Samurai Goal

NEWS


スポンサード リンク





【久保建英】スペイン紙の「若手TOP50」に“最年少“で選出! 

1: 名無しの24時 2017/03/28(火) 13:15:41.12 ID:CAP_USER9
theWORLD(ザ・ワールド) 3/28(火) 11:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00010003-theworld-socc

世界が日本の才能に注目

現在は日本代表でFW久保裕也が活躍しているが、日本にはもう1人世界から注目されている久保がいる。現在U-20日本代表に選ばれている久保建英だ。まだ15歳なのだが、すでにU-20でも自身の実力が通用することを証明しており、将来どんな選手になるのかは想像もつかない。

本田と香川は”2018W杯に行けるか”?

そんな15歳の逸材に期待をかけているのは日本だけではない。今回スペイン『MARCA』は「ヤングスター50選」と題して世界中の才能ある10代の選手を50名紹介したのだが、久保もそこに選ばれている。何より凄いのは、15歳で選ばれたのは久保1人のみで、最年少なのだ。

同メディアが他に選んだのはモナコで暴れる18歳のFWキリアム・ムバッペ、ミランで活躍する17歳GKジャンルイジ・ドンナルンマなどすでにメジャーとなっている選手から、ユヴェントスのFWモイーズ・キーンやインテルFWアンドレア・ピナモンティらデビューを飾って間もない選手まで様々だ。しかし、15歳の久保を選んだのはサプライズでもある。

久保と言えば和製メッシと呼ばれるなど、もちろん日本のサッカーファンからも大きな期待を受けている。今回同メディアが紹介したリストにも、〇〇メッシと呼ばれている選手が数名選ばれている。トッテナムのメッシと呼ばれたこともあるイングランド人MFマーカス・エドワーズ、マンチェスター・シティのブラヒム・ディアスなどもそうだ。久保もその1人として世界の注目を集めているようだ。

果たして久保はどこまで成長するのか。過度な期待は若者の将来を潰してしまいかねないが、同メディアが最年少で選んでしまうほどの逸材なのは間違いない。

中国・上海申花のホームスタジアムで大規模な火災があった模様 

中国スーパーリーグの上海申花がホームスアジアムとして使用している上海虹口足球場で28日、火災が起きた。中国メディア『東方日報』などが伝えている。  

火災の様子はSNSなどを通じて拡散されており、それによると大規模な損害が出ている模様。だが、幸いにも負傷者はいないとのことだ。それでも、近くの地下鉄の駅が一時的に利用できなくなるなどのトラブルが一部で報告されている。  

上海申花のファンからは、次のホームゲームが通常どおり開催されるか心配する声もあがっている。上海申花は来月16日に長春亜泰を本拠地に迎える予定だ。  FWカルロス・テベスらが所属する上海申花は、中国スーパーリーグ第2節まで消化して1勝1分で4位につけている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00010013-footballc-socc
no title
 

【SVホルン】実質オーナーの本田圭佑、経営から離脱か!?クラブ内に火種…現地メディア「現実的なシナリオ」 

1: サムライ24時 2017/03/28(火) 07:18:06.94 ID:CAP_USER9
15年に本田のマネジメント会社が買収 今季2部で10チーム中7位に沈む

ACミランの日本代表MF本田圭佑のマネジメント会社が2015年に買収したオーストリア2部SVホルンから離脱する可能性が浮上していると、
オーストリアのスポール専門メディア「SPOX.com」が報じている。

本田のマネジメント事務所である「HONDA ESTILO株式会社」が2015年6月に当時オーストリア3部のホルンを買収。
昨季は3部1位で見事に2部昇格を果たしたが、今季2部では8勝5分12敗で10チーム中7位に沈む。
自動降格圏の9位と勝ち点差わずか2という苦境に立たされている。
元名古屋グランパスの長身DFハーフナー・ニッキ、明治大卒業後に加入したMF矢島倫太郎などが出場しているが、目標の1部昇格に向けて厳しいシーズンが続いている。

そして、地元メディアは「SVホルン、本田は離脱するのか?」と特集。
「今季終了時点の『ホンダ・エスティーロ』の離脱は現実的なシナリオだ」と報じている。

クラブのマネジャーであるソンケ・ニクラス氏は昨年10月に同メディアに「我々は日本人の経営者側との問題を持っている。
小さなネジを締めていかなければならないし、それができれば向上できる」と問題点を明らかにしていた。

“本業”で苦境、ホルンも厳しい現状に

今月13日、クラブは国際連合(国連)の掲げる取り組みに賛同し、ホルンのユニフォームの胸部分とホームスタジアムの看板に、
国連が掲げる「世界を変えるための17の目標」のロゴを掲出すると発表。
国連とタッグを組む姿勢を見せたが、一方でクラブ内部の問題は火種として依然残っているようだ。

本田自身もミランで今季先発出場わずか1試合と戦力外状態で、
いわば“本業”で苦境に直面しているなか、経営参画するホルンも1部昇格が厳しい現状となっている。
実質的なオーナーである本田がわずか2年間で離脱する可能性があると現地メディアは見ているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00010002-soccermzw-socc
Football ZONE web 3/28(火) 7:10配信
04
 

【マンU】ネイマール獲得に本腰!?ポグバ越えの史上最高額240億円を準備か 

1: サムライ24時 2017/03/27(月) 23:03:38.91 ID:CAP_USER9
マンチェスター・ユナイテッドが今夏もサッカー史上最高額の移籍金を投入するかもしれない。
バルセロナのブラジル代表FWネイマールに対して、2億ユーロ(約240億円)を用意していると、英『ミラー』など複数メディアが報じている。

 昨夏、フランス代表MFポール・ポグバを史上最高額9200万ポンド(約128億円)の移籍金でユベントスから獲得したユナイテッド。
今夏は以前から興味を示していたネイマールに狙いを定めたようで、
同紙によると、ユナイテッドはネイマールに設定されている違約金2億ユーロ、
さらに年俸2500万ユーロ(約30億円)を支払う準備があるという。

 ネイマールは昨年10月にバルセロナと2021年6月まで契約を延長したばかり。
新たな契約で設定された移籍金は今季終了時点なら2億ユーロだが、毎年段階的に上昇する条件が設定されているとのこと。
そのため、獲得を本気で考えているのであれば、今季終了後がネイマールの買い時ということだ。

 ネイマールに対してはパリSGやチェルシーなどが獲得に興味を示していると報じられている。
現在5位で来季のUEFAチャンピオンシップへの出場が難しいユナイテッド。
世界最高峰の大会に出場できないとなると、ネイマール獲得の大きな足かせとなるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01638213-gekisaka-socc
13
 

【W杯南米予選】ブラジルが王手!アルゼンチン&コロンビアはキーマン不在で苦戦か 

1: サムライ24時 2017/03/27(月) 17:16:18.91 ID:CAP_USER9
 2018年W杯南米予選は、現地時間28日に第14節が行なわれる。
ブラジルが予選突破に王手をかけた一方で、アルゼンチンらW杯出場へ厳しいレースが続く。

 南米予選は13節を終えた段階で、ブラジルが独走態勢を築く。
手にした勝ち点30は、過去の予選に照らし合わせれば十分に突破に足る数字。
ホームのパラグアイ戦に勝利すれば、他会場の結果次第では今節にもW杯への切符を手にする。

 ブラジル以下の上位勢は混戦だ。2位ウルグアイ(勝ち点23)、3位アルゼンチン(22)、4位コロンビア(21)、5位エクアドル(20)、
6位チリ(20)と、5チームが3ポイント差のなかにひしめき、4位以内(5位はプレーオフ)を巡る戦いは熾烈を極めている。

 ブラジルと対照的にプレッシャーがかかっているのが、前回大会準優勝のアルゼンチンだ。
豪華絢爛な攻撃陣を擁しているものの、予選を通じて戦いぶりは安定していない。
前節はFWリオネル・メッシのPKでチリを退け(1対0)3位に順位を上げたが、パフォーマンスは低調だった。

 今節は標高3650mの高地ラパスで、ボリビアと対戦する。
空気の薄いラパスは、アルゼンチンにとっては“鬼門”で、2005年を最後に白星を挙げられていない。

 さらに、この試合ではMFハビエル・マスチェラーノが出場停止となっている。
エドガルド・バウザ監督はラパスでのアウェイ戦で、選手の消耗を軽減すべく、守備的な5-4-1システムの採用を検討していた。
しかし、このシステムにおけるキーマンのマスチェラーノ欠場により、代替策を用意する必要に迫られている。

 ウルグアイは、8位ペルーと対戦する。アウェイゲームだが、すでに敗退が濃厚となっている相手なだけに、
しっかりと勝利を収めておきたいところだ。

 エクアドル対コロンビアの一戦は、両チームにとって鍵になりそうだ。
コロンビアは前節ボリビア戦(1対0)で低調な出来に終始し、ファンの間では予選敗退を危惧する声もあがっている。
さらに、FWルイス・ムリエルが右足を負傷。
ホセ・ぺケルマン監督はチームのベストストライカーを欠いて、ここ20年勝利のないエクアドルの地での決戦に臨むことになった。

 南米王者チリは、ホームに最下位ベネズエラを迎える。
前述の通りエクアドルとコロンビアが直接対決を行なうため、今節は順位を上げるチャンス。
南米で唯一W杯出場歴のないベネズエラ相手のホームゲームで、勝ち点3を取りこぼすことは許されないだろう。(STATS-AP)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000016-ism-socc
48
 

【日本代表】「例えば本田の先発はあるのか」タイ戦のスタメンを訊かれたハリルの反応は? 

1: サムライ24時 2017/03/27(月) 17:56:10.61 ID:CAP_USER9
「チームのベースはコレクティブ」。

 3月27日、埼玉スタジアムでタイ戦の前日会見が行なわれた。そこでヴァイッド・ハリルホジッチ監督は相手の印象に言及。
「彼らの実力を過少評価してはいけない」と警戒を強めた。

「本当にすごく良いプレーをしている。オーストラリアを相手に勝ちそうな試合をしていますし、
サウジ戦やUAE戦でも良いプレーをしていました」

「UAE戦の勝利はタイを破ってこそ意味がある」と強調していたハリルホジッチ監督はチームとしてまとめられるかが重要とも語っていた。
そのスタンスを改めて印象付けたのが「本田の先発はあるか」という質問に対しての答だ。

「昨日の練習で、いろんなソリューションを用意した。皆さんはまだヴァイッド(・ハリルホジッチ)のことを理解していない。
11人が先発というわけではない。23人が先発です。これが、このチームの長所。
ここまで20試合以上戦ってきましたが、ひとりでチームをたせることができる選手はいない。
例えばひとりで5人抜いて勝ったことはない。

 (この予選も)コレクティブなサッカーで勝ってきた。チームのベースはコレクティブです。
コレクティブという長所のところに個人の能力は必要ですが、コレクティブな組織があることを忘れてはいけない」

「スターはいらない。チームこそスター」と就任当初に言っていたハリルホジッチ監督の信念はぶれていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170327-00023900-sdigestw-socc
51
 

【元浦和】FWエメルソン38歳、求職中!シャペコエンセ移籍か? 

かつて浦和レッズで大活躍したFWエメルソン・シェイキ。38歳になった彼は昨年限りで名門フラメンゴを退団した。 そのエメルソンの新天地の噂について、『Globo』などが伝えている。

それによれば、シャペコエンセの会長が彼との交渉について認めたそう。 ただ、他にも2つのクラブが競合しているという。さらに、エメルソン側はブラジルでタイトルを狙えるようなクラブか中国行きを望んでいるとも。 実際、シャペコエンセとの交渉はまだそれほど煮詰まっていないようだ。かつてJリーグを席巻した快足FWは、どこに向かうのだろうか。
http://qoly.jp/2017/03/27/emerson-sheik-and-chapecoense-iks-1
41
 

【動画】ベッカムが憑依!レノファ山口・小塚選手の芸術的な超ロング弾! 

1: サムライ24時 2017/03/27(月) 21:39:44.06 ID:CAP_USER9
代表戦のためJ1は中断されているが、J2は週末に第5節が行われた。

開幕からともに未勝利のレノファ山口対カマタマーレ讃岐の一戦は、ホームの山口が1-0で今季初白星。
なかでも小塚和季が決めた決勝ゴールはお見事だった。

https://www.youtube.com/watch?v=OcPSKSEqRK0



こぼれ球を右サイドのタッチライン付近から直接狙うと、シュートはやや前に出ていたGKの頭上を越え、そのままゴールへ!
ちょっぴり距離は短いが、あのデイヴィッド・ベッカムが1996年に記録した“伝説のロングシュート”を彷彿とさせるスーパーゴールだった。

https://vine.co/v/i3Ya1znwLLB/embed/simple

小塚は帝京長岡高出身のMFで、2014年に山口へ期限付きで加入し2シーズンでJ3&J2昇格に貢献した。
昨年は新潟に復帰したものの6試合の出場に留まり、今季再び山口に貸し出されている。

U-23日本代表候補に選ばれたこともある22歳。これからの活躍に期待だ。

http://qoly.jp/2017/03/27/renofa-yamaguchi-kazuki-kozuka-goal-vs-kamatamare-sanuki-hys-1
00
 

【日本代表】岡崎3トップ中央で先発へ!?負傷の大迫には「同じFWとして参考になる」 

1: サムライ24時 2017/03/27(月) 21:41:13.22 ID:CAP_USER9
スポーツ報知 3/27(月) 21:26配信

試合会場の埼玉スタジアムで最終調整する岡崎(中央)ら

 日本代表は27日、埼玉スタジアムで冒頭15分のみ公開し、非公開で調整を行った。28日のロシアW杯アジア最終予選、タイ戦(埼玉)は3トップの中央でFW岡崎慎司(レスター)の先発が濃厚になった。

 大迫に負けてはいられない。岡崎は静かなる闘志を燃やしていた。「引いて守られた時に、スペースがなくても、迫力を持って入ることが大事。そういう部分は自分の持ち味でもあるし、そういう部分を出せれば、自分もゴールを決めれるんじゃないかなと」。ロシアW杯アジア最終予選ではまだ無得点。左ひざ負傷の大迫がチームを離脱し、自らに求められるものを認識している。

 昨年11月に日本代表に復帰したFW大迫が最終予選のここ2試合で持ち味を発揮。前線で起点となるボールキープは日本の攻撃に良い流れをもたらしている。最終予選のここ2試合はベンチスタートとなり、昨年11月のサウジ戦は1分、UAE戦は8分の出場にとどまった。それでもベンチから大迫の動きを見て、「自分が同じFWとして参考になるのいっぱいある」。自らにないものを盗む意欲を見せている。

 タイ戦に勝てば、ロシアW杯出場へ大きく前進する。「競争の中でチームとして結果を出せればいい。今まで通り強い気持ちを持ってサッカーしていきたい」。タイ戦撃破にはエースのゴールが欠かせない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000199-sph-socc
42
 

オランダ代表、ブリント監督の解任を発表…W杯予選敗退危機、成績不振受けて決断 

1: サムライ24時 2017/03/27(月) 06:42:48.16 ID:CAP_USER9
オランダサッカー協会(KNVB)は26日、同国代表を率いるダニー・ブリント監督の解任を発表した。

 オランダは25日、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選でブルガリア代表に0-2で敗戦。
この結果、残り5試合の時点でグループAの4位に転落し、
W杯出場権獲得の1位フランス代表とは勝ち点6差、プレーオフ出場の可能性がある
2位スウェーデン代表とは勝ち点3差と厳しい状況に立たされている。

 発表によると、ブルガリア戦の敗戦を受けて、KNVBはすぐさま話し合いを行い、ブリント監督の解任を決定。
フレッド・グリム氏が暫定的に指揮を執り、その間に新たな監督候補を探すことになるという。

 現在55歳のブリント監督は、2015年7月にオランダ代表の指揮官に就任。
ユーロ2016欧州予選でグループ3位と苦しむチームの立て直しを任されたが、
結局32年ぶりにユーロ本戦出場を逃した。
その後、昨年9月から始まったW杯欧州予選でも、第5節終了時点で2勝2敗1分けと苦戦。
就任から全17試合を指揮したが、7勝7敗3分けという成績で終えることとなった。

 解任に際し、ブリント監督は「我々は正しい方向に向かっていた。
ブルガリア戦でも私が持つ全てのものを出し切ったが、こんな形で終わってしまうのは残念だ」とコメントし、
悔しさをにじませた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00567733-soccerk-socc
53
 



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索