Samurai Goal

試合結果


スポンサード リンク





【W杯予選A組】韓国がシリアに1-0勝利 同点危機もバーに救われる…イラン、ウズベクも1-0勝利 

1: サムライ24時 2017/03/28(火) 23:53:18.19 ID:CAP_USER9
韓国 1-0 シリア
4' ホンジョンホ

イラン 1-0 中国
46' タレミ

ウズベキスタン 1-0 カタール
65' アフメドフ

http://www.livescore.com/worldcup/afc-qualification-3-round-group-a/

UAE監督が電撃辞任!豪州にアウェーで敗戦、痛恨2連敗でW杯出場が遠のく 

1: サムライ24時 2017/03/28(火) 23:55:41.10 ID:CAP_USER9
フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00010024-soccermzw-socc

1990年大会以来の出場を狙うも、上位3カ国との勝ち点差が4に広がる

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でハリルジャパンと同じB組4位のUAE代表は、
敵地シドニーで行われた3位オーストラリア戦に0-2で敗れ、23日のホーム日本戦に続く2連敗となった。
この敗戦を受けてメフディ・アリ監督が、試合直後に電撃辞任を発表。フランス地元紙「レキップ」が速報している。

タイ戦前日会見、ハリルホジッチ日本代表監督「一問一答」全文

 本拠地アル・アインで行われた日本戦で痛恨の0-2敗戦を喫し、背水の陣で敵地オーストラリアに乗り込んだUAEだったが、
開始早々の前半7分に、CKから相手DFジャクソン・アーバインに強烈なヘディングシュートを見舞われ先制点を献上した。
さらに後半33分にはインゴルシュタットMFマシュー・レッキーに追加点を許し、2試合連続で0-2と敗れた。

 そして、試合直後にアリ監督が電撃辞任を発表。UAEは勝ち点9にとどまっており、
最終予選残り3試合となった時点で上位3カ国との勝ち点差が4に開いた。UAEは1990年大会以来となる2度目のW杯出場に暗雲が漂っている。

55
 

【日本×タイ】試合結果 香川、岡崎、久保、吉田のゴールで4発圧勝! <W杯アジア最終予選> 

◇サッカーW杯アジア最終予選B組 日本4―0タイ(2017年3月28日 埼玉)  サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選は28日、各地で行われ、B組の日本代表は埼玉スタジアムでタイ代表と対戦。前半にMF香川真司(28=ドルトムント)、FW岡崎慎司(30=レスター)のベテラン勢の得点でリードすると、後半には新星MF久保裕也(23=ヘント)が2試合連発となるダメ押し弾を決めて1得点2アシストの活躍を見せるなど、4―0で快勝した。  

B組最下位のタイ相手に勢いの差を見せつけた。日本は前半8分、右サイドのMF久保からのグラウンダーのクロスを受けたMF香川が、右足で冷静にゴール左隅へ流し込んだ。チーム最初のシュートが先制弾となった香川はアジア最終予選初得点となった。  

1―0の同19分には、右サイドのMF久保からの速いクロスにニアサイドに走り込んだ岡崎が頭から跳び込む。得意のダイビングヘッドで豪快にゴールネットを揺らす一撃に、反応できなかった相手GKはお手上げの表情を浮かべた。昨年6月3日のキリン杯・ブルガリア戦以来遠ざかっていた298日ぶりの代表での得点で、釜本邦茂の75得点、三浦知良(J2横浜FC)の55得点に続く日本人史上3人目の国際Aマッチ通算50得点の大台到達となった。  

2点リードの後半12分には、ここまで2アシストの久保が右サイドのスローインを受けると、自ら左足を振り抜きゴール右隅に決めた。1得点2アシストと3得点に絡む活躍で23日のUAE戦に続き勝利に貢献した。同38分にはDF吉田がCKから頭で4点目。直後にはGK川島がPKを止めるビッグセーブを見せた。  

W杯アジア最終予選3連勝で6戦負けなし、通算成績5勝1分け1敗の勝ち点16とした日本。暫定順位ながらB組首位に立ち、次戦は6月13日、中立地のイランでイラクと対戦する。

【テネリフェ】柴崎岳はベンチ入りも出場なし…チームは試合終盤の決勝点で完封勝利!4戦ぶり白星 

1: サムライ24時 2017/03/27(月) 01:14:57.96 ID:CAP_USER9
 リーガ・エスパニョーラ2部第31節が26日に開催され、MF柴崎岳が所属するテネリフェがカディスのホームに乗り込み、1-0の勝利を収めて4試合ぶりの白星を獲得した。3試合連続でベンチスタートとなった柴崎に出場機会は訪れなかった。

 前半はともに好機を生み出しながらもゴールを奪うことはできず、スコアレスのまま後半を迎える。しかし、スコアが動かないまま試合が進むと、後半19分にテネリフェベンチが動き、MFスソ・サンタナとDFカルロス・ルイスを同時投入して状況を打開しようと試みる。すると同43分に右サイドから送られたグラウンダーのクロスをFWアマト・ディエディウが蹴り込んで、テネリフェが先制に成功する。

 その後、テネリフェに追加点こそ生まれなかったものの、カディスの反撃も許さずに逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01638180-gekisaka-socc
54
 

【U-20日本代表】FW久保建英のアシストからMF遠藤渓太決めるも…ドイツには敗れる 

1: サムライ24時 2017/03/26(日) 16:34:18.72 ID:CAP_USER9
ドイツ遠征中のU-20日本代表は24日、U-20ドイツ代表と親善試合を行い、1-2で敗れた。
前半6分に先制点を決められた日本は、後半31分にも追加点を奪われる。
試合終了間際のアディショナルタイム1分に途中出場したFW久保建英が落としたボールを、
こちらも途中出場のMF遠藤渓太が決めて1点を返したが、反撃もここまでだった。

 日本は5月に行われるU-20W杯に向けた最終調整を行っている。
JFAによると、同じU-20W杯に出場するドイツに喫した黒星に、内山篤監督は
「十分やれるところ、負ける原因、両方が見えた試合。抜け目なくやれるようにならないといけない」と課題を挙げた。

 フル出場したMF堂安律も「チャンスもありましたし、後半は足元で進められた部分もありましたが、
相手の一発で決められてしまいました。
自分もその一発を持っていなければいけない」と修正点を語り、MF原輝綺も
「全体的に悪い内容ではなかったですが、負けたことは事実。
ドイツの一本のチャンスで決めてくる部分は見習わなければいけない」と話している。

GK:小島亨介
DF:舩木翔(56分→坂井大将)、杉岡大暉、板倉滉、初瀬亮(HT→藤谷壮)
MF:三好康児(56分→遠藤渓太)、原輝綺(76分→市丸瑞希)、森島司(HT→冨安健洋)、堂安律
FW:小川航基(56分→久保建英)、岩崎悠人(60分→高木彰人)

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?212262-212262-fl
 05

【J2第5節】名古屋が”オウンゴール2発”で松本に逆転勝利! 

1: 名無しの24時 2017/03/26(日) 16:32:40.97 ID:CAP_USER9
[3.26 J2第5節2日目]
金沢 2(終了)2 町田 [石川西部]
[金]佐藤洸一(51分)、中美慶哉(70分)
[町]戸島章(12分)、井上裕大(19分)

山口 1(終了)0 讃岐 [維新公園]
[山]小塚和季(33分)

熊本 0(終了)1 大分 [えがおS]
[大]伊佐耕平(43分)

山形 0(終了)0 福岡 [NDスタ]

群馬 1(終了)2 岡山 [正田スタ]
[群]高井和馬(40分)
[岡]赤嶺真吾(45分+2)、豊川雄太(81分)

松本 1(終了)2 名古屋 [松本]
[松]高崎寛之(15分)
[名]オウンゴール2(47分、88分)

http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2782-2782-lv

DAZN
https://www.dazn.com/jp-JP

Jリーグ公式日程・結果
http://www.jleague.jp/match/

【W杯欧州予選】暗雲再び…オランダ(21位)がブルガリア(71位)に完封負け!A組4位転落  

2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選が25日に行われ、グループAでブルガリア代表とオランダ代表が対戦した。  
試合は開始5分に動く。ホームのブルガリアはスパス・デレフが味方のロングパスに反応。胸トラップからワンタッチで飛び出したGKをかわし、右足で無人のゴールに流し込んだ。先制に成功したブルガリアはさらに20分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けたデレフが反転しつつ右足を振り抜くと、カーブをかけたシュートがゴール右隅に突き刺さった。  

序盤に2失点を喫したオランダは44分、味方の浮き球パスに反応したダフィ・クラーセンがエリア内右で強引に折り返す。ニアサイドにいたバス・ドストがダイレクトで右足シュートを放つが、わずかに枠の右に外れた。  

2点ビハインドで折り返したオランダは、代表デビューを果たした17歳DFマタイス・デ・リフトと、ジョルジニオ・ワイナルドゥムを下げて、ウェスレイ・ホードとウェスレイ・スナイデルを投入し、後半を迎えた。

反撃したいオランダだが、ハンガリーのGKニコライ・ミハイロフが立ちはだかる。58分、クインシー・プロメスがエリア前から強烈な右足ミドルシュート。62分にはクラーセンがエリア内でドストの落としに反応し、右足でダイレクトシュートを放ったが、いずれもGKミハイロフの好セーブに阻まれた。
 
82分にはスナイデルが右サイドからクロスを入れると、ゴール前中央のドストが頭で合わせるが、これもGKミハイロフにキャッチされた。オランダは猛攻を見せたが、このままゴールを奪えず、0-2の完封負けを喫した。  

敗れたオランダは2勝1分2敗の勝ち点「7」で4位に転落。3位に浮上したブルガリアとは勝ち点差2、プレーオフ出場の可能性がある2位のスウェーデンとは勝ち点差3、W杯出場権獲得の1位につけるフランスとは勝ち点差6の状態で予選を折り返し。あと5試合を残すものの、32年ぶりに大会出場を逃したユーロ2016予選の悪夢がよぎる結果となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00567538-soccerk-socc
10
 

【J2/第5節】湘南が開幕5戦無敗で暫定首位!横浜FCカズ先発復帰も今季初黒星、徳島が3連勝で3位浮上 

1: サムライ24時 2017/03/25(土) 19:02:32.75 ID:CAP_USER9
湘南 2(終了)0 千葉 [BMWス]
[湘]ジネイ(31分)、奈良輪雄太(76分)

横浜FC 0(終了)2 徳島 [ニッパツ]
[徳]渡大生(22分)、島屋八徳(25分)

http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2780-2780-lv

DAZN
https://www.dazn.com/jp-JP

Jリーグ公式日程・結果
http://www.jleague.jp/match/

【W杯】ブラジルがウルグアイに4発快勝、7連勝で首位独走!パウリーニョ(広州)がハット達成 

1: サムライ24時 2017/03/24(金) 10:10:41.95 ID:CAP_USER9
ウルグアイ戦で3ゴールを挙げたブラジル代表MFパウリーニョ [写真]=LatinContent/Getty Images
no title


サッカーキング編集部
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第13節が23日に行われ、ウルグアイ代表とブラジル代表が対戦した。

 第12節を終えて勝ち点「23」で2位につけるウルグアイと、同「27」で首位に立ち、5連勝中と好調のブラジルによる首位攻防戦。ホームのウルグアイは、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)、DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)らがメンバー入り。FWルイス・スアレス(バルセロナ)は累積警告によりベンチ外となった。

 一方、アウェイのブラジルはFWネイマール(バルセロナ)、フィリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノ(ともにリヴァプール)らが先発出場。中盤にはMFカゼミーロ(レアル・マドリード)、守備陣にはDFマルセロ(レアル・マドリード)、ダニエウ・アウヴェス(ユヴェントス)などヨーロッパのビッグクラブで活躍するメンバーが数多く並んだ。

 試合は開始9分、ウルグアイがいきなり先制のチャンスを迎える。マルセロの胸によるバックパスをGKアリソンがキャッチしようとしたところにカバーニが飛び込んで倒れると、主審はファールと判定。カバーニが自らPKのキッカーを務めると、ゴール左下に蹴り込んでネットを揺らした。

 1点を追うブラジルは18分、ネイマールのパスを中盤で受けたパウリーニョがエリア外中央で右足を思い切りよく振り抜く。強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。前半は1-1で折り返した。

 後半開始早々、アウェイのブラジルが逆転に成功する。51分、エリア内中央でボールを受けたフィルミーノが巧みなターンから左足でシュート。これはGKマルティン・シルバに阻まれたが、こぼれ球に反応したパウリーニョが左足で流し込んだ。

 さらにブラジルは74分、ロングボールにネイマールが相手DFの裏に抜け出して、GKと1対1を迎える。右足で軽く浮かせたループシュートを放つと、GKの頭上を抜いてゴールネットを揺らした。

 後半アディショナルタイムにもパウリーニョが追加点を挙げてハットトリックを達成。試合はブラジルが4-1と逆転勝利で2位ウルグアイとの直接対決を制した。ワールドカップ南米予選7連勝とし、首位をきっちりとキープした。

 次節は28日、ウルグアイは敵地でペルー代表と対戦。ブラジルは同日にパラグアイ代表をホームに迎える。

【スコア】
ウルグアイ代表 1-4 ブラジル代表

【得点者】
1-0 9分 エディンソン・カバーニ(ウルグアイ)
1-1 18分 パウリーニョ(ブラジル)
1-2 51分 パウリーニョ(ブラジル)
1-3 74分 ネイマール(ブラジル)
1-4 90+2分 パウリーニョ(ブラジル)

https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20170324/566667.html

中国がホームで韓国に完封勝ち!!W杯アジア最終予選A組 

■W杯アジア最終予選第6戦 中国 1-0 韓国 中国:ユー・ダバオ(34分) 韓国:なし 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・第6戦が23日に行われ、グループAでは中国代表と韓国代表が対戦した。試合は中国が1-0で韓国を下し、最終予選初勝利を収めた。

一方、韓国は痛恨の2敗目を喫してしまった。 ここまで2分け3敗の最下位・中国がホームに2位の韓国を迎えた一戦。W杯予選2試合目を迎えたマルチェロ・リッピ監督は、なんとか初勝利を収めて予選突破に望みをつなぎたい。一方、韓国も2位以内をキープするためには、最下位・中国に敗れるわけにはいかない。韓国はGKクォン・スンテ(鹿島アントラーズ)やMFキ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)らが先発出場した。

序盤はホームの中国がやや優位に試合を進める。29分にはウー・レイがハーフウェイライン左付近でボールを奪い、ペナルティエリア手前まで持ち上がる。エリア内でパスを受けたユー・ダバオがダイレクトシュートを放ったが、ここはGKクォン・スンテがキャッチした。 直後の30分、韓国はナム・テヒがペナルティエリア手前から右足シュートを狙ったが、惜しくも枠の右に外れてしまった。 スコアが動いたのは34分。中国が左CKのチャンスを得ると、ワン・ヨンホが上げたクロスをユー・ダバオが合わせて先制に成功した。このまま中国が1点をリードしてハーフタイムを迎える。

リードを許した韓国は、後半から196センチの長身FWキム・シンウクを投入したが、なかなか決定機を作ることができない。 逆に中国は69分にウー・シーがミドルシュートで韓国ゴールを脅かしたが、ここもGKクォン・スンテが好セーブを披露して難を逃れた。 韓国は試合終盤にパワープレーで同点ゴールを狙ったが、試合はこのまま1-0でタイムアップ。中国にとっては最終予選初勝利、リッピ監督体制4試合目にして初白星(PK戦での勝利を除く)となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00010007-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索