Samurai Goal

NEWS


スポンサード リンク





森保ジャパンの〝元10番〟中島翔哉 ポルト→アルアイン〝都落ち〟決断の思惑 

1: 2021/01/19(火) 07:52:35.34 _USER9
1/19(火) 5:15
東スポWeb

森保ジャパンの〝元10番〟中島翔哉 ポルト→アルアイン〝都落ち〟決断の思惑
19年のモンゴル戦で代表の10番を背負った中島
 元日本代表MF中島翔哉(26)が、UAE1部アルアインへの電撃移籍を決断した理由とは――。

 森保ジャパンの〝元10番〟は、ポルトガル1部の強豪ポルトから期限付き移籍。クラブの公式ツイッターで「アジア最高のクラブでプレーできることを誇りに思って、幸せに感じている。楽しんで、なおかつたくさん勝利に貢献できるように頑張りたい」と新天地での活躍を誓った。

 中島は2019年にカタール1部アルドハイルでプレーしているが、なぜこのタイミングで欧州屈指の名門から再び中東に〝都落ち〟したのか。日本でプレーしていた頃から中島をよく知るJクラブ関係者は「以前から東京五輪への思いを話すことがあった。とにかくプレーできる場所を探したのではないか」と指摘する。

 中島は森保ジャパンで中心選手として台頭し、2019年6月の南米選手権(ブラジル)では東京五輪世代の主力たちとも見事な連係を見せた。日本サッカー協会の幹部は、世代が近い前回大会のリオデジャネイロ五輪世代をオーバーエージ(OA)枠に積極登用する案を示しており、中島は有力候補に浮上していた。

 そうした背景もあり中島も地元開催の大舞台への意欲を高めていったが、昨季途中からポルトで出場機会が激減。今冬の移籍市場を前に構想外となり、このままプレーできなければ、OAでの東京五輪代表メンバー入りは絶望的となるため、移籍に踏み切ったわけだ。

 現地メディアによると契約期間は6月末までの半年間。今夏開催は厳しい状況となりつつあるが、東京五輪への強い覚悟で中東から巻き返しを図る。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/5908df7a13ed6b756d73f4c4dcc26cb18deb13e1

久保建英が語るヘタフェ移籍を決断した理由 

スクリーンショット 2021-01-19 10.21.50

中村憲剛×セルジオ越後 引退した今だから聞ける!「海外からのオファーはあった?」 

スクリーンショット 2021-01-19 10.05.59

清水エスパルスが新体制発表“PENETRATE”で突き破れ 

スクリーンショット 2021-01-19 9.53.32




1: 2021/01/18(月) 19:35:56.70 _USER9
J1清水エスパルスは15日、オンラインで今季の新体制発表記者会見を行った。スペイン出身のロティーナ新監督(63=前セレッソ大阪監督)らが出席。新加入選手11人も抱負を述べた。

今季は20チーム中、下位4チームが降格する。序盤の出遅れが致命傷になる可能性もあるだけに、クラブは新型コロナウイルス対策と並行して、開幕へ向けた準備を進めている。ブラジル人は6選手で、DFエウシーニョ(31)、DFウィリアム・マテウス(30)以外の4人は既に来日。現在は隔離期間中だが、同期間を終えた選手から順次チームに合流する。大熊清ゼネラルマネジャー(56)は「クラブ力が求められる。強いエスパルスを築くために動いてきた」と話した。

2年連続リーグ最多失点の守備改善が上位進出の鍵になる。ロティーナ監督は「昨年は得点と失点のバランスが良くなかった。攻撃と守備は連動している」と、攻守両面からのアプローチで強化を進めていく。

チームは16日に静岡市内で始動。指揮官自身も隔離期間中のため、当面の間はリモートシステムを活用して指導する。未曽有の事態だが、目標のタイトル、アジア・チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて最善を尽くす。【古地真隆】

○…今季のクラブスローガンは「PENETRATE(ペネトレイト)」と発表された。英語で貫く、突き進むなどの意味がある。就任2年目の山室晋也社長(60)は「大きな壁を突き破り、ファン・サポーターの皆さまと新たなステージへ駆け上がる思いを込めた」と説明した。巻き返しを図るべく、今オフは積極的な補強策を進めた。「多額の支援をいただき、充実した戦力を整えることができた」と自信をのぞかせた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5f5012a0129bc1fdba5f8bb41639c72c3e104871

初のJ1指揮も「自信はある」…浦和、リカルド・ロドリゲス新監督が就任会見「楽しみで仕方ない」 

スクリーンショット 2021-01-19 7.12.33




1: 2021/01/18(月) 20:00:01.23 _USER9
 今季より浦和レッズの監督に就任したリカルド・ロドリゲス氏が17日、オンラインで開催された就任会見に出席して抱負を語った。

 1974年4月3日生まれのリカルド・ロドリゲス氏は、17年に徳島の監督に就任。初年度で7位、2年目で11位の結果を残すと、3年目の19年にはレギュラーシーズンを4位で終えてプレーオフに進出。勝利が必須だったプレーオフ決勝で、湘南に引き分けてJ1昇格を逃したものの、4年目を迎えた昨季はJ2を制覇して、徳島をJ1昇格へと導いた。そして、シーズン終了後の昨年12月22日に浦和の新監督に就任することが発表された。

「浦和レッズという偉大なクラブで指導、指揮をさせて頂く機会を与えてもらい、本当に感謝している」

 会見冒頭でそう語ったリカルド・ロドリゲス氏は、「浦和はファン・サポーターの方々が熱く、とても情熱がある。皆さんが楽しんでもらえるような戦い方をしていきたい」と続けた。

 シーズンオフにはDF西大伍(←神戸)、MF田中達也(←大分)、MF明本考浩(←栃木)、MF小泉佳穂(←琉球)、MF金子大毅(←湘南)、GK塩田仁史(←栃木)を獲得し、新卒組ではMF伊藤敦樹(←流通経済大)、MF大久保智明(←中央大)、DF藤原優大(←青森山田高)、DF福島竜弥(←浦和ユース)を迎え入れた。現時点での補強に関して、「すごく満足している。話し合いながら補強を進め、良い選手たちが集まってくれた」と納得の表情を浮かべる。

 昨季は優勝争いに絡むことなく、13勝7分14敗の勝ち点46の10位でシーズンを終えた。「後半戦はうまくいっていない試合が確かにあったと思うが、良いところもあった」と話しつつも、「正直なところ、過去を振り返ってどうするかよりも、より未来に目を向けて進んでいきたい」と、その視線は前だけを見据えている。

「一試合一試合勝つ気持ちを持ち、相手を押し込み、攻撃的に戦い、見てくれる方々が楽しんでくれるようなサッカーを展開していけるように日々取り組んでいきたい。新しい選手たちとプロジェクトをスタートさせるのが楽しみで仕方ない」

 クラブが掲げる目標は「ACL出場権獲得」(西野努テクニカルダイレクター)。自身初となるJ1での指揮にも「自信はある。これだけの選手たちと、今までやってきたことを踏まえれば必ずうまくいくと思っている」と力を込めた新指揮官とともに、浦和が新たなスタートを切る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b6a6953313938643c0816c6371f1bdbe642d58a

サンプドリア、日本代表DF吉田麻也との契約延長発表! 新契約は2022年6月末まで 

スクリーンショット 2021-01-19 7.08.39




1: 2021/01/19(火) 00:42:10.13 _USER9
サンプドリアは18日、日本代表DF吉田麻也との契約を延長したと発表した。クラブ公式サイトで伝えている。

 現在32歳の吉田は昨年1月、7年半在籍したサウサンプトンを離れてサンプドリアに加入した。昨年夏から完全移籍でサンプドリアに加わり、2021年6月30日までの契約を結んでいた。

 5戦連続で先発出場を果たすなど守備の中心として活躍する吉田は、ここまでリーグ戦で15試合に出場し1アシストを記録している。

 同クラブは今回吉田と契約延長で合意に至ったと発表。新たな契約期間は2022年6月末までとなる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4aadc2de36d10d91e336622b1aa766c491bce4d0

Jリーグ行きも?元バルサ監督バルベルデ氏の“今後”に現地紙が言及「豪州や日本という魅力的な地域で…」 

スクリーンショット 2021-01-19 6.10.02




1: 2021/01/18(月) 14:13:48.04 _USER9
バルセロナを指揮し、現在フリーのバルベルデ氏の新天地は?
 2017年から約3年にわたってバルセロナを指揮したエルネスト・バルベルデ氏は、現在フリーの立場にある。そのなかで、スペイン紙は「日本という魅力的な地域で新たなサッカーを経験する環境的変化も厭わない」と、Jリーグ挑戦の可能性もあると指摘している。

 バルベルデ監督は2017-18シーズン、18-19シーズンとリーガ・エスパニョーラ連覇を果たした一方、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では2017-18シーズンの準々決勝ASローマ戦では第1戦で4-1の圧勝を収めるも、第2戦で0-3と敗れて逆転敗退。18-19シーズンでは準決勝リバプール戦で第1戦を3-0と快勝するも、第2戦で0-4と大敗し、2年連続で屈辱の敗退を味わっていた。

 2019-20シーズンの途中で解任され、現在フリーの立場にあるバルベルデ氏だが、スペイン紙「マルカ」は「彼は2020年1月13日に解雇されて以来、チームを率いていない。ベンチに座らない時間で、スポットライトから離れている日々を過ごしている」と取り上げつつ、新天地の“ヒント”について触れた。

「彼(バルベルデ)は頭の中で常にトレーニングしている。プレミアリーグは常に目標ではあるが、オーストラリアや日本という魅力的な地域で新たなサッカーを経験する環境的変化も厭わない」

 記事では、オファー次第でアジア方面からの仕事も引き受ける可能性を指摘。もしバルベルデ氏が来日することになれば、Jリーグ屈指の大物監督となるのは間違いないだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e72e9faee7c30124704752fb86552cfb631a2113

ヘタフェCF移籍の久保建英へセルジオが愛の喝 「肩書きに甘えず、必死になって出直してほしい」 

スクリーンショット 2021-01-18 21.24.39

次戦敗戦ならジダン監督更迭か!? 久保の来季レアル復帰も不透明に 

スクリーンショット 2021-01-18 21.04.19




1: 2021/01/18(月) 14:55:14.26 ID:CAP_USER9
1/18(月) 14:11配信
東スポWeb

ジダン監督

〝日本の至宝〟の来季去就にも大きな影響を及ぼしそうだ。スペインスーパーカップ準決勝(14日)でビルバオに敗れ、敗退したレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(48)への批判が高まっている。

 2021年に入って1勝1分け1敗。スペイン紙「マルカ」は読者アンケートで「ジダンの時代は終わりか」という質問に72%が「イエス」と答えたという。昨年10月にホームで連敗した際には、宿敵バルセロナに敗れて3連敗ならば「解任へ」とも報じられていたが、なかなか調子の上がらない〝白い巨人〟にサポーターはイラ立ちを募らせているようだ。

 決勝トーナメントに勝ち上がった欧州チャンピオンズリーグでもふがいない戦いが続いているだけに、次戦の国王杯3回戦(20日=日本時間21日)3部アルコヤーノ戦に不覚を取れば一気に解任のムードも高まりそうだ。そのジダン監督の去就は同1部ヘタフェに移籍した日本代表MF久保建英(19)の今後とも無関係ではない。

 かねて日本代表MFを高く評価していたのはジダン監督であり、2019年8月にマジョルカにレンタル移籍が決まる前も、久保を手元に置くためRマドリードB(実質3部)でのプレーを求めていたという。それだけにジダン監督が更迭となれば、Rマドリード復帰がささやかれる来季去就も不透明となる。

 特にクラブは新型コロナウイルス感染拡大の影響で資金難に陥っているだけに、クラブ内で常に問題となるEU圏外枠の久保が一気に放出候補となる可能性もある。もちろん、次期監督の意向にもよるが、世界的名将の動向が久保は大きな岐路に立たされかねない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d56a13a46f424476424291f31058662492586607

【衝撃動画】メッシが相手選手に“衝撃ラリアット”で一発退場 4試合の出場停止処分の可能性も浮上 

スクリーンショット 2021-01-18 13.44.28




1: 2021/01/18(月) 12:07:46.92 _USER9
スーパーカップ決勝の延長後半アディショナルタイムに相手選手に暴力行為で退場

 バルセロナは現地時間17日、スーパーカップ決勝で延長戦の末にアスレティック・ビルバオに2-3で敗れた。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、試合終了間際に行く手を阻んだ相手選手に暴力行為を働いて一発退場。現地メディアによると4試合の出場停止処分が下る可能性があるという。

【動画】4試合の出場停止処分の可能性も…メッシが相手選手に“衝撃ラリアット”で一発退場
https://twitter.com/ESPNFC/status/1350933920104259590

 前半40分にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのゴールで先制したバルセロナだったが、直後に失点して試合は振り出しに。後半32分に再びリードを奪うも、タイムアップ目前に同点弾を決められ、延長戦にもつれ込んだ。そして、延長前半3分に勝ち越し点を奪われ、そのまま2-3で敗れる結果となった。

 問題のシーンが起こったのは延長後半アディショナルタイム。1点ビハインドのバルセロナは敵陣内で攻撃を仕掛けるなか、ビルバオFWアシエル・ビジャリブレから激しいチャージを受けてヒートアップしたメッシは、行く手を阻む相手の後頭部を目掛けて右腕を振り回し、殴り倒すような格好になった。

 結局、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入でビデオ確認を経て、ヘスス・ヒル・マンザーノ主審はメッシを一発退場処分とした。アルゼンチン紙「クラリン」によれば、メッシはバルセロナの公式戦では754試合目にして初のレッドカード。スペイン紙「マルカ」は、4試合の出場停止処分(リーグ戦2試合、カップ戦2試合)になる可能性を報じている。

 メッシにとっては、スーパーカップのタイトルを逃すだけでなく、手痛い代償を払うことになるかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f343bebc54423163bb07c2a95b9ef132359ee78
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索