Samurai Goal

アメリカ


スポンサード リンク





白人と黒人でサッカーでバトルして勝ったほうがアメリカを手にするって感じのが平和的でよくね? 

20190110-00110643-roupeiro-000-7-view




1: 2020/06/20(土) 04:44:59.30
ホワイトジャスティスズvsブラックエビルズ

サッカーとかいうアメリカと中国が仲間外れのスポーツww 

00_m




1: 2020/04/28(火) 22:04:02.68
アメリカ「暇やし中国の関税上げたろ!世界の皆んなもしたがってな」
中国「ふぁっ!アメリカが虐めてくるンゴ!世界の皆んな!批判頼むで!」

世界「サッカーうぉぉぉぉぉぉ!!」

本田圭佑「日本人の中で誰がこの喧嘩を仲裁できるのか。 それか中国かロシアを頼るのか。。。」イラン米国情勢 

no title




1: 豆次郎 ★ 2020/01/09(木) 00:12:00.92 ID:t75yTRSd9
KeisukeHonda(本田圭佑)
@kskgroup2017


日本人の中で誰がこの喧嘩を仲裁できるのか。 それか中国かロシアを頼るのか。。。

イラン 攻撃で米側80人が死亡
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6347612


午後5:48 · 2020年1月8日·Twitter for iPhone


https://twitter.com/kskgroup2017/status/1214831249660891136?s=21
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578473730/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

<本田圭佑>アメリカ・イラクの対立激化に「戦争始まるね。。」 

1: Egg ★ 2020/01/08(水) 22:35:18.10 ID:C6ijZum99
サッカー元日本代表の本田圭佑が、8日に自身のツイッターを更新。7日(日本時間8日)に発生したイランの米軍基地攻撃について言及した。

 アメリカは3日(同4日)、イラクの首都・バグダッドで空爆を行い、イラン革命軍防衛隊「コッズ部隊」のガセム・ソレイマニ司令官を殺害。これに対する報復措置として、イランは7日(同8日)にイラク国内の米軍基地をミサイルで攻撃し数十人以上が犠牲になるなど、両国の対立は激化の一途をたどっている。

 本田はイランの攻撃を伝える米メディア『CNN』の記事を引用リツイートした上で、「これでまたアメリカが黙ってないやろうから、戦争始まるね。。。」とツイート。イランのミサイル攻撃に対するアメリカのさらなる報復、及び両国間の開戦を危惧した。

 この本田のツイートを受け、返信欄には「本当に不安です、大丈夫かな…」、「もう話し合いでは解決できないんですかね?」、「戦争になるのだけは本当に避けてほしいです」といった声が寄せられている。

 同時に、「アメリカと同盟国の日本も他人事じゃないですよ」、「もし開戦したら自衛隊も戦地に行かなきゃいけないんですかね…」、「事態によっては東京オリンピックも中止になりそうですね」と、日本への影響を心配するコメントも複数見受けられている。

 本田は5日にも自身のツイッターで、ドナルド・トランプ米大統領が「米国が攻撃された場合はイランの52カ所を標的にする」と表明したことを伝える『CNN』の記事を引用リツイートすると共に、「A war is never justified.(戦争は決して正当化されない) #この流れはあかん」と戦争反対を訴えている。

 本田を含め、多くの人々が懸念している両国間の大規模衝突・開戦。イランのミサイル攻撃を受け、トランプ米大統領は一両日中にも会見を開くと伝えられているが、前述の警告を理由にさらなる報復に打って出るのではという見方も強まっている。

文 / 柴田雅人

2020年1月8日 19時55分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17636653/

写真no title

U-17日本、スコアレスドローで連勝ならず…アメリカと勝ち点1を分け合う  

20191031-00994046-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/31(木) 09:56:58.14 ID:ZDUpA6Lr9
FIFA U-17ワールドカップ ブラジル2019・グループステージ第2節が30日に行われ、U-17日本代表とU-17アメリカ代表が対戦した。

 前節、オランダに3-0で快勝スタートを切った日本はスタメンを2人変更。1ゴール2アシストを記録した西川潤に代わり唐山翔自を、田中聡に代わり田村蒼生をそれぞれ起用した。

 前半は互いに譲らず、スコアレスで試合を折り返すと後半開始早々、アメリカにシュートのこぼれ球を流し込まれるも、オフサイドの判定でゴールは認められず。

 60分には途中出場の西川が得意の左足を振り抜くも、シュートはクロスバーの上に外れた。71分には再び西川が決定機を迎えるも、シュートはゴール左に外れ得点ならず。さらに、73分には若月大和がヘディングシュートを放つも、相手GKのファインセーブに阻まれた。

 試合はこのまま0-0でタイムアップ。互いに勝ち点1を分け合った。次節、日本はU-17セネガル代表と、アメリカはU-17オランダ代表と対戦する。

【スコア】
U-17日本代表 0-0 U-17アメリカ代表

【得点者】
なし

【スターティングメンバー】
■日本(4-4-2)
鈴木彩艶;畑大雅、鈴木海音、半田陸、中野伸哉;成岡輝瑠、田村蒼生(87分 角昂志郎)、藤田譲瑠チマ、三戸舜介(74分 中野桂太);唐山翔自(57分 西川潤)、若月大和

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00994046-soccerk-socc

<U-17日本代表>ナイジェリアに勝利!W杯GLはオランダ(28日8時)、アメリカ(31日8時)、セネガル(11月3日8時)と対戦  

1: Egg ★ 2019/10/22(火) 22:58:58.41 ID:vwWKKrlr9
ブラジルで行われるU-17ワールドカップに臨むU-17日本代表は20日、直前キャンプ地のサンパウロでU-17ナイジェリア代表と対戦した。グループリーグ第3節で戦うU-17セネガル代表を意識した一戦。MF中野桂太(京都U-18)のゴールにより1-0で勝利し、28日に初戦を迎える本大会に弾みをつけた。

 日本サッカー協会(JFA)が公開したマッチレポートによると得点は前半22分、DF畑大雅(市立船橋高/湘南内定)のクロスに反応し、ニアでボールを受けた中野が反転して決めた。その他、エースFW唐山翔自(G大阪ユース)が惜しいシュートを放ち、守備では前半にクロスバー直撃のシュートを放たれたが、1-0で試合を終えた。

 U-17日本代表はグループリーグでU-17オランダ代表(日本時間28日8時)、U-17アメリカ代表(同31日8時)、U-17セネガル代表(同11月3日8時)と対戦。22日までサンパウロでトレーニングを行い、試合会場のあるビトーリアに向かう予定となっている。

 ナイジェリア戦のメンバーは以下のとおり

▼スターティングメンバー
GK:野澤大志ブランドン(FC東京U-18)
DF:畑大雅(市立船橋高/湘南内定)、鈴木海音(磐田U-18)、村上陽介(大宮U18)、中野伸哉(鳥栖U-18)
MF:田村蒼生(柏U-18)、藤田譲瑠チマ(東京Vユース)、田中聡(湘南U-18)、中野桂太(京都U-18)
FW:唐山翔自(G大阪ユース)、若月大和(桐生一高/湘南内定)

▼サブメンバー
GK:鈴木彩艶(浦和ユース)、佐々木雅士(柏U-18)
DF:角昂志郎(FC東京U-18)、半田陸(山形ユース)
MF:山内翔(神戸U-18)、成岡輝瑠(清水ユース)、光田脩人(名古屋U-18)、三戸舜介(JFAアカデミー福島U-18)、横川旦陽(湘南U-18)
FW:西川潤(桐光学園高/C大阪内定)

▼交代
30分 野澤大志ブランドン→佐々木雅士
HT 鈴木海音→半田陸
HT 中野伸哉→山内翔
60分 佐々木雅士→鈴木彩艶
74分 若月大和→光田脩人
74分 畑大雅→角昂志郎
79分 中野桂太→成岡輝瑠
79分 田村蒼生→三戸舜介
79分 唐山翔自→西川潤
79分 藤田譲瑠チマ→横川旦陽

10/22(火) 21:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-43473032-gekisaka-socc

写真no title

U22日本代表が帰国 FW小川「危機感しかない」 

20190911-09110554-nksports-000-9-view[1]

U22日本代表、アメリカに0-2完敗  

japan-team




1: 豆次郎 ★ 2019/09/10(火) 11:02:23.55 ID:6gxR9sj79
9/10(火) 10:35配信
共同通信

 【チュラビスタ(米カリフォルニア州)共同】北中米遠征中のサッカーU―22(22歳以下)日本代表は9日、米カリフォルニア州チュラビスタで同年代の米国代表と国際親善試合を行い、0―2で完敗した。

 東京五輪世代の日本は立ち上がりに前田(マリティモ)が好機を逃し、前半終了間際にカウンターを浴びて失点。後半はPKで追加点を許し、途中出場の上田(鹿島)らも不発に終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000046-kyodonews-socc

北中米遠征に臨むU-22日本代表メンバーを発表、バルサ安部裕葵らを選出  

1: 豆次郎 ★ 2019/08/30(金) 14:40:29.64 ID:uF81TnOl9
8/30(金) 14:39配信
北中米遠征に臨むU-22日本代表メンバーを発表…バルサ安部らを選出

 JFA(日本サッカー協会)は30日、9月2日から同11日にかけて北中米遠征を行うU-22日本代表のメンバーを発表した。

 U-22日本代表は、6日にU-22メキシコ代表と、9日にU-22アメリカ代表と親善試合を行う。

 U-22日本代表のメンバーは以下の通り。

▼GK
小島亨介(大分トリニータ)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

▼DF
岩田智輝(大分トリニータ)
町田浩樹(鹿島アントラーズ)
大南拓磨(ジュビロ磐田)
立田悠悟(清水エスパルス)
岡崎慎(FC東京)
瀬古歩夢(セレッソ大阪)

▼MF
長沼洋一(愛媛FC)
遠藤渓太(横浜F・マリノス)
高宇洋(レノファ山口FC)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
田中碧(川崎フロンターレ)
菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
渡辺皓太(横浜F・マリノス)
中山雄太(PECズウォレ/オランダ)
斉藤未月(湘南ベルマーレ)
安部裕葵(バルセロナ/スペイン)

▼FW
小川航基(水戸ホーリーホック)
前田大然(マリティモ/ポルトガル)
上田綺世(鹿島アントラーズ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00974367-soccerk-socc
no title

オランダAZアルクマール公式、U-22日本代表9月の対戦国を“フライング“発表?海外遠征で親善試合か!?  

1: Egg ★ 2019/08/19(月) 20:07:05.83 ID:12hPl/PP9
U-20日本代表DF菅原由勢が所属するオランダ1部AZアルクマールは19日、9月に行われるU-22日本代表が臨む親善試合のメンバーに招集レターが届いたと公式サイトで発表した。同時に対戦相手はメキシコとアメリカということも記述され、メンバー発表は8月29日だとされている。現時点で日本サッカー協会(JFA)からの公式アナウンスはなく、“フライング発表”となってしまったようだ。

 AZは菅原に9月の親善試合に向けてU-22日本代表への招集レターが届いた旨を発表。その親善試合で9月6日にメキシコとメキシコシティで、10日にアメリカとサンディエゴで対戦すること、メンバー発表が8月29日に行われることもあわせて掲載された。ただ、現時点でJFAは9月2日から11日まで海外遠征を実施することしか公式アナウンスしておらず、まさかの“フライング”となっている。

 招集レターが届いたとされる菅原は、U-22日本代表に招集されれば初めて。各世代別代表で活躍してきた19歳は、5月にはU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会に出場し、6月に名古屋グランパスからAZへの期限付き移籍が決定した。エールディビジ開幕戦となるフォルトゥナ・シッタート戦(4-0)では初先発を飾り、いきなり初ゴール。右サイドバックとして急成長を遂げている。

 今回のU-22日本代表は、A代表がパラグアイとの国際親善試合(9月5日/カシマ)、ミャンマーとのW杯アジア2次予選(9月10日/ミャンマー)に臨むため、森保一監督ではなく横内昭展ヘッドコーチが指揮を執ると見られる。来年に迫った東京五輪。MF久保建英(レアル・マドリード)やMF堂安律(フローニンゲン)ら有望な若手がひしめく世代の選手たちは、貴重な海外遠征で何を得るのだろうか。

8/19(月) 19:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211587-soccermzw-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索