Samurai Goal

試合結果


スポンサード リンク





【J1第1節】仙台、新戦力DF板倉滉のヘディングゴールで勝利!柏は開幕黒星スタート 

25

 明治安田生命J1リーグ開幕戦が25日に行われ、ベガルタ仙台と柏レイソルが対戦した。  ホームの仙台の渡邉晋監督は新加入の板倉滉と阿部拓馬を先発起用。一方、柏のスタメンには大宮アルディージャから加入し背番号「10」をつける江坂任がスタメンに名を連ねた。  

前半は両者譲らず、スコアレスで折り返すと53分、遂に均衡が破れる。右サイドで古林将太がクロスをあげると、中央で板倉が高い打点からヘディングシュートを叩き込み、仙台が先制に成功した。  先制点を機に、仙台が徐々に試合の主導権を握り、何度も相手のゴール前へ攻め込む。60分、仙台が敵陣深くでボールを回し続けると、最後は奥埜博亮がドリブルでDFをかわしてペナルティエリア内へ進入し、右足を振り抜く。
しかし、シュートはわずかに枠の左へと外れてしまう。76分にはペナルティエリア手前の中央でFKを獲得するとキッカーは野津田岳人。左足で直接シュートを放つも、鋭く巻いたシュートはわずかなに枠の右へと外れてしまった。  

試合終盤にさしかかると、柏が攻め込む展開に。しかし、なかなかゴールを奪えず迎えた89分、中山雄太にイエローカード2枚目が出され、退場。1点ビハインドの柏は数的不利に追い込まれた。  試合は最後までお互い激しい試合をみせたがスコアは動かずそのまま終了。開幕戦勝率7割を越える仙台が良いスタートを切った。  次節、仙台はFC東京と、柏は横浜F・マリノスと対戦する。

【スコア】
ベガルタ仙台 1-0 柏レイソル

【得点者】
1-0 53分 板倉滉(ベガルタ仙台)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00720624-soccerk-socc

【J1第1節】鹿島、クォン•スンテがPKストップ!アウェイで清水相手にドロー決着…内田篤人は8年ぶりにJのピッチへ 

04

明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、清水エスパルスと鹿島アントラーズが対戦した。  ホームの清水は、新加入したクリスランとファン・ソッコを先発出場させ、一方の鹿島は、ドイツから戻ってきた内田篤人を約8年ぶりにJリーグのピッチに送り出した。  

先にチャンスを掴んだのは清水だった。11分、ペナルティエリア内で浮き玉のパスを受けたクリスランが、厳しい態勢からダイレクトボレーシュートを放つ。これはバーに嫌われてゴールとはならない。

続いて41分、レオ・シルバが石毛秀樹を倒してしまい、清水にPKが与えられる。しかし、これをクォン・スンテにセーブされ、先制点を奪うことができない。このままスコアは動かず後半に突入した。  67分、今度は鹿島にチャンス。右サイドからのCKに鈴木優磨が反応してダイレクトシュートを放つも、GKにカットされてネットを揺らせない。  

その後も得点は動かず、試合はこのまま終了。両者勝ち点1を分け合った。鹿島は次節、3月3日にガンバ大阪と、清水はヴィッセル神戸とそれぞれ対戦する。

【スコア】
清水エスパルス 0-0 鹿島アントラーズ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00720759-soccerk-socc

【動画】本田圭佑、決勝ゴール!終了間際に逆転PK決めてパチューカ劇的勝利。日本代表復帰へ期待感高まる【レオン戦リーガMX後期第9節】 

1: 2018/02/25(日) 12:11:57.44 ID:CAP_USER9
29

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00135328-nksports-socc

日刊スポーツ

<メキシコリーグ:パチューカ2-1レオン>◇24日◇パチューカ

 パチューカFW本田圭佑(31)が先発出場し、決勝ゴールを挙げた。

 1-1で迎えた後半ロスタイム、味方選手が倒されて得たPKを冷静に左足でゴール右へと決めた。

 絶好調の本田は、後期9試合で4得点4アシストと大活躍。3月の日本代表戦(23日対マリ、27日対ウクライナ)への期待が高まった。

【リーガ】バルサ、圧倒的破壊力で大勝!スアレスがハット、メッシは2発。コウチーニョはリーガ初ゴール! 

36

【バルセロナ 6-1 ジローナ リーガエスパニョーラ第25節】  

バルセロナは現地時間24日、リーガエスパニョーラ第25節でジローナをホームに迎え、6-1で大勝した。  クラブレコードとなるリーグ戦32試合無敗が懸かったこのゲームは、波乱の幕開けとなる。開始3分、GKとDFのコミュニケーションがあいまいになったところを突かれてポルトゥに先制点を決められた。  だが、その2分後にメッシのスルーパスからルイス・スアレスにゴールが生まれて同点とすると、一方的なバルセロナペースとなる。  

30分、メッシがペナルティエリア内で鮮やかにボールをコントロールして逆転弾を奪うと、37分にもメッシ。直接FKで壁の下を通して3-1とした。ルイス・スアレスのゴールでさらに1点を加えたバルセロナは、4-1で折り返している。  

後半に入ってもバルセロナのゴールは止まらない。66分、コウチーニョがミドルシュートを決めてリーガ初ゴールを記録すると、76分にはデンベレのクロスにルイス・スアレスが合わせてハットトリック達成。6-1で大勝した。  これでバルセロナはリーガで32戦無敗となり、クラブレコードを更新している。

【得点者】
3分 0-1 ポルトゥ(ジローナ)
5分 1-1 ルイス・スアレス(バルセロナ)
30分 2-1 メッシ(バルセロナ)
37分 3-1 メッシ(バルセロナ)
44分 4-1 ルイス・スアレス(バルセロナ)
66分 5-1 コウチーニョ(バルセロナ)
76分 6-1 ルイス・スアレス(バルセロナ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00257873-footballc-socc
10

 

【リーガ】レアル、“BBC”揃い踏みで5連勝!ハット目前のC・ロナウドがPK譲る心意気  

46

【レアル・マドリー 4-0 アラベス リーガエスパニョーラ第25節】
 
現地時間24日にリーガエスパニョーラ第25節の試合が行われ、3位レアル・マドリーは16位アラベスをホームに迎えて対戦。  試合開始して44分、カリム・ベンゼマがヒールパスで出したボールをクリスティアーノ・ロナウドが反転シュートでゴールに叩き込みマドリーが先制。続く46分、相手のトラップミスを逃さなかったベンゼマがボールを奪い、そのままパスを送ってガレス・ベイルが追加点を決めている。51分にもベンゼマがゴールを決めたが、オフサイドの判定により取り消しに。  

それでも61分、ルーカス・バスケスのパスにC・ロナウドが合わせて3点目を決めた。89分にはベンゼマがPKを決めて、BBC(ベンゼマ、ベイル、C・ロナウド)が揃い踏み。結局、マドリーは4-0の勝利をおさめ公式戦5連勝としている。

【得点者】
44分 1-0 C・ロナウド(マドリー)
46分 2-0 ベイル(マドリー)
61分 3-0 C・ロナウド(マドリー)
89分 4-0 ベンゼマ(マドリー)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00257752-footballc-socc

【ブンデス】長谷部の奮闘実らず…フランクフルトが3試合ぶり黒星、シュツットガルト浅野は久々ベンチ入り  

1: 2018/02/25(日) 01:40:40.71 ID:CAP_USER9
2/25(日) 1:28配信
長谷部の奮闘実らず…フランクフルトが3試合ぶり黒星、シュツットガルト浅野は久々ベンチ入り

[2.24 ブンデスリーガ第24節 シュツットガルト1-0フランクフルト]

 ブンデスリーガは23日、第24節2日目を各地で行い、MF長谷部誠とFW鎌田大地所属の3位フランクフルトはFW浅野拓磨所属のシュツットガルトと敵地で対戦し、0-1で敗れた。長谷部はボランチの一角で先発出場。5試合ぶりにベンチ入りした浅野は出番がなく、鎌田はメンバー外だった。

 立ち上がりにスコアを動かしたのはホームのシュツットガルトだった。前半13分、右サイドからのクリアボールが最終ライン裏に流れると、DFダビド・アブラムがクリアミス。ボールを奪ったFWダニエル・ギンチェクがGKをかわして放ったシュートはDFマルコ・ルスがクリアしたが、こぼれ球に詰めたMFエリック・トミーがゴールに押し込んだ。

 フランクフルトは1点ビハインドでハーフタイムを迎えると、失点に絡んだルスに代えてMFマルコ・ファビアンを投入。ボランチの長谷部がリベロの位置に一列下がった。すると、長谷部のロングボールを起点にピッチ幅を広く使えるようになり、フランクフルトがペースを徐々に取り戻していった。

 そろそろ得点のほしいフランクフルトは後半20分、チームトップの8得点を挙げているエースFWセバスチャン・アレを下げてFWルカ・ヨビッチを投入。その直後、相手のカウンターから最終ライン裏に抜け出されそうな場面もあったが、長谷部が身体を張ってブロックした。

 後半34分、フランクフルトは左サイドをDFシモン・ファレットが突破し、マイナスのクロスにヨビッチが反応。PA内から左足でシュートを放ったが、DFベンジャマン・パバールがブロックした。一方のシュツットガルトは同45分、最後の交代カードでMFチャドラック・アコロが投入され、浅野の出番はなかった。

 その後も主導権を握り続けたフランクフルトだったが、アディショナルに放ったファビアンのシュートはわずかに枠外。そのままタイムアップを迎えて3試合ぶりの黒星を喫し、UEFAチャンピオンズリーグ出場圏内キープは他会場の結果に委ねられた。シュツットガルトは3試合連続1-0勝利で、今季唯一の連勝記録を『3』に伸ばした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-01650883-gekisaka-socc
no title

【リーガ】乾貴士、痛恨の決定機逸…エイバルはセルタに完封負けで2連敗 

01

[2.24 リーガ・エスパニョーラ第25節 セルタ2-0エイバル]  

リーガ・エスパニョーラ第25節2日目が24日に開催され、MF乾貴士が所属するエイバルがセルタのホームに乗り込み、0-2の完封負けを喫した。スターティングメンバーに名を連ねた乾は、フル出場を果たしたものの得点には絡めなかった。  

今冬に加入して2得点を挙げるなど攻撃を活性化させていたFWファビアン・オレジャナが出場停止のエイバルは、負傷のために長期離脱していたMFペドロ・レオンがベンチ入りを果たした。スコアレスのまま試合が進む中、前半43分に乾に決定機が訪れる。

しかし、左サイドのDFホセ・アンヘルから送られたクロスでゴール前で完全にフリーになるも、右足ダイレクトで合わせたシュートは枠を外れてしまった。  0-0のまま後半を迎えると、後半11分に左サイドから送られたグラウンダーのクロスに対し、ニアサイドに走り込んだFWイアゴ・アスパスにダイレクトで決められ、セルタに先制を許してしまう。すると同16分にエイバルベンチが動き、MFイバン・アレホに代えて今季初出場となるP・レオンをピッチへと送り込んだ。  

後半19分にはエイバルがゴールに迫るが、右サイドのMFルベン・ペーニャから送られたグラウンダーのクロスにフリーで走り込んだ乾が右足で合わせたシュートは枠を捉え切れず。さらに同20分には左サイドから切れ込んだ乾がPA外から狙うも、ボールはゴール左に外れた。  

すると後半34分、セルタにカウンターを発動されると、右サイドから送られたラストパスから逆サイドでフリーになったMFマキシ・ゴメスに右足で決められてリードを2点差に広げられてしまう。その後の反撃も実らずにエイバルは0-2の完封負けで2連敗を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-01650880-gekisaka-socc

【J1第1節】初参戦の長崎、湘南との“昇格組対決”に1-2惜敗 終盤の失点で開幕戦白星を飾れず  

1: 2018/02/24(土) 17:59:32.26 ID:CAP_USER9
J1初参戦の長崎、湘南との“昇格組対決”に1-2惜敗 終盤の失点で開幕戦白星を飾れず

前半に田上がクラブ史上初のJ1ゴールも、初勝利はお預け
 2018年のJ1リーグが開幕し、24日には今年でクラブ創設50周年を迎える湘南ベルマーレと、クラブ史上初のJ1挑戦となるV・ファーレン長崎の昇格組同士が対戦。湘南にとっては2年ぶりとなったJ1の舞台で、1-1で迎えた終盤に勝ち越し2-1で勝利。長崎は開幕戦を白星で飾ることはできなかった。


 1万2148人の観衆が詰めかけた試合は、開始8分に試合が動く。右サイドでボールを受けた湘南MF松田天馬がドリブルを仕掛けると、対峙した2枚のディフェンスをかわして中央へグラウンダーのパスを送る。これを新加入の韓国人FWイ・ジョンヒョプが左足でねじ込んで先制点を手にした。

 しかし、J1初挑戦の長崎も黙ってはいない。同16分に左サイドでFKを獲得すると、MF前田悠佑が相手のタイミングをずらしたFKをファーサイドに送り、これをDF高杉亮太がヘディングシュート。一度は湘南GK秋元陽太に阻まれたが、弾いたボールをDF田上大地が押し込んで同点に追いつき、これが長崎にとっての“J1初ゴール”となった。その後は一進一退の攻防を繰り広げながらもお互いに追加点を奪えず、前半を1-1で折り返した。

 後半、先に攻勢を仕掛けたのは長崎だ。立ち上がり早々の1分、クロスボールに対してMF飯尾竜太朗が右足でシュート。これは惜しくもゴール右に外れたが、このチャンスをきっかけにして長崎が好機を多くつかんでいった。

 終盤は互いに選手交代を駆使しながら攻め合うも、ゴール前での精度を欠きなかなかゴールをこじ開けることができない。同32分には長崎MF島田譲がミドルシュートを放ったが、これは湘南GK秋元に阻まれた。

 このまま膠着した展開が最後まで続くかと思われたが、同35分に均衡が破れる。ゴール前で湘南MF秋野央樹が直接FKを狙うと、このクリアボールをMF石川俊輝が押し込み、ホームの湘南が勝ち越しに成功した。

 この1点を守り切った湘南は、開幕戦白星スタート。一方、J1初挑戦の長崎は悔しい敗戦となった。
16
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180224-00010014-soccermzw-socc

【J1第1節】名古屋、FWジョーが決勝ゴール!3発は強力ブラジル人トリオ。G大阪との乱打戦を制し開幕白星 

1: 2018/02/24(土) 16:41:34.15 ID:CAP_USER9
名古屋グランパス、新戦力が躍動し開幕戦白星…注目のFWジョーが決勝ゴール/J1第1節

■J1第1節 G大阪 2-3 名古屋

G大阪:遠藤(13分)、長沢(79分)


名古屋:シャビエル(26分)、ホーシャ(51分)、ジョー(84分)

2018明治安田生命Jリーグ第1節、ガンバ大阪対名古屋グランパスが24日、パナソニック スタジアム 吹田で開催された。レヴィー・クルピ監督率いる新体制のG大阪と、J1昇格を果たし大型補強を敢行した名古屋による、注目の一戦だ。

G大阪は中盤にMF市丸瑞希、MF福田湧矢といった若手を先発起用。対する名古屋も、前日に2種登録が発表されたばかりの17歳・DF菅原由勢を早速スタメン出場させた。フレッシュな顔ぶれの中、注目のFWジョーら新戦力も順当に先発。FW佐藤寿人はベンチスタートとなった。

先制点は13分。G大阪MF遠藤保仁が、軽く転がすようなタッチでゴールへ流し込んだ。追う名古屋は、前線でジョーがボールを保持。DFを引きつけてFWガブリエル・シャビエルへラストパス、同点弾をアシストした。ゲームは1-1で折り返しとなった。

51分、名古屋の新戦力がまたも躍動。セットプレーをDFホーシャが押し込んで逆転した。G大阪は途中出場のFW中村敬斗が絡んでFW長沢駿の同点ゴールに結びつけるが、名古屋もジョーにJリーグデビュー弾が飛び出し、勝ち越した。試合は3-2で名古屋の勝利。

次節、G大阪はアウェイで鹿島アントラーズと対戦。名古屋はジュビロ磐田を迎えてホーム開幕戦を行う。
13
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000011-goal-socc

【J1第1節】FC東京と浦和の開幕戦はドロー決着…16歳の久保健英も途中出場。ティーラシンのJデビュー弾で広島が開幕白星  

1: 2018/02/24(土) 15:57:29.23 ID:CAP_USER9
◆広島 1-0 札幌 [Eスタ]
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018022401

[広]ティーラシン(28分)


◆FC東京 1-1 浦和 [味スタ]
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018022402

[F]東慶悟(48分)
[浦]槙野智章(50分)


・Jリーグ公式
https://www.jleague.jp/sp/standings/

・DAZN
https://www.dazn.com

・エルゴラ
http://blogola.jp/c/egnews
04

【サッカー】<Jリーグ第1節>J史上初の金曜開幕! 鳥栖対神戸の一戦はドロー…終了間際にハーフナーが同点弾
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519390696/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索