Samurai Goal

その他


スポンサード リンク





【日本代表】初選出のMF加藤恒平、ジョークの余裕も「日本のブルガリアヨーグルトが一番おいしい 

1: サムライ24時 2017/05/29(月) 22:21:39.04 ID:CAP_USER9NIKU
合宿2日目を迎え、日本代表に初選出されたMF加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ)も少しずつチームに溶け込んでいるようだ。
宿舎ではチームメイトとの会話も増え、「ブルガリアはどう?」など、お互いがプレーする国やリーグの状況について話が弾んでいるという。

とはいえ、「2部練習なので午前と午後の間は昼寝したり、練習が毎日厳しいので、
(夜は)それに備えてゆっくり休んでいます」と、時差ボケ解消も含め、コンディション調整に努めている。

 加藤がプレーするブルガリアといえば、ヨーグルトが有名だが、
「チームではヨーグルトをベースにした飲み物を夏は毎日飲んでいる」そうだ。

ただ、「ヨーグルトを水で薄めて、塩ときゅうりを入れたもの。僕はあんまり好きじゃない」と苦笑い。
「日本のブルガリアヨーグルトが一番おいしい。(ブルガリアのヨーグルトは)普通ですね」と冗談交じりに打ち明け、報道陣を笑わせた。

ベロエとはあと1年契約が残っているという加藤。「もしオファーがあれば、クラブ側も出してくれるということになっている」。
日本代表でのアピールが自身のキャリアにおいてもさらなるステップアップにつながるのは間違いない。

ゲキサカ / 2017年5月29日 20時38分
https://news.infoseek.co.jp/article/gekisaka_217536/

写真
no title

ミラン・モンテッラ監督が明かす本田圭佑の秘密…「イタリア語で話すのをほとんど見たことない」 

1: サムライ24時 2017/05/29(月) 22:27:04.12 ID:CAP_USER9
ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラはカリアリ戦終了後の記者会見で、日本代表のMF本田圭佑がイタリア語で話す所をほとんど見たことがないと明かした。イタリア紙『トゥット・スポルト』が28日、報じている。

ミランは28日、セリエA最終節でカリアリ(2-1でカリアリが勝利)と対戦した。ミランは前節のボローニャ戦に勝利し、すでに来シーズンのヨーロッパリーグ予選への出場を獲得していたため、モンテッラが今シーズン限りで退団する選手にチャンスを与えることを決断した。

モンテッラが監督に就任して以来、ミランは18歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマや23歳のスペイン人FWスソらを代表とした若手中心のチームへと移行していった。本田は構想外となりベンチを温める日々が続いたのだが、「プロフェッショナルな姿勢」は常にモンテッラから称賛されていた。

信頼の証か、モンテッラは「ご褒美」として、本田をカリアリ戦で今シーズン2度目となるスターティングメンバーに起用すると、栄誉あるロッソネーリのキャプテンマークも託した。

2014年1月にCSKAモスクワから加入し、3年半にわたりミランに在籍した本田だが、モンテッラは自身が指揮した1年間で本田がイタリア語で話しているのをほとんど聞いたことがないと明かしている。

30秒ほど続いた記者の質問に対し、モンテッラは苦笑いしながら、「今思ったのだが、この1年間、彼のイタリア語での会話は今の君の質問よりも短いね」と述べている。

GOAL 5/29(月) 18:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000023-goal-socc
36
 

「お前のパスにお金は払ってない」日本人FWがスペインで要求された仕掛けの意識とは? 

1: サムライ24時 2017/05/29(月) 23:10:11.51 ID:CAP_USER9
THE ANSWER 5/28(日) 17:45配信

「お前のパスにお金は払ってない」 日本人FWがスペインで要求された仕掛けの意識

清水エスパルス在籍時の安永聡太郎【写真:Getty Images】
安永聡太郎が挑戦した攻撃偏重のスペイン、監督から「本当に怒られた」プレー

「お前にお金を払っているのは、パスに対してじゃない。10回勝負して9回取られても、残りの1回でゴールにつなげてくれれば、それでいい」――ファンデ・ラモス監督が安永聡太郎にかけた言葉


 安永聡太郎は、1997年にスペイン2部のレイダに移籍したが、当時の監督は後にセビージャでUEFAカップ(UEFAヨーロッパリーグの前身)を制し、レアル・マドリードやトットナム・ホットスパーなどの名門クラブで指揮を執ることになるファンデ・ラモスだった。

 当時、安永のポジションは4-2-3-1の右サイド。攻撃を好むスペインだけに、徹底して仕掛けることを奨励された。

「アタッキングゾーンに入ってからのパスは本当に怒られたし、2~3度続けたら猛烈なブーイングが来ました。レフェリーも攻撃側が数的不利で仕掛けた場合、もう少しで抜きかかれば足がかかっていなくてもファウルを取ってくれた。スペインは本当に前線の選手には、とことん勝負を奨励してくる国でした」

 そして、ファンデ・ラモス監督には、冒頭の言葉をかけられたそうである。

「もし勝負してボールを奪われても、相手の一番近くにいるのは自分だ。そこから守備に入ればいい。でも、横パスを奪われたら、最低でも2人は置き去りにされる」
「誰もが点を取ってナンボ」…草サッカーでも実感したスペイン人の負けず嫌い

 スペイン人の攻撃好き、負けず嫌いは、街で飛び入り参加した草サッカーでも実感したという。

「みんな自己主張が強くて、誰もが自分が点を取ってナンボだと思っている。おじさんたちが平気で角度のないところから狙って来ます。子供も交じった遊びでも、わざと抜かれてあげたら『真面目にやれ!』と怒鳴られました」

 2部所属のレイダだったが、カップ戦ではバルセロナとも対戦。「コイツら、うめえなあ、と感心しながら試合をした」という。ちなみに、同じスペイン1部のデポルティボ・ラ・コルーニャの育成担当に「どんな子を獲ってくるの?」と尋ねたら、「ドリブルのできる子」と返ってきた。

 そんなスペインサッカーに馴染んだ安永だけに、1999年に帰国後、清水エスパルスではイングランド人のスティーブ・ペリマン監督にすべてを否定され、誇張抜きで毎日呼び出されたという。

「数的不利なら空いている選手がいるんだからパスを出せ。ファーストトップはゴールを背にしているんだから、無理に前を向こうとするな」

 そういう意味では、仕掛けが大好きなドリブラーである乾貴士は、スペイン向きだったに違いない。ドイツ時代から「課題は仕掛けた後のフィニッシュ」だと指摘されてきたが、バルサから奪った2ゴールは、エイバルのサポーターの心を掴むには十分だったはずである。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00010003-theanswer-socc
36
 

【動画】香川真司がマイクで熱唱!ドルトムント優勝パレードでマイクパフォ披露www 

BlogPaint

【宇佐美貴史】急きょ代表合宿参加!”苦しい1年”を過ごし、来期は「10番のポジション」示唆! 

1: 名無しの24時 2017/05/29(月) 12:40:19.09 ID:CAP_USER9
日本代表は28日、6月に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選イラク代表戦の2試合に向け、海外組のみの合宿をスタートした。

 初日は川島永嗣、吉田麻也、岡崎慎司、酒井高徳、酒井宏樹、浅野拓磨、久保裕也、乾貴士、加藤恒平の海外組9名に加え、乾貴士が右足首に負傷を抱えているため、バックアップメンバーに含まれていた宇佐美貴史も合流し、ランニングを中心としたメニューに汗を流した。

 約2年ぶりの代表招集となった乾だが「バルセロナ戦での2点目の着地の時に痛みを感じた」ことが原因とみられる右足首捻挫のため、シリア戦前まで状況を見極めながら練習を重ねていくこととなる。状況が厳しい場合、代表から離脱することになるが、バックアップメンバーである宇佐美は乾が離脱する場合に代表合流が遅れてしまうことを防ぐため、急きょ「昨日の夜に」(宇佐美)連絡を受けて実家のある京都から代表に合流した。

 慌ただしく合流となった宇佐美は、「急でしょ? 結構(予定が)飛んでますよ(笑)」と、報道陣を笑わせつつ、「いいモチベーションでいることは確かです」、「来られることを光栄に思わないといけない場所が代表だと思います。準備を求められたら、しっかりと。それを求められるのは選手としての宿命でもあると思うので」と、力強くコメントしている。

 今夏、2度目のドイツ挑戦でアウクスブルクへと完全移籍した宇佐美だが、リーグ戦では11試合に出場して先発は5試合、フル出場は1試合。得点・アシストともに無く、個人として厳しい1年間を過ごした。チームはブンデスリーガ残留を果たし、「最後巻き返して、すごく良くなって残留を決めた」と振り返る一方で、個人としては「つらく苦しい1年でした」と話す。

「間違いなくいい1年とは言えない1年だったので、次の1年にどうつなげていくしかないと思います」と語る宇佐美は、すでに来シーズンに向けてチームの監督やフロントスタッフと話しをしたようで、「来季はポジションを変えるということを監督やGMとも話をしました。もう少し真ん中、10番のポジションでやってもらいたいということを言われて。よりボールを触れるポジションの方が、自分の特長が生きるという話を彼らともして、そのつもりでいます。ポジションが変われば見える景色も変わってくると思うので」と続けると、「この合宿も、今日やったこと、走りの部分でどれだけ伸ばすかをやりましたし、来季に向けて、この合宿を一歩目にできればと思います」と、高いモチベーションを持って合宿に参加する意気込みを示している。

SOCCER KING 5/29(月) 7:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00593814-soccerk-socc
30
 

【画像】乾貴士、エイバルのユニ着用の竹内結子さんと2ショットパシャり! 

05

元ブラジル代表・ロマーリオ氏「自分がいたバルサこそが至高」 

1: サムライ24時 2017/05/29(月) 00:14:23.20 ID:CAP_USER9
元ブラジル代表FWロマーリオ氏がスペイン『エル・ムンド』とのインタビューに応じ、バルセロナに在籍時代を振り返った。

 エル・ドリーム・チームと称された故ヨハン・クライフ氏率いるバルセロナの一員だったロマーリオ氏は、2000年代後半より
新たな黄金期を迎えた現在のチームが、当時のチームよりも劣っているとの見解を述べている。

 「今のバルセロナも、現在の世界最高のチームのように思える。だけど、自分がいたバルサこそが至高だね」

 「バルセロナはクライフ、グアルディオラがいなければ、今日のようなチームになり得なかったわけだよ。あの2人がバルサに
プレーの仕方を教えたんだ。そして私は、彼ら二人と同じチームで働いていたのさ」

 ロマーリオ氏は一方で、バレンシア時代に指導を受けた故ルイス・アラゴネス氏にも言及。ロマーリオ氏は練習中に
アラゴネス氏から叱責されるなど、確執があったことで有名だが、今回のインタビューではアラゴネス氏を「愚か者だった」と形容している。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20170528/spa17052823330009-n1.html
50
 

【動画】香川チャント連発、ドルトムントの優勝パレード!香川真司も超ノリノリ! 

no title

【動画】ポカール優勝、試合後に香川とオーバメヤンが2人だけで話し込むシーン 

54

【カリアリ×ミラン 】本田圭佑、スタメン!キャプテンマークを巻いて出場へ、在籍3年半ラストマッチ <セリエA第 最終節> 

前節の本拠地最終戦で今季初ゴールとなるFK弾、在籍3年半のラストマッチで先発  ACミランの日本代表FW本田圭佑が、28日のリーグ最終節、敵地カリアリ戦でスタメン出場し、キャプテンマークを巻くことが正式発表された。  

ミランはこのゲームでFWジェラール・デウロフェウが欠場。この試合でキャプテンマークを巻く本田は左ウイングに入り、FWカルロス・バッカ、FWスソと3トップを構成する。  

本田は前節の本拠地最終戦のボローニャ戦では後半11分から途中出場し、鮮やかな直接FKで今季初ゴール。その場面以外にも効果的なプレーが随所に見られ、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督から高く評価されていた。2014年1月の移籍市場でCSKAモスクワから加入して10番をつけた。

退団を表明しているだけに、3年半にわたるミランでのキャリアはカリアリ戦で終わるものの、最後の最後に大きな見せ場がやってきた。  

ミランは来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権を得る6位が確定し、ノープレッシャーのゲームになる。本田による最後の大暴れに、大きな期待が懸かる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00010022-soccermzw-socc
28
 


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索