Samurai Goal

アシスト


スポンサード リンク





鎌田大地のアシストは“ラッキー”ではなかった…フランクフルト幹部「ちゃんと見れば分かる」 

スクリーンショット 2021-02-17 20.48.33

長谷部フル出場の好調フランクフルトが4連勝! 鎌田が今季7アシスト目を記録 暫定で3位に浮上 

スクリーンショット 2021-02-15 5.52.58




1: 2021/02/15(月) 01:38:17.67 _USER9
SOCCER KING
https://news.yahoo.co.jp/articles/d15306966c558c08ebf7b5864d74c433a8351cb8
【スコア】
フランクフルト 2-0 ケルン

【得点者】
1-0 57分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
2-0 79分 エヴァン・ヌディカ(フランクフルト)

 ブンデスリーガ第21節が14日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属する5位フランクフルトは、ホームで14位ケルンと対戦した。長谷部はリーグ戦10試合連続の先発出場となり、5試合ぶりにフル出場を果たした。鎌田はリーグ戦4試合連続の先発出場となり82分までプレーした、

 立ち上がりから主導権を握るフランクフルトは23分、右サイドに流れたアンドレ・シウヴァのクロスに鎌田が頭で合わせたが、相手GKティモ・ホルンの好セーブにも阻まれてネットを揺らせない。30分にはポストプレーでボールを収めたA・シウヴァの落としから鎌田が右足を振り抜いたが、強烈なシュートはまたもホルンに防がれる。45分にはフィリップ・コスティッチのクロスにA・シウヴァが頭で合わせたが、これは枠を捉えられない。

 スコアレスで折り返すと、フランクフルトは57分に先制する。枠の外からエリック・ドゥルムがミドルシュートを放つと、ボールは鎌田に当たってA・シウヴァの元にこぼれる。相手GKホルンもすかさずカバーに入ったが、A・シウヴァは瞬時の判断でループシュートを成功させてネットを揺らし、今シーズンのリーグ戦で18点目を記録した。なお、鎌田にはラッキーな形で今季7アシスト目が付くことになった。

 すると79分、フランクフルトがリードを広げる。コスティッチが右コーナーキックからニアサイドにピンポイントのボールを入れると、頭で合わせたエヴァン・ヌディカがゴール左に流し込んだ。

 試合はこのまま終了し、フランクフルトは4連勝でリーグ戦10試合無敗となり、暫定で3位に浮上した。ケルンはリーグ戦3試合ぶりの黒星で今季10敗目となった。次節、フランクフルトは20日にホームでバイエルンと、ケルンは同日にMF遠藤航が所属するシュトゥットガルトとホームで対戦する。

リーガ ウエスカの岡崎慎司が先制アシスト! レアルを相手にリードするも逆転され1-2敗戦 

スクリーンショット 2021-02-07 11.41.33




1: 2021/02/07(日) 05:09:00.40 _USER9
【ウエスカ 1-2 レアル リーガエスパニョーラ第22節】

 リーガエスパニョーラ第22節、ウエスカ対レアル・マドリードの試合が現地時間6日に行われた。ウエスカが1-2の敗戦を喫している。

 ウエスカに所属する岡崎慎司は先発出場を果たした。4分、ラファ・ミルがゴール前に折り返したボールに岡崎が飛び込むがシュートはゴール枠内に飛ばず。直後の4分には、ショートカウンターからパスを繋いで最後にラファ・ミルがシュートを放つがゴール左のネットに直撃した。


 対するマドリーも34分、カリム・ベンゼマがシュートしてゴールを狙うがウエスカのGKアルバロ・フェルナンデスが弾き出す。すると48分、右サイドを駆け上がった岡崎がクロスを入れると、パスを受けたウエスカのハビ・ガランがシュートを放ち先制点を決めた。

 しかし55分、ベンゼマがゴール真正面のフリーキックから直接狙ったシュートはクロスバーに弾かれるが、こぼれ球をラファエル・ヴァランが押し込んでマドリーが同点に追いつく。84分には、再びヴァランが得点しマドリーが逆転。ウエスカは1-2の敗戦を喫している。

【得点者】
48分 1-0 ガラン(ウエスカ)
55分 1-1 ヴァラン(レアル)
84分 1-2 ヴァラン(レアル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c5677280978c727ac0ebf9a91c7c338b2c7e652
2/7(日) 2:05配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115109
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

リーガ第20節 武藤が同点弾をアシスト! エイバルは敵地でセルタとドロー…乾は出番なし 

スクリーンショット 2021-01-25 6.43.12




1: 2021/01/25(月) 04:54:03.23 _USER9
 リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)第20節が24日に行われ、セルタとエイバルが対戦した。エイバルに所属するFW武藤嘉紀はリーグ戦2試合連続の先発出場を果たし、同クラブに所属するMF乾貴士は7試合ぶりのベンチスタートとなり、出番は訪れなかった。

 リーグ戦2連敗中の15位エイバルがリーグ戦3連敗中の9位セルタのホームに乗り込んだ。試合を動かしたのはセルタだった。9分、右サイドからグラウンダーのクロスをゴール前へ送ると、これをフリーで受けたブライス・メンデスが左足でゴール左に流し込み、先制した。

 1点ビハインドとなったエイバルは18分、ラファ・ソアレスのクロスからエリア内中央で武藤がヘディングで合わせる。しかし、ボールはゴール左に外れた。エイバルは40分、ラファ・ソアレスのクロスからキケ・ガルシアが左足でシュートを放つが、わずかに枠を越えた。

 後半へ折り返したエイバルは53分、同点に追いつく。敵陣中央でボールを奪うと、武藤が攻撃のスイッチを入れる。前線でもう一度パスを受けた武藤が浮き球のスルーパスを送り、これをブライアン・ヒルが左足で決めた。

 セルタは55分、ブライス・メンデスがエリア内左の位置から左足でシュートを放つが、わずかにゴール左へ外れる。さらにセルタは68分にもエリア内左サイドを深くえぐったブライス・メンデスがそのまま左足でシュートを放つが、これはGKにセーブされた。

 終盤に決勝点は生まれず、試合はこのまま終了。先制を許したエイバルだったが、後半に同点に追いつき、ドローで試合を終えた。エイバルは2連敗を脱したが暫定15位のまま。セルタも3連敗を脱したが、順位は変わらず9位となっている。

 次節、セルタは31日にアウェイでグラナダと、エイバルは30日にホームでセビージャと対戦する。

【スコア】
セルタ 1-1 エイバル

【得点者】
1-0 9分 ブライス・メンデス(セルタ)
1-1 53分 ブライアン・ヒル(エイバル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/75581f5f06356ade584b267032e062ae022a52ea
1/25(月) 4:20配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115088
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/67
得点ランキング

鎌田大地が今季9つめのアシスト! 長谷部誠も先発のフランクフルト、堂安律のビーレフェルトに5点大勝 

スクリーンショット 2021-01-24 5.22.17




1: 2021/01/24(日) 01:35:06.06 _USER9
 現地時間1月23日、ブンデスリーガの第18節が行なわれ、長谷部誠と鎌田大地を擁するフランクフルトは、堂安律が在籍するビーレフェルトとアウェーで対戦した。

【動画】鎌田大地がヨビッチの5点目をアシスト! コスティッチと守備を切り崩した見事なクロスはこちら
https://twitter.com/skyperfectv/status/1353013571882422273

 日本人選手3人が先発したこの試合で、早々にペースを握ったのはフランクフルト。25分にアンドレ・シウバ、27分にセットプレーからフィリップ・コスティッチが立て続けに得点。33分にもA・シウバがネットを揺らし、早くも3点のリードを奪う。

 対するビーレフェルトは堂安を中心に攻め入り、36分にセルヒオ・コルドバが1点を返し、前半を終える。

 しかし51分、鎌田、コスティッチ、シウバらの崩しからエリア内に持ち込むと、ビーレフェルトDFのミスを誘い、オウンゴールに。スコアは4-1とフランクフルトが突き放す。さらに66分にはルカ・ヨビッチを投入し、さらに得点を奪いに出た。

 そして75分、左サイドから崩しにかかった鎌田とコスティッチがふたりで切り崩し、最後はDFラインの裏に抜け出た鎌田から、中央にマイナスのクロスを送る。これを中央で待ち構えていたヨビッチがワントラップで左足を振り抜き、ゴール右にシュートを突き刺した。
 
 試合はこのまま終了。長谷部は71分、鎌田は77分にピッチを退き、堂安はフル出場だった。5-1と快勝したフランクフルトは、暫定でリーグ6位に浮上している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/00b254c6c087bfe5082f139a57ece4e3dba2306a
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

<南野拓実>決勝弾をアシスト! リバプールはアストン・ビラに辛勝も…「クロップは激怒したはずだ」 

スクリーンショット 2021-01-09 7.55.50




1: 2021/01/09(土) 06:43:43.37 _USER9
新型コロナウイルスの影響で異例の開催。

現地時間1月8日に開催されたFAカップ3回戦で、南野拓実が所属するリバプールは、敵地でアストン・ビラと対戦した。

直近の公式戦3試合で未勝利と足取りが重いリバプールはスタメンを複数変更。昨年12月のクリスタル・パレス戦以来、出場機会を得られずに起用が注目された南野は、久々に先発に抜擢。サラーとマネと共に3トップを形成した。

アストン・ビラがトップチームの選手とスタッフに新型コロナウイルス感染が認められたため、U-23とU-18の混合チームで挑むことになった異例の試合は、開始早々にリバプールが均衡を破る。

4分、右サイドを攻め上がったN・ウィリアムスが絶妙なクロスを供給。これをマネがヘッドでゴールへとねじ込んだ。

公式戦3試合ぶりの得点で先手を取ったリバプールは、その後も80パーセント以上のボール支配率を維持。圧倒的な力の差を見せつける。

その中で南野は積極的にボールを引き出しては、少ないタッチ数でパスをさばき、チームの攻撃を活性化させるプレーを披露し、状態の良さを感じさせた。

その後もアウェーチームが主導権を握っていたなかで、“若き”ホームチームが意地を見せる。41分、速攻から相手DFラインの背後に抜け出した17歳のバリーが相手GKケレハーとの1対1を難なく制した。

かつてバルセロナの下部組織にも在籍した逸材のゴールでタイスコアとなった試合。英衛星放送『Sky Sports』でリバプールOBのスティーブン・ウォーノックが「クロップは激怒しただろう。

もっとボールを早く動かし、試合を決めるべきだ」と分析したように決め手を欠いたリバプールはハーフタイムに動く。ハーフタイムにゲームメイカーのチアゴを投入し、停滞気味だった攻撃に創造性をもたらした。
 
チームが相手を押し込むなかで、南野も決定機を得る。48分にサラーのパスを敵エリア内で受け、素早いターンから強烈なシュートをお見舞いしたが、渾身の一撃は相手DFのブロックに阻まれた。

しばらく相手の堅牢を崩せずにいたリバプールだったが、ようやく勝ち越し点を奪う。60分、敵エリア内でサラーのパスを受けた南野が巧みなポストプレーからマイナスにボールを供給。これをヴァイナルダムがダイレクトでゴール右下隅へ蹴り込んだ。

オランダ代表MFの一撃を受けたアストン・ビラ守備陣の集中力が切れると、一気にギアを挙げたリバプールは3分後にマネが追加点を奪取。さらに65分にもサラーがゴールを決めてリードを広げた。

その後、得点はなかったものの、ゴールラッシュを決め込んだリバプールは4-1と勝利。緊急的な事情によってトップチームではない構成で挑んだ若きアストン・ビラに苦戦を強いられながらも4回戦へ駒を進めた。

1/9(土) 6:36配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/93221c17b63e48412026451051bae69816812560

写真

<伊東純也>2戦連続1ゴール1アシスト!圧巻プレーでヘンクを5発大勝&首位浮上に導く... 

1: 2020/11/29(日) 06:44:06.60 _USER9
GOAL 11/29(日) 6:16
https://news.yahoo.co.jp/articles/22844acaefea1fcc717ea6b281e70d1eb7885419

ジュピラーリーグは28日に第14節が行われ、ヘンクが敵地でセルクル・ブルージュに5-1と大勝した。

現在5連勝中と絶好調のヘンク。前節1ゴール1アシストの伊東純也は、この日も右サイドで先発出場を果たす。すると9分、まずはオヌアチュの先制点をアシスト。そして16分、ウロネンのお膳立てから今季4ゴール目を奪った。2試合連続の1ゴール1アシストを記録する。

伊東の活躍で2点を先行したヘンクは、その後もセルクル・ブルージュを圧倒。30分、38分とゴールを奪って突き放すと、1点を返された後の74分にボンゴンダがダメ押しの5点目を奪い、6連勝を達成し、首位に浮上した。

フル出場した伊東は、『Goal』のスタッツで最多4本のシュート(枠内3)に最多6回のチャンスメイクと大活躍。見事な成績を残し、自身の力を見せつけている。

写真
no title

鎌田大地が絶妙パスから2アシスト! 一時逆転も失点しフランクフルトは3-3ドロー 

スクリーンショット 2020-11-29 7.48.50




1: 2020/11/29(日) 01:34:04.01 _USER9
【ウニオン・ベルリン 3-3 フランクフルト ブンデスリーガ第9節】

 ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリン対アイントラハト・フランクフルトの試合が現地時間28日に行われた。試合は3-3の引き分けに終わっている。

 フランクフルトに所属する鎌田大地は先発出場を果たし、長谷部誠はベンチ入りした。2分、フランクフルトのGKケビン・トラップがキャッチミスしたボールをロバート・アンドリッヒに押し込まれ相手の先制を許してしまう。さらに6分、マックス・クルーゼがPKを決めてウニオン・ベルリンに追加点が入った。


 追いかける展開となったフランクフルトも27分、中盤でボールを奪った鎌田がドリブルで駆け上がりゴール前に向けてラストパス。そのパスに反応したアンドレ・シウバが押し込んで1点を返した。

 37分に鎌田が倒されてフリーキックのチャンスを得ると、そのフリーキックから再びシウバがゴールを決めて同点に追いつく。さらに79分、鎌田が粘って相手を引きつけた後、ゴール前にパスを通してバス・ドストが逆転ゴールを決めた。

 だが、直後の82分にウニオン・ベルリンのクルーゼにゴールを決められ再び同点に。その後はお互いに追加点はなく、試合は3-3の引き分けに終わっている。

【得点者】
2分 1-0 アンドリッヒ(ウニオン・ベルリン)
6分 2-0 クルーゼ(ウニオン・ベルリン)
27分 2-1 シウバ(フランクフルト)
37分 2-2 シウバ(フランクフルト)
79分 2-3 ドスト(フランクフルト)
82分 3-3 クルーゼ(ウニオン・ベルリン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2623bde4c5fd0cdb389b006d938b5986077e1dce

大迫勇也は地元メディアで平均的評価。先発復帰で先制アシストも「それ以外は…」「チャンスも決められず」 

1: 2020/11/28(土) 15:36:20.60 _USER9
ドイツ・ブンデスリーガ第9節のヴォルフスブルク対ブレーメン戦が現地時間27日に行われ、ホームのヴォルフスブルクが5-3で勝利を収めた。ブレーメンの日本代表FW大迫勇也は先発で出場し、84分に交代するまでプレーしている。

 アメリカ代表FWジョシュ・サージェントの負傷欠場の穴を埋める形で開幕戦以来8試合ぶりの先発出場を果たした大迫は、前半13分に相手陣内でのボール奪取からクロスを上げてブレーメンの先制点をアシスト。だが守備の脆いブレーメンは打ち合いの末に5失点を喫しての敗戦に終わった。


 地元紙『ヴェーザー・クーリアー』では大迫のこの日のパフォーマンスに対して採点「4」(ドイツでは1から6までで数字が低いほど高評価)。やや低めだがチーム内では平均的な評価とし、「うまくボールを奪って(レオナルド・)ビッテンコートのゴールをアシスト。だがその後は体を張ったプレーを見せることがほとんどなかった。しばしば前線でプレーしていたが良い案ではなかった」と寸評を添えた。

 クラブ専門メディア『ダイヒシュトゥーベ』では他の4人と並んでチーム最高タイの採点「3.5」をつけた。「ボールを奪っての先制点アシストで先発起用の正しさを証明した」としながらも、「それ以外にハイライトはなかった。4-3の勝ち越しチャンスもあったが決められなかった」とコメントしている。

 前節まで5試合連続ドローだったブレーメンはこれで6試合白星無し。次節は遠藤航の所属するシュトゥットガルトとホームで対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a5e8d95758599d88f40a377066fb5750b475308
no title

「チームは地域の宝」 苦境Jリーグ、自治体がアシスト 

1: 2020/11/27(金) 14:21:52.36 _USER9
新型コロナウイルスで経営が厳しいサッカー・Jリーグのクラブを、地方自治体が支援する動きが出ている。ふるさと納税を活用したり、スタジアム使用料を補助したりと手法は様々だ。自治体関係者は「Jリーグのチームは地域の宝」とする一方、専門家からは「クラブ側は支援に見合う地域貢献がさらに必要」との声も上がる。

 今季のJリーグは2月23日の試合を最後に、4カ月間中断。再開後も当初は無観客で、今も入場者数を制限している。

ふるさと納税を活用
 ふるさと納税型のクラウドファンディング(CF)でクラブへの寄付を募っているのは、鹿島アントラーズの本拠がある茨城県鹿嶋市と、名古屋グランパスの地元の愛知県豊田市だ。鹿嶋市は「地域のシンボルのアントラーズをみんなで支えたい」として、7月末までの1カ月半、募集した。1億円の目標に対し、1億3090万円が集まった。鹿嶋市とアントラーズによると、「地方創生」を進める協定を2月に結び、その後の話し合いでCFのアイデアが出たという。

 豊田市は鹿嶋市の取り組みを参考にしながら、2500万円を目標に11月1日にCFを開始し、12月19日まで募集している。返礼品は、選手とオンラインでの対談(5万円)や、リフティングやフリーキックなど選手のプレーの至近距離体験(25万円)など交流に力を入れる。市とクラブが協力しながら取り組む形だ。

 ふるさと納税の規定で、豊田市在住者が寄付した場合は返礼品は受け取ることができない。それでも、寄付の一定額が住民税などから控除されるため、通常のCFに比べて寄付者の負担が少ない特徴がある。集まった資金はチームの強化費やホームの豊田スタジアムの改修などに使われる。

 グランパスの担当者は「自治体の協力が得られるのは非常にありがたい。今後もJリーグが地元で大切にしてもらえるようにしていかなければ」と話す。

興行収入が減り苦しい経営のJクラブ。危機を切り抜ける策は。

鳥栖や山形、岡山も
 サンフレッチェ広島に対しては…

https://www.asahi.com/articles/ASNCV3Q3DNCFOBJB001.html
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索