Samurai Goal

アセンシオ


スポンサード リンク





レアル悲劇40日間で7選手負傷 今夏獲得4選手も 

20190821-08210550-nksports-000-3-view[1]

<スペイン紙>久保建英とブラジル人MFロドリゴが交互にトップチームでプレーする可能性!1面で報じる  

20190725-07250839-nksports-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/25(木) 20:59:14.97 ID:woSEueMo9
スペイン紙アスは25日、レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英(18)とブラジル人MFロドリゴ(18)が交互にトップチームでプレーする可能性があると1面で報じた。

Rマドリードは23日のインターナショナル・チャンピオンズ杯の第2戦、アーセナル戦でPK戦の末に勝利したが、後半17分に右サイドFWの主力であるアセンシオが左ひざを負傷し、長期離脱することになった。それによってジダン監督もプランを変更せざるを得なくなったという。

右サイドFWのポジションは手薄になったが、久保は同サイドが主戦場。ロドリゴは前所属のサントス時代とU-20ブラジル代表で逆の左サイドでプレーしていたものの、ジダン監督はインターナショナル・チャンピオンズ杯初戦のBミュンヘン戦後にロドリゴは右サイドの選手であると明言している。

久保とロドリゴは今季、Bチームのカスティージャでプレーする予定になっているが、ウルグアイ出身のMFバルベルデがスペイン国籍を取得した場合、トップチームの外国人枠はミリトンとビニシウス(ともにブラジル)の2枠だけとなる。そのため、ジダン監督は空いた1枠を生かし、必要だと判断した場合、久保とロドリゴのどちらかを交互にトップチームに呼ぶ可能性があるという。

また、同紙は久保について「かつてバルセロナにいたことによりスペイン語を完璧に話すものの、ピッチ外ではシャイであり、ピッチ内で自分自身を表現することを好む」と説明している。(高橋智行通信員)

7/25(木) 19:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-07250839-nksports-socc

<久保建英>レアルの至宝より評価上?「スタートはBでも、すぐにトップチームの試合に出ることに」  

20190715-00010000-sdigestw-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/16(火) 19:10:26.38 ID:EMSzQjZK9
スペイン1部の名門レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英(18)の評価がうなぎ上りだ。

 今季はBチーム(スペイン3部)でのプレーからスタートするが、カナダ・モントリオールで行われている合宿ではトップチームの選手に交じって猛アピールを続けている。

 14日には今夏にチェルシー(イングランド)から移籍加入したベルギー代表FWエデン・アザール(28)との会話が「レアル・マドリードTV」で公開され、久保が世界的スターに向けて「いつも試合前にあなたのビデオを見ている」と英語で話しかけるなど、すっかりチームに溶け込んでいる様子だ。

 同日付のスペイン紙「アス」が1面で久保の特集記事を掲載するなど現地での注目度は急上昇。20日(日本時間21日)に米国ヒューストンで行われるインターナショナルチャンピオンズカップ初戦のバイエルン・ミュンヘン戦での新天地デビューに向けて期待は高まるばかりだが、チーム内でも久保の実力が非常に高く評価されているという。

 J1で監督経験もある日本代表OBは、最近Rマドリード関係者から久保の評価を聞く機会があったそうで「すでに(MFマルコ)アセンシオ(23)よりも序列が上の評価を得ているそうだ。スタートはB(チーム)でも、すぐにトップチームの試合に出ることになるのではないか」と明かす。

 アセンシオはスペイン代表の次期エース候補と期待されるアタッカー。その才能から“レアル・マドリードの至宝”とも呼ばれている。2018―19年シーズンはリーグ戦でスタメンとして19試合に出場するなどレギュラーの一角に君臨。そんな選手を差し置いて、首脳陣はキャンプ前から久保の現時点での実力も高く評価し、攻撃陣の中でポジションを争うアセンシオよりも有望な戦力と判断しているという。

 シーズン前半からトップチームでカップ戦出場がかないそうな久保。リーグ戦でも早期の大抜てきがありそうだ。

7/16(火) 16:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000028-tospoweb-socc

「レアルの7番」アセンシオが拒否していた事が判明!!プレッシャーを感じ過ぎた!? 

20170819202420

ロナウド去ったレアル、“BBC”から“BBA”へ変化を遂げる! 

bale-asensio-re
1 2018/08/13(月) 22:10:29.66 _USER9
今夏の移籍市場でクリスティアーノ・ロナウドをユヴェントスに売却し、名物トリデンテ“BBC”を解体せざるを得なくなったレアル・マドリーだが、今季新たに“BBA”が躍動するのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じている。

“BBC”はMFガレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマ、C・ロナウドの頭文字を取ったものだが、“BBA”はC・ロナウドの代わりにMFマルコ・アセンシオが入ったトリデンテとなる。『マルカ』はこのベイル、ベンゼマ、そして世界最高の選手候補の一人とされる22歳アセンシオのトリデンテが、今季のマドリーを引っ張る可能性を指摘している。

同紙は“BBA”が“BBC”と違い、C・ロナウドのように一人に依存することがないトリデンテであるとの見解も示す。「クリスティアーノ退団で攻撃の選手たちはゴールの責任を分け合うことになる」「クリスティアーノがいないことで、全員が輝き、より自由にプレーできる。自身のプレーを示すための制約はもうない」と、全員が平等に輝けるはずと予想した。

なお昨季の“BBA”のゴール数は44得点で、その内訳はアセンシオ11得点、ベイル21得点、ベンゼマ12得点。この44得点は、ちょうどC・ロナウドが昨季に記録したゴール数と同じだ。“BBA”は果たして、“C”の穴を埋めることができるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000020-goal-socc

『ロナウド無用』“アセンシオ&ベイル”コンビがレアルで炸裂! 

DkDuPMVUcAAEdaR
 レアル・マドリードは現地時間7日、インターナショナル・チャンピオンズカップでASローマを2-1で撃破。勝利の立役者となったのは、スペイン代表MFマルコ・アセンシオとウェールズ代表FWギャレス・ベイルだった。

海外メディアも「二人によるスペシャルな傑出ぶり」と称賛している。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180808-00127142-soccermzw-socc

【驚愕】190億円オファー!!900億円解除金!!レアル・アセンシオにオファーしたのはどこだ!? 

GettyImages-832958270-800x533

レアル・マドリーがMFマルコ・アセンシオに対する1億5000万ユーロ(約190億円)の獲得オファーに応じなかったことが選手の代理人により明らかになった。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00010014-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索