Samurai Goal

NEWS


スポンサード リンク





【サッカー】日本代表、サプライズ選出で「中村憲剛」くるのか 

kengo-1-thumb-550xauto-177597
1   2018/04/26(木) 20:48:49.30 _USER9
フィジカルやスピード以上に 重視されそうなファクターが…

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の後任として日本代表を率いることになった西野朗氏は、ワールドカップまでの短期間でどんなチームを作るのか。

 4月12日に開かれた就任会見でのコメントから判断すると、どうやらハリルホジッチ監督のスタイルを踏襲する気はなさそうだ。

 「1対1の強さや縦の攻撃に対する推進力は日本のサッカーに足りない部分」と認めながらも、西野監督は「体格面のところで戦えない部分もある」と分析。だから、なによりフィジカル的な強さを追求するやり方ではなく、日本人選手の特長のひとつである「技術力を最大限に生かしたい」という。

 事実、デュエル(フランス語で決闘の意)の強さや縦への速さを求めたハリルホジッチ監督の下では、選手たちが指揮官のリクエストに上手く応えられなかった印象だ。日本サッカー協会の技術委員長の立場でそうしたもどかしい光景を見ていた西野氏も、「監督の要求が高かったのかもしれませんが、そこがバランスよく機能していたかというと、僅かな差はあった」と証言している。
 
いわゆる短所を克服できない以上、残された道は長所を最大限に活用する──。それこそ、西野監督が定める方向性と言えるかもしれない。
 
 戦術にがっちり当てはめず、選手個々の持ち味がベースになる。それは「あまり個人のプレーに制限はかけたくない」との新指揮官の言葉からも推察できるだろう。

 “個”を尊重したうえで「できればオフェンシブな戦い方を求めてやっていきたい」というのが西野監督のベースとなる考え方だ。

「選手にもそういうスピリットでゲームに入ってもらいたい。どんな相手にも勝機はあるので、統一感のあるゲーム運びをやっていきたい。FIFAランキングがそのまま反映されないのがサッカーの世界。日本は今までもたくさんそういう勝負をしてきたので、対戦国にやりにくいことを仕掛けていく展開が増えれば、勝つ確率も上がってくると思います」
 
 では、選手選考の基準はどうなるのか。

 基本(ラージグループ)はハリルホジッチ政権下でプレーしていた選手たちになりそうだが、フィジカルやスピード以上に重視されそうなのがテクニックだ。そうしたコンセプトの下、西野監督は「自チームでやっているプレーを評価して選手を選びたいですし、個人だけではなく。日本サッカーの強さはグループでのパフォーマンスだと思っています。だから、連係が取れる選手も選考していきたい」と考えている。

つづく

4/26(木) 11:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00039423-sdigestw-socc

『ハリル、ヒトリボッチ?』ハリル氏“四面楚歌”状態。孤独な闘いを続けるのか 

GettyImages-487286100
1   2018/04/26(木) 13:52:24.12 _USER9
サッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が“四面楚歌”に陥っている。電撃解任に業を煮やした同氏は、27日に都内で日本サッカー協会に対する反論会見を開く予定。すでに日本サッカー界全体を敵に回した格好だが、さらにまさかの事態も…。自ら呼び寄せた腹心の外国人コーチたちが日本協会と事を構える気はなく、あっさり“降参”したのだ。今後は孤独な闘いを強いられそうだ。

 悲しいかな、暴走指揮官に厳しい現実が突きつけられた。24日、ハリルジャパンでコーチを務めたジャッキー・ボヌベー氏(56)とGKコーチを務めたエンベル・ルグシッチ氏(56)が残務整理のため、次々と東京都内のJFAハウスに姿を見せた。

 ロシアW杯まであと2か月という時期に、ハリルホジッチ氏とともに電撃解任された外国人コーチ陣。かつてのボスがいまだに更迭を受け入れず、日本で反論会見まで開いて徹底抗戦の構えを見せているだけに、部下たちも足並みを揃えるのかと思いきや…。

 ヘッドコーチ格としてハリルホジッチ氏を支えたボヌベー氏は「まずは会長に(日本代表コーチとして)選んでいただいて、任務を与えていただいたことを感謝した」とこの日までに日本協会の田嶋幸三会長(60)と面談し、その場では不満どころか謝意を示したことを明かした。

 さらには「日本の選手は素晴らしい態度で接してくれた。今後、彼らと過ごした日々と同じくらい快適に仕事ができることはあるのだろうか、と思うくらいだ、もちろん、一緒にW杯に行けなかったことはものすごく残念」。田嶋会長はハリルホジッチ氏更迭の理由として選手との信頼関係の悪化があるとしたが、ボヌベー氏はこれでもかと賛辞を並べて選手と自らの関係は良好だったと強調した。

 最後には「W杯はビッグサポーターの一人として応援するよ。チャンスがあればまた日本で、どこかのクラブでも可能性があればやりたい」とまでも…。前代表指揮官が事あるごとに対立したJリーグクラブに向けても“再就職”のラブコールを送ったのだ。

 ひたすら親日ぶりを熱く訴え、いとも簡単に元ボスを裏切った形。ハリルホジッチ氏が腹心の“手のひら返し”を目の当たりにしたら怒りのあまり卒倒しそうだが、プロの指導者としては当然の行動と言えるだろう。結果が伴わなければいつ何時でも職を失う可能性があるのがサッカー界で、ケンカ別れしても得るものは何もない。むしろ日本サッカー界と良好な関係を保つことで仕事の選択肢も広がってくるだけに、コーチ陣が暴走指揮官にソッポを向くのも自明の理だ。

 日本協会、選手、そしてついには腹心にも見限られたハリルホジッチ氏。迷走の末に待っているものは果たして…。

4/26(木) 11:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000006-tospoweb-socc

【ハリル氏解任】本当に「得する」のは誰か。選手?スポンサー? 

1   2018/04/26(木) 07:54:51.73 _USER9
写真
no title


4月21日に来日した際には、羽田空港に押し寄せた報道陣に対し、「私をゴミ箱に捨てたようなもの」「まだ終わっていない」と涙ながらに語ったヴァイッド・ハリルホジッチ氏(65)。27日には、都内で会見を開き、今回の突然の監督解任騒動についてすべてを語る予定だ。

「ウクライナ戦(3月27日)の後、ハリルホジッチと話しましたが、これまでと違った様子は見られませんでした。『(敗戦という)結果も受け入れるしかない』というようなことを話していて、解任を知っている様子はまったくなかった。協会は本当に、突然、解任を告げたんだと思います」(サッカーライターの田村修一氏)

 4月9日に行われた、ヴァイッド・ハリルホジッチ氏(65)の代表監督解任発表。日本サッカー協会・田嶋幸三会長(60)から事実上の更迭を告げられた際、ハリル氏は「なぜこの時期に」と激怒したというが、日本中が同じ疑問を抱いた解任劇だった。

 田嶋会長は解任理由について、「選手との信頼関係が薄れた」としているが、あくまでそれは表向きのもの。背景には、こんな事情があったようだ。

「惨敗に終わった昨年12月の東アジア選手権後など、解任するならもっと他にタイミングはあった。にもかかわらずW杯まで2ヵ月しかない時期に解任したのは、協会がスポンサーの意向を“忖度“したからですよ」(協会関係者)

 昨年12月の韓国戦は9.7%、直近のウクライナ戦も11.9%と、代表戦の視聴率は著しく低迷。本田圭佑(31)ら人気選手も代表の当落線上で、関心度が上がる見込みはなかった。そこで、焦った協会は一種のパフォーマンスとして、ハリル氏の解任を選択した、というのだ。広告代理店関係者が証言する。

「サッカーに限らず、スポンサーの要求で協会が動くのはよくあること。『この選手を使って欲しい』と要求することが悪いとは、思っていませんよ。スポンサーにとっての成功とは、代表戦に注目が集まることですからね。実際、この解任によって国民の関心は一気に日本代表に集まった」

 選手のなかにもハリル解任によって「得する人」はいるようだ。スポーツライターの杉山茂樹氏が言う。

「香川真司(29)が土壇場で代表に選ばれると見ています。ハリル監督は評価していませんでしたが、スポンサー枠で選出されると噂されています」

 一方の「損した人」の筆頭はもちろんハリル氏だが、後を任された西野朗監督(63)も苦労しそうだ。

「W杯で少なくともベスト16以上の結果を残さないと続投はありえない。戦術を浸透させる時間はほとんどありませんし、メンバー選考などに制約もあるでしょう」(前出・協会関係者)

 西野氏と共にプレーした経験がある元日本代表ゴールキーパーの田口光久氏もこう語る。

「西野は不器用な男で、上層部のご機嫌を取るタイプではない。実績、人柄ともに現時点で彼以上の人材はいませんが、短い期間でどれだけ自分の目指すサッカーを実現できるかにかかっています」

 本当に「得する」のは誰か。すべては2ヵ月後のW杯の結果次第だ。

4/26(木) 7:03配信 FRIDAY
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00010000-friday-socc

モハメド・サラーの栄誉を称え『聖地メッカ』の土地を贈呈? 

2b9660b9244443d96eb1c1d252ed140c_640px

プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)で目覚ましい活躍を続けるリヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーに対して、新たな栄誉が与えられるようだ。サウジアラビアの政府系ニュースサイト『Sabq』の報道を引用して、スペイン紙『ラ・バングアルディア』が25日に伝えている。

 報道によると、ムスリム(イスラム教の教徒)で知られるサラーの活躍を称え、イスラム教の聖地メッカの土地の一部が同選手に贈呈される可能性があるという。イスラム圏で絶大な人気を誇るだけでなく、イギリス社会における“イスラム”の象徴的存在として認知されていること、また若者らへの慈善活動を積極的に行っていることがその理由だとされる。

 地元自治体の関係者は、“感謝のしるし”としてサラーに土地の贈呈を行う意向だと説明。ただし、メッカにある世界最大のモスク「マスジド・ハラーム」の敷地とは重ならない土地に限るとしている。なお、土地の贈呈に関しては、サウジアラビア政府の許可が必要であるため、もし実現が不可能となった場合には、サラーの名前を冠したモスクを建設することも1つの案として検討されているようだ。

 現在25歳のサラーは、昨年夏にリヴァプールに加入。今シーズンはここまで公式戦47試合に出場し43ゴール15アシストを記録している。プレミアリーグでは得点ランキングトップを走り、22日には今シーズン最も活躍した選手に贈られるPFA年間最優秀選手賞を受賞。CL決勝進出に王手をかけたチームのエースとして欠かせない存在になっている。

 昨年10月には、エジプト代表を28年ぶりのW杯出場に導くPKを決めて、国民から“神”と称えられたサラー。本人が今回のオファーを辞退する可能性もあるが、聖地に自分の名を残すことになれば、最大の名誉であるに違いない。


(記事/Footmedia)

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00748657-soccerk-socc

【海外リーグ】バイエルン“一強時代”ブンデスリーガより『J2』の方が面白い? 

index
1   2018/04/26(木) 17:09:39.78 _USER9
今季も5試合を残し6連覇達成、前半戦を終えた時点で優勝は既定路線
 ブンデスリーガは今、バイエルンの“一強時代”だ。今季も第29節で、5試合を残して優勝を決めた。

 序盤こそつまずきがあったものの、シーズン途中でカルロ・アンチェロッティに代わってユップ・ハインケスが監督に就任した後は、どんどん安定感を取り戻して勝ち続けている。前半戦が終わった段階で、優勝戦線は既定路線となった。

 これでバイエルンは6連覇。優勝後の控えメンバー中心で試合に臨んだ第30節ボルシアMG戦でも5-1、一発勝負で何があるか分からないはずのDFBポカール準決勝ではレバークーゼンを6-2で一蹴だ。この状況はなんとかならないのか――なんともならないのだ。バイエルンの代表取締役を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲは、「バイエルンファンは今、パラダイスにいるようなものだ」とホクホク顔で語るほどだ。

 果たして、今のブンデスリーガはドイツ人ファンにとってどこまで魅力的なのだろうか。そのあたりを、私の周囲にいる友人たちにいろいろと尋ねてみることにした。

 まず、昔のチームメイトであるシュテファン(仮名)は不満を吐き出してきた。

「本来、僕はカイザースラウテルンのファンなんだ。でも今は3部リーグ降格間近。1部リーグのチームで言えば、ドルトムントを応援しているよ。昔はそれこそ全試合の結果に一喜一憂して熱狂していた。でも、最近少し冷めた気持ちになる時もあるんだ。その理由の一つは、試合時間がバラバラになったことがあると思う。金曜日に土曜日、日曜日。今季はさらに月曜日まで……。こっちはスケジュール調整が難しくなる一方だ。ごちゃごちゃしているし、ファンをなんだと思っているんだ」


来季隣国オーストリアで試験導入される「プレーオフ」に注目
 確かに分配金のあり方には、特に中位以下のブンデスリーガクラブが何度も再考を訴えている。「強いチームがさらに強く」だけではなく、もう少し健全なバランスが取られるとリーグの魅力にもつながるかもしれない。ショービジネスのあり方としては、一時期プレーオフ制度の導入について「ビルト」紙が挙げたことがあったが、これには現在オーストリアのウィーンに住む友人のセバスチャンが答えてくれた。

「プレーオフはありだと思うんだ。オーストリアでは来季から試験的に導入されるらしいよ。どうなるか楽しみだね。ドイツだと2部リーグでまず導入すると面白いかもね」

 オーストリアでは近年、FW南野拓実が所属するザルツブルクばかりが優勝しており、観客数もなかなか増えていないため、そうしたアプローチが必要なのかもしれない。実際にプレーオフが導入されてリーグ全体にどんな影響があるのか。同じく“バイエルン一強”状態となっているドイツのファンも、隣国の動向を注視しているようだ。

全文はこちらから
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00100052-soccermzw-socc

【サッカー】オランダで活躍した先人達に堂安律は追いつき、追い越せるのか? 

image03_1_
1   2018/04/26(木) 17:28:09.22 _USER9
 ガンバ大阪からフローニンゲンへレンタル移籍していた堂安律が、3年契約で完全移籍を果たした。これまで多くの日本人がプレーしてきたエールディビジの舞台で、堂安はどんなキャリアを築いていくのか。今後の活躍を占う上でヒントになるであろう先人たちの「オランダキャリア」を振り返る。

■小野伸二(フェイエノールト)

 浦和レッズでの活躍を評価され、2001年にフェイエノールトへ加入した。初年度から持ち前の技術の高さを披露し、リーグ戦30試合に出場するなど主力に定着。さらにヨーロッパリーグ制覇を経験するなど、輝かしい成績を残して後輩たちにレールを敷いた。

2001-02 リーグ戦30試合3ゴール
2002-03 リーグ戦29試合7ゴール
2003-04 リーグ戦24試合2ゴール
2004-05 リーグ戦25試合7ゴール
2005-06 リーグ戦4試合0ゴール

■平山相太(ヘラクレス)

 高校時代に“怪物”と称された平山は、プロキャリアをオランダでスタートさせる。入団先のヘラクレスでいきなり8ゴールをマークするなど存在感を発揮。才能の高さを証明した。しかし、翌シーズンは新監督の信頼を掴めず、ほぼ試合に出ることがないまま日本へ帰国することとなった。

2005-06 リーグ戦31試合8ゴール
2006-07 リーグ戦1試合0ゴール

■本田圭佑(VVVフェンロ)

 オランダでの生活は降格という苦い経験から始まったものの、2部に戦いの場を移して状況は一変する。背番号「10」を背負い豪快なミドルシュートでネットを揺らしたかと思えば、華麗なFKでもゴールを量産。リーグ年間最優秀選手賞を獲得するとともに、チームを1年での昇格に導く。その後も活躍を続け、2010年の冬にCSKAモスクワへ旅立った。

2007-08 リーグ戦14試合2ゴール
2008-09 リーグ戦36試合16ゴール(2部)
2009-10 リーグ戦18試合6ゴール

■吉田麻也(VVVフェンロ)

 09-10シーズンにVVVへ入団するも、いきなり左足首を骨折する重傷を負い、加入初年度の出場機会は0だった。心機一転望んだ翌シーズンに出場機会を増やし、11-12シーズンには主力に定着。その後、活躍の場をイングランドのサウサンプトンへ移すこととなった。

2009-10 リーグ戦0試合0ゴール
2010-11 リーグ戦20試合0ゴール
2011-12 リーグ戦32試合5ゴール
2012-13 リーグ戦2試合0ゴール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00748129-soccerk-socc

>>2以降に続きます

【サッカー】スタジアムに求める要素はアクセス、観やすさだけ? 

ThinkstockPhotos-464558990-1024x767

【サッカー】AFC U-16選手権組み合わせ決定!! 

14075_ext_04_0

AFC U-16選手権(英: AFC Under-16 Championship)
アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、16歳以下のナショナルチームによる大陸選手権大会である。2年に1度、偶数年に行われている。翌年に行われるFIFA U-17ワールドカップのアジア予選を兼ねており、上位数チームが同大会への出場権を得る。
この大会は、「アジアにおける若手プレーヤーの育成と強化を図るための国際大会の場を提供する」[1]ため、1985年にAFC U-17選手権として創設された。
しかし、次の年に開催されるFIFA U-17世界選手権の予選を兼ねていたため、実際には16歳以下の選手が集う大会となっており、大会名とズレが生じていた。
また国際サッカー連盟(FIFA)による大会の名称協定も反映させるため、ウズベキスタンで開催された2008年大会から現在のAFC U-16選手権に改称された。

Wikipedia

【Jリーグ】サッカー界の『山口メンバー』、実はこんなにもいた!!! 

154fb43f

レノファ山口FC(レノファやまぐちエフシー、Renofa Yamaguchi FC)
日本の山口県全19市町をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
1949年創設の「山口県サッカー教員団」を起源とし、2006年にクラブチーム化して発足した。
クラブ名称の「レノファ」は、「renovation(維新)」の頭文字「レノ」と「fight(戦う)」や「fine(元気)」の「ファ」を合わせて作られた造語である。
「山口県民に愛され、山口県民へ感動・勇気・元気を与える山口県民による真の地元クラブを創造する」ことをチーム理念としている。 
運営母体は2006年から2010年までは任意団体「レノファ山口FC」、2011年から2013年は「特定非営利活動法人山口アスレチッククラブ」(YAC)、2014年以降は「株式会社レノファ山口」である。
なおトップチームの運営から離れたYACはスポーツ振興くじ (toto) を活用したサッカー教室を行っている。

Wikipedia

【Jリーグ】チームの強さに監督は関係なし?強さの秘訣はオーナーにあるのだろうか 

es9q302t
1   2018/04/26(木) 08:00:26.61 _USER9
三菱重工業は24日、長崎造船所幸町工場(長崎市幸町)の跡地活用の公募について、サッカーJ1、V・ファーレン長崎の専用スタジアム建設を提案したジャパネットホールディングス(佐世保市)などの企業グループを優先交渉権者に選定したと発表した。

 公募には五つの企業グループが事業計画を提出。ジャパネットの提案について、三菱重工は「長崎の街の魅力をさらに高めてもらえる」と評価した。同日、土地取引に関する契約に向けた基本協定書を締結。夏にも土地の売買契約を結び、工場機能の移転が完了する2019年度中にも跡地開発がスタートする見通し。

 幸町工場一帯の土地は約7ヘクタールあり、長崎市中心部では数少ないまとまった土地。三菱重工は「住む」「働く」「楽しむ」とのコンセプトを設定し、事業者を公募した。
 ジャパネットは、外資系総合不動産業のジョーンズラングラサールの日本法人と連携。2万3千人を収容するサッカー専用スタジアムのほか、300戸のマンションや300室のホテルなどを計画している。長崎商工会議所など地元経済団体も構想を歓迎していた。

 ジャパネットホールディングスの高田旭人社長は「県全体がこれまで以上に魅力的な街になるよう、覚悟を持って臨んでいきたい」とのコメントを出した。

4/25(水) 10:34配信 長崎新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000002-nagasaki-l42



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索