Samurai Goal

アカツキ


スポンサード リンク





東京ヴェルディ、23区内スタジアム移転構想…運営会社CEO「タイミングが来たら動けるよう準備している」  

team_tokyov




1: れいおφ ★ 2019/02/18(月) 11:28:54.95 ID:MHc5t9fD9
クラブ創立50周年を迎えた東京ヴェルディと、モバイルゲームなどで有名な株式会社アカツキがパートナーシップを結んだ。

――いま、国内ではサッカー専用スタジアムを増やそうという動きが加速しています。
   当然、そうした流れは把握されていると思いますが、東京ヴェルディのスタジアムについてはどう考えていますか。

塩田CEO まず現在、東京ヴェルディがホームとして使用している味の素スタジアムは素晴らしい環境にあると思っています。
ただ、その一方で、おっしゃることは認識しています。
やはりサッカー専用スタジアムがホームになるというのは、Jリーグはもとより、クラブに関わる方々の思いとして存在するものですから。
そしてもちろん、世界へ発信する場所として23区内にスタジアムがあることが望ましいとも思っています。
それが渋谷区だったら、というのは意識するところでもあります。

――渋谷区代々木にスタジアムを建設するという話があります。

塩田CEO もちろん、「代々木でサッカーが見られたら素晴らしい」という話は以前からわれわれもしています。
実は、そういう未来を想定して、渋谷のチームに人を派遣しています。
われわれはいつの日か、そういうタイミングが来たら迅速に動けるように準備しています。
そのためにも、クラブとして素晴らしい状態になっていることが重要ですし、最低限達成しなければいけないことを進めたいと思っています。

(中略)

――昨年秋にも、川淵三郎氏による「ヴェルディがホームに…」という発言が報道されました。

梅本役員 われわれがヴェルディのサポートを検討し始めたのが2017年なのですが、その段階においてもスタジアムに関しては考えていました。
ただ、渋谷区代々木のスタジアム構想については具体的なことが何も決まっているわけではありませんでした。
そこで本当に建設したらどうなるのか、と具体的なシナリオ作りや調査を開始したんです。
そして調査している中で、2018年の4月に『渋谷未来デザイン』が立ち上がることとなり、具体的に今後の検討チームを作ることになったので、
僕らはそれまでの検討結果を持って参画し、お手伝いしてきました。それが去年の秋頃にプロジェクトチームとして表に出たということです。
実際に、われわれがヴェルディをサポートするかしないかまだ分からない状態のときから渋谷にスタジアムを建設して、
ヴェルディに使用してほしいという話をしていました。

もちろん、ヴェルディが使用するのか、FC東京なのか、東京ユナイテッドなのか、もしかしたら町田ゼルビアなのか、
あるいは別のクラブが立ち上がるのか分からないですが、渋谷にサッカー専用スタジアムができたら、
それは日本にとって絶対に素晴らしいものになると考えていたので、
あの場所に建設することをお手伝いができるなら、積極的に関わっていきたいと思っています。

――そしてヴェルディが使用するようになれば、なお素晴らしいと。

(一部抜粋しました、記事全文はこちら)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190218-00010003-bbmv-socc

<東京ヴェルディ>IT企業「アカツキ」と3年6億円の胸スポンサー契約!大口の株も取得し有力株主に  

FOTO1978




1: 2018/12/20(木) 06:05:22.36 _USER9
サッカーJ2の東京Vが、モバイルゲーム事業などを手がけるIT企業「アカツキ」(東京・品川区)と大型のスポンサー契約を結ぶことが19日、分かった。近日中にも発表される。来年1月からの3年契約で、同社のロゴが胸に掲出される。金額はJ1クラブ並みの年2億円弱で、総額は6億円に迫る見込み(金額は推定)で、大口の株を取得し、有力な株主にもなることも決定。今季J1復帰まであと一歩と迫った名門が強力なパートナーを得た。

 来季12年ぶりのJ1復帰を目指す東京Vに、力強い援軍が現れた。複数の関係者によると、今月で契約が満了するISPSの代わりに、アカツキが来季からユニホームの胸スポンサーになることが判明。金額はJ2としては異例の3年総額で6億円近くまでのぼる。さらに主要株主となり、経営にも参画することになる。

 アカツキは主にモバイルゲーム事業を行う企業で、スマートフォン向けゲーム「サウザンドメモリーズ」がヒットするなど急成長を遂げている。今季から練習着の胸のサブスポンサーとなっていたが、動画やアプリケーションのデジタルコンテンツを充実させたい東京V側と話が発展した。

 さらに今回の契約は、目標とする総合型スポーツクラブとして発展していくという意味でも大きい。バレーやトライアスロンに加えて、eスポーツにも取り組んでいる。アカツキもeスポーツ事業に積極的で、プロリーグを設立。来年から開催される予定で、すでにバルセロナやアヤックスが参加を表明。そこに東京Vも参加する意向だ。

 今季の東京Vはリーグでは6位ながらJ1参入プレーオフを駆け上がり、決定戦に進出。最後は磐田に敗れたが、念願の昇格まであと一歩に迫った。経営面では、今年からマンチェスターUでアジアのマーケティングを担当した森本譲二氏(39)を取締役に招へいするなど、改革は順調に進んでいる。来年にクラブ創設50周年を迎える東京Vが、強力なパートナーと共に名門復活を目指す。

 ◆アカツキ 本社・東京都品川区。モバイルゲームを中心に事業を展開するIT企業。2010年6月に創業し、13年11月に配信開始した「サウザンドメモリーズ」が大ヒット。16年3月に東証マザーズへ上場。17年9月に東証1部へ市場変更。今月、スクウェア・エニックスと共同開発した「ロマンシング サガ リ・ユニバース」をリリース。代表取締役CEOは塩田元基氏。18年3月期売り上げは約219億円、経常利益約105億円。

12/20(木) 5:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000257-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索