Samurai Goal

アジアチャンピオンズリーグ


スポンサード リンク





浦和 ACLは決勝、J1では残留争い 11月9日まで4試合のハードスケジュール  

7A6A9145-e1567609485310




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/31(木) 09:14:32.55 ID:7xFh6m+a9
サッカーのJ1は29日、第31節の1試合があり、4位の広島は1―1で浦和と引き分け、勝ち点を51とした。浦和は同36で12位から暫定9位に浮上した。

浦和は厳しい状況に直面している。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で決勝に進む一方、J1では残留争い。
残り試合は上位との対戦が中心だ。ACLで勝ち残ったことでJ1の日程が変更され、
この日から11月9日に敵地であるACL決勝第1戦のアルヒラル(サウジアラビア)戦まで中2~3日で4試合をこなさなければならない過密スケジュールとなった。

さらに、2年ぶり3回目のアジア王者を目指すチームにとって不安材料なのが、不動のGK西川が累積警告でACL決勝の初戦に出場できないこと。
代わって起用される見込みのGK福島は、今季の公式戦出場が1試合にとどまる。

この日の先発は23日のACL準決勝第2戦と同じベストメンバーだったが、相手に中盤のスペースを使われ、ドリブルで運ばれたり、パスを通されたりして押し込まれた。
それでも耐えて後半に岩波の今季初ゴールで先制した。終盤、必死にゴール前に戻った橋岡のクリアがオウンゴールとなり、「内容的には負け試合」(興梠)だったから、勝ち点1は最低限の結果だ。

リーグ戦は残り4試合。今後、起用が難しくなるが、槙野は「チーム全員でやりくりしないと」と言う。総力戦で勝ちきるしかない。

◇J1浦和の今後の日程◇

月  日 大   会 相   手 会 場

11月1日 J1第30節 鹿  島① カシマ

  5日 J1第32節 川  崎⑥ 埼 玉

  9日 ACL決勝第1戦 アルヒラル(サウジアラビア) サウジアラビア

  24日 ACL決勝第2戦 アルヒラル(サウジアラビア) 埼 玉

  30日 J1第33節 FC東京② 味スタ

12月7日 J1最終節 ガ大阪 ⑨ 埼 玉

  14日 クラブワールドカップ2回戦 カタール※1

     J1参入プレーオフ※2

  17日 クラブワールドカップ準決勝 カタール※1

  21日 クラブワールドカップ決勝または3位決定戦 カタール※1

  29日 J1参入プレーオフ※2

※1 ACLで優勝すればクラブワールドカップ出場

※2 J1で16位の場合は参入プレーオフに回る。クラブワールドカップに出場した場合は29日、しない場合は14日

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000094-mai-socc
10/29(火) 23:59配信

https://www.youtube.com/watch?v=4edlzeVRPl8&t=225s


『We Are Diamonds』

<ACL>2021年大会から40チーム参加に拡大へ。AFCが発表  





20191026-00344727-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/26(土) 20:40:31.25 ID:TmUhT5SN9
アジアサッカー連盟(AFC)は26日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)およびAFC女子アジアカップの大会方式を変更し、それぞれ出場チーム数を増加させることが執行委員会において決定されたとして発表を行った。

 アジアのクラブ王者を争う大会であるACLは、現行方式では32チームで本大会グループリーグが開催されている。これを2021年大会から40チーム参加に拡大することが決定された。

 現在は4チームずつ8つのグループが組まれているが、東西地区にそれぞれ1グループを加え、合計10グループとなる。「上位6協会の現状の出場枠は変わらない」とされており、カントリーランキングが大きく変動しない限りは日本からの出場チーム数が変わることはなさそうだ。決勝トーナメント進出チームの決定方法などについての詳細は明らかにされていない。

 一方、女子アジアカップは前回の2018年大会まで8チームで開催されていた。2022年の次回大会では4チームを加え、12チームでの開催とすることが決定されている。

10/26(土) 20:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191026-00344727-footballc-socc

浦和レッズ、ACL決勝進出でJ1残留に最大の試練!8日間で上位陣3連戦、4日後サウジで決勝第1戦  

1: Egg ★ 2019/10/23(水) 23:39:57.29 ID:w6AsNU989
◆アジア・チャンピオンズリーグ ▽準決勝第2戦 広州0―1浦和=2戦合計0―3で浦和が決勝進出=(23日・広州)

 浦和が敵地で広州恒大に1―0で勝ち、2戦合計3―0として、日本勢単独トップを更新する3度目のアジア制覇に向けて決勝進出を決めた。

 浦和はACLでは順調に勝ち進んでいるが、J1では残留争いに巻き込まれている。29節終了時点で12位だが、勝ち点35はJ1参入プレーオフ行きとなる16位と勝ち点4差となっている。

 ACL決勝に進んだことでJ1の日程が変更され、上位陣の広島、鹿島、川崎と29日から8日間で3試合をこなした上に、4日後に敵地・サウジアラビアでのACL決勝第1戦・アルヒラル戦を迎える超過密日程になってしまった。

 ACLを制覇した場合は、12月14日からはクラブW杯に出場する。もし万が一、J1で16位に沈んだ場合には12月29日にJ1参入プレーオフ決勝が控えている。

10/23(水) 22:59配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00000141-sph-socc

浦和 今後の日程
no title

セルジオ越後「アジアのレベルは落ちてきている。最近は韓国勢がACLで軒並み早々に敗退しているし中国も...」  

1: Egg ★ 2019/10/04(金) 12:49:34.91 ID:E73VKtJk9
ACLでベスト4でも、興梠などベテラン頼みで…

ACLの準々決勝が行なわれたね。2戦合計スコアでレッズ対上海上港は3-3、アントラーズ対広州恒大は1-1。アウェーゴール数の差でレッズは準決勝進出を決め、アントラーズは敗退した

 まずレッズについてだけど、決して〝横綱″のように相手を圧倒できたわけではない。アウェーでの第1戦が2-2、ホームでの第2戦が1-1と、準決勝に進んだとはいえ一度も勝っていないからね。

 それに、J1では15位(26節終了時)という低迷を度外視してはいけない。思い返せば、17年にACLを優勝した時もリーグでは7位とパッとしない順位だったよね。

 近年の傾向から分かるのは、結局レッズには複数の大会を戦えるだけの戦力が揃っていないということ。つまり、人材不足なんだ。今季は開幕前にセレッソから杉本、レイソルから鈴木、マリノスから山中を獲得したけど、3人とも絶対的な地位は確立できていない。

 若手の台頭も橋岡くらいで、いつまでたってもベテランの槙野や興梠に頼ってばかり。前回にアジア制覇した時はラファエル・シルバが活躍したけど、今季はファブリシオがスタメンで出れていなくて、助っ人も上手く活用できていない印象だ。これじゃあ、ACLでベスト4でも、J1で下位に沈むのは当然だよね。

 そもそも、アジアのレベルは落ちてきている。最近は韓国勢がACLで軒並み早々に敗退しているし、中国もビッグネームの〝爆買い″が収まり始めてからは勢いが落ちている。

 上海上港もレッズとのACL準々決勝の第2戦で元ブラジル代表のフッキを出場停止で欠くと、まるで怖さはなかったからね。レッズはラッキーだった、という見方もできる。

 一方でアントラーズは、ACLの4日前に行なわれた、リーグでの首位攻防戦のダメージが大きかった。首位のFC東京戦を2-0で勝って勝点差を1に縮めたけど、この試合で白崎と三竿が負傷。このふたりをACLの広州恒大との第2戦で起用できなかったのは痛恨だった。

 だけど、ACLを勝ち進めば、連戦になるのは分かっていたこと。そもそもの敗退した原因を追究するなら、複数の大会を勝ち上がるための陣容を整えられなかったところにある。夏に海外に移籍した鈴木(シント=トロイデンへ)、安部(バルセロナへ)、安西(ポルティモネンセへ)を引き留められなかったよね。J1もACLも同時に上位を争うためには、彼らは不可欠な戦力だったはずだ。特に昨季のACL優勝でMVPに輝いた鈴木は、重要な人材だった。

 代わりにレイソルから小泉、グランパスから相馬、加入内定していた法政大の上田を前倒しで入団させて頭数は揃えたとはいえ、こうしてACLで敗退してしまえば、やっぱり鈴木、安部、安西の退団は痛恨だったと言わざるを得ない。

9/20(金) 17:05サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190920-00064370-sdigestw-socc&p=1

写真no title

敗者の言い訳!? 広州恒大のカンナバーロ監督「オフサイドのシーンも、VRがないのでどうしてオフサイドか分からない」 

1: Egg ★ 2019/10/03(木) 09:03:57.49 ID:B5K5ip1C9
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝ファーストレグが2日、埼玉スタジアム2002で行われた。日本勢で唯一、勝ち上がっている浦和レッズがホームに中国の広州恒大を迎え、ファブリシオ、関根貴大のゴールで2-0と勝利した。

 アウェイでファーストレグを落とした広州のファビオ・カンナバーロ監督が試合後の公式会見に臨み、「前日の公式会見でも話したとおり、とても難しい試合になった。前半に関しては相手が上回っていい試合をした。2ゴールは素晴らしいゴールだったけど、2失点は意外だった。でもサッカーでは十分に起こり得ること。ただ、まだ半分が終わっただけなので、残り半分しっかりと決勝に進むための準備をしていきたい。我々には質の高い選手がそろっているので問題なく準備を進められると思う」と語った。

 中国の記者から「最近なぜパフォーマンスが上がらないのか?」という質問が飛ぶと、「14連戦があって、連勝はどこかで止まってしまうもので、それが今来てしまった。今日の試合でもゴールチャンスはあったし、入ってもおかしくなかった」と語った上で、「オフサイドのシーンも、VRがないのでどうしてオフサイドか分からないが、まだチャンスはあるので次の試合にしっかりと準備したい」とコメント。

 また、6試合勝てていない現状に対しては、「サッカーとはチームスポーツであり、個人でやるものではない。個人を責めることは簡単だが、そういうものではない」と前置きし、「エウケソンは戻ってきたばかりでまだフィットしていないし、ヨーロッパで活躍できる選手が何人もいる。修正して、次の試合に臨みたい」と、ホームで0-2のビハインドを跳ね返すと意気込んだ。

写真
no title


10/2(水) 22:06配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00985571-soccerk-socc

弾丸ミドル2発で勝負あり!! 浦和、公式戦11試合ぶり勝利&17試合ぶり完封でACL決勝進出に前進 

20191002-43472295-gekisaka-000-1-view[1]

【速報】浦和レッズ、ホームで2-0で完封勝ち&アウェイゴール許さず! ACL準決勝1stレグ 広州恒大戦  

images

【速報】ACL準決勝1stレグ 浦和レッズ vs 広州恒大 スタメン発表! 

images

広州FWタリスカが日本のスタイルを称賛「本当に好きだ。欧州のチームに似ている」 

20191001-00010019-goal-000-1-view[1]

鹿島、ACL連覇の“夢”潰える… 2戦合計1-1、広州恒大にアウェーゴールを許し8強敗退  

20190918-00218402-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/18(水) 20:54:47.59 ID:0nF5G4d/9
セルジーニョが同点ゴールも決勝点を奪えず “王者”鹿島が準々決勝で散る
 昨季のアジア王者である鹿島アントラーズは18日、AFCチャンピオンズリーグ準々決勝の第2戦、ホームでの広州恒大戦に臨み1-1で引き分けた。2戦合計も1-1となり、アウェーゴール数で下回った鹿島は2年連続のベスト4進出を逃し、“アジア連覇”の夢は潰えた。

 8月28日に行われた敵地での第1戦を0-0の引き分けで終えていた鹿島は、この試合に勝てば突破、1失点を喫した時点で引き分けだとアウェーゴール数で下回り敗戦という状況で、本拠地カシマスタジアムでの第2戦に臨んだ。4日前に行われたJ1リーグ第26節FC東京戦(2-0)で、MF白崎凌兵とMF三竿健斗が負傷交代し、この試合を欠場。だが、鹿島は序盤から積極的にゲームを進めると、前半14分にはMFレオ・シルバが決定的なシュートを放つが、これは広州恒大のGKがスーパーセーブで凌いだ。同32分にもMFセルジーニョがFKの流れから、オーバーヘッドキックでゴールを狙うがシュートはわずかにゴール左へと外れた。

 決定機を生かせないでいると、同40分に痛恨の失点を喫する。広州恒大の左CKから、警戒していたMFアンデルソン・タリスカに走り込まれ、豪快なヘディングシュートを叩き込まれてしまう。鹿島にとっては痛恨のアウェーゴールを与え、0-1で試合を折り返した。

 鹿島が2年連続のベスト4へ進むためには、2ゴールが必要な状況。後半開始から再び積極的なゲームを展開すると、後半6分に実を結ぶ。ペナルティーエリア左でボールを受けたレオ・シルバが右足を思い切り振り抜くと、シュートはゴール前のセルジーニョの体に当たってコースが変わり、ネットに吸い込まれた。

 1-1の同点に追いついたとはいえ、このままでは敗退が決まるホームの鹿島は、その後も試合の主導権を握ってゲームを進めていく。大岩剛監督も後半24分にMF名古新太郎に代えてFW相馬勇紀、同27分にはFW伊藤翔を下げてFW上田綺世を投入。決勝点を奪うために攻撃の圧力を強めていった。

 同30分にセルジーニョが放ったコントロールショットは、無情にもクロスバーを直撃。その後も再三にわたって攻め込むも、広州恒大の粘り強い守備の前に崩しきれず、試合は1-1のまま終了。アウェーゴール数で下回った鹿島の敗退が決まった。

 これで準決勝のカードは浦和レッズと広州恒大に決定。第1戦は10月2日に行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190918-00218402-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索