Samurai Goal

アタランタ


スポンサード リンク





「僕らはウイルスを軽視しすぎた…」アタランタの知性派MFがイタリアの“コロナ禍”に戦々恐々 

20200317-00010004-sdigestw-000-1-view




1: 2020/03/21(土) 22:02:48.84
 今、世界中で様々な問題を引き起こしている新型コロナウイルス。世界保健機関(WHO)が、パンデミックを宣言するなど、猛威を振るい続けている。

 そんなコロナ禍の影響で、サッカー界にも多大な損害がもたらされた。なかでも、数多くの感染者が報告されているイタリアでは、ユベントスのダニエレ・ルガーニに陽性反応が出たのをはじめ、多くの選手の感染が報告され、セリエAをはじめとする全ての公式戦の延期が決まった。

 感染状況の拡大に伴い、再開の目途は立たっていない。そんな非現実的な日常に、選手たちも戦々恐々としている。アタランタに所属するドイツ人MFロビン・ゴゼンスは、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、「恐怖を感じている」と漏らした。

 というのも、アタランタの本拠地ベルガモがあるロンバルディア州は、イタリア国内でも感染が特に広がっている地域なのだ。ゴゼンスは次のように街の様子を語っている。

「ロンバルディア州は感染の中心であり、他のヨーロッパの地域でこれほど深刻なケースが出ていないことを耳にしたときは恐怖を感じた。その日に僕はこう言い聞かせたんだ。『わかった。以前は武漢であり、遠く離れていたけど、今はここなんだね。いま、僕らは危険に晒されているんだ』とね。恐怖があるのは近隣の地域だけではなく、ゴーストタウンのようになってしまったベルガモも、だ」

 大学で心理学を学ぶなど知性派として知られるMFは、さらにこう続けている。

「僕らはみんな、新型コロナウイルスを軽視しすぎた。僕も最初はそうだったよ。せいぜいインフルエンザ程度だろうとね。

 だから出かけたり、レストランへ行ったり、友人に会いに行ったりもしていた。でもこれほどの脅威だとは、これほどの力があるとは、誰もが思ってもいなかった。これだけ多くのケースが出てきて、ようやく理解することができた……」

 いまだに感染者が増え続けているイタリア。それだけにカルチョで戦う選手たちも心中穏やかではないだろう。いまはただ、多くの人々が普通の生活を取り戻せるようになることを願うばかりだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200317-00010004-sdigestw-socc

UEFA-CL決勝T1回戦第2戦 バレンシア×アタランタ、ライプツィヒ×トッテナム 結果 

20200311-00010004-goal-000-3-view




1: 2020/03/11(水) 06:55:59.96
バレンシア 3-4 アタランタ
第01戦   1-4 
合計    4-8

[得点者]
ヨシップ・イリチッチ(前半03分)アタランタ
ケヴィン・ガメイロ (前半21分)バレンシア
ヨシップ・イリチッチ(前半43分)アタランタ
ケヴィン・ガメイロ (後半06分)バレンシア
フェラン・トーレス (後半22分)バレンシア
ヨシップ・イリチッチ(後半26分)アタランタ
ヨシップ・イリチッチ(後半37分)アタランタ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085327


ライプツィヒ 3-0 トッテナム
第01戦    1-0
合計     4-0

[得点者]
マルセル・サビッツァー(前半10分)ライプツィヒ
マルセル・サビッツァー(前半21分)ライプツィヒ
エミル・フォルスベルグ(後半42分)ライプツィヒ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085331

CL決勝T1回戦結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

ユベントス会長が疑問「歴史がないアタランタのCL出場は正しいことなのか?」 

sci20030611560003-p1




1: 2020/03/06(金) 12:21:48.90
ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が5日、ロンドンで行われたFTビジネス・オブ・フットボール・サミットに出席した際にアタランタなどについて見解を示した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

 セリエA9連覇を目指す王者ユベントスを束ねるアニェッリ会長は、イベントの席において、チャンピオンズリーグ(CL)に言及。ヨーロッパ最強チームを決定する大会への出場権について持論を展開した。
今シーズンは、セリエAの昨年の順位に基づき、ユベントスのほか2位ナポリ、3位アタランタ、4位インテルミラノが出場したが、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ率いる地方のクラブであるアタランタが奇跡的な快進撃で出場権を獲得したことを議論すべきだと主張した。

 「偉大な国にいるというだけで、自動的に出場できることに関してだけは議論する余地があると考える。アタランタの功績には大きなリスペクトを抱いているが、国際舞台における歴史はなく、ただスポーツ面で素晴らしいパフォーマンスを示して
ヨーロッパ最高峰の大会へ出場することができた。これは正しいことなのだろうか、それとも違うのだろうか?」

 アタランタが出場権を得た一方、近年、CLの常連だったローマは6位に沈み、出場を逃した。ユベントス会長は、これによるクラブ財政への影響を危惧し、救済するべきだと主張した。

 「一方でローマについて考える。近年、イタリアのランキングをキープするのに貢献してくれたチームだが、1年間酷いシーズンを送ったために出場権を逃した。これにより財政的な面でも影響を受けることになる。投資や経費を保護していく必要もあるのではないだろうか」

https://www.sanspo.com/soccer/news/20200306/sci20030611560003-n1.html

バレンシアファン4人がコロナ感染か? アタランタ戦観戦のためにイタリア訪れる【欧州CL】 

20200226-00364429-footballc-000-3-view




1: 2020/02/26(水) 13:53:43.15
チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、アタランタ対バレンシアの試合が現地時間19日に行われ、アタランタが4-1の勝利をおさめた。この試合を観るためにイタリアを訪れていたバレンシアファン4人に新型コロナウイルスに感染した疑いがあるようだ。25日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスは世界中に拡大しイタリアでは犠牲者が出ていた。欧州の中でイタリアは最も感染者が多く、特にアタランタが本拠地を置くベルガモのロンバルディア州は感染者が多発している。なお、試合はロンバルディア州のミラノにあるサン・シーロで行われていた。

 同メディアによると、バレンシアファン4人が新型コロナウイルスの兆候を見せているとのこと。現時点で新型コロナウイルスと断定されていないものの、自宅に留まるよう命じられているという。最近になってセリエAの試合が延期、または無観客試合になることが決定したが、アタランタ対バレンシアの試合はそういった対策が本格化する前に行われていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00364429-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索