Samurai Goal

データ


スポンサード リンク





【ドルトムント】衝撃の6ー0大敗 バイエルン戦パスマップ 

519: 2018/04/01(日) 03:51:06.71 ID:mI8iVYGD0

【ウクライナ戦】日本代表のスタッツがヤバすぎる件。 

771: 2018/03/28(水) 00:59:55.48 ID:wxUelUZD0
          日本-ウクライナ
得点         1-2
枠内シュート     3回-5回
ファウル       20回-15回
ボール支配率     43%-57%
パス成功率      32%-77%
縦パス成功率     16%-62%
縦パス率       12%-41%
パスカット成功率   6%-25%
ペナルティエリア侵入 8回-19回
パスミス回数     21回-8回

ドイヒー
長谷部と山口は寝てたんか
52


【横浜FM】GK飯倉のヒートマップ!ハーフウェイライン越えww走行距離は6.8km! 

no title

【ドルトムント】ライプツィヒ戦のパスマップ データ 

102: 2018/03/04(日) 13:07:03.13 ID:uWO5+u8n0
#RBLBVB @DieRotenBullen @BVB
no title

no title

このポジション取りならもっと効果的な働きしないと駄目だろ
少なくともゲッツェは

【代表ネタ】ロシアW杯で日本代表になってほしい選手!!支持が高かったのは…。男女約2,500名対象データ 

490: 2018/02/28(水) 19:11:31.86 ID:vE9VJskla
【ワールドカップで日本代表になってほしい選手、1位になったのは…】
https://m.facebook.com/repucomjapan/posts/1602586069819898
no title

Jリーグが今日開幕(今シーズンから金曜夜開催を実施)。
優勝争いももちろん気になりますが、ワールドカップイヤーだけに、誰がロシアへ行く日本代表メンバーになるのかも気になります。

ニールセン スポーツでは、昨年12月に行った調査で「2018年FIFAワールドカップで日本代表になってほしいと思う選手」を質問。
16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。

その結果、最も支持が高かったのはGKの川島永嗣選手。
次いで長友佑都選手、香川真司選手、長谷部誠選手と続きました。
海外組が11人中9人を占め、Jリーグ勢は清武弘嗣選手、槙野智章選手の2人だけでした。

2月24日(土)に開幕するJリーグ、優勝だけでなく日本代表を賭けた戦いにも注目です。

【ドルトムント】アウクスブルク戦のパスマップ!<ブンデス第24節> 

593: 2018/02/27(火) 07:00:16.98 ID:wips4k1nd
なんだコレ、前線被りすぎ

no title

【マンC】データにも出ちゃうデ・ブライネの異次元っぷり!? 

113: 2018/02/11(日) 19:39:40.14 ID:TtACwVf80
デブライネが変なとこにいた
https://twitter.com/thefutebolist/status/962364529517780993
08
 

【J1】2017年の空中戦勝率・ワースト&ベスト30 (CB系限定)  

205: 2018/01/05(金) 16:31:37.43 ID:2OTzhCd3
no title

no title

no title

【日本代表】観客動員数は世界屈指だった!? 

54: サムライ 2017/11/20(月) 19:47:08.93 ID:ceiHoV+r0HAPPY
日本代表の観客動員数は世界屈指だった!

no title


世界でも平均観客数が世界5位か

新国立競技場が出来ればもっと行くだろうな
一般人も新国立競技場は味わいたい人居るだろうし

【日本代表】データ全12項目の“キング”を発表!UAE戦で圧倒的な存在感を見せたのは? 

1: サムライ24時 2017/03/26(日) 00:28:39.24 ID:CAP_USER9
Football ZONE web 3/25(土) 11:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00010005-soccermzw-socc&p=1

AFCが公表しているデータの中から12項目をピックアップ

 日本代表は現地時間23日に、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地UAE戦で2-0と勝利を挙げた。今季所属クラブで公式戦17得点を決めているFW久保裕也(ヘント)が代表初ゴールを含む1ゴール1アシストと活躍すれば、約2年ぶりに招集されたMF今野泰幸(ガンバ大阪)が追加点を決めて敵地で勝利を手繰り寄せている。

 フォーマンスを日本は見せつけたが、データ上で特筆すべき選手は誰だったのか。アジアサッカー連盟(AFC)が公表しているデータの中から12項目をピックアップ。日本代表内で各項目の“キング”を紹介する。

 今回対象とする12項目は(1)シュート数、(2)チャンス創出数、(3)トータルタッチ数、(4)パス数、(5)パス精度、(6)タックル数、(7)インターセプト数、(8)ボール奪取数、(9)デュエル回数(地上戦)、(10)デュエル勝率(地上戦)、(11)デュエル回数(空中戦)、(12)デュエル勝率(空中戦)だ。

 シュート数最多を記録したのは、ヘディングで競り勝ち2点目の起点となった大迫勇也(ケルン)。チーム総数14本のうち、大迫一人で4本を放った。この日1ゴール1アシストの久保が2本だったことを考えると、大迫の積極性が光ったと言える。

トータルタッチとパス数最多は意外にも…

 チャンス創出数は原口元気(ヘルタ)の4回が最多。2位は久保と倉田秋(G大阪)が2回で並んだ。原口は守備で貢献しながら、要所で攻撃に顔を出すなど攻守両面で幅広い役割を担った。

 トータルタッチ数の最多は、貴重な追加点を決めた今野だ。2位の酒井宏樹(マルセイユ)が87回のなか、今野は92回と唯一90回を超えた。ともに中盤でプレーした山口蛍(セレッソ大阪)が56回にとどまっており、いかに今野がボールに絡んだかが分かる。

 パス数部門も今野が最多の64本。2位の酒井宏が51本で、トータルタッチ数と比例するランキングとなった。パス精度で最多は後半33分から出場の本田圭佑(ミラン)で90.9%だった。これは短い出場時間も大いに関係している。一定時間プレーした先発メンバーのなかで、トップは香川真司(ドルトムント)の84.8%。山口や吉田麻也(サウサンプトン)も80%を超える数値を出した。

 守備面に目を向けると、タックル数は今野の6回となった。2位の吉田が3回で、今野の数値が際立っている。一方、インターセプト数最多は山口で断トツの7回だった。こちらも2位は吉田で3回となっている。またボール奪取数最多は今野の10回。球際での寄せるスピードと判断力はベテランならではのもので、ボールを刈り取る技術が光った。

陸空両面で100%を誇ったのはただ一人

 バヒド・ハリルホジッチ監督が常々強調するデュエル(1対1)は、地上戦と空中戦でそれぞれ異なる選手が存在感を放っている。地上戦デュエル回数では今野が22回で最多となり、誰よりも球際で戦っていた。地上戦デュエル勝率では吉田が100%(勝ち5回/負け0回)と圧巻の強さを発揮している。

 また空中戦のデュエル回数は大迫が断トツの11回。2位今野の6回に2倍近くの差をつけている。今野のゴールが生まれる前に空中戦を制していたのは大迫で、前線で何度も体を張って1トップとしての役割を果たしていた。空中戦デュエル勝率で100%は4人が並び、山口、原口、吉田、長友佑都(インテル)が負けなしとなった。吉田は地上戦を含めて、全6回のデュエルに勝っており、陸空両面で唯一100%を誇示している。

 今野が実に5部門でトップに輝いており、その貢献度は群を抜く。2部門でトップは大迫、原口、山口、吉田の4人となった。各部門のトップは以下の通りとなっている。

■データ12部門トップ
シュート数 4本 大迫勇也
チャンス創出数 4回 原口元気
トータルタッチ数 92回 今野泰幸
パス数 64本 今野泰幸
パス精度 90.9% 本田圭佑
タックル数 6回 今野泰幸
インターセプト数 7回 山口 蛍
ボール奪取数 10回 今野泰幸
デュエル回数(地上戦) 22回 今野泰幸
デュエル勝率(地上戦) 100% 吉田麻也/倉田 秋
デュエル回数(空中戦) 11回 大迫勇也
デュエル勝率(空中戦) 100% 山口 蛍/原口元気/吉田麻也/長友佑都

48
 



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索