Samurai Goal

動画[ダイジェスト]


スポンサード リンク





【ハイライト動画】ケルン大迫がバイエルン相手に躍動、地元紙絶賛「質の高いパス、素晴らしい闘争心」 

1: 名無しさん 2016/10/02(日) 09:46:15.22 ID:CAP_USER9
Football ZONE web 10月2日(日)6時31分配信

バイエルン相手にも前線で存在感を発揮した大迫【写真:Getty Images】

敵地で王者の連勝を止める1-1ドローに貢献 「ビルト」紙はチーム最高タイの高評価

 ケルンの日本代表FW大迫勇也は1日の敵地バイエルン・ミュンヘン戦に先発出場し、後半43分に途中交代するまで卓越したキープ力を生かしたポストプレーで攻撃にリズムを与えた。ケルンはバイエルンと1-1で引き分け、王者の開幕からの連勝を「5」でストップさせた。大迫の働きぶりは独メディアからも高く評価され、チームトップタイの採点が付けられている。

 好調ケルンの勢いは、リーグ4連覇中のバイエルン相手でも衰えなかった。前半40分にMFジョシュア・キミッヒのダイビングヘッドでリードを奪われるも、後半18分には大迫と2トップを組むFWアントニー・モデストが同点ゴールを奪う、敵地で勝点1を手にした。ケルンは開幕6試合を終え、3勝3分と無敗をキープし、暫定4位につけている。

 独紙「ビルト」は、この試合の採点を公開(1が最高、6が最低)。大迫は同点ゴールのモデスト、FWトーマス・ミュラーが至近距離から放ったボレーシュートを超人的な反応で防いだ守護神GKティモ・ホルンと並ぶチームトップタイの「2点」が与えられた。

 得点にこそ絡めなかった大迫だが、DFマッツ・フンメルスら屈強のバイエルンDF陣との競り合いにも屈せず、精度の高いポストプレーで中盤と前線をつなぐリンクマンとして存在感を示した。

代表落選も3年目のケルンで確実に成長

 また地元紙「ケルナー・スタット・アンツァイガー」の採点では、チーム5位タイとなる「3点」だった。しかし、寸評では「ケルン最初の枠内シュートを放ったが、マヌエル・ノイアーに簡単にキャッチされた。とはいえ、この日本人は後半にも強さを見せた。何度もボールを保持し、質の高いパス、素晴らしい闘争心を見せた」と個の能力の高さが称賛されている。

 9月29日に発表された日本代表メンバー26人にその名は含まれなかったが、3年目のケルンで確実に成長を遂げている。サイド起用の多かった昨季から一転して、今季は得意とする中央のポジションを与えられ、26歳のストライカーはまさに水を得た魚のように躍動している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161002-00010004-soccermzw-socc
no title

【ハイライト動画】リーガ第7節 清武ベンチ外のセビージャ、昇格組に苦戦もイェデル2発で競り勝つ!! 




1: 名無しさん 2016/10/02(日) 03:58:35.90 ID:CAP_USER9
【セビージャ 2-1 アラベス リーガエスパニョーラ第7節】

現地時間9月30日にリーガエスパニョーラ第7節の試合が行われセビージャは昇格組のアラベスと対戦。
負傷者が続出する中、ウィサム・ベン・イェデルが2ゴールを決めセビージャが2-1の勝利をおさめている。

ロシアワールドカップアジア最終予選に挑む日本代表に招集されたMF清武弘嗣。
今季開幕直後は出場機会があったものの、移籍期間の終了間際に加入したサミル・ナスリがチームにフィットし始めたことなども影響し
最近はベンチ止まりの状況が続いている。そして今回のアラベス戦はベンチ外となった。

試合開始して26分にアラベスのキコ・フェメニアが負傷交代すると、続く29分にもダニエル・トーレスも交代する事態となり前半だけで2枚の交代枠を使うことになる。

対するセビージャも58分にナスリが負傷交代でピッチを退くと、61分にもルシアーノ・ビエットが負傷により交代することとなった。
それでも74分、ヒールパスを受けたイェデルがDF裏に抜け出し先制点を決める。
しかし84分にアラベスのビクトル・ラガルディアにゴールを許し同点に追いつかれた。

だが、試合はまだ終わらない。後半アディショナルタイムにイェデルが値千金の勝ち越しゴールを決めセビージャが1点リードする。
結局、イェデルの活躍もありセビージャは2-1の勝利をおさめている。

【得点者】
74分 1-0 イェデル(セビージャ)
84分 1-1 ラガルディア(アラベス)
90分 2-1 イェデル(セビージャ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161002-00010000-footballc-socc
フットボールチャンネル 10月2日(日)1時12分配信
no title


http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/esp/esp-10930623.html
試合スコア

http://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/
順位表

【ハイライト動画】インテル赤っ恥! 格下相手のEL連敗に伊紙「ヨーロッパから陥落」 長友は屈辱のベンチ外 

1: 名無しさん 2016/09/30(金) 12:02:47.92 ID:CAP_USER9
▪︎ スパルタ・プラハに1-3と完敗 「プレークオリティーが壊滅的」と断罪

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、29日にUEFAヨーロッパリーグ第2節でチェコの名門スパルタ・プラハと対戦したが1-3で敗戦。痛恨の連敗スタートとなった。この試合で長友はベンチメンバーにも入らずにスタンド観戦となり、チーム内での厳しい現状が浮き彫りになった。

インテルは前半のうちに2点を失ったものの、後半26分にFWロドリゴ・パラシオが1点を返して反撃ムードが高まった。しかし、その直後の同30分にスタメン起用されたDFアンドレア・ラノッキアが2枚目のイエローカードを受けて退場処分になり、完全に水を差した。
さらには、その1分後にそのFKから追加点を与える体たらくで1-3となり万事休す。インテルは初戦に続く敗戦を喫し、2連敗となった。

 前節にイスラエルのハポエル・ベエルシェバに敗れた際には「恥ずかしくないのか」という見出しを打ったイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、「インテルはヨーロッパから陥落」と報じている。
そして、「ターンオーバーは大失敗」と、得点以外の働きが乏しいとしてパラシオを批判し、さらにはMFフェリペ・メロと退場処分のラノッキアは「プレークオリティーが壊滅的だった」と断罪した。

▪︎ 長友は9月の全6試合で出場は1試合のみ

 フランク・デブール監督は「まだグループステージの突破は可能だ」と強気の姿勢を崩していないが、開幕2連敗により黄色信号は赤に変わりつつある。リーグ戦では好調を維持する一方で、このELの舞台では期待ハズレな戦いが際立っている。

 そして、リーグ戦と異なりベンチメンバーの人数が7人に限られるレギュレーションとはいえ、長友はスタンド観戦でこのゲームを終えた。
9月にチームが6試合を戦ったなかで、長友は前述したハポエル戦の1試合のみにフル出場して、0-2で敗戦する一因になったとされた。完全に試合勘を失ったまま日本代表に合流する状況となり、バヒド・ハリルホジッチ監督にとっても大きな頭痛の種となっている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160930-00010004-soccermzw-socc
no title

【ハイライト動画】マインツ武藤嘉紀、ヨーロッパ・リーグ初ゴールも終盤に右膝痛めて負傷交代! 

1: 名無しさん 2016/09/30(金) 01:53:04.27 ID:CAP_USER9
[9.29 ELグループリーグ第2節 ガバラ2-3マインツ]

 ヨーロッパリーグ(EL)は29日、グループリーグ第2節を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツ(ドイツ)は敵地でガバラ(アゼルバイジャン)と対戦し、3-2で競り勝った。武藤は公式戦4試合ぶりの先発出場で、ELは2戦連続先発。前半41分に左足で先制点を決め、今季公式戦3得点目となるEL初ゴールを記録したが、終盤に右膝を痛めて負傷交代を余儀なくされた。

 荒れたピッチコンディションなどアウェーの環境に苦しめられた。マインツは前半20分、右サイドのスローインからFWユヌス・マリの折り返しにMFパブロ・デ・ブラシスが合わせるが、右足のシュートはミートし切れず、枠を外れる。同24分にはピンチを招き、クロスに合わせたDFリカルジーニョのヘディングシュートがポストを直撃。ヒヤリとさせられた。

 なかなか決定機をつくれずにいたマインツだが、前半41分、縦パスに走り込んだDFガエトン・ブスマンがワンタッチで流し、武藤がPA内に進入。左45度の位置でDFと対峙すると、冷静なボールコントロールから左足を振り抜き、ゴール右隅にねじ込んだ。

 武藤は18日のアウクスブルク戦以来、公式戦3試合ぶりのゴール。EL初得点でリードを奪い、前半を1-0で折り返すと、後半立ち上がりはマインツペースで進んでいたが、一つのミスが流れを変える。後半12分、マインツDFシュテファン・ベルが頭でGKに戻そうとしたバックパスが短くなり、MFフィリップ・オゾビッチがカット。たまらずGKヨナス・レッスルがオゾビッチを倒してしまい、PKを献上した。

 このPKをMFルスラン・クルバノフが決めて1-1の同点に追いついたガバラ。5分後の後半17分にはFWバガリー・ダボのボールキープからラストパスを受けたMFセルゲイ・ゼニオフが左足を振り抜き、勝ち越しゴールを奪った。

 1-2と逆転を許したマインツは後半22分にMFレビン・エズトゥナリとFWジョン・コルドバを同時投入。この交代策が的中した。1分後の後半23分、マリの右CKをニアのブスマンがヘディングでそらし、中央のコルドバが左足で押し込んだ。投入直後のゴールで2-2の同点に追いつくと、同33分には同じく途中出場のエズトゥナリが逆転ゴールを叩き込んだ。

 3-2と再逆転に成功したマインツだったが、後半36分、右クロスに武藤が飛び込んだ際にDFと交錯し、右膝を負傷。気にする素振りを見せながらそのままプレーを続けていたが、同38分、ピッチに座り込み、メディカルスタッフの治療を受けた。歩いてピッチをあとにした武藤はそのままMFズアト・ゼルダーと交代。3-2の逆転勝利でEL初勝利を挙げたが、古傷である右膝を痛めた武藤の状態が心配される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-01631715-gekisaka-socc
no title

レスターが2連勝!スリマニのヘッド弾でポルト下す 岡崎はCLデビューならず!! 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 05:53:01.44 ID:CAP_USER9

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、グループGでは日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)とポルト(ポルトガル)が対戦した。

 CL初出場のレスターは第1節でクラブ・ブルージュ(ベルギー)と対戦。3-0の快勝を収め、歴史的初勝利を手にした。ホームで迎えるこの試合でもきっちりと勝ち点3を確保し、連勝を飾りたいところだ。岡崎はこの試合でもベンチスタートとなり、2トップにはFWイスラム・スリマニとFWジェイミー・ヴァーディが入った。

 一方、ポルトはホームでコペンハーゲン(デンマーク)とドロー。グループステージ突破に向けて負けられない戦いとなる。スタメンにはMFダニーロ・ペレイラやFWアンドレ・シルヴァらが入ったが、MFエクトル・エレーラとFWヘスス・コロナはベンチスタートとなった。

 試合は序盤からホームのレスターが積極的に攻め込むと25分に先制点を奪う。左サイドのマーク・オルブライトンから大きなサイドチェンジのボールが入ると、右サイドのリヤド・マフレズが切り返しから左足クロスを供給する。ニアサイドのヴァーディは触れられなかったが、ファーサイドのスリマニがダイビングヘッドで押し込み、ネットを揺らした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00497977-soccerk-socc

no title

【UCL ドルトムント×レアル試合結果】香川はベンチ外のドルトムントが試合終了間際に追いつき2-2ドロー[全ゴール動画有] 


UEFAチャンピオンズリーグ グループF
ボルシア・ドルトムント 2-2 レアル・マドリッド

■ 得点:
0-1 クリスティアーノ・ロナウド(前半17分)
1-1 ピエール・エメリク・オーバメヤン(前半43分)
1-2 ラファエル・ヴァラン(後半23分)
2-2 アンドレ・シュールレ(後半42分)

CtEe1ETUsAAVs3P1fb2ad07

動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【ハイライト動画】セリエA第6節 ミラン、PK失敗に救われビオラとドロー。ベンチ入りの本田は出場せず 

1: 名無しさん 2016/09/26(月) 05:56:57.32 ID:CAP_USER9
【フィオレンティーナ 0-0 ミラン セリエA 第6節】

イタリア・セリエA第6節が現地時間の25日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでフィオレンティーナと対戦。
0-0のドローに終わった。本田はベンチ入りしたが、出場はしていない。

2連勝中と調子を上げて来ているミランは、ラツィオを下したミッドウィークの試合と同じ11人で試合をスタート。
3トップにはやはりスソ、バッカ、ニアンの3人が並び、本田は開幕から6戦連続のベンチスタートとなった。

前半に大きな先制のチャンスを迎えたのはホームのフィオレンティーナだった。
23分、右サイドに抜け出したイリチッチのクロスに対してカリニッチは合わせそこなったが、
ボルハ・バレロがファーから飛び込んだところにカラブリアが手をかけてしまう。ボルハ・バレロは転倒し、フィオレンティーナにPKが与えられる。

だが、イリチッチの放った強烈なシュートは右ポストを叩いてゴールならず。
セリエAでこれまで8本のPKを蹴って失敗がなかった名手が決められず、結局前半はそのままスコアレスで折り返すことになった。

後半はよりオープンな展開となったが、チャンスの数で上回るのはフィオレンティーナ。
ミランは17歳の守護神ドンナルンマの好守にも助けられてしのぎつつ反撃のチャンスをうかがう。
83分にはエースのバッカがアクロバティックなボレーで狙うも、わずかにゴール右に外れ先制点はならなかった。

モンテッラ監督はロカテッリ、アントネッリに続いて3枚目のカードにはルイス・アドリアーノを投入し、本田に出番が訪れることはなかった。
終盤はドローで満足するような戦いぶりで、ミランは勝ち点1を加えて試合を終えている。

【得点者】
なし

フットボールチャンネル

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00010003-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月26日(月)5時39分配信
no title


http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931212.html
試合スコア

【ハイライト動画】ブンデス第5節 宇佐美2戦連続今季3度目のベンチ外…アウクスは今季ホーム初勝利 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 08:24:34.84 ID:CAP_USER9
[9.24 ブンデスリーガ第5節 アウクスブルク1-0ダルムシュタット]

ブンデスリーガは25日、第5節を行い、FW宇佐美貴史の所属するアウクスブルクはホームでダルムシュタットと対戦し、1-0で勝利した。
宇佐美は2試合連続となる今季3度目のベンチ外。
後半37分から途中出場した8月27日の開幕節・ボルフスブルク戦を最後にピッチに立っていない。

アウクスブルクは前半31分、FWラウール・ボバディジャがMFペーター・ニーメイヤーの激しいスライディングタックルでファウルを受けると、
転倒した際に左肩を強打。
スタッフに支えられながらピッチをあとにし、代わってMFジョナタン・シュミットが同じ右サイドハーフの位置に送り込まれた。
前半44分にはFWアルフレズ・フィンボガソンがシュートを狙ったが、GKがセーブ。
同45分、MFク・ジャチョルのシュートは枠を捉えられなかった。

すると前半終了間際のアディショナルタイム3分、ダルムシュタットにアクシデント。
DFレオン・グバラがこの日2枚目の警告で退場となり、数的不利に立たされた。
前半はそのまま0-0で折り返したが、後半2分、アウクスブルクはク・ジャチョルの右クロスに中央でフリーのフィンボガソンがヘディングで合わせ、先制点。
その後も10人の相手に対して優位に試合を進め、1-0で逃げ切った。

ホームで2連敗中だったアウクスブルクはこれがうれしい今季ホーム初勝利。
3試合ぶりの白星で2勝1分1敗の勝ち点7に伸ばした。一方のダルムシュタットはアウェー3連敗となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-01631537-gekisaka-socc
ゲキサカ 9月25日(日)8時0分配信
no title


http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929599.html
試合スコア

【マンU×っレスター前半終了】岡崎出番なしのレスターが4-1敗戦!![全ゴール動画有] 


プレミアリーグ 2016/2017 第6節
マンチェスター・ユナイテッド 4-1 レスター・シティ

■ 得点:
1-0 クリス・スモーリング(前半22分)
2-0 フアン・マタ(前半37分)
3-0 マーカス・ラッシュフォード(前半40分)
4-0 ポール・ポグバ(前半42分
4-1 デマライ・グレイ(後半14分)


▽キックオフ:2016/09/24(土) 13:30 │ 日本時間 09/24(土) 20:30
▽スタジアム:オールド・トラフォード(Manchester) 
▽主審:M. Dean ▽副審:S. Long、I. Hussin
jpg large
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【ハイライト動画】ブンデス第5節 オーバメヤンなど3選手、”2試合連続弾”で公式戦4連勝! 香川は2戦連続出場なし 

1: 名無しさん 2016/09/24(土) 07:35:09.95 ID:CAP_USER9
【ドルトムント 3-1 フライブルク ブンデスリーガ第5節】

現地時間23日にブンデスリーガ第5節が行われ、ドルトムントはフライブルクと対戦。
ピエール=エメリク・オーバメヤンなどがゴールを積み重ねドルトムントが3-1の勝利をおさめている。

日本代表MF香川真司は公式戦4試合連続でベンチスタートとなった。
好調を維持しているラファエル・ゲレイロもチャンピオンズリーグ(CL)を考慮してこの日はベンチスタート。
反対にダルムシュタット戦で途中出場ながら存在感を見せていた19歳のエムレ・モルは先発起用されている。

試合開始して18分、パスを受けたオーバメヤンがシュートを放つもゴール左に外れる。
23分にはモルが相手選手を交わしてシュートを放つがこれはゴールポストに弾かれた。

その後も一方的に攻め続けるドルトムントだがゴールが奪えない。
それでも45分、19歳のウスマン・デンベレがゴール前にパスを送るとオーバメヤンが反応し先制点を決めた。

さらに53分、味方選手がゴール前に向けて出したパスは1度相手選手にカットされるが、
そのこぼれ玉をウカシュ・ピシュチェクが押し込みドルトムントに追加点が入る。

しかし60分、縦パスを受けたフライブルクのマキシミリアン・フィリップがサイドを駆け上がり、最後は自らドリブルで仕掛けて得点を決めた。
1点差に詰め寄られたドルトムントだが、途中出場のゲレイロが後半アディショナルタイムにダメ押しの3点目を決める。

その後はリードを守りきり3-1の勝利をおさめている。
この結果、ドルトムントは公式戦4連勝となった。香川はヴォルフスブルク戦に続き2戦連続で出場していない。

【得点者】
45分 1-0 オーバメヤン(ドルトムント)
53分 2-0 ピシュチェク(ドルトムント)
60分 2-1 フィリップ(フライブルク)
90分+1分 3-1 ゲレイロ(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160924-00010000-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月24日(土)5時24分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929594.html
試合スコア
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索