と話したように、R・マドリーとしても今季の久保のマジョルカでの成長を評価している。

 しかし更なる成長を促すために、来季も他クラブに武者修行に出す可能性がある。また24日にある対戦のように、スペイン国内への移籍であれば敵となる可能性があるため、国外への移籍も十分に考えられる。

 そして同メディアは久保の“付加価値”にも注目。クラブYouTubeチャンネルへのアクセスが急増することや、ツイッターのフォロワー数の増加、日本からのスポンサーマネーの獲得など、様々な影響力を持つことを紹介している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ecd9807f8ddeb91eb61b6bd84a68670a7bdf45e1
6/24(水) 21:52配信

アヤックスの正GKオナナが移籍を示唆「前進しなければならない」 

1: 2020/04/30(木) 21:34:09.79
アヤックスのGKアンドレ・オナナは、オランダでの時間が終わりに向かっていると示唆した。これは彼が言ったコメントから推測できるものである。

オランダの日刊紙『Algemeen Dagblad』へのインタビューで、彼は自分の将来について明確に述べている。
「私はアヤックスに満足していて、クラブに感謝している。ここで5年間、素晴らしい時間を過ごした」

「しかし、私は前進しなければならないと思っている。何が起こるかは分からないが、私には高い志がある」と続けて語った。

カメルーンのGKはFCバルセロナの獲得候補に挙がっている。彼はラ・マシアに加入した後、アヤックスに移籍した。そこでファーストチームでプレーし、現在では正GKとなった。

彼がバルサを退団した後、彼には明確な道がなかった。しかし、彼はオランダでチャンピオンズリーグを経験し、今では前進する準備ができている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00010013-sportes-socc
4/30(木) 21:01配信

no title

no title


アンドレ・オナナ
サッカー選手
説明アンドレ・オナナは、カメルーン・ンコル・ンゴク出身のプロサッカー選手。カメルーン代表。
アヤックス・アムステルダム所属。ポジションは、ゴールキーパー。 ウィキペディア

生年月日: 1996年4月2日 (年齢 24歳)
生まれ: ンコル・ンゴク
身長: 190 cm
体重: 93 kg
所属チーム: アヤックス・アムステルダム (#24 / ゴールキーパー)、 サッカーカメルーン代表 (#1 / ゴールキーパー)

ファン・ハール氏が古巣アヤックスを批判「危機を利用しているクラブがある」 

20200405-00369582-footballc-000-1-view




1: 2020/04/05(日) 19:04:34.45
 オランダ代表などの元監督であるルイス・ファン・ハール氏は、新型コロナウイルスの影響によるリーグ中断を利用して利益を得ようとしているとして古巣アヤックスなどのクラブを批判している。オランダ『AD』が4日に同氏のインタビューを伝えた。

 各国のリーグ戦がウイルスの影響で中断される中、欧州サッカー連盟(UEFA)は再開を目指す方針を固持し続けている。だが再開に向けた明確な見通しは立てられない状況が続いており、オランダの隣国ベルギーでは今季リーグの打ち切りが合意に達したことが先日発表された。

 ベルギーでは、首位に立つクラブ・ブルージュの優勝が認定されることが見込まれる。だが首位を独走していたクラブ・ブルージュとは異なり、オランダのエールディビジでは首位アヤックスと2位AZが勝ち点で並んでいることもあり、得失点差で首位に立つアヤックスの優勝を認めるべきではないとファン・ハール氏は主張した。

「スポーツはフィールド上で勝者を決めるためにある。25試合で終わりにしてアヤックスがチャンピオンだと言うわけにはいかない。AZが勝ち点で並んでいるというのに? ナンセンスだ。アスリートなら誰でも理解できることだ」とファン・ハール氏は語る。

 アヤックスのマルク・オーフェルマルスTD(テクニカルディレクター)は先日、今季のエールディビジをこのまま終了すべきだと主張していた。だがファン・ハール氏は「コロナ危機を自分たちの利益のために間違った形で利用しているクラブがある。そんなことは受け入れられない」と述べ、ウイルス危機への対応よりクラブの損得を判断材料とする姿勢を批判している。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200405-00369582-footballc-socc

アヤックスの守護神・オナナ、“黒人”を理由に移籍話が破談になった過去を明かす 

20200101-00367412-usoccer-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2020/01/03(金) 20:39:39.83 ID:hcM/xJ9s9
アヤックスの守護神を務めるカメルーン代表GKアンドレ・オナナが、自身の難しさを語った。オランダ『Het Parool』で明かした。

オナナは、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが母国に作ったアカデミー出身で2010年7月にバルセロナユースに加入。その後は順調にステップアップするも、トップチームに昇格することなく、2015年1月にアヤックスへと完全移籍していた。

2016-17シーズンからアヤックスの正守護神となったオナナは、同シーズンのヨーロッパリーグでチームを決勝に導く活躍を見せると、その後もエールディビジやチャンピオンズリーグで活躍した。

そんなオナナだが、近年サッカー界で止むことのない人種差別について言及。また、自身の活躍が評価されながらも、黒人であることを理由に移籍が破談になっていたことも明かした。

「僕にとって、これは実現した夢以上のものだ。黒人のGKがより高い位置へ行くのは簡単ではない」

「アヤックスでの最初のシーズン、僕たちはヨーロッパリーグ決勝に到達した。その決勝の後、僕のマネージャーは興味を持ったクラブと話をしたけど、黒人のGKはサポーターにとって難しいということで、移籍の話がなくなったんだ」

「だから、彼らは僕が十分ではないと思ったわけではないんだ。僕はそれを褒め言葉だと考えている」

「人種差別はあるよ。僕はほとんどのアウェイゲームで対処しなければならない。でも、そのことについては話さないよ」

「僕は黒人であることに誇りを持っている。猿を見つけたら、白と黒に違いはない。そう思うなら、それはそちらの問題だ」

「僕はヨーロッパに12年間いる。考えられる限りの肌の色と、世界の全ての国の人々と暮らし、仕事をしている。全ての試合前には「人種差別反対」と聞こえる」

「でも、人種差別はサッカーだけではなく、どこにでもある。僕が生まれるずっと前から人種差別はあり、明日突然消えることもない。いつかは無くなるかもしれない。時間が必要なだけで、強制することはできないんだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00367412-usoccer-socc

デリフトのユベントス移籍の「お金事情」とは? 代理人手数料も超巨額だ! 

20190719-00061630-sdigestw-000-6-view[1]

オランダの逸材デリフト(19)を移籍金約93億7500万円でユベントスが獲得! バルサ、パリSGなど“大争奪戦”を制す  

1: Egg ★ 2019/07/17(水) 08:58:22.55 ID:5TgYAeYJ9
気になる契約内容は?

写真
no title


現地時間7月16日、ユベントスが、アヤックスからオランダ代表DFのマタイス・デリフトの獲得を内定させた。

 ユーベは公式サイトで、同日にデリフトがトリノのカゼッレ空港に到着したことを動画付きで報告。その足でメディカルチェックに向かったことも伝えた。

 メディカルチェックで問題がなければ、晴れて正式契約となるデリフト。移籍の詳細についてまだ明からかになっていないものの、イタリア・メディア『Sky Italia』などによると、移籍金は7500万ユーロ(約93億7500万円)、年俸は750万ユーロ(約9億4000万円)+ボーナスとなったと報じられている。

 また、ミーノ・ライオラ代理人がこだわったとされる契約解除金は、1億5000万ユーロ(約187億5000万円)に設定されたようだ。

 19歳ながら名門アヤックスのキャプテンを担い、18-19シーズンはエールディビジ優勝とチャンピオンズ・リーグ準決勝進出に貢献したデリフトは、そのずば抜けたポテンシャルで、今夏の移籍マーケットでメガクラブ垂涎の存在となっていた。

 バルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、マンチェススター・シティと、メガクラブがこぞって参戦した“大争奪戦”は、当初、バルサとパリSGがデッドヒートを繰り広げていたが、6月中旬に入ってポールポジションに立ったユーベがライオラ代理人との交渉を巧みに進め、早々に個人合意。クラブ間の話し合いにはやや時間を要したものの、最終的にアヤックス側の条件を飲む形となった。

 16日に公式SNSでデリフトは次のようにファンへ挨拶をした。

「やぁ、ビアンコネーリ。マタイスだ。ここに来られて本当に嬉しいよ」

 オランダ・サッカー界の未来を担う新鋭DFは、新シーズンから智将マウリツィオ・サッリが指揮を執るイタリアの絶対王者でいかなるパフォーマンスを見せるのか。大きな注目を浴びそうだ。

7/17(水) 6:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00060825-sdigestw-socc

決定的だったユヴェントスのデ・リフト獲得が難航...静観していたアヤックスが動く 

20190705-00010012-sportes-000-1-view[1]

デ・リフト獲得レースはマン・Uがリード?バルサを大きく上回る移籍金100億円の条件を提示 

20190526-00010013-goal-000-1-view[1]

クロップはデ・リフトに関心示さず、理由はファン・ダイクの存在と...。 

20190521-00010010-sportes-000-1-view[1]

オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(アヤックス)今夏のバルサ行きを決意か…プレミア複数クラブを断る  

1: Egg ★ 2019/05/21(火) 00:22:56.02 ID:gV0Vj6ut9
アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトは今夏の移籍市場でバルセロナへと移籍することを決断したようだ。
20日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

デ・リフトは今シーズン、アヤックスとともに国内2冠を達成し、チャンピオンズリーグでも準決勝まで勝ち上がるなど、好パフォーマンスを連発してきた。
多くのビッグクラブの注目を集めていたが、最終的にバルセロナへと移籍することを決断した模様だ。

同じくアヤックスに所属しているオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは1月の移籍市場ですでにバルセロナ移籍を決断。
事前契約を締結し、今夏の移籍市場で正式に加入することとなる。デ・リフトは同選手の後を追うような形でスペイン行きを果たすようだ。

他にもマンチェスター・Cやマンチェスター・Uなどがデ・リフトの獲得に関心を示していた。しかし、最終的に同選手はバルセロナ行きを決意。
一部メディアによると、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとともにプレーすることを望んでスペイン移籍を決断したという。

5/20(月) 23:57配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00939347-soccerk-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索