Samurai Goal

アトレティコ


スポンサード リンク





アトレティコ、カディスを4発で破り8連勝! 2得点の得点王 スアレスは3戦連発 

スクリーンショット 2021-02-01 11.02.54




1: 2021/02/01(月) 02:32:03.28 _USER9
 リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)第21節が31日に行われ、カディスとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 前節のセビージャ戦に0-3で敗れた暫定13位のカディスと首位アトレティコ・マドリードの一戦。アトレティコ・マドリードは前節のバレンシア戦に3-1で勝利してリーグ戦8連勝を飾っている。

 ホームのカディスが開始早々にアトレティコ・マドリードのゴールを脅かす。1分、ファリからボールを受けたアルベルト・ペレアが相手エリア手前から右足でシュートを放つ。ボールは枠を捉えたが、GKヤン・オブラクが弾き出した。

 アトレティコ・マドリードは14分、右サイドから崩して中央へ折り返すと、これを受けたルイス・スアレスが反転から左足でシュート。これは相手ディフェンダーに防がれたが、こぼれ球をつないで最後はサウール・ニゲスがエリア手前から右足でシュートを放つ。しかし、ボールは惜しくもクロスバーを越えた。

 試合を動かしたのはアトレティコ・マドリードだった。28分、相手エリア手前でFKを獲得すると、ルイス・スアレスがこれを直接狙う。ボールは鮮やかな弧を描き、ゴール左上に吸い込まれた。しかし、カディスもすぐに同点に追いつく。35分、右サイドでパスを受けたサルヴィ・サンチェスが縦パスを入れる。これを受けたアルバロ・ネグレドがエリア内右からカットインして左足を振り抜き、ゴール左に決めた。

 アトレティコ・マドリードは前半終了間際の44分、勝ち越しに成功する。右サイドでボールを受けたトマ・レマルが切り返して左足でクロスを上げると、これにサウール・ニゲスが左足で合わせる。ループ気味になったボールはゴール左に吸い込まれた。カディスは前半アディショナルタイム2分、相手エリア内で突破を試みたペレアがコケのハンドを誘発したかに思われたが、VARの結果、PKは与えられなかった。

 1点リードで後半へ折り返したアトレティコ・マドリードは49分、相手エリア内左をドリブル突破しようとしたレマルが相手ディフェンダーに倒され、PKを獲得する。50分、スアレスがこれをゴール右下に決め、リードを広げた。

 カディスは59分、右サイドでパスを受けたアントニー・ロサノのクロスがそのままクロスバーを直撃する。カディスは71分、左サイドからクロスを上げると、こぼれたところをネグレドが右足でゴール左に決め、1点差とする。リズムをつかむカディスは79分、右サイドからのアーリークロスをネグレドがヘディングで折り返すと、これにイヴァン・シャポニッチがヘディングで合わせる。しかし、強烈なシュートはGKオブラクの正面を突いた。

 アトレティコ・マドリードも反撃に出る。88分、右サイドから相手エリア内に侵入した途中出場のアンヘル・コレアが中央へ送り、これにコケが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 試合はこのまま終了。アトレティコ・マドリードがカディスを下し、リーグ戦8連勝。消化試合が1試合少ないなか、暫定2位のレアル・マドリードとの勝ち点差を10ポイントとした。また、スアレスは3試合連続ゴールを決め、今季公式戦の得点数を14に伸ばしている。カディスは2連敗となった。

 次節、カディスは2月7日にアウェイでレアル・ソシエダと、アトレティコ・マドリードは同月8日にホームでセルタと対戦する。

【スコア】
カディス 2-4 アトレティコ・マドリード

【得点者】
0-1 28分 ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード)
1-1 35分 アルバロ・ネグレド(カディス)
1-2 44分 サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
1-3 50分 ルイス・スアレス(PK/アトレティコ・マドリード)
2-3 71分 アルバロ・ネグレド(カディス)
2-4 88分 コケ(アトレティコ・マドリード)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2688e31a1e413a15e81d711a95d466f9306b3de6
2/1(月) 2:15配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115099
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/67
得点ランキング

ジエゴ・コスタ、個人的事情でアトレティコに退団求める…クラブは代役獲得へ 

スクリーンショット 2020-12-28 12.49.38

バルセロナがアトレティコに完封負け…精神的支柱が負傷交代するアクシデントも発生 

スクリーンショット 2020-11-22 8.01.07

バルセロナ指揮官クーマン、アトレティコ移籍のルイス・スアレスに「私が間違っていることを証明できた」 

スクリーンショット 2020-10-12 15.18.48

エメリ、アトレティコ戦で85分から起用の久保建英について…「彼は19歳。すべてにプロセスがある」 

スクリーンショット 2020-10-04 10.33.46

<久保建英>85分から出場!ビジャレアル、リーガ3強の一角アトレティコ戦をドローで終える… 

スクリーンショット 2020-10-04 6.48.22




1: 2020/10/04(日) 00:52:42.71 _USER9
3日のラ・リーガ第5節、ワンダ・メトロポリターノでのアトレティコ・マドリー対ビジャレアルはスコアレスドローで終了した。ビジャレアルMF久保建英は5試合連続でベンチスタートとなり、85分から出場を果たしている。

ラ・リーガ3強の一角であるアトレティコと、今夏揃えた陣容ではそこに割って入る可能性もありそうなビジャレアルの対戦。アトレティコはルイス・スアレスとジョアン・フェリックスを2トップとするいつもの4-4-2を使用し、ビジャレアルは4-4-2ではなくジェラール・モレノを中盤の右、モイ・ゴメスを左に配する4-1-4-1を採用している。

前半、試合をより思い通りに進めていったのは、ビジャレアル。守備時にはG・モレノが最前線に残ってM・ゴメスが最終ラインに入る5-3-2となり、アトレティコのJ・フェリックスを中心とした攻撃を完全に封じ込め、ボールを奪うとG・モレノを中心とした崩しでシメオネ監督率いるチームを動揺させている。アトレティコはシュート数で勝ったが枠内に飛んだボールはなし。一方のビジャレアルは19分、マリオがミドルシュートからゴールをうかがったが、これは片手を思いっきり天にかざしたGKオブラクにセーブされている。

後半は、どちらもボールを持ったら連係で崩そうと試み、ボールを持たれたら堅守でそれに対応する展開。ともに決定機を迎えるには至らず、しかし守備はしっかり機能しているという何とも動かしがたい状況が続いた。最初に動きを見せたのは、勝利を義務付けられるシメオネ監督。70分にルイス・スアレス、コケ、アンヘル・コレアをベンチに下げてジエゴ・コスタ、カラスコ、ジョレンテを投入した。対してエメリ監督は71分にパコ・アルカセルをチュクウェゼに代え、チュクウェゼをそのまま1トップに据えている。

シメオネ監督はさらに75分に今季3試合目にして初めて輝きを失ったJ・フェリックスを下げてエクトル・エレーラをピッチに立たせて攻守のバランスを強化。以降はアトレティコがボールを保持するようになったが、やはり枠に向けてシュートを放てない。エメリ監督は85分にようやく2枚目の交代カードを切り、マヌ・トリゲロスを下げて久保を入れている。ビジャレアルはこの交代を機にシステムを普段の4-4-2に戻して、久保を右サイドハーフ、チュクウェゼ&G・モレノを2トップに配している。

昨季アトレティコ戦で際立った存在感を見せた久保は、ボールを持てば積極的にドリブルを仕掛けたが、やはりアトレティコの警戒感は強い。左サイドバックのロディらを中心に、2人以上でそのプレーを潰されていった。結局、試合はスコアが動かぬまま終了のホイッスル。ビジャレアルはここまでの成績を2勝2分け1敗、アトレティコは1勝2分けとしている。

10/4(日) 0:50配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/93d1cdc2cd428d7c801a1df54036eb272120f475

ルイス・スアレス、アトレティコデビュー戦でいきなり2G1A。グラナダに6発大勝で白星スタート 

スクリーンショット 2020-09-28 8.01.29




1: 2020/09/28(月) 01:12:57.95 _USER9
【アトレティコ・マドリード 6-1 グラナダ リーガ・エスパニョーラ第3節】

 リーガ・エスパニョーラ第3節、アトレティコ・マドリード対グラナダが現地時間27日に行われた。ホームのアトレティコが6-1の勝利を収めた。

 この試合が今季のリーグ開幕戦となったアトレティコ。2トップにはジョアン・フェリックスとジエゴ・コスタが入り、バルセロナから移籍となった注目のルイス・スアレスはベンチスタートとなった。


 先制したのはアトレティコ。9分、ペナルティエリア右でボールを受けたアンヘル・コレアからのクロスにコスタがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。今季のアトレティコの初ゴールはコスタとなった。
 
 47分、ペナルティエリア手前左でコスタからの落としを受けたフェリックスがファーサイドへ浮き球のパス。コレアがワントラップから左足でシュートを決めた。

 さらに65分、アトレティコが追加点。ペナルティエリア手前の中央からコレアがコスタにパス。コスタはこのボールをスルーし、ボールはフェリックスの下へ。フェリックスが落ち着いて決め、アトレティコがリードを3点に広げた。この直後、スアレスがコスタと代わって途中出場。アトレティコデビューを果たした。

 するとスアレスがすぐにアシストを決める。72分、コケから受けたボールをダイレクトでジョレンテへ。ジョレンテが落ち着いて決め、アトレティコが4点目を決める。85分、ジョレンテの右サイドからのクロスにファーサイドでスアレスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。その後、1点を失ったアトレティコだったが、後半ATにスアレスがこの日2点目。アトレティコは6-1の勝利を収め、今季白星スタートとなった。

【得点者】
9分 1-0 コスタ(アトレティコ・マドリード)
47分 2-0 コレア(アトレティコ・マドリード)
65分 3-0 フェリックス(アトレティコ・マドリード)
72分 4-0 ジョレンテ(アトレティコ・マドリード)
85分 5-0 スアレス(アトレティコ・マドリード)
87分 5-1 モリーナ(グラナダ)
90+3分 6-1 スアレス(アトレティコ・マドリード)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fbdd10fc8ce7c9156c4e9bfb68d95b980a69079d

スアレスの去就は振り出しに... バルサがアトレティコへの移籍を認めず 

スクリーンショット 2020-09-22 13.27.50

構想外スアレスがバルセロナと契約解除でアトレティコ移籍へ 

スクリーンショット 2020-09-22 8.44.22

ルイス・スアレス、バルセロナとの契約解消に合意した模様…移籍先はアトレティコか 

スクリーンショット 2020-09-21 22.14.07




1: 2020/09/21(月) 21:29:10.32 _USER9
バルセロナがFWルイス・スアレスとの契約解消に合意した模様だ。スペイン『マルカ』や『RAC1』が報じている。

ロナルド・クーマン新監督率いるチームで構想外となっていたルイス・スアレスは、バルセロナと2021年まで契約しており(公式戦60%出場でもう1年延長のオプション付き)、退団に際して残りの年俸分の支払いが争点となっていた。

しかしスペイン各メディアによれば、バルセロナとルイス・スアレスは、クラブがフリーでの退団を許容し、代わりに選手が残りの年俸分の一部受け取りをあきらめることで合意した模様だ。

ユヴェントス移籍が破談になったルイス・スアレスの行き先に現在挙がっているのは、アトレティコ・マドリーだ。アトレティコが同選手を獲得する場合には、FWジエゴ・コスタかFWアルバロ・モラタの放出によって、チーム予算に余裕をつくることが必要となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fed79796f033482a0fb4f47e6fafface2cdd1dac



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索