Samurai Goal

その他


スポンサード リンク





【画像アリ】浦和・阿部勇樹が私服でACLのビラ配り!浦和駅前で目撃情報続々 

no title

宇佐美所属のアウクスブルクで内紛か!?DFヒンテレッガーが味方選手を批判 

1: サムライ24時 2017/04/25(火) 00:06:38.41 ID:CAP_USER9
宇佐美アウクスブルクで亀裂 残留争いで仲間割れ

日刊スポーツ 4/24(月) 19:32配信

ブンデスリーガで残留争いの渦中にある、日本代表FW宇佐美貴史(24)の所属するアウクスブルクに亀裂が生じた。

ビルト紙によると、アウクスブルクのDFマルティン・ヒンテレッガー(24)が、1-3で逆転負けした22日のフランクフルト戦後に味方選手を批判。
「70分の段階で5人もの選手が交代のサインを出しているのを見ると、考えなければならない。
これは残留争いなんだ。歯を食いしばってプレーしなきゃいけないんだ」とコメントしている。

この試合ではDFフェルハーフが足首、DFフーウェレーウが膝の負傷で途中交代。
さらにFWダンソ、FWアルティントップ、MFシュミットが問題を抱えていた。
それでもチームマネジャーのロイター氏は「我々の選手が見せてくれた以上に歯を食いしばってプレーすることなどできない。倒れるまで戦った」と、
ヒンテレッガーとは異なる見解を示した。

アウクスブルクは現在勝ち点32の16位で、降格圏の17位インゴルシュタットとは勝ち点4差と苦しんでいる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01812796-nksports-socc
42
 

【クラシコ】クリロナがメッシ決勝弾後に苛立ち叫ぶ「ファウルしろよ、ちくしょうめ」 

1: サムライ24時 2017/04/25(火) 00:35:49.73 ID:CAP_USER9
23日のリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバルセロナ戦を2-3で落とした。

92分にFWリオネル・メッシの決勝弾を許して敗戦した格好だが、
FWクリスティアーノ・ロナウドは、そのプレーを何としてでも防ぐべきだったと考えていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

DFセルヒオ・ラモス退場で数的不利となりながらも、MFハメス・ロドリゲスのゴールで2?2に追い付いたレアル・マドリー。
だが92分にDFセルジ・ロベルトの独走から、MFアンドレ・ゴメス、DFジョルディ・アルバとボールをつながれ、最後はメッシにネットを揺らされた。

このゴールの瞬間、C・ロナウドは次のように叫んだという。

「ファウルしろよ、ちくしょうめ」

C・ロナウドは、バルセロナが仕掛けた速攻を何としてでも止めるべきと考え、その苛立ちを口にしたようだ。

なおその速攻の場面で、ポルトガル代表FWが言うようにプレーを切れる可能性があったDFマルセロは試合後、
「自分の責任を受け入れる。ファウルをしなければいけなかった」と話している。

GOAL 4/24(月) 20:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000016-goal-socc

写真
no title


【サッカー】<C・ロナウド>“天才タイプ“ではない!異常な勝利への欲求と練習量 スーパースター”進化の秘密”とは?©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492946908/

【動画】ゴラッソ!磐田・中村俊輔が鹿島戦で決めた話題の弾丸ミドル! 

1: サムライ24時 2017/04/24(月) 18:33:23.12 ID:CAP_USER9
先週末に行われたJ1第8節。ジュビロ磐田は22日、敵地で鹿島アントラーズと対戦し3-0で快勝した。

昨季のJ1王者に会心の勝利で連勝となったが、この試合で眩いばかりの輝きを放ったのは38歳中村俊輔!
21分、目の覚めるような一発を鹿島ゴールにぶち込んだ!

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/855676403462930433/video/1

地を這うような軌道のシュートでゴラッソ!

セルティック時代にレンジャーズとの“オールドファーム”で決めた伝説の一発を彷彿とさせる、
彼のキャリアでも有数のスーパーゴールだった。

試合後、名波浩監督が「本当にワールドクラスのゴールだった」と絶賛すれば、
中村も「前の選手が決めないと後ろも苦しくなりますし、ああいうチャンスはなかなか無いので、逃さず入って良かったです」と素直に喜んだ。

ただ中村は後半、フリーキックを壁に当ててしまったのがショックだったようで、
「壁も相当近かったので、そっちの悔いが頭の中に残ります」とJ最高のフリーキック職人としてのプライドも覗かせていた。

http://qoly.jp/2017/04/24/jubilo-iwata-shunsuke-nakamura-goal-vs-kashima-antlers-hys-1
36
 

【画像】クラシコ 現地レポの戸田和幸さんの髪型が気になって仕方がない件wwwww 

no title

【DAZN選出】J1第8節&J2第9節のベストイレブン! 

104: サムライ24時 2017/04/24(月) 17:12:21.41 ID:q8twDAZK0
DAZNJ1第8節ベストイレブン
no title

ブーイングを浴びた清水FWテセ、思いを綴る「悲しく虚無感、脱力感に襲われ…」 

1: 名無しの24時 2017/04/24(月) 15:55:06.17 ID:CAP_USER9
◆古巣川崎サポーターに挨拶、その後自チームサポーターに挨拶する時にブーイング
 
J1第8節の川崎フロンターレ対清水エスパルス戦が21日に行われ、2-2ドローに終わったなか、
翌22日に清水のFWチョン・テセがツイッターで「ブーイングが起きた」と試合後の出来事を綴っている。

チョン・テセは2006年に川崎でプロデビューを飾ると、ドイツ2部ボーフムに移籍する10年夏まで川崎に4シーズン半在籍し、112試合で46得点をマークした。
川崎との対戦を終えた後に古巣サポーターへ挨拶し、自チームの清水サポーターの元へ向かった時にそれは起きたと明かしている。

「試合後挨拶をし仲間の偉大な記録の讃え、一通り終えたので恩義のある川崎サポに挨拶をしたが個人行動をしたので最後はエスパサポに挨拶しようとするも
ロッカーで監督が締めるというので駆け足で向かい、終えてすぐサポの方へ単独で挨拶しようとするとブーイングが起こりました」(原文ママ、以下同様)

川崎サポーターへの挨拶が「過度」と受け止められたのか、清水サポーターの一部からブーイングが飛んだ。チョン・テセは自身の行動を反省しつつ、冷静に話し合って思いを伝えたという。

「川崎サポへの過度な挨拶だったと思い多少理解はできたので、頭を下げるだけでは事足りないと思い冷静に話し合いをさせていただきましたが
弁明するごとに徐々に全体的に理解していただけて怒りも収まり最終的には“ごくごく一部のサポーター“の方の理不尽な不満で罵られましたが遠くまで身銭を切ってお越しいただいているので真意に対応させていただきました」

◆「感謝を忘れず献身的に」と意気込む
 
15年夏から清水でプレーするチョン・テセは、同年J2降格の憂き目に遭うもチーム残留を決意。16年はJ2で37試合26得点と大暴れして得点王を獲得するなど、J1復帰の原動力として大きく貢献した。
ブーイングに心を痛めたが、それでも再びチームのために戦うと意気込んでいる。

「J1で蹂躙されJ2で死闘を制し共に戦った仲間にブーイングされたのは悲しく虚無感、脱力感に襲われ帰路についたのですが、
やはりみなさんの温かい多くのコメントを読むとやはりごく一部の過激な方の意見であり多くの方に信頼をしていただけることに救われました。今後もチームを取り巻くすべてに感謝を忘れず献身的にプレイしたいと思います」

また「最後に一つ」という形で、第7節の本拠地大宮アルディージャ戦の挨拶に関して言及。キャプテンらしい配慮を見せつつ、今後の共闘を呼びかけた。

「前回ホーム大宮戦で試合後挨拶する時感謝の意を表すためにもっとサポーターの近くで挨拶をと思い、掲示板の前で挨拶した結果二階席から見えなくなりミスったと思いましたが
大所帯を従えていたのでまた後ろに戻るわけにもいかず最後の方まで行ってしまいました。

次は二階からも見える位置で挨拶をしようと思うのでご理解頂けたら幸いです。長文駄文失礼しました。今後とご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします」

Football ZONE web 4/22(土) 18:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010020-soccermzw-socc

写真
no title


動画 【公式】ハイライト:川崎フロンターレvs清水エスパルス 明治安田生命J1リーグ 第8節 2017/4/21
https://www.youtube.com/watch?v=4gdjJN4yWWo


【乾貴士】「上手さを感じたプレーがありました」レアル下部組織所属のMF中井卓大くんのプレーを観戦! 

1: 名無しの24時 2017/04/24(月) 14:49:24.25 ID:CAP_USER9
「上手さを感じたプレーがありました」 中井くんとのツーショット写真も投稿
 
エイバルに所属するMF乾貴士はレアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大くんのプレーを現場で観戦し、
ツーショットで収まった写真も自身のツイッターに投稿している。

現地で「ピピ」の愛称で呼ばれている中井くんは幼少の頃からレアルの下部組織に所属し、昨年10月に13歳の誕生日を迎えた。

今季からはインファンテルA(U-14)と呼ばれる世代のチームに所属し、
その動向が注目されているが、同じ滋賀県出身というよしみもあり、乾はたびたびツイッター上で交流していることを明かしている。

今回レアルは、エイバルがあるバスク地方で行われた大会に出場
アスレティック・ビルバオ、セルタ、インテル、そしてバルセロナの下部組織といったチームと戦った。その試合を乾は観戦したという。

「昨日、Bilbaoの近くでピピ君の試合があると聞いたので観に行ってきました(^^)
ピピ君は後半ラスト7分ぐらいのプレー時間でボールタッチは5回ぐらいやったけどその中で上手さを感じたプレーがありました」(原文ママ)

日本が誇る原石をこう評価した乾は「やっぱりレベルの高いとこでやってるとうまくなっていくんやなぁって感じました」と、
中井くんがスペインの地で日に日に成長している様子を実感したようだ。

Football ZONE web 4/24(月) 12:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170424-00010010-soccermzw-socc

写真
no title

【画像】クラシコで勝利したバルサの選手たちの祝勝写真!メッシの携帯にはネイマールも 

13

【クラシコ】レアル・マドリー×バルセロナ  スタメン発表!<リーガ第33節> 

現地時間24日に行われるリーガ・エスパニョーラ第33節で、レアル・マドリードとバルセロナによる伝統の一戦“エル・クラシコ”が繰り広げられる。

本拠地サンティアゴ・ベルナベウで戦うレアル・マドリードは、2位バルセロナに1試合未消化ながら勝ち点3をつけて首位に立つ。UEFAチャンピオンズリーグでもベスト4に進出し、リーグ戦でも9試合無敗と好調を維持する。

一方のバルセロナは、ユヴェントスに敗れてUCLで敗退し、残されたタイトル獲得に向け熱を帯びる。レアル・マドリードはガレス・ベイルがスタメンに復帰し、バルセロナは3試合の出場停止処分が下されているブラジル代表FWネイマールの代わりにパコ・アルカセルが先発で起用される。

ブックメーカー『bwin』によるオッズでは、レアル・マドリードの勝利が2倍、引き分けが4.1倍、バルセロナの勝利が3.5倍とレアル・マドリード優位との見方が強い。

ジネディーヌ・ジダン監督にとって、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでは初めてのエル・クラシコとなるが、果たして優勝争いをリードすることができるだろうか。試合は日本時間24日、3時45分キックオフ予定となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010001-theworld-socc
21
 


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索