Samurai Goal

アトレチコ


スポンサード リンク





<ルイス・スアレス>アトレチコ・マドリード加入決定的…バルセロナと契約解除で合意 現地紙報道 

1: 2020/09/23(水) 23:16:02.63 _USER9
スペイン1部アトレチコ・マドリードが、同バルセロナからウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)を獲得することが決定したと、23日にマルカ、アスなど複数のスペイン紙が報じた。
スアレスはバルセロナとの契約をあと1年残しているものの、ロナルド・クーマン新監督(57)から戦力外を通告され、その後、有力と伝えられていたユベントス(イタリア)移籍が破談となっていた。

スアレスが21日までにAマドリードと2年契約で基本合意。その後、バルセロナのジョゼップ・バルトメウ会長(57)がスアレスを同じリーグで優勝を争うライバルに移籍することを拒否したと伝えられていたが、
スアレスの代理人と交渉後に契約を解除することで同意したという。

22日にAマドリードの昨季チーム得点王だったスペイン代表FWアルバロ・モラタ(27)がユベントス(イタリア)に期限付き移籍することが正式決定。
近くメディカルチェックを受けて移籍が正式決定する見通しのスアレスが、ディエゴ・シメオネ監督(50)率いるチームの新エースとなりそうだ。

9/23(水) 21:43配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d89c0365b9d929c8d6b348a5739ad9a1c97cda7e

写真
no title

トーレス氏 古巣アトレチコで監督への道をスタート 

スクリーンショット 2020-09-22 22.02.40




1: 2020/09/22(火) 17:32:43.92 _USER9 BE:549615442-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
9/22(火) 17:22
デイリースポーツ

トーレス氏 古巣アトレチコで監督への道をスタート
フェルナンド・トーレス
 サッカーの元スペイン代表のFWフェルナンド・トーレス氏が、出身クラブであるアトレチコ・マドリードのジュニアユース年代(14-15歳)に当たるカデテで指導スタッフ入りする。同クラブの下部組織が21日発表した。スペインのスポーツ紙、マルカやアスなどによるとトーレスは同チームの監督をサポートする役割を担うという。同時に現在監督ライセンス取得のためのコースに通っており、実技研修の意味もあるとしている。

 現役時代は監督となることを必ずしも現実的なものとしていなかったトーレスだが、日本の鳥栖でのプレーを経て引退したあと心境に変化があったものと考えられる。少なくとも選手として歴代有数のクラブのシンボルとなっただけに、すでにファンからの期待は少なからず高まっている。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggymsavdyjpnOxzEQLESichg---x640-y563-q90-exp3h-pril/amd/20200922-00000096-dal-000-2-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e65e5f7aff2d2789d25879b21a7a07cec11f8b7



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索