Samurai Goal

アジア大会


スポンサード リンク





韓国代表監督が明かした“ガンバ猛反対”の真実とは…? 

no title

ベトナムサッカー界の“英雄”パク・ハンソ監督は韓国に帰国し「アジアカップ」に備える 

キャプチャ
男子サッカー、ベトナム代表パク・ハンソ監督(59、韓国出身)がアジア大会の日程を終え、韓国に帰国する。

 パク監督のマネジメントを担当するDJマネジメントは5日、「アジア大会の日程を終えたパク・ハンソ監督が6日午前、仁川国際空港を通して帰国する」と明らかにした。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000038-wow-socc

アジア大会『ベストイレブン』日本から2名選出!フンミン、ウィジョは選ばれず 

1 2018/09/05(水) 08:45:40.87 _USER9
9/5(水) 8:24配信
日本から2名選出! 大物FWは選外…海外メディアが選ぶアジア大会ベスト11

 アジア版『フォックス・スポーツ』がアジア大会のベストイレブンを選定し、準優勝となったU-21日本代表からはFW岩崎悠人とDF立田悠悟の2名が選ばれた。

 岩崎は攻撃の核としてチームトップの4得点を記録。同メディアは「イワサキは決して相手を恐れることはなかった」とその勇敢さを称え、「大会を通じ、個人として最も危険だった」と高評価を与えている。

 また、3バックの中央で貢献した立田については「冷静さと戦術眼で守備の中心的な役割を果たした」と寸評。「この20歳が清水エスパルスでどこまで成長するのか非常に興味深い」と今後に期待を寄せている。

 一方、日本を下して2連覇を果たしたU-23韓国代表からは、DFキム・ジンヤとFWイ・スンウの2名が選出。トッテナムで活躍するエースFWソン・フンミンや大会最多の9ゴールを挙げたG大阪FWファン・ウィジョは選外となっている。

以下、アジア大会ベストイレブン

▽GK
モハメド・アル・シャムシ(UAE)

▽DF
ブー・バン・タイン(ベトナム)
立田悠悟(日本)
ブイ・ティエン・ズン(ベトナム)
キム・ジンヤ(韓国)

▽MF
グエン・クアン・ハイ(ベトナム)
オディロン・ハムロベコフ(ウズベキスタン)
イ・スンウ(韓国)
サファウィ・ラシド(マレーシア)
岩崎悠人(日本)

▽FW
ザビヒーリョ・ウリンボエフ(ウズベキスタン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-01770090-gekisaka-socc
no title

韓国代表監督、問題発言か!?『日の丸が太極旗の上にあるのはあり得ない』 

102537b51f6ed017ab7d58fb15fbfa13_t
1 2018/09/03(月) 11:55:15.35 BE:878978753-PLT(12121)
韓国サッカー監督「日章旗が太極旗の上にあれば目を向けられない」

2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会で韓国U-23(23歳以下)サッカー代表を優勝に導いた
キム・ハクボム監督が3日、国内のサッカーファンに感謝の言葉を伝えた。

キム監督は仁川(インチョン)空港に到着した直後のインタビューで、「選手たちが頑張って良い成績と結果を得ることができた。
選手に声援を送ってくれたサッカーファンに深く感謝している」と述べた。

キム監督は今大会で最も難しかった試合について「ウズベキスタンとの決勝トーナメント1回戦が最も厳しかった」とし
「優勝を目指すうえで最も重要な試合だったが、韓国の選手たちが難しい試合をうまくやってくれた」と振り返った。

キム監督は日本と決勝を控えて選手に伝えていた勝利への強いメッセージも紹介した。キム監督は
「選手たちに『日章旗が韓国の太極旗(テグッキ、韓国の国旗)の上にある場面は目を開けて見ることができない』と話した」とし
「選手たちが渾身の力を出して金メダルを獲得することができた」と評価した。

キム監督は2020年東京オリンピック(五輪)の構想については「まだそこまで考えていない」と答えた後、
「選手はこれで満足するのではなく、所属チームに戻ってKリーグブームを起こし、良いサッカー試合を見せ、
ファンがサッカー場を訪れるようにしてほしい」と強調した。

キム・ハクボム監督が指揮したU-23韓国代表はアジア競技大会サッカー決勝で延長戦の末、日本を2-1で破って金メダルを獲得し、
2014年仁川(インチョン)大会の優勝に続いて2連覇を達成した。

https://japanese.joins.com/article/688/244688.html?servcode=600§code=640&cloc=jp|main|top_news

韓国での“日韓戦”視聴率が57.3%!!韓国メディアは狂喜乱舞の賑わいを見せた 

キャプチャ
日本と韓国の対決となったアジア大会の男子サッカー決勝は、韓国でも大きな注目を集めた。日本ではライブ放送はなく、NHK衛星第1(BS1)で1時間遅れのディレイ放送だったが、韓国ではKBS、MBC、SBSの全国ネット地上波3局が同時中継。韓国の視聴率調査会社『ニールセン・コリア』によると、3局合算の平均視聴率は57.3%になったという。
 
 国中が関心を寄せていたソン・フンミンの兵役問題もかかったアジア大会の決勝であり、相手は“宿命のライバル”である日本、しかも週末のプライムタイムでの中継ということもあって、驚異的数字が出たのだろう。そんな大きな関心を集めたビッグマッチで韓国が延長戦の末に劇的な勝利を収めただけに、韓国メディアの反応も狂喜乱舞といった印象だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00046671-sdigestw-socc

U-21日本代表を称賛!“本気モード”一世代上の韓国に対しよくやった 

キャプチャ
1 2018/09/02(日) 18:50:32.18 _USER9
アジア大会決勝での初の日韓戦で、一世代上の相手に勇敢な戦いを挑む

 アジア大会男子サッカー決勝が1日に行われ、U-21日本代表はU-23韓国代表に延長戦にもつれ込む死闘の末に1-2で敗れ、銀メダルに終わった。インドネシアの地で勇敢な戦いを見せた東京五輪世代の戦いぶりを、ワールドカップを6大会取材し、“アジアサッカー通”としても知られる英国人ジャーナリストのマイケル・チャーチ氏が総括。約半月に及ぶ大会期間中に見せた“森保チルドレン”の、チームとしての進化を称賛している。

◇    ◇    ◇

 アジア大会の開幕前に、この光景を誰が想像しただろうか。日本よりも上のU-23年代で構成され、さらにイングランドの強豪トットナムのレギュラーを張るソン・フンミンらオーバーエイジ3選手も招集した韓国に、21歳以下の日本がここまで勇敢な戦いを見せるとは――。

 彼らは銀メダルを胸にインドネシアから去ることになった。だが、俯く必要はどこにもない。

 韓国はロシア・ワールドカップのメンバーを4人も擁していた。そして、選手は“兵役免除”という特権を獲得したい情熱に突き動かされていた。今大会開幕時に韓国の金メダルへの挑戦を阻む存在はないように見えた。

 森保一監督のチームは圧倒的な経験値を誇る韓国に対し、規律と気持ちの入ったパフォーマンスを見せた。ソン・フンミン、イ・スンウ(ヴェローナ)らヨーロッパのクラブで活躍する実力者たちに問題を突きつけた。

 原輝綺(アルビレックス新潟)、板倉滉(ベガルタ仙台)、立田悠悟(清水エスパルス)の最終ラインは統制が取れていた。訓練され、運動量も絶大だった。ハンブルガーSV移籍の決まったファン・ヒチャンの中盤からの飛び出しにも上手く対抗していた。

 そして、延長戦まで日本の中盤もソン・フンミンを遮断し、彼とチームメイトに決定機を作ることを許さなかった。最終ラインの手前で、松本泰志(サンフレッチェ広島)と渡辺皓太(東京ヴェルディ)の守備陣は韓国の攻撃陣にフラストレーションを与えた。

つづく

9/2(日) 14:01配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00132924-soccermzw-socc

批判を浴びたファン・ウィジョ、胸の内を明かす!! 

news_253137_1
1 2018/09/02(日) 15:16:40.68 _USER9
コネ選出”と批判された中、得点王に輝くなどU-23韓国代表を金メダルに導いたガンバ大阪FWファン・ウィジョ(26)が大会を振り返った。韓国『東亜日報』が伝えている。

 アジア大会で韓国は、優勝すれば兵役が免除されるため、オーバーエイジ枠でFWソン・フンミン(26/トッテナム)やGKチョ・ヒョヌ(26/大邱FC)、将来が期待されるFWファン・ヒチャン(22/ハンブルガーSV)とFWイ・スンウ(20/ベローナ)といった海外組も招集された。

 そんな中、A代表で結果を残せていないファン・ウィジョが選出され、U-23韓国を率いる金鶴範監督が城南FC時代の恩師ということもあり、ファンからの風当たりは強かった。

 それでも、初戦のバーレーン戦でいきなりハットトリックを記録すると、続くマレーシア戦でも得点。決勝トーナメントに入ると、準々決勝で今大会2度目のハットトリックを達成するなど、決勝まで毎試合ゴールを決め、9得点で得点王に輝いた。

 日本との決勝では得点こそなかったが、延長後半13分までプレー。優勝に大きく貢献した。「今日は本当に大変だった。吐き気がするほどだった。僕じゃなくてもゴールを取れる選手が多かった。良い選手が多く、チャンピオンに値していた」と振り返った。

「金メダルのプレッシャーに選手たちはよく耐えた。本当に大変な期間だった。厳しい試合が多かった。今日だけは楽しみたい。僕たちは優勝という大きな目標を持っていた。うまくいったと思う」

 プレッシャーを跳ね除けて結果を出したファン・ウィジョ。今度は17位に低迷するG大阪でゴールを量産し、残留に導く活躍が期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01751115-gekisaka-socc

なぜ交代枠を使わなかった!?森保監督のプラン次第では“韓国”に勝利も有り得た? 

GettyImages-1025745268-800x533
1 2018/09/02(日) 08:24:50.73 _USER9
ソン・フンミンらを擁する韓国に攻め込まれるなか、粘り強く耐え続けたが…

アジア大会男子サッカー決勝が1日に行われ、U-21日本代表はU-23韓国代表に延長戦の末に1-2で敗れ、銀メダルに終わった。
森保一監督は試合後、前後半90分間は交代枠を使わなかったことについて、「後半に入ってチャンスも増えていた」と意図を語った。

U-23世代をベースに、A代表のエースFWソン・フンミン(トットナム)らオーバーエイジ枠をフル活用する必勝体制で今大会に挑んだ韓国に対し、
日本は東京五輪を視野に入れたU-21代表チームで参戦。因縁の日韓対決となった決勝戦は、韓国に猛攻を受ける展開となった。

前後半を無失点でしのぎ切って迎えた延長戦開始早々の3分、日本はペナルティーエリア内左からソン・フンミンに攻め込まれる。
そしてゴール前中央にカットインしたところを途中出場のFWイ・スンウ(ヴェローナ)にシュートを許し、ついに先制点を奪われた。

さらに延長前半11分、ソン・フンミンの左FKからファーサイドでFWファン・ヒチャン(ハンブルガーSV)に頭で合わせられて決定的な2失点目。
日本は延長後半10分に上田綺世(法政大)のゴールで1点を返すのが精一杯だった。

森保監督は、前後半90分間を無失点に抑えたこと、延長戦に入って2点ビハインドを背負ったなかで1点を返す意地を見せたことに、一定の評価を与えた。

「選手たちが韓国の強力な攻撃陣に対してタフに粘り強く戦い抜いて、凌いでくれた。
そこからチャンスを見出すという展開を辛抱強く我慢強く、集中力を切らさずに続けてくれたと思います。
残念ながら延長戦で2点を取られてしまい、さらに難しい展開になりましたが、選手たちが2-0のまま終わるのではなく1点返す、
最後まで諦めずに戦う姿勢を見せてくれたことは今後につながると思います」

「攻撃のチャンスから得点のチャンスにつなげることもできるかと思った」

U-21日本代表はFW前田大然(松本山雅FC)が準決勝のUAE戦で足首を痛めて欠場。
準々決勝から中1日の強行日程で厳しい戦いを強いられるなか、森保監督は0-0で延長戦に突入するまで選手交代を使わなかった
(延長戦開始と同時に、一つ目の交代としてDF杉岡大暉に代わってMF遠藤渓太を投入)。

「まずは90分で厳しい戦いになるということを予想していました。
試合中もそうなったなかで、相手の攻撃を耐えながら、凌ぎながら攻撃につなげるという部分で、90分で我々がゼロに押さえながら最後に1点を取って勝つことができればと考えていました。
交代枠は使わなくても後半に入ってチャンスも増えていましたし、攻撃のチャンスから得点のチャンスにつなげることもできるかと思い、交代枠を使わずに試合を進めました」

後半、韓国を相手に徐々にチャンスを作り始めていたことを鑑みて、交代策に打って出なかったという。
延長前半に守備を打ち破られて2点を失ってしまったものの、試合は森保監督のプランに近い形で進んでいたようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00132857-soccermzw-socc
9/2(日) 7:20配信

U-21日本代表、アジア大会での準優勝は上出来だった? 

キャプチャ
◆アジア大会2018 ▽サッカー決勝 U21日本1―2U23韓国(1日、インドネシア・ボゴール)

 男子決勝で初の日韓戦は、韓国が延長を制して2連覇を達成した。

 金メダルで兵役が免除される大事な試合を動かしたのは、フル代表でもエースでオーバーエージ枠の孫興民らロシアW杯代表組だった。均衡を破ったのは延長前半3分。「どれだけ大事か分かっている」と意気込んでいた孫興民がペナルティーエリア左から切れ込み、流れた球を途中出場で20歳の李承佑が豪快に蹴り込んだ。激戦で底力を見せつけた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000048-sph-socc

“日韓戦”だけでは無かった...何と『ウイイレ』で日本代表が金メダルに!! 

キャプチャ
1 2018/09/01(土) 22:09:47.04 _USER9
決勝戦 日本対イラン、最終戦は相原(Leva)選手がイランReza選手を3-2で撃破!!
合計2-1(BO3)となり、ウイイレ日本代表が優勝!金メダルを獲得

杉村直紀(SOFIA)
相原翼(レバ)

https://www.famitsu.com/news/201808/31163270.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索