Samurai Goal

NEWS


スポンサード リンク





ハーツで苦しむ食野亮太郎に地元メディア「これほど落ち込むとは…しかしこれが現実」 

20200214-00010008-goal-000-3-view[1]




1: 2020/02/23(日) 20:10:04.25
ハーツで難しい日々を送るU-23日本代表FW食野亮太郎について、イギリス『エディンバラ・イブニングニュース』が特集を組んだ。

昨夏にガンバ大阪からマンチェスター・シティに加入し、特例で英国の就労ビザを得てスコティッシュ・プレミアシップのハーツに期限付き移籍した食野。ここまで公式戦19試合に出場して3ゴールをマークするなど称賛を集めていたが、12月の指揮官交代以降、チーム内での序列を下げている。

そんな中、同メディアは難しい状況の続く食野の現状に関して特集。先日の0-5で敗れたセルティック戦について触れた。ハーツは8人のアタッカーを招集したが、日本人MFは代表招集以外では今シーズンのリーグ戦で初めてメンバー入りを逃している。

これを受け「序盤こそ印象を残したが、半年でこれほど落ち込むとは誰も想像できなかった」と綴り、「しかし、これが今のメシノの現実だ。ダニエル・シュテンデルが指揮する12試合で4試合しか出番がなく、ベンチからも外れ、3試合でボールすら触れていない」と食野が非常に苦しい局面を迎えていることを伝えている。

さらに、2020年に入ってから唯一先発したセント・ジョンストン戦では効果的なプレーができず、60分で交代を命じられており、ハーツサポーターもシュテンデル監督の決断を支持しているという。また、U-23日本代表でチームから離脱していた影響もあり、新指揮官の下で前線に求められることを十分に理解する時間がなかったとも考えられている。

それでも同メディアは「技術面ではクラブでベストの1人であり、ハーツに違いをもたらすことのできる引き出しを持っている選手」と食野をへの期待が失われていないことを強調。そして「メシノがシュテンデルのハイプレッシングスタイルに適応し、信頼を勝ち取ることができれば、プレミアシップ残留争いに向けての大きな戦力になれる可能性がまだ残されている」と締めくくった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00010008-goal-socc

<闘病中のユ・サンチョル氏が来日!>横浜FMサポへ感謝!「たくさんの力をもらった。私は絶対に諦めない」 

1: 2020/02/23(日) 19:15:07.02
 2月23日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ開幕戦の横浜F・マリノスvsガンバ大阪に、現在膵臓がんで闘病中の元韓国代表MFユ・サンチョル氏が来場。ファン・サポーターへ感謝の言葉を述べた。

 2019年に仁川ユナイテッドの指揮官を務めていたユ・サンチョル氏は、11月に自身がステージ4の膵臓がんを患っていることを公表し、現在は闘病している。そんなユ・サンチョル氏に対して、古巣の横浜FMサポーターが、12日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)開幕節の全北現代戦で「頑張れ!ユ・サンチョル」と記した横断幕を掲出。リーグ優勝に大きく貢献した元韓国代表指導者へ、応援メッセージを送っていた。

 その試合を「テレビで見ていた」というユ・サンチョル氏が、直接ファン・サポーターへ感謝を伝えたいという思いのもと、来日が実現。日産スタジアムでのG大阪戦後に、ファン・サポーターの前に立ち、スピーチを行った。

 最初に全北戦で横断幕が目に入ったときは「びっくりした」と同氏。率直に「嬉しかった」と笑みをこぼしながら、「僕もプレーした競技場(日産)に来たいという思いだった。実はいま、私は身体が良くないですが、遠いところから応援してくれるんだというのをわかって、そして挨拶しないといけないと。たくさんの力をもらった、そういうふうに思います」と感謝の言葉を述べた。

「きょうは開幕戦で、残念な結果になったが、本当にたくさんの人が応援に来てくれて、そういうのを見ると昔の気持ちに戻りました」

 そのうえで、ユ・サンチョル氏が「私は絶対に諦めないです」と話すと、場内からは温かい拍手が送られた。「一生懸命しっかり治療をして、選手としてではないですけど、サッカーのところに戻って皆さんとまたお会いしたいと思います。そして、皆さんもしっかりと健康でいてほしいと思います。ありがとうございます(日本語で)」と締めくくった。

 ユ・サンチョル氏には最後に横浜FMのマスコット、マリノス君からかつて背負った8番のユニフォームを贈呈され、ファン・サポーターはその姿が見えなくなるまで「ユ・サンチョルコール」を送り続けていた。

2/23(日) 16:49配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00010031-goal-socc

写真
no title

【コロナ】イタリアで2人死亡、70人超感染 ミラノで次々と…サッカー試合延期 

d60dd_1641_1066afb3_5397cd47[1]




1: 2020/02/23(日) 16:55:04.44
 新型コロナウイルスへの感染でイタリアで2人の死亡が確認されました。現地メディアは確認された感染者数は70人以上になると報じています。

 地元当局によりますと、ミラノがある北部のロンバルディア州では22日までに46人への感染が確認され、うち1人が亡くなりました。体調の不良を訴えていた38歳のイタリア人男性の感染が確認され、その濃厚接触者らを検査したところ、次々と感染が発覚したということです。また、ベネチアのあるベネト州でも78歳の男性の死亡が確認されました。イタリアのANSA通信は、この2つの州を中心に76人の感染が確認されたとしています。

こうした状況を受け、感染者の多い地域ではプロサッカーリーグの試合が延期され、飲食店や学校などが閉鎖されました。イタリア北部の大都市や観光地も多く含まれていて、現地の日本領事館も注意を呼び掛けています。

2020年2月23日 14時39分 テレ朝
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17861177/

★1が立った時間 2020/02/23(日) 15:37:33.79
※前スレ
【コロナ】イタリアで2人死亡、70人超感染 ミラノで次々と…サッカー試合延期
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1582439853/

松崎しげる、国歌熱唱で後押し 仙台の不敗神話継続 サッカーJ1リーグ第1節 

1: 2020/02/23(日) 08:08:40.57
https://hochi.news/articles/20200222-OHT1T50239.html


松崎しげる、熱唱で後押し 仙台の不敗神話継続

2020年2月23日 8時0分 スポーツ報知


◆明治安田生命J1リーグ第1節 仙台1ー1名古屋 (22日・ユアスタ)
 J1仙台はリーグ開幕戦をホームで迎え、名古屋と1―1で引き分けた。ヒット曲「愛のメモリー」で知られる歌手の松崎しげる(70)がピッチで国歌独唱とライブを行った。


 松崎は、クラブが東日本大震災後に始めた「復興ライブ」の趣旨に賛同し、2015年から仙台のホームゲームに来場している。昨季はスケジュールの都合で足を運べなかった。松崎が来た試合で仙台は負けたことがない。2年ぶりに来場したこの日は1―1で引き分け、これで6戦負け無し(4勝2分)となり「不敗神話」は継続した。


no title

<鹿島アントラーズ>3失点3連敗!クラブ史上初の最下位スタート.. 

1: 2020/02/23(日) 19:11:10.68
<明治安田生命J1:広島3-0鹿島>◇第1節◇23日◇Eスタ

鹿島アントラーズがサンフレッチェ広島との開幕戦に0-3で敗れた。今季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ、ルヴァン杯も含め、公式戦3連敗と散々のスタート。

ザーゴ新監督と11人の新加入選手で、新たに船出した常勝鹿島が、生みの苦しみに直面している。

   ◇   ◇   ◇

常勝軍団が3戦連続完封負けと苦しんでいる。広島に0-3で大敗し、クラブ史上初めて、リーグ最下位からのスタートを切った。過密日程による準備期間の不足など考慮すべき事情はあるが、結果という現実を突きつけられている。

“らしくない”ミスが目立った。1失点目はMF三竿が、3失点目は途中出場のMF名古が奪われたところからカウンターで食らった。どんなに劣勢でも、一瞬の隙を突いて1-0で勝ちきるのが“常勝鹿島”だったはず。今季就任したザーゴ監督は「ゾーンによってしてはいけないミスがある。1点目と3点目は、自分たちでコントロールしながらの判断ミス、動作ミス」と厳しく追及した。

不運もあった。前半3分にMFファン・アラーノが狙ったシュートは、右ポストに当たって跳ね返った。こぼれてきたところをMF和泉が狙ったが、今度は左ポストに阻まれた。勢いをもって試合に入ることはできたが、あと数センチの精度が足りなかった。

攻撃の組み立ては、徐々に形になりつつある。ボール保持率を上げ優位に立ち、失ったら連動したプレスで、高い位置で奪い返す。チームの方向性は見えているだけに、MF三竿は「やっていることは間違っていない」と唇をかんだ。

一方で、今季名古屋から加入したMF和泉は「結果という部分には、もっと厳しい目をもってやるべき」とも言った。すぐに結果が出るものでもないが、既にリーグが開幕したことも、忘れてはいけない。【杉山理紗】

2/23(日) 18:50配信日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-22230666-nksports-socc

【サッカー】2020年2月24日の主な試合情報 

kagawashinji-thumb-500xauto-229406


<G大阪MF遠藤保仁>J1最多出場記録「631」に到達!楢崎正剛氏に並ぶ…開幕先発も21年連続に更新 

1: 2020/02/23(日) 13:16:16.87
ガンバ大阪MF遠藤保仁が、23日に行われる明治安田生命J1リーグ開幕節の横浜F・マリノス戦のスターティングメンバーに入り、元日本代表の楢崎正剛氏が持つJ1最多出場記録「631」に並んだ。

 2018年にフィールドプレイヤーとして初のJ1通算600試合を達成した遠藤は、昨年8月2日のJ1第21節・ヴィッセル神戸戦で、日本人としては初となる公式戦1000試合出場も達成。世界でも1000試合に到達したプレーヤーは少なく、達成者は元イタリア代表のジャンルイジ・ブッフォンや、元スペイン代表のイケル・カシージャスなど。世界的名手と肩を並べる金字塔を打ち立てていた。

 また、遠藤は1998年のプロ入り後から23年連続で開幕戦出場を達成。先発による開幕戦連続出場は21年連続となる。

 鹿児島県出身の遠藤は1980年生まれの40歳。地元・鹿児島実業高から1998年に横浜フリューゲルスに加入し、プロデビュー。同年でフリューゲルスが消滅したため、翌年に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)へ移籍。2001年からはG大阪に在籍し、今季で20年目のシーズンを迎える。

 G大阪では2度のJ1リーグ制覇、4度の天皇杯優勝、2度のナビスコカップ優勝に大きく貢献。2008年にはAFCチャンピオンズリーグを制覇し、クラブ・ワールドカップにも出場した。個人としても2014年にJリーグMVPを獲得。優秀選手賞とベストイレブンは12回ずつ受賞している。

 また、日本代表としても長く活躍。3度ワールドカップのメンバー入りを果たし、2010年の南アフリカW杯のデンマーク戦では直接FKを決めて、日本代表を2度目の決勝トーナメント進出に導いた。国際Aマッチでも歴代最多の152試合に出場。15得点を記録している。

2/23(日) 11:53配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00010018-goal-socc

写真no title

本田圭佑に続く? 長友佑都をインテル時代の同僚グアリンがブラジルに直接勧誘 

20200223-00370610-usoccer-000-1-view[1]




1: 2020/02/23(日) 12:22:03.22
元コロンビア代表のMFフレディ・グアリンが、インテル時代の友人を誘っているようだ。その選手は、ガラタサライの日本代表DF長友佑都(33)だという。

グアリンは22日、自身のインスタグラム(fguarin13)のストーリー機能で、長友とのビデオ通話の写真をアップ。そこにはコメントで、「ヴァスコ・ダ・ガマで一緒にプレーしよう」と勧誘していた。

グアリンと長友は、2012年から2015年までインテルで同僚だったため、良い関係性を築いている。長友は、ガラタサライと2020年6月30日まで契約が残っているが、登録メンバーから外されており、Jリーグを含めて移籍先を探していると報じられていた。

しかし、これは友人間の冗談でもあると思われ、『ESPN』はクラブが交渉中という情報はないとしている。

一方で、仮に移籍が実現したら日本では大きな話題となる。ブラジル・セリエAのボタフォゴには元日本代表MF本田圭佑が加入。長友もブラジル行きとなれば、両者が対戦する可能性もある。ボタフォゴが本田獲得に漕ぎ着けたように、長友を獲得する要求がムーブメントとなった場合は、ゼロではないかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00370610-usoccer-socc

C・ロナウド、リーグ記録タイの11試合連続得点。ユベントスがCL前に順当勝ち 

20200223-00363993-footballc-000-1-view[1]




1: 2020/02/23(日) 12:45:27.35
【SPAL 1-2 ユベントス セリエA第25節】

 セリエA第25節のSPAL対ユベントスが現地時間22日に行われた。試合は2-1でアウェイのユベントスが勝利を収めている。

 ボヌッチが出場停止のユベントスは、前節途中出場で復帰したキエッリーニが先発。前節は休養を与えられたクリスティアーノ・ロナウドは先発に復帰した。

 休養まで10試合連続でゴールを決めていたC・ロナウドは、39分に先制弾を挙げる。右サイドのスペースに飛び出したクアドラードからのクロスにダイレクトで合わせてゴール。セリエA記録タイとなる11試合連続ゴールを記録した。

 60分にはディバラからのパスを2列目から飛び出して受けたラムジーがGKの前でうまくすくい上げて追加点を奪い、リードを2点に広げる。

 その後、PKで1点を返されたユベントスだが、2-1で逃げ切りに成功。チャンピオンズリーグ・リヨン戦を前にしっかりと勝ち点3を手にしている。

【得点者】
39分 0-1 C・ロナウド(ユベントス)
60分 0-2 ラムジー(ユベントス)
69分 1-2 ペターニャ(SPAL)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200223-00363993-footballc-socc

【J1試合結果】第1節日曜夕 神戸×横浜FC 

20200218-00886430-sportiva-000-1-view[1]





1: 2020/02/23(日) 17:56:20.14
神戸 1-1 横浜FC
[得点者]
24'瀬古 樹 (横浜FC)
74'古橋 亨梧(神戸)

スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
入場者数:25,059人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/022304/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索