Samurai Goal

アジアカップ


スポンサード リンク





<アジア杯>準々決勝からVAR(ビデオアシスタントレフリー)導入! 

GettyImages-970263984-1-800x571




1: 2018/11/15(木) 23:36:29.51 _USER9
アジア・サッカー連盟は15日、来年1月開幕のアジア・カップ(アラブ首長国連邦)で準々決勝からビデオ判定(VAR=ビデオ・アシスタントレフェリー)を導入すると発表した。VARはゴールやPK、退場処分など重要な場面で適用される。今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会でも採用された。 

11/15(木) 20:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000140-jij-spo

セルジオ越後 キリンチャレンジカップ「アジアカップを勝つことはノルマだ!」 

15_5051_02

アジアカップ前最後のテストマッチ!11月の日本代表で見たい5人のJリーガー 

20181105-00858033-soccerk-000-3-view

<アジアカップ>賞金総額は過去最高16億8000万円!F組の日本代表の対戦相手は? 

o0450026311024676787




1: 2018/09/28(金) 19:09:55.58 _USER9
アジアサッカー連盟(AFC)は27日、アジアカップ2019の開幕100日前を記念したワークショップを開催し、大会の賞金額をあらためて公表している。優勝チームには500万ドル(約5億6750万円)が支払われる予定だという。

 アラブ首長国連邦(UAE)で行われるアジアカップ2019は来年1月5日に開幕。過去最多の24か国が出場し、6組に分かれたグループリーグと決勝トーナメントで優勝を争う。賞金も過去最高額にのぼる見込みで、総計1480万ドル(約16億8000万円)が投入される。

 AFCの発表によると、優勝賞金は500万ドル。準優勝には300万ドル(約3億4000万円)、ベスト4にはそれぞれ100万ドル(約1億1350万円)が贈られ、全ての参加チームにも20万ドル(約2270万円)が配られる。

 F組の日本代表はグループリーグでトルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンと対戦。各組2位以上と各組3位の上位4チームが決勝トーナメントに進出し、2月1日に行われる決勝戦を目指す。

2018年9月28日 18時23分ゲキサカ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15371409/

【徹底討論】アジアカップに向けて日本代表について考える 

e29222ddba8d33a1f84fec812ee75968_1536741902_1




1: 2018/09/24(月) 22:53:04.87
~アジアカップ優勝への道~

◆2018年 
10/12(金) 19:35 キリンチャレンジ杯 パナマ デンカビッグスワンスタジアム ※テレ朝 
10/16(火) 19:35 キリンチャレンジ杯 ウルグアイ 埼玉スタジアム2002 ※テレ朝 
11/16(金) ---:--- キリンチャレンジ杯 未定 大分スポーツ公園総合競技場 
11/20(火) ---:--- キリンチャレンジ杯 未定 豊田スタジアム 

◆2019年 
1/05(土)-2/01(金) AFCアジアカップ2019/UAE ※テレ朝 
1/09(水) 20:00 F組第1戦 トルクメニスタン Al Nahyan Stadium (Abu Dhabi) 
1/13(日) 22:30 F組第2戦 オマーン Zayed Sports City Stadium (Abu Dhabi) 
1/17(木) 22:30 F組第3戦 ウズベキスタン Khalifa bin Zayed Stadium (Al Ain) 
1/21(月) 20:00 / 23:00 ラウンド16 Sharjah Stadium (Sharjah) / Sheikh Khalifa International Stadium (Al Ain) 
1/24(木) 22:00 / 25(金) 25:00 準々決勝 Al-Maktoum Stadium (Dubai) / Hazza bin Zayed Stadium (Al Ain) 
1/28(月) 23:00 / 29(火) 23:00 準決勝 Hazza bin Zayed Stadium (Al Ain) / Mohammed bin Zayed Stadium (Abu Dhabi) 
2/01(金) 23:00 決勝 Zayed Sports City Stadium (Abu Dhabi) 

ベトナムサッカー界の“英雄”パク・ハンソ監督は韓国に帰国し「アジアカップ」に備える 

キャプチャ
男子サッカー、ベトナム代表パク・ハンソ監督(59、韓国出身)がアジア大会の日程を終え、韓国に帰国する。

 パク監督のマネジメントを担当するDJマネジメントは5日、「アジア大会の日程を終えたパク・ハンソ監督が6日午前、仁川国際空港を通して帰国する」と明らかにした。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000038-wow-socc

2019アジアカップ“日本代表スタメン”を考えてみた! 

jfa_intv_03-1

オーストラリア人記者が見たサッカー日本代表。「緩い」 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 14:06:31.40 ID:???*.net
緊急特集「よみがえれ! 日本サッカー」(12)

アジアカップの後、オーストラリアではサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)が悲願の初優勝を遂げたことが大きな話題となった。

『The Age』(高級紙)が「アジアカップの優勝は、今後の成功の氷山の一角に過ぎない」と、未来への期待が膨らむ成功だったと称えれば、
『The Daily Telegraph』(タブロイド紙)は「ケーヒルはビッグゲームで魔法を出せなかった。
だが、それは結果に関係なかった」と若手の台頭を喜んだ。

「我々には勝者で終われるという自信があった。自分たちのプライドを胸に、しっかりとチャンスを掴んだだけのこと。
これでオージー(オーストラリア)は世界のトップに挑戦できる」

自国開催で優勝への自信があったとはいえ、ギリシャ系オーストラリア人のポステコグルー監督も、2017年コンフェデ杯(ロシア)への出場権を手にし、ご満悦だった。

そんなオーストラリアが、おそらく18年ロシアW杯予選でも、日本にとって大きなライバルになることは間違いない。
では、オーストラリアメディアはいったい日本の戦いぶりをどう見ていたのだろうか。

「得点だけが足りないが、出場チームのなかでもっともいいサッカーをしているのは日本だ。
やっているサッカーを見れば、日本が優勝候補のひとつなのは間違いない」

大会開幕直後にそう語り、日本を称賛していた『The Courier Mail』のマルコ・モンテベルデ記者だが、
いまは少し違う感想を持っているという。

「日本のパスをつなぐスタイルは好きだが、いくらパスを回し試合を支配したとしても、得点できなければ試合に勝つことができないのがサッカーだ。
それを象徴していたのがUEA戦といえるが、日本はどの試合も優位に進めながら、それをスコアに反映することができなかった。
あれだけの試合をしているだから、もっと執拗に得点を狙うべきだった。

試合を支配しながらも、なぜ肝心なところで弱腰になってしまうのか。
日本の個々の選手を見れば、経験や技術という点では間違いなくアジアの中でトップだと思うが、
チームとしての連係という意味でそれが生かされているかは疑問だった。
3トップ(本田圭佑、岡崎慎司、乾貴士)のコンビネーションもお粗末で、チームとしてどうやって点を取るのかが見えず、対戦相手にとって怖さがなかった。
アギーレ(前監督)の八百長問題などで選手が大会に集中し切れていなかった面があったのかもしれないが、それにしても積極さを欠く戦いぶりは残念だった」

そしてモンテベルデ記者は、こうも付け加える。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150220-00010004-sportiva-socc
webスポルティーバ 2月20日(金)14時0分配信

no title

JFA技術委員長の霜田正浩「サブの方が強いです」→「負けたら終わりだから、サブに代えられなかった」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 22:30:10.99 ID:???*.net
延長戦の末に韓国を下し、地元オーストラリアが劇的な初優勝で幕を閉じた「サッカーAFCアジアカップ2015」。
日本は惜しくもベスト8でUAEに敗れ、大会を後にした。その結果を受け、テレビ朝日系列番組『やべっちF.C.』が
「日本代表、緊急討論会SP」という討論企画を放送。

日本サッカー協会技術委員長の霜田正浩氏が、元日本代表FW中山雅史氏と解説者の松木安太郎氏の質問に答えた。
その中の霜田氏のある発言が、今、ファンの間で波紋を呼んでいるという。

「中山さんの『サブの小林悠がすごいキレていた』という発言に対し、
霜田さんは『サブの方が強いです』『サブの方がずっと良い』『ひょっとしたらサブの方がアギーレの信頼も厚かったかもしれない』と力強く断言したんです。
この発言の真意はわかりませんが、スタメン組を固定して戦ったアギーレジャパンだけに、ファンの間では疑問の声が上がっていますね」(スポーツライター)

日本代表は、過密日程による疲労で明らかにスタメン組はベストコンディションではなかったし、
その上、ケガ人も続出して、ギリギリの状態で戦っていたことは間違いないだろう。

さらには、番組内で中山氏が発言した通り、サブ組の柴崎岳は短い時間でゴールという結果も残し、結果も出している。
では、なぜサブ組を使わずに、スタメン組を固定したのであろうか?

「サブ組を使わなかった理由について、霜田さんは『負けたら終わりだったから、代えられなかった』と、歯切れの悪いコメントを残しています。
これにはファンからも『だったら強い“サブ組”を出せ!』『サブ組の方が若く、将来性もある!』と怒りの声。

さらには『これは、“スタメン固定のスポンサー契約”を暗に示す、霜田さんからのSOSだったんじゃないか?』という声も関係者の間では上がっています』(同)

霜田氏の発言が、スポンサーの介入に対してのSOSだったのか、ただ単にベスト8敗退の言い訳にすぎなかったのか、その真意はわからない。
しかし、どちらにせよ、暗いニュースばかりが蔓延する日本サッカー界、アギーレの後任探しや、今後の展望について、日本サッカー協会には賢明な判断を願いたいところだ。

(文=沢野奈津夫)

2015年2月5日 16時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/9754249/
no title

豪州のアジア杯優勝に「恥知らずの韓国が優勝しなかったことは気分が良い」―中国ネット 

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/02/02(月) 14:15:02.41 ID:???*.net
配信日時:2015年2月1日 12時32分

31日、中国メディアの新浪が、同日に行われたサッカーアジア杯決勝で、オーストラリアが
韓国を2-1で下し優勝したことを伝えた。これに対して、中国のネットユーザーからさまざまな
コメントが寄せられた。

2015年1月31日、中国メディアの新浪が、同日に行われたサッカーアジア杯決勝で、オースト
ラリアが韓国を2-1で下し優勝したことを伝えた。

新浪は、「韓国は55年間アジア杯無冠だが、オーストラリアはアジアサッカー連盟に加入してわずか
10年、アジア杯への参加3回目で優勝した」と指摘した。

この結果について、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)にさまざまなコメントが寄せられた。
以下はその一部。

「(優勝が)韓国じゃなければ別にどこでもいいよ」
「恥知らずの韓国が優勝しなかったことについては気分が良い」
「オーストラリアがアジア杯に参加するのは嫌だなと思うが、でも韓国が優勝できなかったというだけでオーストラリアに好感を持てる」

「韓国サッカーの歴史は、(日韓共催ワールドカップでベスト4に入った)02年の夏で止まっているんだよ」
「韓国の教授はもうすでに『オーストラリア代表には韓国の血が流れている』との文章を準備しています」(韓国起源説を皮肉っている)
「キムチを食べて育ったチームが牛肉を食べて育ったチームに負けたということですね」

「ヨーロッパ人の末裔がアジア杯に優勝したということだな」
「オーストラリアはアジアから出て行ってくれよ」
「オーストラリアがアジア杯優勝なんて侵略行為と同じだよね」

「アジアの恥だ…オセアニアに優勝を持っていかれるなんて」
「オーストラリアのサッカーはずいぶん汚いサッカーだったな」
「中国は優勝チームにだけ負けたということだな」(翻訳・編集/山中)

http://www.recordchina.co.jp/a101723.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索