Samurai Goal

NEWS


スポンサード リンク





<クラブW杯>元Jリーガーのカイオと塩谷の連携からゴールも誕生!3発快勝でアル・アインがベスト4  

dly1812130019-f1




1: 2018/12/16(日) 07:54:29.44 _USER9
【準々決勝】
アル・アイン 3-0 エスペランス クラブ

【得点者】
2分 1-0 ガリブ(アル・アイン)
16分 2-0 シャハト(アル・アイン)
60分 3-0 アフバビ(アル・アイン)

https://www.jleague.jp/match/fcwc/2018/121502/live/#livetxt


🌑カイオはダメ押しの3点目をアシスト!

クラブワールドカップ準々決勝第2試合、エスペランス対アル・アインの一戦は12月15日、UAEのハッザ・ビンザイード・スタジアムで行なわれた。

 試合は開始早々の2分にアル・アインがいきなり均衡を破る。

 開始40秒過ぎに元鹿島FWのカイオのパスからエル・シャハトがゴールをかすめるシュートを放つと、その流れで得たCKに巨漢CBアハマドがドンピシャのヘディングシュートをゴールにねじ込んで先制に成功した。

 同大会2度目の出場となるアフリカ王者に対して先手を奪ったアル・アインは、さらに勢いを加速させると、16分に鮮やかに追加点を奪取する。起点となったのは、左SBで先発していた塩谷司だ。

 アル・アインは、左サイドでボールをインターセプトした塩谷からカウンターを開始。日本人DFからボールを受けたカイオが敵陣を一気に突破。最後はゴール前に逆サイドから入り込んできたエル・シャハトが持ち直してから右足でフィニッシュした。

 瞬く間に2点を奪い去ったアル・アインだったが、その後はペースダウン。エスペランスに6割強のポゼッション率を維持はされて押し込まれたが、持ち前のフィジカルを活かした粘り強い守りで決定機をほとんど作らせずに前半を終えた。

 迎えた後半も前半と似たような構図で試合は進む。主導権を握ったエスペランスだったが、アル・アインの統率の取れた守備に苦戦し、シュートに持ち込めない展開が続く。

 アフリカ王者から次第に焦りの色が見え始めるなか、落ち着いて自分たちのペースを保ち続けたアル・アインは、またしても速攻からビッグチャンスをモノにする。

 60分、ボックス内左で縦にドリブル突破したカイオがDF2人を引きつけ、鋭いグラウンダーのクロスを供給。これを攻め上がっていたB・モハメドが流し込んで3点目をもぎ取った。

 後がなくなってエスペランスだったが、後半開始から飛ばしたこともあってか足を止める選手が増えはじめ、パスミスを連発シーンが散見。押し込まれても安定感を維持したアル・アインの守備網を破る術を見出せないまま、時間だけが過ぎていった。

 最後まで集中力を欠くことがなかったアル・アインに対し、エスペランスは相手選手に食ってかかるなど、冷静さを欠いて、シュートまで全く持ち込めずにシャットアウトされ、試合は3-0でタイムアップした。

 12日に行なわれたオセアニアの覇者ウェリントンとのPK戦を制した一戦に続き、アフリカ王者も粉砕した開催国王者アル・アイン。台風の目になりつつある彼らの勢いは、南米王者リーベルをも呑み込むのか? 現地12月18日の準決勝は大きな注目を集めそうだ。

12/16(日) 3:25 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51507

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51507_ext_04_0_1544898218.webp?v=1544898582

レアル・マドリー 1-0勝利も負傷者続出で鹿島戦へ不安残す  

marcelo-benze




1: 2018/12/16(日) 04:46:02.02 _USER9
日本時間16日(日)2:30から開催されたラ・リーガ・サンタンデール第16節のレアル・マドリー対ラージョ・バジェカーノの一戦は、1-0でマドリーが勝利している。
UAEで開催されているFIFAクラブ・ワールドカップに出場するため、この試合が今年最後のリーガの一戦となるマドリーが最下位ウエスカと3ポイントの19位に沈むラージョをホームに迎えた。

13日に行われたチャンピオンズリーグのCSKA戦(0-3●)で右足首を負傷したガレス・ベイルは招集外となり、批判が集中しているイスコ・アラルコン(放出に賛成が51%を占めた)は、ベンチから戦況を見つめた。
また、トニ・クロースが11月21日のCLローマ戦以来の復帰となった。

キックオフ前にはバロンドール2018を受賞したルカ・モドリッチが同賞のトロフィーをサポーターやファンにお披露目した。

試合は13分にマドリーが先制する。中盤でボールを受けたカリム・ベンゼマが右サイドのルーカス・バスケスに大きく展開すると、カットインしてきたバスケスからのリターンを右足で蹴り込み均衡を破った。
マドリーがベンゼマの今季6得点目で試合を動かした。なおベンゼマは、このゴールで昨季の得点数に並んでいる。

その後もマドリーが試合を支配し、ベンゼマやマルコ・アセンシオが決定機を迎えたが決めきれず。一方のラージョもセットプレーからチャンスを作ったが得点を奪えず前半を終えた。

65分、クロースからのフリーキックをセルヒオ・ラモスが頭で合わせたがオフサイドの判定で追加点とはならなかった。

76分にはダニ・セバージョスとの交代でベンチに退いたアセンシオが右脚をアイシングする姿が見られ、続く78分には先制点を奪ったベンゼマが相手選手との接触で左脚を負傷しヴィニシウス・ジュニオールと交代した。

アディデョナルタイムにはラージョが決定機を迎えたがGKティボー・クルトワとカバーに入ったダニ・カルバハルがこれを防ぎ、1-0でマドリーが勝利した。

前述のベイルやカゼミロも怪我で欠くマドリーは、内容もさることながら怪我人の状況が気掛りであり、20日(木)1:30からのCWC鹿島アントラーズ戦に向け不安の残る勝利となった。

【レアル・マドリー対ラージョ・バジェカーノ】主なスタッツ

■スコア
レアル・マドリー 1-0 ラージョ・バジェカーノ

■得点者
13分:カリム・ベンゼマ

■シュート数(枠内)
9(4) :11(3)

■ポゼッション率
70%:30%

■パス本数
752:332

■パス成功率
91%:78%

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00010000-sportes-socc
12/16(日) 4:29配信


https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/esp/esp-11162441.html
試合スコア

<金子達仁氏>ハリル更迭に関わった全員がMVP 勇気ある決断こそが、サッカー界にとって今年のハイライト  

87089e0158ea10bc3cabd8ab3403bbbd




1: 2018/12/16(日) 12:05:20.69 _USER9
いろいろなことがあった18年が終わろうとしている。あとになって振り返ってみれば、日本が初めてW杯への出場を決めた97年に匹敵する、
エポックメーキングな1年として位置づけられるのではないか。そんな予感を抱かせる1年だった。

思えば1年前、日本代表の明るい未来を思い描く人はかなりの少数派だった。
試合後のインタビューで自分たちの敗戦を自嘲気味に語る選手の姿は、監督に対する信頼度が地に堕(お)ちていることをほのめかしていた。
はっきり言ってしまえば、あの頃の日本代表は、負けることに驚いていなかった。

だが、監督の更迭を求める声が高まる一方で、頑(かたく)なに続投を支持する人たちもいた。曰(いわ)く、この期に及んでの更迭はリスクが高すぎる。
曰く、まだ日本人は内容だの理想だのを追求する時期ではない。ハリルホジッチの現実路線こそが正しい。曰く、誰がやっても同じ――。

更迭を求める人たちも、自分たちの要求が通ることを信じていたかと言えば、それは疑問が残る。
何しろ、いまだかつて日本サッカー協会はW杯直前に監督を交代させたことがなかった。前例にないことをやるにはエネルギーが必要で、日本社会の場合は特にそうである。

だが、前例がなかったこと、特別なエネルギーが必要なことを、日本サッカー協会はやった。続投させての失敗であれば、火の粉が降りかかるのは監督と協会の双方になるが、
更迭させての失敗ということになれば、火ダルマになるのはほぼ協会のみ、である。

この勇気ある決断こそが、日本サッカー界にとって今年のハイライトだった。

初戦のコロンビア戦で相手が開始早々に1人少なくなるという幸運はあった。一人で局面を打開できる選手、たとえば中島をメンバーから外した選手選考にも不満は残る。
それでも、相手を完全に圧倒した後半の戦いは、ハリルホジッチを指揮官に据えたままではまずありえなかっただろう。

W杯で初めて南米勢に勝ったという自信は、それも内容で完全に相手を凌駕(りょうが)した上での自信は、日本の選手たちに、そして日本人に、たとえようもないほど大きな自信をもたらした。
その後の森保体制になってからの日本を見ていると「もっとできたのでは」との思いも頭をもたげてくるが、現在の素晴らしく魅力的な日本代表の根幹にあるのが、ロシアでつかんだ自信にあるのも事実である。

なぜハリルホジッチは更迭されたのか。誰が動き、誰が決断したのか。その全容をわたしは知らない。それでも、あのときに動いた人、決断に関わった人すべてが、わたしにとって今年のMVPである。
口では何といおうとも、ハリルホジッチ監督のやり方は、日本人は世界一にはなれない、との前提に立っているようにわたしには思えていた。そして、同じように考える日本人が少なくないのも事実だった。

潮目は、変わった。
更迭という賭けを経て、いま、日本には史上もっとも魅力的な代表チームが生まれつつある。これは、協会の決断が生んだチームでもある。(金子達仁氏=スポーツライター)

https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20181213s000023CF246000c.html

22年サッカーW杯競技場を公開 

20181216-00000010-kyodonews-000-5-view

ブンデス第15節 ドルトムントが「秋の王者」に。香川真司10試合連続ベンチ外、大迫勇也は途中出場  

20181211-00000042-goal-000-2-view




1: 2018/12/16(日) 04:58:24.42 _USER9
【ボルシア・ドルトムント 2-1 ブレーメン ブンデスリーガ第15節】

現地時間15日に行われたブンデスリーガ第15節ボルシア・ドルトムント対ブレーメンは、2-1でホームのドルトムントが勝利した。
ドルトムントの香川真司はベンチ入りせず。ブレーメンの大迫勇也は73分から途中出場している。

勝てば前半戦の首位、「秋の王者」が決まるドルトムント。立ち上がりから調子の良さを見せつけ、19分には順調に先制点を奪う。
右サイドからのセットプレーでパコ・アルカセルがゴールを挙げた。

27分には追加点。敵陣でのボール奪取からロイスにゴールが生まれて2点差となる。その後も若手のサンチョなどが存在感を示して主導権を握り続けた。

それでもブレーメンは35分に反撃。ペナルティエリア手前でパスを受けたクルーゼが強烈なダイレクトボレーを突き刺して1点差として折り返す。

前半に比べてドルトムントの攻撃に対処できるようになったブレーメンは1点差を維持。73分には大迫を投入して勝負を仕掛ける。

だが、ドルトムントはブレーメンに2点目を許さず、逃げ切りに成功。2位ボルシア・メンヒェングラッドバッハとの勝ち点差は9となり、「秋の王者」となることが確定した。

【得点者】
19分 1-0 アルカセル(ドルトムント)
27分 2-0 ロイス(ドルトムント)
35分 2-1 クルーゼ(ブレーメン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00301277-footballc-socc
12/16(日) 4:28配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ger/ger-11157818.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/ranking/
得点ランク

MF 香川真司 今季成績

第1節 ベンチ外
第2節 ベンチ外
第3節 ベンチ外
第4節 後半25分~出場
第5節 後半17分~出場
第6節 ベンチ外
第7節 ベンチ外
第8節 ベンチ外
第9節 ベンチ外
第10節 ベンチ外
第11節 ベンチ外
第12節 ベンチ外
第13節 ベンチ外
第14節 ベンチ外
第15節 ベンチ外

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10006994
大迫成績

<メキシコ・メディア>鹿島の劇的逆転勝利に驚愕!「クラブ王者の夢は粉砕された」「一体何が起きたのか」 

img_0a95a68338ee6e864ff9141e1f456e3355794




1: 2018/12/16(日) 07:05:51.75 _USER9
鹿島アントラーズがクラブ・ワールドカップ(CWC)の準々決勝、グアダラハラと対戦し、3-2で勝利した。

 開始3分にグアダラハラが先制。勢いづいた中南米カリブ王者がこのまま勝利するかと思われたが、鹿島に今年のベストヤングプレーヤー賞を受賞した安部裕葵が投入された後半に一挙3ゴールを挙げて勝利。欧州王者のレアル・マドリーが待つCWC準決勝に駒を進めた。

 「あれだけ前半は鹿島を抑え込んでいたのに……」と衝撃の逆転負けを喫した試合に驚いているのは、メキシコのグアダラハラ地元紙『El Informador』だ。

「前半、先制点を挙げてから前半終了までの間、シヴァス(グアダラハラの愛称)は美しいサッカーを見せた。が、その後チャンスを逃し続けて、後半に3点を与えて逆転を許した。鹿島は攻撃陣が奮起。怪我で中心選手の鈴木優磨、三竿健斗を欠いた鹿島だが、チームの実力は決して揺るがなかった」

 さらに同紙は、試合後のDFホセカルロス・バンランキンのコメントを紹介。彼は「正直にいうと、いったい何が起きたのか分からないんだ」と頭を抱えていたようだ。

 「前半は、僕らの掲げる目標に合うペースで上手くいっていたはずなんだ。チームの雰囲気も最高だった。それなのに、後半には主導権を失った。理由は何度も考えたけれど……今は言葉が出てこない。もう少し落ち着いたら、振り返って分析しなければならないだろう。このトーナメントに残りたかったし、この結果に満足はしていない。勝つことができず、サポーターをがっかりさせてしまったことはとても申し訳なく思っている」

 メキシコメディアの『VIVA Liga MX』は「鹿島アントラーズは、シヴァスのクラブワールドカップ王者の夢を粉砕した」と綴った。

「スタッツやデータだけを見れば、シヴァスが勝利した試合だと思うかもしれない。特に最初の45分、前半はシヴァスのプラン通りに進んだはずだ。しかし後半になってシヴァスの集中力は途切れ、鹿島の選手が走り込んでくるシーンが増えた。苛立ったメキシコのクラブは数少ないチャンスをものにすることも叶わず、以降はゴールネットを揺らすことができずに敗退したのだ」

 試合後、思わず座り込む選手の姿も見られたグアダラハラ。彼らのCWCはまだ終わりではなく、現地時間12月18日に行なわれる5位決定戦でエスペランスと対戦する。

12/16(日) 7:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00051516-sdigestw-socc

<宇佐美貴史>CKから2ゴールを演出!4試合ぶり白星に大きく貢献  

1: 2018/12/16(日) 01:29:53.03 _USER9
DFアイハンが2ゴール

ブンデスリーガ第15節が15日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフとフライブルクが対戦した。

デュッセルドルフの宇佐美貴史は2試合連続の先発。右サイドのアタッカーに入った。前半はあまり見せ場なくスコアレスで推移すると、後半の55分に試合は動く。

右サイドのコーナーキックで宇佐美がアウトスイングで鋭いボールを入れると、ドンピシャで合わせたのはDFカーン・アイハン。高い打点で叩き込み、先制に成功する。

さらに79分、またも宇佐美の右足から追加点が生まれる。右からのコーナーで、宇佐美のボールをマルチン・カミンスキが折り返すと、再びアイハンが押し込んで、貴重な追加点を奪う。

3点目のチャンスもあったが、ドディ・ルケバキオが決めきれず、試合は2-0のまま終了。フル出場となった宇佐美の活躍もあり、4試合ぶりの白星を手にした。

12/16(日) 1:21 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00010003-goal-socc

写真
no title

<クラブW杯>アジア王者鹿島、後半3発でグアダラハラ(メキシコ)に逆転勝利!準決勝はレアル 

1: 2018/12/16(日) 01:13:04.53 _USER9
 FIFAクラブワールドカップ2018準々決勝が15日に行われ、鹿島アントラーズとグアダラハラ(メキシコ)が対戦した。

 開始3分、イサーク・ブリスエラのドリブル突破を許すとクロスをアンヘル・サルディバルに決められ、立ち上がりに失点を喫してしまう。前半は鹿島の1点ビハインドで折り返す。

 鹿島は後半開始からレアンドロに代えて安部裕葵を投入する。すると後半開始早々の49分、土居聖真のグラウンダーのクロスを永木亮太が詰めて同点に追いつく。さらに69分、土居がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。セルジーニョが落ち着いて決め、逆転に成功した。終了間際の84分には途中出場の安部が貴重な追加点を奪う。後半アディショナルタイム、アラン・プリードのPKはクォン・スンテがストップしたが、こぼれ球を押し込まれた。

 試合は3-2で終了。逆転勝利の鹿島が準決勝に進出した。準決勝の相手は欧州王者のレアル・マドリード。鹿島にとっては2016年のクラブW杯決勝で対戦した以来の顔合わせとなる。鹿島対レアルの一戦は19日(水)、日本時間25時30分(20日 1時30分)キックオフ。試合の模様は日本テレビ系列で生中継される。

【スコア】
鹿島アントラーズ 3-2 グアダラハラ

【得点者】
0-1 3分 アンヘル・サルディバル(グアダラハラ)
1-1 49分 永木亮太(鹿島)
2-1 69分 セルジーニョ(PK/鹿島)
3-1 84分 安部裕葵(鹿島)
3-2 90+4分 アラン・プリード(グアダラハラ)

【スターティングメンバー】
鹿島(4-4-2)
クォン・スンテ;内田篤人、チョン・スンヒョン、昌子源、山本脩斗;レオ・シルバ、永木亮太、レアンドロ(45分 安部裕葵)、遠藤康(87分 西大伍);土居聖真(80分 安西幸輝)、セルジーニョ

サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/world/cwc/20181215/877476.html?cx_top=topix

写真no title



1 ★ 2018/12/15(土) 23:55:42.01
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544887245/

柴崎岳(ヘタフェ)年内最後のホームでスタメン出場! 先制ゴールに絡み、守備に奔走し、勝利に貢献  

f2ce3382




1: 2018/12/16(日) 00:02:02.42 _USER9
現地時間12月15日に実施されたラ・リーガ第16節、ヘタフェ対レアル・ソシエダの一戦は、1-0でホームのヘタフェが勝利。そのヘタフェに所属する日本代表の柴崎岳は、ラ・リーガでは開幕戦以来15試合ぶりにスタメンに名を連ね、4-4-2システムの左MFで69分までプレーした。

 今シーズンのラ・リーガ3試合目、コパ・デル・レイを含めた公式戦では5試合目の出場となった柴崎は、いきなり先制点に絡んだ。

 3分、FWのホルヘ・モリーナが左の柴崎にスルーパスを送る。先に触った相手DFがGKにバックパスしたところ、柴崎は途中でかっさらい、スライディングしながらシュート。これは飛び出したGKミゲル・アンヘル・モジャに弾かれたものの、そのこぼれ球をモリーナが無人のゴールに流し込んだ。

 その後も柴崎は、不慣れな左サイドでアップダウンを繰り返し、ヘタフェの守備的なスタイルに必死に適応しようと献身的なプレーを見せる。久々の出場とあって、周囲の選手との連携には少なくない不安を残したものの、一つひとつ自分の役割を確認しながらチームのために走り回る姿が印象的だった。
 
 対峙する敵のマークに奔走し、かつてはキッカーを務めることもあったセットプレーの場面では完全に脇役に回されていた柴崎。日本のサッカーファンが知る、いわゆる彼らしいプレーはほとんど見られなかったが、69分にピッチを退くヘタフェの背番号10の頭上には、スタンドのファンから盛大な拍手が降り注いだ。

 柴崎もゆっくりと歩きながらスタンドを見上げ、拍手で応える。はたしてこのスタンディングオベーションは、先制点に絡んだ彼のプレーを純粋に称えるものだったのか、それとも…。

 3分に奪った虎の子の1点を必死で守り抜き、2018年のホーム最終戦を制したヘタフェ。1月に開催されるアジアカップの日本代表メンバーに選出されている柴崎は、UAEでの戦いを終えたあとも、この本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスのピッチに戻るのか。あるいは、異なる色のユニホームに袖を通すことになるのか。

 まもなくオープンする冬の移籍市場での動きから目が離せない。

12/15(土) 23:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181215-00051499-sdigestw-socc

<杉山茂樹>「ロストフの14秒」を見て想う。森保ジャパンへの不安。サッカーは監督で決まる 

b0d418e9-s




1: 2018/12/15(土) 20:31:58.37 _USER9
2018年のサッカーを振り返ろうとすれば、ロシアW杯は外せないテーマになる。
初戦のコロンビア戦で、PK&赤紙退場という幸運なスタートを切るも、第3戦のポーランド戦でフェアプレーポイントなる新制度に混乱。

そして決勝トーナメント1回戦のベルギー戦では、後半のロスタイム、ラストワンプレーに迫った段で、逆転弾を浴敗退する。
スポーツは筋書きのないドラマだと言われるが、もし筋書きがあったとしても、この筋を思いつく人はなかなかいないと言いたくなる、ドラマ仕立てで、論点満載のロシアW杯だった。

PKに加え、相手選手まで退場にしたコロンビア戦の判定は妥当だったのか。フェアプレーポイント欲しさにボール回しに終始した日本の終盤の戦い方は、フェアプレーの精神に抵触しないのか。
そして、逆転弾を浴びたベルギー戦。本田圭佑が最後に蹴ったコーナーキックは、ショートコーナーにすべきだったのではないか。直後、ベルギーに浴びたカウンターは、イエローカード覚悟で止めるべきではなかったか。

絶対的な正解が見いだせないところが、サッカーの奥深さであり魅力だ。しかし、様々な論点があるにもかかわらず、議論を避ければ、その魅力の真髄に迫ることはできない。

先日、NHKは「ロストフの14秒」と題し、NHKスペシャルという看板番組の枠で、ベルギー戦の最後のプレーに迫っていた。
失点に至った原因について多くの人物にインタビューを行い、証言や意見、感想を得ながら、映像を駆使し、様々な角度から失点に至った原因を掘り下げようとする、まさに2018年の年の瀬を飾るに相応しい力作だった。

しかし、この番組についても意見はある。感想が湧いてくる。重要なポイントを外している。僕にはそう見えた。50分に及ぶ検証番組の中で、西野朗監督が登場して見解を述べたのは、わずか一度きり。
30秒にも満たなかった。2-0になった後に送った指示が、中途半端だったことを悔やむ言葉こそ引き出していたが、ピッチ内で起きたプレーを徹底検証しようとしたとき、現場の最高責任者の声がそれのみでは、説得力に乏しくなる。

長友佑都は「2-0になった後、攻撃的に行きすぎたのではないか」と述べていた。ファビオ・カペッロもイタリア人の監督らしく、同様の意見を吐いていたが、肝心要の西野さんはどう考えていたのか。

指示を送るチャンスはいくらでもあった。日本が2-0としたのは後半7分。フェルトンゲンに不運なヘディングシュートを決められ2-1とされたのは後半24分で、フェライーニに2-2となる同点ゴールを決められたのは後半29分だった。
西野さんは後半36分、山口蛍と本田圭佑を同時に柴崎岳、原口元気と交代で投入している。最悪、彼らにメッセージを伝えることはできたはずだ。彼らに何を託したのか。3点目を狙いに行くのか。
ここは同点で収め、勝負を延長戦に委ねようとしたのか。訊ねるべきはそこではないか。

もっとも、この交代にも問題はあった。2人同時に投入すれば、それに費やされる時間は1人ずつ交代するより短くなる。時間を稼ぐ手段として適切ではない。交代選手にメッセージを託す機会が1回分減ったことも意味する。
強者に激しく追い上げられている弱者の監督のあるべき姿とは言い難い。

さらに、である。この後半36分の山口と本田の同時投入が、最初で最後の交代機会になったことも問題だ。ご承知の通り、交代は90分間に3人まで認められている。日本にはもう1枠の余裕があった。

>>2以降につづく

杉山茂樹 | スポーツライター12/15(土) 9:02
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20181215-00107740/

写真
https://rpr.c.yimg.jp/amd/20181215-00107740-roupeiro-000-4-view.jpg
 



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索