Samurai Goal

アストン・ヴィラ


スポンサード リンク





マンチェスター・U、アストン・ヴィラとの元日決戦を制し首位リヴァプールに並ぶ 

スクリーンショット 2021-01-02 11.36.42

王者リヴァプール、衝撃の7失点大敗…アストン・ヴィラが開幕3連勝!南野拓実は後半から出場 

スクリーンショット 2020-10-05 5.30.17




1: 2020/10/05(月) 05:21:21.75 _USER9
現地時間4日、イングランド・プレミアリーグは第4節が行われ、リヴァプールは敵地ヴィラ・パークでアストン・ヴィラと対戦した。

チアゴに続いてマネもコロナの陽性反応が出てしまったリヴァプールは、代役に新戦力のジョタを起用。一方、リーグ戦2試合消化で2連勝中のアストン・ヴィラは新戦力のバークリーが先発した。

開始わずか4分、ロバートソンのバックパスをGKアドリアンが受けて右に展開するが、このパスがずれてグレアリッシュが奪い、折り返したボールをワトキンスが決めてアストン・ヴィラが先制する。

さらに8分には、ペナルティーエリア左で仕掛けたグレアリッシュが対峙したファン・ダイクの股を抜くパスを通すと、ゴール前に走り込んだバークリーがフリーでシュート。しかし、この絶好機はゴール右へと外してしまう。

嫌な立ち上がりとなったリヴァプールは15分、ケイタが入れたクサビをサラーが流してフィルミーノがエリア内右を抜け出す。決定機だったが、ここはGKエミリアーノ・マルティネスがファインセーブで切り抜ける。

ピンチをしのいだアストン・ヴィラは22分、グレアリッシュのパスに左サイドを抜けたワトキンスがカットインして対峙したゴメスを振り切ると、倒れ込みながらも右足でシュート。これがゴール右へと決まり、アストン・ヴィラが追加点を挙げる。

2点を追う格好となったリヴァプールは33分、左サイドからカットインしたジョタがゴール前にパスを入れると、ケイタのシュートはブロックされたものの、こぼれ球をサラーが押し込んでリヴァプールが1点を返す。

これで追い上げムードになるかと思われた35分、バークリーの右CKのこぼれ球をマッギンがボレーで叩くと、これがファン・ダイクに当たってコースが変わり、ゴール左へと決まってアストン・ヴィラが再び2点差にリードを広げる。

さらに39分、右サイドからのFKをバークリーが蹴ると、ファーサイドのトレゼゲが滑り込みながら折り返し、これをワトキンスが押し込んでハットトリック。アストン・ヴィラが4-1と突き放す。

やや不運も重なって4失点を喫したリヴァプールは後半、ケイタに代えて南野拓実を投入。まずは2点差に詰め寄りたいところだったが、次の1点を決めたのはまたしてもアストン・ヴィラ。55分、グレアリッシュとのパス交換から、バークリーがペナルティーエリア手前左から左足を一閃。ブロックに入ったDFの足に当たって若干コースの変わったシュートがゴールに吸い込まれ、アストンヴィラが5点目を挙げる。



■試合結果
アストン・ヴィラ 7-2 リヴァプール

■得点者
アストン・ヴィラ:ワトキンス(4分、22分、39分)、マッギン(35分)、バークリー(55分)、グレアリッシュ(66分、75分)
リヴァプール:サラー(33分、60分)

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/34c51374e19d6a11e9edd6042b117cbabc46a1ed

ピッチに乱入した観客が選手を暴行→そのままプレー続けて決勝点もぎとる イングランド2部 ※動画  

1: ばーど ★ 2019/03/13(水) 11:50:38.18 ID:tKDGX2Y59
百戦錬磨の「10番」の選手も、ボールを持っていない時に後ろから殴られるとは思ってもみなかっただろう。

【動画】英サッカー、ピッチに乱入した観客が選手を暴行→そのままプレー続け決勝点を決める
https://www.youtube.com/watch?v=J2w3bTpcc6A



3月10日に開催されたサッカーのイングランド2部リーグ、バーミンガム・シティーとアストン・ヴィラの試合で、ピッチに乱入した観客から選手が暴行を受ける一幕があった。

イギリスの新聞・ガーディアンによれば、試合開始からわずか9分、観客がピッチに乱入し、アストンヴィラのキャプテン・ジャック・グリーリッシュ選手に暴行。その後、暴行したファンは警備員に捕えられた。

男性が選手めがけて一直線に駆け寄り、首をめがけて強烈なラリアットを掛けているように見える。その後両チームの選手たちが入り乱れ、乱闘騒ぎとなった。

幸いにもグリーリッシュ選手にけがはなく、そのままプレーを続行した。

すると、この後に驚きの展開が待っていた。

暴行を受けたグリーリッシュ選手が、この試合で唯一の得点となる決勝点を決め、アストン・ヴィラが1-0で勝利を収めたのだ。

試合後、暴行を受けたグリーリッシュ選手に対して、ライバルチームのバーミンガム・シティーは声明を発表し、謝罪した。

熱狂するダービーマッチで「悲劇」のヒーローが、一転チームを勝利に導いた。

サッカーの神様が、事態をしっかりと見ていたのだろうか。

3/12(火) 12:24
ハフポスト日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010003-huffpost-soci
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索