Samurai Goal

インタビュー


スポンサード リンク





磐田・名波監督に文春砲ww「まあ自分が一番シュートうまいから仕方ないですね(笑)」 

530: サムライ 2017/09/16(土) 12:14:35.28 ID:frPjDWLrp

【再出発】新天地で初練習終えた内田篤人「家族とも離れ離れ。子供はどんどん大きくなっちゃうな。」 

1: サムライ 2017/08/23(水) 06:41:34.18 ID:CAP_USER9
8/23(水) 6:12配信
スポーツ報知
内田篤人、クラブ公式インタでドイツ語披露も「本当に話せるのかってすごく聞かれた」

ウニオン・ベルリンでの初練習を終えた内田
 ◆内田篤人に聞く

 ―初練習を終えて。

 「ヨガやってきた。『練習やる』って言ったんだけど、監督が(やらなくて)いいって」

 ―新しいチームにいるのはどんな気持ち?

 「チーム(シャルケ04)にはありがたかったけどね。(テデスコ)監督も『残ってくれていいし、決断を下すまではシャルケの一員だよ』って言ってくれた。テデスコは俺の(シャルケ04での)最後の監督になったけど、すごく好きだな」

 ―クラブの公式インタビューではドイツ語も披露した。

 「『本当に話せるのか』ってすごく聞かれた(笑い)」

 ―ウニオン・ベルリンというチームは知っていた?

 「昨年4位だったのはケラー監督がいるから知っていた。日本に帰ったら、もう(ドイツに)戻ってこないと思ったからね。スタジアムもいいし、ここがいいなって」

 ―まずは家探しから。

 「家族とも離れ離れなので。子供はどんどん大きくなっちゃうな。(幼なじみの夫人が)奥さんになってからは、スタジアムで(試合をしている姿を)見せてないから」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000066-sph-socc
no title

【マルセイユ】酒井宏樹、同僚MFがハマる“アニメ文化”『それにプリントしちゃう?』 

1: サムライ 2017/08/11(金) 11:23:00.88 ID:CAP_USER9
日本代表でも活躍する酒井宏樹が昨季、フランスのマルセイユでレギュラーの座を掴むうえで、なにより重視したのは「チームメイトとのコミュニケーション」だった。
 
「ハノーファーにいた頃よりも積極的に取り組んだおかげで、すんなり溶け込めました。年上の選手が多いからか、特に黒人選手には可愛がってもらえて。いろいろアドバイスしてくれます」
 
 同じDFのロド・ファンニ(元フランス代表)について「ロッカーが近くて、僕のことをひたすらイジります(笑)」と話す酒井だが、特定の誰かと仲がすごく良いというわけではなかった。要するに、「みんな」とコミュニケーションを取っていたのだ。
 
 そうした環境下で、チームメイトによく聞かれるのが「日本の文化、アニメとか」だった。
 
「例えば(フランス代表MFの)レミ・カベラは『テニスの王子様』の大ファンで、スパイクに主人公の名前(越前リョーマ)を刺しゅうしたりしています。『ルイ・ヴィトン』のバックに『ドラゴンボール』の何かをプリントしている選手もいますが、ちょっと勿体ないですよね(笑)。日本人の僕からすると、『それにプリントしちゃう?』という感覚です」
 
 ただ、日本人の感覚を押し付けるようなことはもちろんしない。酒井はむしろ、フランスの文化に馴染もうとしている。
 
「加入当初から『フランスを好きになろう』というスタンスでやっていたので、特に問題はなかったです。僕は外国人枠ですから、自分の世界に閉じこもったままだと孤立してしまう。だから、フランス語を真剣に学ぶことで彼らを理解しようとしたし、そうすると、向こうもフレンドリーに接してくれるようになる。要は、郷に入れば郷に従え、です」
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

2017年08月11日 サッカーダイジェスト
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=28682

写真
no title

「権田さんの独自GK論」結局は“隙間産業”「例えば目の前にC・ロナウドがいても…」 

1: サムライ24時 2017/08/10(木) 12:41:21.43 ID:CAP_USER9
[J1リーグ21節]柏 0-0 鳥栖/8月9日/柏
 
 まさに出色のパフォーマンスだった。
 
 前半終了間際にキム・ボギョンのシュートを止めると、80分には伊東純也との1対1を制した。さらに、82分には小池龍太のミドルシュートをストップするなど、柏の決定機をことごとくストップ。奮迅の活躍で無失点に抑え、守勢に回っていたチームに勝点1をもたらした。
 
 試合後、権田に「今日の出来を自己評価すると?」と質問してみた。すると、権田は「え?自分の出来!?」とやや困った様子で、話し始めた。
 
「GKは出来が良くちゃいけないですからね。DFが寄せて、漏れたところをしっかり止めるという、結局〝隙間産業″なので、GKは。
 
 そこで今日はほとんどの場面でDFがしっかりと寄せていたので、シュートコースが限定されていた。フリーでシュートを打たれたのは、前半のクリスティアーノ選手のファーに巻いたシュート以外にはなかった。
 
 サイドでDFがボールにしっかり寄せたことで、力のなくなったクロスに対して出ていくとか、相手のキックミスを取るとか、それが仕事。欲張っちゃいけない。
 
 とはいえ、来たボールは全部処理するのがGKの仕事。ここからもう一段階上にいくことを考えたら、例えば目の前にクリスチアーノ・ロナウドがフリーでいて、すごいシュートが来ても、それをしっかり防ぐこと。ここから先に目指すのそういうところ」
 
 権田は、独特の言い回しでGK論を展開。味方の素早いプレスもあり、今日の出来にはある程度の好感触を掴んだようだ。それでもこのGKが目指す理想は、DFのサポートがなくても強烈なシュートを止められること、ということだろう。
 
 ある程度の満足感を口にしながらも、すでに権田は次節を見据えている。
 
「今日の試合では良い仕事ができましたけど、次節戦うF・マリノスには、ドリブルが凄い選手とかヘディングの強い選手がいるので、そこに対してまた準備をしなきゃいけない。
 
 今日の出来と言うよりは、年間通してチームに貢献しなければ意味がない。1試合良くても、その次がダメだったら、勝点3は取り続けられないので。GKは、直接勝点3を取ることはできないけど、無失点に抑えて、勝点3を積み重ねる確率を1㌫でも上げたり、こうやって勝点1を取ったりはできる。それこそがGKの仕事だと思うので、そこはこだわってやり続けたい」
 
 言葉の端々にGKとしての強いプライドを感じさせた。一時は日本代表にも選ばれた実力派GKが、再び存在感を高めている。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

8/10(木) 11:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00028647-sdigestw-socc

写真
no title

【粋なコメント】“神戸の恋人”鹿島・金崎夢生「どうしても勝たないといけない理由があった」 

1: サムライ24時 2017/08/09(水) 22:11:41.67 ID:CAP_USER9
[8.9 J1第21節 神戸1-2鹿島 ノエスタ]

鹿島アントラーズが敵地でヴィッセル神戸を2-1で下した。先制を許した鹿島だったが、FW金崎夢生の2ゴールで逆転勝ちした。

リーグ戦3連勝、9戦負けなしの鹿島は、勝ち点46で首位に立った。

評価してもらったお礼はプレーで返す。まさにサッカー選手としてこれ以上ない答えを出した。
金崎には今夏、神戸から獲得オファーが届いた。

滝川二高時代を過ごした神戸に本拠地を置くクラブからのオファーで、金崎も熟考した。
しかし先日、鹿島でのプレー続行を決断したことが報じられ、奇しくもこの日、その神戸との一戦を迎えていた。

試合後のインタビューに答えた金崎は「暑い中でしたけど、しっかり勝ててよかった」とまずは逆転勝ちに安堵。
そして「このピッチでどうしても勝たないといけない理由があったのでしっかり勝ててよかった」と移籍を巡る今夏の動きに終止符が打てたことを喜ぶと、

「すぐに試合があるので、しっかり準備して、みんなで頑張りたい」と次なる戦いに頭を切り替えた。

8/9(水) 21:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-01642672-gekisaka-socc

写真
no title


【サッカー】<J1第21節>鹿島が首位奪取!金崎の2得点で逆転勝利。C大阪、清水に破れ2位後退..浦和、堀体制初白星!15試合ぶり完封
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502280333/

【芸能界No.1のサッカー通】小柳ルミ子の欧州サッカー「バルサが獲得すべき選手は?」 

1: サムライ24時 2017/08/08(火) 13:37:29.13 ID:CAP_USER9
年間で約2千試合を観戦! 今やプロ選手も舌を巻くサッカー通として知られるようになった小柳ルミ子氏。そんな彼女の強烈な“フットボール愛”を週プレが解き放つ!

ここでしか読めない超コア&縦横無尽なルミ子さんの欧州サッカートーク、開幕~!(在籍チームは8月3日現在のものです)

* * *

―2016-17シーズンは、レアル・マドリードのチャンピオンズリーグ(以下、CL)2連覇で幕を閉じました。2連覇は1988-89、89-90のACミラン以来となる27年ぶりの快挙です。間もなく開幕する欧州の17-18シーズンも、レアルが軸になりそうですね。

小柳 いや! それは、もはや過去の出来事です。2連覇は確かに快挙ですが、レアルは追われる立場になりました。すべてのチームが打倒レアルで来るはず。昨季CL決勝を争ったユベントスもそうでしょうし。私は、レアルが2連覇した瞬間から「よーし! 来季は、首を洗って待っていろよ」と気持ちを切り替えました。

―ということは……。

小柳 私はバルセロナ(の大ファン)。すべてはメッシから始まっているの。昨季、バルサは負けてしまったけれど、「奇跡の大逆転」で十分満足しました。欧州サッカー史を変えたわけですから。

―第1戦の0-4を、第2戦で6-1とひっくり返したCL決勝トーナメント1回戦のパリ・サンジェルマン戦ですね。カバーニのアウェーゴールによって、通算スコア3-5とされ、あと3点決めなければ敗れるという状況での大逆転劇でした。

小柳 バルサは残り7分で、3ゴールを入れて。カバーニに決められたときには、私もさすがにこれはダメだと諦めましたから。記憶に残る素晴らしいゲームでしたね~。もう30回くらい繰り返し見ています(笑)。

―では、メッシと毎年バロンドールを争っているクリスティアーノ・ロナウドについてはどうお考えですか?

小柳 すごく上手だし、結果も残しているし、アスリートとしては素晴らしいと思います。でも、人としてはイマイチ(笑)。

バルサの「MSN」(メッシ、スアレス、ネイマール)は、お互いを認め合い、尊敬し合い、理解し合っている。それは、ひとえにメッシの人柄のおかげ。メッシは世界一の選手です。その彼が、おごり高ぶって、スアレス、ネイマールを受け入れない人間だったら、バルサはこうなっていません。

つづく

8/8(火) 11:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170808-00089564-playboyz-socc
11
 

【遠藤保仁】ハリルJを語る「いまさら戦い方を変えろといっても無理。やりきれるかどうか」 

1: サムライ24時 2017/08/03(木) 11:43:09.70 ID:CAP_USER9
日本代表選手として歴代最多の国際Aマッチ出場を果たしている遠藤保仁。長きにわたって日本代表の攻撃を操っていたコントロールタワーの目に、現在の日本代表はどのように映っているのだろうか。8月7日発売となる『フットボール批評issue17』で敢行したインタビューで、ガンバ大阪MFは自身の考えを語っている。(取材・文:西部謙司)

●現在の日本代表に足りないものを埋めるにはどうすれば

「間違いなく少ないですね」

 中盤でのタメ、あるいは「遊びのパス」。いっけん無駄にみえて、そこで一呼吸おくことで展開を大きく変えていく組み立て。日本代表にそれが少ないのでは?

 遠藤保仁の答えは予想どおりだった。それにかけてはエキスパートで、それで日本代表を動かしてきた選手なのだ。では、現在の日本代表に足りないものを埋めるにはどうしたらいいのか、何が必要なのか。

「勇気じゃないですか」

 日本代表選手が臆病だという意味ではない。背景を説明する必要があるだろう。ハリルホジッチ監督の指揮する日本代表は自分たちに“ボールがない”ことを前提としたチーム作りを進めている。堅固なゾーンの守備ブロックを敷いて敵の攻撃を迎撃し、素早くカウンターアタックを仕掛けることを目指している。

 もちろん、これしかやらないわけではないが、流行の言葉でいえば「デュエル」と「縦に速い攻撃」のサッカーだ。一方、遠藤は“ボールがある”ことを前提としたサッカーで能力と存在感を発揮してきた選手である。

 現在の代表に遠藤はいない。本人が招集されていないだけでなく、“遠藤”に該当するMFすらいない。ボランチに要求される仕事が違うからだ。ボールをどう生かすかではなく、敵のボールを奪える能力が優先されている。

 当初、“遠藤”は起用されていた。柏木陽介、大島僚太がいた。しかし最終予選の初戦でUAEに敗れると、ハリルホジッチ監督はチームの性格をはっきりさせた。“遠藤”はいなくなり、“ボールがない”サッカーへと舵が切られた。遠藤的なプレーの減少は必然といえる。

 ただ、全く不要というわけでもない。それが必要とされる場面は何度となくある。それがチームの目指している方向性とは違っていても、サッカーである以上必ずある。しかし、そのときにチームの方向性と違うプレーをやるには「勇気」が要る。

「(監督の指示どおりにやらないと)試合に出られない雰囲気は、代表に入っていない僕らでも感じますから、代表選手はもっと感じているでしょう」

つづく

8/3(木) 10:20配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170803-00010000-footballc-socc

【日韓W杯】モリエンテス「韓国戦を審判を変えてやりなおしたい。生涯忘れない試合」 

1: サムライ24時 2017/07/28(金) 18:51:19.36 ID:CAP_USER9
モリエンテスが語る「やり直したい」あの一戦。誤審で失ったキャリア最高のゴール【独占インタビュー】
7/26(水) 10:20配信
フットボールチャンネル

 レアル・マドリーなど欧州のビッグクラブでプレーし、スペイン代表としても長く活躍したフェルナンド・モリエンテス氏は、現在ラ・リーガのアンバサダーとして世界中を駆け回っている。今回、ラ・リーガと提携したJリーグが主催する「Jリーグワールドチャレンジ」の鹿島アントラーズ対セビージャに合わせて来日した同氏が、試合当日の忙しい合間を縫って独占インタビューに応じてくれた。元スペイン代表が独自の指導者論、そして記憶に刻まれた15年前のあの試合について語る。(取材・文:舩木渉)

フェルナンド・モリエンテス氏は鹿島対セビージャの試合前にインタビュー取材に応じてくれた【写真:編集部】
no title


ーーお忙しい中時間を取っていただきありがとうございます。今日はサッカースクールで地元の子どもたちを指導されたそうですね。いかがでしたか?

 とてもいい経験でした。私もすごく楽しめました。子どもたちに大きなポテンシャルを見出しました。かなり上手な子もいたので、今後が楽しみです。

ーー先日のセビージャ対セレッソ大阪の試合を見ていて、選手個々の持つ戦術理解度や知識の差が如実に表れていました。その部分がスペインと日本の選手の最も大きな違いだと感じています。スペインでは戦術的な要素をどの年代から指導していくのでしょうか。

 スペインでは育成、下部組織から教育することを非常に重要と考えています。8歳から13歳の頃は、基本的なコーディネーション(様々な動きを習得し、自分の体を自由かつ複雑に動かせるようにすること)だったり、サッカーを楽しみながら教えていきます。13歳か14歳の頃からよりテクニカルになっていきます。より戦術的なことも教えていきますし、ポジションごとのプレーもその年代から教わります。

 15歳から16歳になるとスペインの選手のほとんどは自分のポジションがどういう役割を担わなければいけないのか、自分のチーム内での役割もよく理解していると思います。そして私は小さい頃からフィジカルとメンタルの両方を意識して教えていくことが重要だと考えています。

ーーモリエンテスさんは5年前のインタビューで「次に来るのはルイス・エンリケだ」と予言されていました。彼はその後、実際にバルセロナに数多くの栄光をもたらしました。5年経って改めて、今注目している若手指導者はいますか?

 ルイス・エンリケ監督はあの頃から才能のある指導者だと思っていました。私は選手から監督になった人の方がいいと思っています。なぜかと言うと、ロッカールームの中で話されることや、選手との関係もよくわかっていますし、スポーツへの理解もあって、技術的な側面の知見も持っているからです。

 そういったことを理解した上で、しっかりとした哲学を持って進むことが重要なので、選手から監督になるルートが一番いいと思っています。今はU-21スペイン代表のアルベルト・セラーデス監督(現役時代はバルセロナやレアル・マドリーなどで活躍、監督として2017年のU-21 EURO準優勝)と、U-17スペイン代表のサンティ・デニア監督(現役時代はアトレティコ・マドリーなどで活躍、監督として2017年のU-17 EURO制覇)に注目しています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010000-footballc-socc&p=1

【大久保嘉人】リーガを語る!「プレーは全然問題ない。言葉がポイントに」 

1: サムライ24時 2017/07/27(木) 19:17:47.49 ID:CAP_USER9
元日本代表でFC東京所属の大久保嘉人がスポルトのインタビューに独占で応えた。

大久保はセレッソ大阪時代、2004年の冬に当時プリメーラディビシオン(リーガ1部)で戦っていたRCDマヨルカにローン移籍した。

大久保はスペインでやっていく上で大事な事として「プレーは全然問題ない。スペインでは“言葉”がポイントになってくる」とコメント。

これまで日本人選手がリーガで“成功”したケースが少なく、唯一安定してシーズンを過ごしているのがエイバルの乾貴士だろう。
昨シーズンのリーガ29節でビジャレアル相手に乾がシーズン初得点をした際は、チームメイトが自分のことかのように喜んだ。SNSで乾はその事について喜びを示している様子から言葉の壁は克服している。
柴崎岳もリーガ2部で残した結果が評価され、今シーズン1部に昇格したヘタフェに移籍した。

本場スペインサッカーで揉まれた大久保はJリーグに戻り、2013年から3シーズン連続で得点王に輝き、他を寄せ付けない戦績を残した。
そんな大久保にプロでやっていく必要な能力を聞いた際、「能力は人それぞれ、生まれ持ったものが人それぞれあると思う。あとは足りないところを努力してうめること。大概の人は努力するのが嫌い。プロになる人は皆努力をしている、きついけど諦めずやってもらいたい」と語った。

(文:SPORT)

7/27(木) 17:56配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00010014-sportes-socc
51
 

【インタビュー】長谷川健太、運命を分けた一戦!あの勝ちがなかったら今、監督ではいられなかった… 

23


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索