Samurai Goal

アスレティック・ビルバオ


スポンサード リンク





G大阪、ビルバオ退団のスサエタ加入を発表!リーガ通算379試合出場  

20190909-00010018-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/09(月) 15:02:07.50 ID:ojM1uYTa9
ガンバ大阪は9日、アスレティック・ビルバオを退団していたMFマルケル・スサエタ(31)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「14」を着用する。

2007年にビルバオの下部組織からトップチームに昇格したスサエタは、2018-19シーズンまでの12年間にわたり同クラブ一筋でプレー。しかし、昨シーズンにも公式戦25試合に出場していたものの、2019-20シーズンからはビルバオとの契約が満了を迎えてフリーの状態となっていた。

G大阪は第25節終了時点で自動降格圏の17位松本山雅FCと勝ち点差4の14位。リーガ・エスパニョーラ通算379試合38ゴール60アシストを記録する元スペイン代表アタッカーを確保し、残留に向けて巻き返しを図る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00010018-goal-socc

バルセロナ・ピケがデンベレに激昂! 決勝被弾時の怠慢プレーに対し… 

20190818-00010012-sportes-000-1-view[1]

要塞サン・マメスに散ったバルサ “クレイジー”なデンベレに最低評価 

20190817-00010004-sportes-000-1-view[1]

バルサ、11年ぶりにリーガ・エスパニョーラ黒星発進!アドゥリス劇的豪快弾でビルバオに敗戦…メッシ欠場  

1: Egg ★ 2019/08/17(土) 08:47:22.55 ID:YVtoSZiD9
リーガ・エスパニョーラ第1節が16日に行われ、アスレティック・ビルバオとバルセロナが対戦した。

2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラが、2連覇王者バルセロナと昨シーズン8位のアスレティック・ビルバオの一戦で幕を明けた。
エースのリオネル・メッシを負傷で欠くバルセロナはなかなか決定機を作れず、32分になってペナルティエリア内に残っていたルイス・スアレスが、相手のバックパスに反応してターンしながら左足を振り抜いたが、これは左ポストに弾き返された。

その直後、右足を痛めたスアレスは自ら交代を要求。負傷交代を余儀なくされて、代わりにラフィーニャが投入された。
44分にはラフィーニャがエリア手前右から強烈なミドルシュートを放ったが、これはGKの好セーブとクロスバーに阻まれた。

後半に入ってバルセロナは、52分にラフィーニャがエリア内左からシュート、70分にはイヴァン・ラキティッチがエリア内のこぼれ球をダイレクトで叩いたが、どちらも得点には結びつかなかった。

試合が動いたのは89分。1分前に途中出場したアリツ・アドゥリスが右サイドからのクロスを豪快なジャンピングボレーでゴール右隅に叩き込み、ビルバオに劇的な決勝点をもたらした。
バルセロナは攻撃陣が不発に終わり、11シーズンぶりに黒星スタートを喫した。

次節、バルセロナは25日にホームでベティスと、アスレティック・ビルバオは24日にアウェイでヘタフェと対戦する。

【スコア】
アスレティック・ビルバオ 1-0 バルセロナ

【得点者】
1-0 89分 アリツ・アドゥリス(ビルバオ)

【スターティングメンバー】
アスレティック・ビルバオ(4-2-3-1)
U・シモン;カパ、ヌネス、イェライ、ベルチチェ;U・ロペス(81分 エチェバリア)、D・ガルシア;デ・マルコス(66分 サンセット)、R・ガルシア、ムニアイン;ウィリアムス(88分 アドゥリス)

バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン;N・セメド、ピケ、ラングレ、J・アルバ;S・ロベルト(76分
C・ペレス)、デ・ヨング、アレニャ(46分 ラキティッチ);デンベレ、スアレス(37分 ラフィーニャ)、グリーズマン

8/17(土) 6:01配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00969001-soccerk-socc

写真
no title


【サッカー】<バイエルン>コウチーニョ獲得合意を発表…1年間のレンタル、買い取りOP付き
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565996405/

ビルバオと違約金なしの契約結んだ<ムニアイン>「どこにも行きたくない。だから違約金も必要ない」  

1: Egg ★ 2019/03/17(日) 00:32:28.98 ID:Qu4YIAFN9
アスレティック・ビルバオMFイケル・ムニアインは、絶滅危惧種であるワン・クラブ・マンになる道を歩んでいる。

ネイマール、ムバッペ、アザール…ジダン復帰でレアルがねらうターゲット10人は?
昨年の11月にアスレティックとの契約を2024年まで延長したムニアインだが、両者は契約内容に違約金を含めず。リーガ・エスパニョーラにおいて違約金が存在しない契約は、極めて稀である。

違約金がないことで何にも縛られることなくアスレティックを退団できるムニアインだが、もちろんそんな意思はなく、下部組織から過ごす同クラブでキャリアを終える考えだ。
スペイン『パネンカ』とのインタビューで、自身を考えを次のように伝えている。

「僕は自分の心のチームで、サン・マメスでプレーしている。『どこに行くんだ?』と自分に問いかけてみても、どこにも行きたくはないんだ。だったら、どうして違約金がなくてはいけないんだ?」
かつてレアル・マドリー移籍などの噂もあったスペイン代表MFだが、愛するアスレティックでビッグチームを打ち負かすことに、大きなモチベーションを感じている様子だ。

「契約を延長したとき、たくさんの人たちから『どんだけ野心がないんだよ。より大きいクラブへ行って、もっとタイトルを獲得する選択肢もあったはずだ』と言われた。
でも、僕は正反対だと思う。全タイトルを狙っているチームを負かす以上に大きな野心はない。それ以上のことがあるのかい?」

3/16(土) 23:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00010026-goal-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索