Samurai Goal

ネタ[短レス]


スポンサード リンク





【日本×タイ戦】いつものブラジル人記者の採点!MOMは久保、最低点は蛍さんに… <W杯アジア最終予選> 

901: サムライ24時 2017/03/29(水) 01:45:49.22 ID:l0ClmI0zr
no title

ブラジル人採点だと最低点は長友じゃなくて蛍じゃねーか

【動画】長友佑都がタイ戦で低いタックル、PK献上したシーンが話題  

56

【セルジオ越後】日本代表をバッサリ「イージーミス多すぎる」<タイ戦・W杯アジア最終予選> 

1: サムライ24時 2017/03/28(火) 22:56:23.02 ID:CAP_USER9
デイリースポーツ 3/28(火) 20:41配信

 「W杯アジア最終予選、日本-タイ」(28日、埼玉スタジアム2002)

 テレビ朝日の中継に出演しているサッカー解説者のセルジオ越後氏が日本代表に
苦言を呈した。

 ハーフタイムでコメントを求められ、「20分で2点を取るまでは良かったん
ですけども、その後は全然ダメですね。ミスが多すぎる。イージーミスが多すぎるね」と
切り捨てた。

 実際、日本は2点をリードした後にパスミスから相手に攻め込まれるシーンが増えた。
前半41分にはDF森重が自陣深くで縦パスをカットされ、相手に攻撃を許した。

 直接的なミスはなかったが、前半ロスタイムには右CKからFWティーラシンに
至近距離からのボレーシュートを打たれた。川島の好セーブで事なきを得たものの、
ヒヤリとする場面は少なくなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000109-dal-socc
15
 

【日本代表】4-0でタイに勝利!対するみんなの反応〜 <W杯アジア最終予選> 

1: サムライ24時 2017/03/28(火) 21:34:01.46 ID:CAP_USER9
FIFA W杯アジア最終予選第7節 vsタイ
3/28(ホーム)

【結果】
日本 4-0 タイ

【スタメン】
▼GK
川島永嗣
▼DF
長友佑都
森重真人
酒井宏樹
酒井高徳
吉田麻也
▼MF
香川真司→清武弘嗣(74分IN)
山口 蛍
▼FW
原口元気→本田圭佑(66分IN)
岡崎慎司
久保裕也→宇佐美貴史(84分IN)

【得点者】
08分 1-0 香川真司(日本)
19分 2-0 岡崎慎司(日本)
57分 3-0 久保裕也(日本)
83分 4-0 吉田麻也(日本)

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/live/2017032801

★1がたった時間:2017/03/28(火) 21:26:20.60
※前スレ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1490703980/

【W杯】混迷のアジア最終予選 これまでの各国の戦いぶりは? 

1: サムライ24時 2017/03/28(火) 00:34:55.85 ID:CAP_USER9
サッカーのロシア・ワールドカップ、アジア最終予選は3月23日、2017年の初戦を終え、28日にも各地で対戦が予定されている。
残り4試合となり、各グループの情勢が少しずつ見えてきている中、主要国のこれまでの戦いぶりを振り返ってみる。

■グループA イラン・韓国
 6試合を終え無失点と驚異的な守備力を擁するイランは、2位・韓国に勝ち点4差、頭一つ抜け出た格好だ。
堅いディフェンスもさることながら、総得点が5点での4勝2分けの首位は、
伝統的にゲーム運びが老獪であるイランの思惑通りの展開と言えるだろう。
残り4試合中、3試合ホームでの戦いを残しており優位は変わらず、FIFAランキングでアジアトップの実力を今予選でも証明している。
 3月23日のアウェー中国戦、ここまで未勝利だった中国に敗れ、2位の座は変わらないものの監督の更迭論まで起きているのが
「アジアの虎」韓国だ。昨年10月にはイランにも黒星を喫し既に2敗、勝利した3試合も全て失点し、1点差での辛勝といった内容だ。
チームの戦いぶりもさることながら、ドイツ人監督シュティーリケ氏の進退も含め、予選終盤まで全く予断を許さないと言った状況だ。
■グループB 日本・オーストラリア
 最終予選初戦、ホームでUAEに敗北を喫するという最悪のスタートを切った日本だったが、6試合を終えた段階で、
4勝1分1敗・勝ち点13で得失点差でサウジアラビアに次ぐ2位につけている。
先日行われたアウェー・UAE戦では、ベテラン今野・川島らの起用が当り、お返しとばかりに敵地での勝ち点3奪取に成功。
28日の次戦では、ホームでB組最下位のタイを相手に確実に勝利を挙げ、2位以内確保が至上命題となる。
 苦戦を強いられているのが4大会(AFCからは3大会)連続出場を目指すオーストラリアだ。
最終予選を開幕2連勝、現在までB組唯一の無敗ながらも、勝ちきれないゲームが多く、引き分けが4試合。
ここまでグループ3位、日本との勝ち点差が3まで開いた。
2015年のアジアカップを制し、名実ともにアジア王者に君臨したものの、ロシアの地を踏むに至るまで険しい道のりが続きそうだ。
 イランが抜け出し、韓国・ウズベキスタン・シリアの3チームが勝ち点2の中にひしめき厳しい2位争いが続くグループA。
上位2チーム、サウジアラビア・日本が同じ勝ち点で並び、3位オーストラリアやW杯出場経験を持ち4位につけるUAEにも
十分逆転の可能性があるグループB。
両組とも、1試合の結果で順位が入れ替わることも考えられ、まだまだ目が離すことが出来ない。
28日の次戦もどんなドラマが待っているか、注目だ。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0326/zks_170326_7744727835.html

【日本×タイ】報ステ、澤登さんとゴン中山さんのフォメ予想!<W杯アジア最終予選> 

916: サムライ24時 2017/03/27(月) 23:18:28.93 ID:pz0kZN6F0
報ステ、タイ戦の予想スタメン
no title

no title

ネイマールはすでにメッシとC・ロナウドを超えた?2017年は革命の年に 

1: サムライ24時 2017/03/27(月) 12:14:25.97 ID:CAP_USER9
theWORLD(ザ・ワールド) 3/27(月) 11:20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00010005-theworld-soce

バルセロナでプレイするFWネイマールは、いずれチームメイトのリオネル・メッシとレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドから世界最高の選手の座を奪うと言われている。今のところはメッシの方がまだ上といった印象だが、かつてミランなどで活躍したDFアレッサンドロ・コスタクルタ氏はすでに超えたのではとの見方を示している。

伊『Calciomercato』によると、同氏は「ネイマールにはバロンドールを獲得する資質がある。実際、私は現時点でネイマールはメッシとロナウドよりも良いと思っている。彼は現時点で2017年最高の選手だよ。彼のプレイをメッシやロナウドと比較すると、私は現時点でネイマールの方が良いと思う」とコメントしており、2017年に入って最初の3ヶ月ではネイマールの方が上との考えだ。

ネイマールは今季前半戦こそ得点が少ないと批判も受けたが、後半戦ではPSGとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグの終盤に異次元のパフォーマンスを見せてチームを奇跡の勝利に導くなど、決定的な働きを見せている。一時はメッシよりネイマールの欠場の方が痛いとさえ言われ、ブラジルの至宝の評価は確実に上がっている。

問題はこれを最後まで継続できるかどうかだが、2017年は世界最高の座が入れ替わる年になるかもしれない。コスタクルタ氏は現時点でネイマールの方がリードしていると考えているようだが、今年中にもネイマールはメッシとロナウドを世界最高の座から引きずり下ろすか。

35
 

【日本代表】原口元気、タイ戦でミドルシュートを狙うと表明 

1: サムライ24時 2017/03/26(日) 23:00:54.99 ID:CAP_USER9
原口、ミドルシュートも狙う「打てるとなるとキックフェイントも効いてくる」

フットボールチャンネル 3/26(日) 22:51配信

日本代表は26日、ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦に向けて練習を行った。

ハリルジャパンに欠かせない存在となった原口元気。連続ゴールは途絶えたものの、UAE戦では特に守備での奮闘が光った。
ドイツで活躍するアタッカーは、代表チーム内での「コミュニケーションの質が上がっている」と感じている。

「監督からまずこうしろって言われて、近い選手と話し合って、紅白戦をやって。
また話し合って、試合前にどれがベストかっていうのを監督にもぶつけたり、選手同士で話したりっていう作業は試合を追うごとに良くなってきている」

UAE戦では相手エースのオマルに対し原口、長友佑都、今野泰幸で受け渡しながら監視していた。これもコミュニケーションの賜物だろう。

原口はPA内でのワンタッチゴールで得点を重ねているが、ミドルシュートの重要性も述べている。

「そういうゴールが日本はあまりないので。やっぱりゴール前に入って行ってというゴールが多い。
バリエーションが少ないと思うので、ミドルシュートっていうのは決めたいポイントでもある」

中距離弾を備えていると印象付けられれば、原口のプレーの幅もさらに広がる。
「ミドルも打てるってなると、キックフェイントも効いてくる。そういうイメージをつけさせるくらいミドルシュートは大事なので、
1本決めたい」とチャンスがあれば狙っていく考えを示した。

連続ゴールは止まったが、原口がチームの得点源であることに変わりはない。タイ戦で新たな武器を手にすることができるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170326-00010028-footballc-socc
27
 

【動画】続・長友の体幹トレ講座に久保・原口・清武も参加!トリに槙野登場、伸び代半端ないww 

03

【警戒】『タイ戦は罠』日本代表GK西川が考えるタイ代表対策とは!? 

1: サムライ24時 2017/03/26(日) 22:56:27.20 ID:CAP_USER9
敵地でのUAE代表戦はベンチから戦況を見守ったGK西川周作が、タイ代表戦に向けた意気込みを語っている。

28日に迫ったタイ戦に向けては「『タイ戦は罠』だと監督も言っていて、これを落としてしまうと取り返しのつかないことになるという
危機感を持っていますし、自分たちもそのつもりで振る舞わないといけない」と最下位に沈む相手を警戒。

「GKとしてはDFとうまくコミュニケーションを取りながら、練習でもやれているし、うまく時間を作るのは一つの手かなと。
早くやるのも一つのリズムですけど、流れが悪い時にGKが時間を作ったり、あるいはDFの背後に大きく蹴ってラインを上げて、
前掛かりにいくのも一つの手だと思うので、そこは流れを見ながら一人ひとりがやれれば」と状況によって戦い方を最後尾から
コントロールする意向を示した。

http://mainichi.jp/articles/20170326/sck/00m/050/033000c



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索