Samurai Goal

アザール


スポンサード リンク





首位レアル・マドリー、2位グラナダとの直接対決に勝利…ベンゼマ、アザール、モドリッチ、ハメスがゴール!  

1: 豆次郎 ★ 2019/10/06(日) 00:57:51.37 ID:DAgstZeG9
10/6(日) 0:55配信
首位レアル・マドリー、2位グラナダとの直接対決に勝利…ベンゼマ、アザール、モドリッチ、ハメスがゴール!

5日のリーガ・エスパニ5日のリーガ・エスパニョーラ第8節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのグラナダ戦を4-2で制した。

スター勢揃いのCL…もし監督ならどの11人を選ぶ? 福田正博氏、“一人ドラフト”でMyベストイレブン選出

ミッドウィークにクラブ・ブルージュと2-2で引き分け、再び疑惑の渦の中に巻き込まれたレアル・マドリー。次にベルナベウに迎えたのは、自分たちより得点数が1多く、失点数が同じという今季リーガのサプライズチーム、2位グラナダだ。

ジダン監督は胃腸炎を患ったクルトワの代わりにアレオラ、またマルセロ、メンディ、ナチョが負傷する左サイドバックにカルバハル、そして右サイドにオドリオソラを起用。GKアレオラ、DFオドリオソラ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFバルベルデ、カセミロ、クロース、FWベイル、ベンゼマ、アザールをスタメンとしている。

ミドルゾーンで強烈なプレッシングを仕掛けて鋭い速攻を繰り出すグラナダは、一筋縄ではいかないチームのはずだった。が、レアル・マドリーは戦術的要素が絡み合うはずだった試合を、キックオフからわずか2分後に並外れた個の力で打開してしまう。主役となったのはブルージュ戦を欠場したベイルだ。右サイドのウェールズ代表MFが左足アウトサイドでパスを出すと、急カーブするグラウンダーのボールがペナルティーエリア内に走り込んだベンゼマの足元にぴたりと合う。背番号9がしっかりとボールを押し込み、先制に成功した。

スペイン語でアブリール・ラ・ラタ(缶詰を開ける)とも言われる最も困難なミッション、先制点獲得を容易に成し遂げたレアル・マドリーは、優位に試合を進めることが可能に。落ち着いてパスを回しながら、または速攻を仕掛けながら、追加点を目指した。ただ34分にはクロースが負傷してしまい、交代でモドリッチが投入される。

レアル・マドリーが追加点を奪ったのは、前半終了間際のことだった。得点者は同クラブ加入後、負傷や不調の影響もあり、ここまでどんな結果も残せていなかったアザールだ。ベルギー代表FWは前線でボールを奪取したバルベルデのスルーパスからエリア内に入り混むと、GKルイ・シルバの眼前で右足首を使ってボールを浮かし、ネットを揺らした。

後半、レアル・マドリーは61分にモドリッチが追加点を獲得。前半から精度抜群のサイドチェンジ、フィードを見せていたクロアチア代表MFは、ペナルティーエリア手前から右足を一閃すると、強烈なボールが枠内に突き刺さった。

ここまで順風満帆そのものだったレアル・マドリーから、ここからいつもの暗雲が漂う……。67分にはアレオラが不用意なミスからPKを献上してしまい、これをマチスに決められると、77分にはCKからドミンゴス・ドゥアルテにヘディングシュートを決められてスコアは1点差に。再び、集中力の欠如、守備の脆弱さを露呈しまった。

1失点目の直後にアザールとの交代でイスコを投入していたジダン監督は、82分にベイルとの交代でハメスを入れて交代枠を使い切る。そこからはグラナダのさらなる攻勢を許すことなく、相手陣地に押し入って追加点を目指し続け、後半アディショナルタイムには右サイドのグラウンダーのクロスをハメスが押し込んでこの試合4点目。食い下がったグラナダに引導を渡している。レアル・マドリーは2試合ぶりの勝利で勝ち点を18として、今節も首位をキープした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00010002-goal-socc
no title

レアル悲劇40日間で7選手負傷 今夏獲得4選手も 

20190821-08210550-nksports-000-3-view[1]

アザール、ウエイト変化がスゴい! マドリディスタからは非難轟々「“シャープ”な君はどこへ?」 

1: Egg ★ 2019/07/31(水) 23:43:44.12 ID:RE8zQQpS9
「形が違う」「痩せるべきだろう」

写真
no title


今年5月にEL決勝戦に出場していたアザール(右)と7月末時点でのアザール(左)。シルエットも明らかに違っている。 (C) Getty Images
 現在、ドイツで開催されているアウディ・カップ。参加4チームのうち、現地時間30日に準決勝が2試合行なわれた。R・マドリーはトッテナムと対戦し、0-1で敗れた。マドリーは今夜、バイエルンに敗れたフェネルバフチェと、3位を賭けて対戦することになる。

 試合そのものに敗れたとはいえ、特に非難を集めているのが、50番を背負って戦ったエデン・アザールだ。80分までプレーしたものの、アザールの代名詞でもあるドリブルの鋭さや軽快なパスワーク、ゴール前でのスピードなど、持ち味を十分に発揮することなく、ピッチを退いた。

 ただ、非難の矛先はプレーぶりよりも彼の体形にあるようだ。一説にはチーム合流前に7キロ増量していたというアザールの姿は、見るからに重たそう。英紙『Daily Mail』は「プレーもよくなければ、ウエイト過多も褒められたものではない」と痛烈に批判している。

 この試合で80分間プレーした姿を目にしたマドリディスタも、始終パッとしないプレーに徹したアザールに対して、さすがに非難の声を挙げている。

「僕らが知っているエデンとは大分シルエットが変わったね! 別人?」
「君はインタビューでは裕福ではないというが、この姿を見て、誰がそんなことを信じるんだ」
「(失点に繋がった)マルセロのパスミスはひどかったけれど、君のパスと体形もたいがいひどい」
「プレシーズンのアザールの姿は、プレー以上にキツいものがある」
「見るからにひどいから痩せてほしい。でも急激に痩せられるものなのか?」
「これじゃあ走れないだろう。“シャープ”な君はどこへ?」

 幼いころから憧れていたジネディーヌ・ジダン監督が率いる、憧れのレアル・マドリーに加わる権利を得たアザール。1億ユーロ(約130億円)と高額な移籍金を支払ったクラブ側も、本人の体形管理に不快感を露わにしているという報道もある。

 ラ・リーガの開幕は8月16日と、あと2週間と少し。これまでにもオフには増量するのが恒例となっていたアザールだが、スペインでの新たなスタートに合わせて、ヨーロッパリーグ優勝に貢献した際のような”シャープ“なボディを取り戻し、現地での評判を回復することができるだろうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00062224-sdigestw-socc

「アザールよりもネイマールの方が上」同胞の加入を歓迎するマルセロ 

20190720-00010015-goal-000-1-view[1]

久保建英、レアル“北米遠征メンバー30人”入りと現地報道「攻撃の主役になる」プレーヤーとしてベイルの名も!  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/03(水) 19:12:04.01 ID:ZXcf2tuf9
7/3(水) 17:40配信
久保建英、レアル“北米遠征メンバー30人”入りと現地報道 ジダン監督にアピールなるか

スペイン紙も「メンディ、アザール、ヨビッチ、クボ…」と日本の18歳MFに注目

 FC東京からレアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英は、トップチームが行うカナダとアメリカのプレシーズン遠征に参加するとスペイン紙「マルカ」が報じている。

 コパ・アメリカ(南米選手権)の日本代表メンバーに選出された久保は、6月14日にレアルへの電撃移籍が決定。大会後、レアルBのカスティージャでプレーすることが決まった。

 レアルのトップチームは現地時間7月20日にバイエルン・ミュンヘン(ヒューストン)、23日にアーセナル(ワシントンDC)、26日にアトレチコ・マドリード(イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに臨む。

 ジャーナリストのメルチョル・ルイス氏が、スペインラジオ局「El Partidazo de COPE」と「ラジオマルカ」でレアルの遠征メンバー30人を明かしたと、スペイン紙「マルカ」が伝えた。

 記事では「メンディ、アザール、ヨビッチ、クボ… 『El Partidazo de COPE』がレアルのプレシーズンマッチに出場する30人のプレーヤーを明らかにした」と報じ、「26人のトップチーム選手に加え、4人の若手選手がおり、その中に日本の有望株であるタケフサ・クボも含まれている」と記している。

 リヨンから加入したフランス代表DFフェルランド・メンディ、チェルシーから加入したベルギー代表MFエデン・アザール、フランクフルトから加入のセルビア代表FWルカ・ヨビッチと並び、久保も写真付きで取り上げられた。

 また「攻撃の主役になる」プレーヤーとして、新戦力のアザール、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ブラジル代表FWヴィニシウス、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルらの名前が記されている。

 ジネディーヌ・ジダン監督が率いるなか、18歳の久保はプレシーズンマッチで出場機会を得て、豪華な攻撃陣と共演し、指揮官にアピールできるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00201175-soccermzw-socc
no title

チェルシーがアザールのベスト11選外にまさかの異議…選出が「奇妙だ」と他チーム選手に“集中攻撃”も 

20190425-43466343-gekisaka-000-4-view[1]

“アザール無双”ハットトリック達成し、チェルシーが開幕5連勝 

キャプチャ

アザールがプレミアで受ける激しいタックルについて言及!!『試合後はうんざりした』 

GettyImages-898749962-800x533
 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、自身が受けるタックルについてコメントした。

28日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00820783-soccerk-socc

“性格に難あり!?”アザールがバロンドールに輝けない理由とは...? 

1 2018/08/27(月) 20:18:37.88 _USER9
かつてリバプールなどで指揮のスーネス氏 アザールに不足しているものを分析

no title


チェルシーのベルギー代表FWエデン・ アザールは今夏、レアル・マドリードに移籍すれば、ユベントスへ去ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋められると目されたが、最終的にチェルシー残留で落ち着いた。

これまでバロンドール候補に名前が挙がりながら、一度もトップ8以内にランクインしたことはないことについて、アザール本人は“無欲”が理由と語っている。英紙「サンデー・エクスプレス」が伝えた。

 アザールは昨季、プレミアリーグで12得点4アシストを記録。ここ4年で3度バロンドール候補に選ばれている。かつてプレミアリーグでプレーし、リバプールやサウサンプトンなどで指揮した経験もあるグレアム・スーネス氏は英紙「タイムズ」で、アザールにはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやロナウドと競えるような実力があると述べている。

「アザールは、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドと同じタイプの選手だ。彼らに近い能力がある。素晴らしいドリブラーであり、笑顔でプレーする。驚くほど素早く方向を変えることができて、彼を止めるのは非常に難しい」

 その一方で、同氏は2大スターとの違いも指摘。「実力はあるが、品格は異なる。彼(アザール)の性格がバロンドール獲得を妨げているのかもしれない。試合では目立ったり、目立たなかったり。これが二人(メッシとロナウド)との違いだろう」と見解を示した。

 当の本人はどう感じているのだろうか。アザールは自身がバロンドールを手にできないことについて、「今のサッカーで、もしバロンドールを受賞したり、得点王になりたければ、利己的にならなきゃいけないと思う。でも僕は全くそういう人間じゃない」と語った。

 自分の結果を優先する多少の強引さがアザールに不足していると見ているスーネス氏。アザール本人もその点を否定していないが、念願のバロンドール獲得のためにどこまで結果に貪欲になれるかがポイントと言えそうだ。

8/27(月) 16:50配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00131257-soccermzw-socc

レアル移籍疑惑を一蹴したアザール!自ら残留を明言し、ファン歓喜!! 

Dk9c0dNXsAAJs8G
 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが残留を明言した。英『テレグラフ』が報じている。

 今夏、FWクリスティアーノ・ロナウドを放出したレアル・マドリーへの移籍報道が絶えなかったアザール。
ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後に「僕は残留するか、退団するかを決めることができるが、最終的な決定は下すのはチェルシーだ。もし、移籍するとなれば、彼らは僕がどこに行きたいか知っているだろう」と意味深なコメントを残し、今夏のチェルシー退団に拍車がかかっていた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-01688143-gekisaka-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索