Samurai Goal

NEWS


スポンサード リンク





ジャガー浅野2ゴール、3戦連続 今季14点目 セルビア1部、パルチザン 

1: 2021/03/03(水) 07:49:33.02 _USER9
 サッカーのセルビア1部リーグで2日、パルチザンの浅野拓磨がホームのボイボディナ戦で2得点と活躍して2―0の勝利に貢献した。前半25分に3試合連続ゴールとなる先制点を決め、後半19分に追加点を奪った。今季通算14ゴールとし、後半26分に交代した。(共同)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1cc53e32e57dec5898fa8b1aa5f55c86f1390713
3/3(水) 7:37配信

no title

冨安健洋の移籍先はプレミアの可能性大。出場記録ストップもいい機会だ 

スクリーンショット 2021-03-03 6.44.52




1: 2021/03/03(水) 06:29:14.12 _USER9
残念ながら、冨安健洋(ボローニャ)の連続フル出場記録は、第24節ラツィオ戦で途切れてしまった。かつてラツィオでプレーしていたシニシャ・ミハイロビッチ監督にとって、この試合は重要なものだった。ボローニャは2-0で勝利を収めたが、そこに冨安の姿はなかった。


 冨安は練習で左ふくらはぎの筋肉に痛みを感じ、エコーとMRIで検査をした結果、ヒラメ筋(ふくらはぎ内部の筋肉)に損傷が見つかった。特に深刻なものではないが、大事をとって2、3週間の休養が必要という診断だ。ただ、見方を変えれば、ハードなリズムで戦ってきた疲れをこの期間に癒すことができる。シーズン終盤に向けて、新たなエネルギーを持ってプレーすることができるいい機会だろう。

 ボローニャは中部イタリアの美しい町だ。美味しい食事とガリレオ、そしてヨーロッパ最古の大学が有名な、文化の香りのする街である。サッカーチームとしてのボローニャも1909年創立と古く、これまでに7度リーグ優勝を果たしている。しかし、最後のスクデット(優勝)は1964年。それ以降はほぼ真ん中あたりの順位で右往左往しており、ヨーロッパリーグ出場権を狙うよりは、B落ちをしないことの方が現実的な目標だ。

 このボローニャで、日本人DFは少しずつ頭角を現し、いまやこの夏のカルチョメルカート(移籍市場)の主役のひとりと目されるまでになった。

 ボローニャに移籍するまで、ヨーロッパではほとんどその名は知られていなかった冨安だが、昨シーズンは期待をいい意味で裏切り信頼を勝ち得た。そして今シーズンはそれ以上の活躍を見せ、ミハイロビッチのチームで不動のレギュラーとなった。「不動のレギュラー」というのは決して言葉の綾ではない。ラツィオ戦までセリエAで唯一、すべてフル出場を続けてきたフィールドプレーヤーなのだから。

 トミー(イタリアではこの呼び名で親しまれている)は22歳になったばかりの若手だが、テクニックは優れ、そのプレーはクリーンだ。ディフェンダーは時にどうしてもファウルする必要があり、そのため警告や退場は避けられないというのが世界での定説だ。
ところが、冨安は、その常識をあっさりと覆した。彼はラフなプレーをすることなく、チームを守ることができる。これは世界に向けての大きな紹介状である。今シーズンはこれまでの23試合でイエローはたったの4枚、レッドは1枚もない。

 長所をもっと挙げていこう。冨安は多才なディフェンダーだ。必要となればどこのポジションでもプレーできる。昨シーズンは主に右SBとして活躍したが、今シーズン、監督のミハイロビッチは彼の188センチという長身を生かさない手はないと考え、より厳しい戦場であるCBに移した。今シーズンはこのポジションで23試合中14試合をプレーしている。残りの9試合は右SBが7回、左SBが2回だ。そして右でプレーした時にはより攻撃にも参加し、その2試合はいずれもゴールを決めている。

 こんなプレーをしていれば、他チームの注意を惹かないわけはない。冬のメルカートでは、ミランが積極的に動いた。彼らが示した金額は1500万ユーロ(約19億5000万円)。その他もろもろのボーナスもいれれば、ボローニャは少なくとも2000万ユーロ(約26億円)近くを手に入れることができる計算だった。ほんの十数カ月前、彼らがトミーをベルギーのシント・トロイデンから獲得した時に払った額はたったの600万ユーロ(約7億8000万円)だったのだから、これはボローニャにとってはかなりの儲け話だったはずだ。

 しかし、ボローニャはこのオファーをかたくなに拒んだ。その理由を、冨安獲得の張本人であるスポーツディレクターのリッカルド・ビゴンはこう述べている。

「冨安はまだ伸びしろのある選手で、我々は手放す気はない。オファーは多くのチームから寄せられており、彼がイタリアを始めとした世界のトップチームでプレーする力があることは我々もわかっている。しかし、現段階ではボローニャのようなチームで経験を積み、成長をすることが、彼のためにも、イタリアサッカーのためにも最適であると私は信じている」

 もちろん、彼はもうひとつの重要な「売らない」理由については口にしない。ボローニャは、冨安の市場価値がもっともっと上がることを確信しているのだ。より大きなオファー(例えば2500万ユーロ+ボーナス)があれば、ボローニャのこの決意も揺らぐはずである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bf8ca17d3e1edeed8164e9803710e7b2ea2101a
3/3(水) 6:05配信

罰金3200万円! 15億円新居購入のDFセルヒオラモスが入居前にご近所トラブル 

1: 2021/03/02(火) 22:48:38.61 _USER9
3/2(火) 21:20配信
東スポWeb

新居を構えたDFセルヒオラモスだが…(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードの同国代表DFセルヒオラモス(34)がご近所トラブルだ。

 セルヒオラモスは妻で人気タレントのピラール・ルビオさんと子供4人でマドリード郊外のラ・モラレハ地区に住居を構えていたが、市の中心部に近いビラ・メオナ地区に約1200万ユーロ(約15億3000万円)で購入した新居へ引っ越しの準備の進めている。

 ただ、入居前にトラブルが発生している。スペインメディア「デフェンサセントラル」は「新しい家に引っ越す前に、彼らはすでに隣人と問題を抱え始めている。レアル・マドリードのキャプテンは、彼の自治体の市議会から送られた罰金の通知をすでに受け取っています」とし、25万ユーロ(約3200万円)の罰金が科されたという。

 同メディアによると、罰金の理由は、マドリードで最も豪華な邸宅を建設するために、樹齢50~100年というポプラなど、木々を伐採したからだという。本来は伐採した木の3倍を新たに植えなければならないのだが、住居建築を請け負った会社が履行していなかったことで処分が通知されたのだ。しかも、この問題が発覚したのは、セルヒオラモスが購入した新居の隣人がドローンを飛ばし、新たな木々が植えられているのかをチェックしたことで判明したと伝えている。

 2021年夏に契約満了となるセルヒオラモスはいまだにRマドリードとの契約延長に合意しておらず、フランス1部パリ・サンジェルマンやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが獲得への興味を示していたが、新居の購入で残留する見込みとも報じられていた。今回の〝トラブル〟も今後の去就に影響するのだろうか。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/f105bfe0906cbeb0d3265c0768432a3162768d72

54歳カズ、3日の柏戦でメンバー入り カップ戦最年長出場記録なるか 

20200505_Kazu-Miura_TakahashiImages




1: 2021/03/03(水) 05:10:09.27 _USER9
 J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良が3日のルヴァン杯・柏戦(三協F柏)の遠征メンバーに入ったことが2日、関係者の話で分かった。出場すれば54歳5日で、昨年8月の札幌戦で記録した自身のカップ戦最年長出場記録(53歳5カ月17日)を更新する。

 カズは、先月27日の札幌とのリーグ開幕戦はメンバーを外れた。1日のオンライン会見では「出たくて、うずうずしている。カップ戦をただの1試合に終わらせず、次のリーグ戦へつなげたい」と意欲をみせていた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ffcd29e374817d07b5348f9ad2522e1ed5dfcf
3/3(水) 5:00配信

森保監督 J視察取りやめの理由は発熱「コロナ感染を疑われると思った」 

スクリーンショット 2021-03-03 6.30.32




1: 2021/03/03(水) 02:47:55.53 _USER9
日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(52)が2日にオンラインで取材に応じ、先週末に予定されていたJリーグ視察を急きょ取りやめた経緯を説明した。

 指揮官は2月26日に川崎―横浜M戦、同27日に浦和―FC東京戦を視察予定だったが、のどの違和感のためキャンセル。「のどの痛みやイガイガはこの時期いつもあって、それでせきがあったり熱っぽくなる症状があった。37度6分出ていて、視察前には熱は落ち着いていた」と発熱症状もあったと明かした。

「微熱がある時点で周りの方々にコロナの感染を疑われると思ったので、平熱に落ち着いてから行ったほうがいいと思った。コロナ禍において視察先のJクラブやJリーグの関係者の皆さまを不安にさせるのはよくないと。もし(検査に)引っかかったら、開幕に水を差すということで取りやめた。本来ならこれくらいの体調不良があっても仕事はしていたが、周りの方に迷惑をかけないようにと。コロナ禍では正しい判断をしたと思う」と大事を取って視察中止に至った。

 スマートアンプ法により新型コロナウイルス検査で陰性が確認され、3日にルヴァンカップの横浜M―仙台戦(ニッパツ)、6日にFC東京―C大阪戦(味スタ)の視察を行う予定だ。

3/2(火) 23:04
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210302-02834103-tospoweb-socc

2021シーズンのルヴァン杯がスタート! 開幕戦の湘南vs浦和はドロー、神戸は大分に逆転勝利 

スクリーンショット 2021-03-03 6.25.50




1: 2021/03/02(火) 22:51:13.76 _USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/c1ed4a52d2cdf51503da41052448fd8b554584e6

2021シーズンのJリーグYBCルヴァンカップは2日に開幕し、グループステージ第1節の計2試合が行われた。

2021シーズンのルヴァン杯は、4グループ各4クラブによる6節までのグループステージにて上位2チームが決定。

勝ち抜けた計8チームがプレーオフステージに進出し、突破した4チームにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)組の4チームが加わり、トーナメント方式のプライムステージで優勝が争われる。

そして2日、湘南ベルマーレが浦和レッズをホームに迎えてグループステージ第1節が行われ、大会が開幕。

両クラブともに先週末の明治安田生命J1リーグ開幕節から大幅にメンバーを入れ替えた。

試合では開始からインテンシティの高い攻防が繰り広げられ、前半をスコアレスで終了。
後半半ばに浦和が山中亮輔や杉本健勇らを投入すれば、湘南も石原直樹や名古新太郎らを送り出し、交代枠をフルで駆使して打開を図るが、なかなかネットを揺らすことはできず。
結局、大会初戦はスコアレスドローで決着を迎えた。

また、同日行われたもう一試合の大分トリニータvsヴィッセル神戸でも、互いにリーグ戦から大幅にメンバーを変更。

試合は前半から動きを見せ、20分に松本怜の右サイドからのクロスに飛び込んだ藤本一輝が頭で合わせ、大分が先制する。
なお、この得点が藤本一輝にとってのプロ初ゴールとなった。
しかし、前半終了間際に右CKから増山朝陽がヘディングシュート。これが決まって神戸が追いついたところで前半が終わる。
さらに51分、味方のヘディングシュートが弾かれたところを中坂勇哉が押し込み、神戸が逆転に成功。
そして、80分にも途中出場の佐々木大樹からパスを受けた田中順也が左足で流し込む。そのまま1-3のスコアで試合が終了し、神戸が勝ち点3を手にした。

本田圭佑の契約不成立に「いい気味だ」 ボタフォゴファンから痛烈な皮肉…降格で救世主から嫌われ者に 

スクリーンショット 2021-03-02 22.09.51

前育出身18歳MF櫻井デビューの神戸が3発逆転勝利! 大分はFW藤本のプロ初ゴール守り切れず 

スクリーンショット 2021-03-02 21.56.08

「今日はミナミノがいなかった」サウサンプトン指揮官が4試合2ゴールの“エース”不在を嘆く 

スクリーンショット 2021-03-02 21.44.46

本田圭佑出資の教育事業が絶好調! 追加300万ドルの増資が決定 

1: 2021/03/02(火) 20:35:28.89 _USER9 BE:439362949-PLT(40000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
3/2(火) 16:36
東スポWeb

本田圭佑出資の教育事業が絶好調! 追加300万ドルの増資が決定
敏腕ビジネスマンの本田
 元日本代表MF本田圭佑(34)が出資してオンライン教育事業を展開する「Manabie(マナビー)」が順調に事業を拡大している。

 同社はベトナムなど東南アジアを中心に、オンライン学習アプリの提供や、学習センターの運営、現地の私立学校や日本人学校向けのオンライン移行サポート事業を展開している。昨年4月に本田など複数の投資家が約5億2000万円を出資したことでも話題を集めた。

 その後事業規模を拡大しており、インドメディア「ヒンドゥスタンピン」は「本田圭佑が支援するマナビーが、日本の高品質な教育をベトナムにもたらすために、さらに300万ドル(約3億2000万円)を確保」と増資が決まったと報じた。

 同メディアによると、今後のマナビーの事業計画について本間拓也CEOは「ベトナムの学生のために新しい教育方法の形成に貢献できることを望んでいる。学習者のコミュニティーにプラスの影響を与えるために、合理的なコストでユーザー体験を改善することに重点を置いて〝マナビーモデル〟を引き続きスケールアップする」と語っている。

 本田は自身でもオンラインスクールを運営するなど教育事業に力を入れており、2日にも自身のツイッター上で「日本では、ほとんどの子供たちがお金について教えられていない。文化として、お金やビジネスを公然と話す人が嫌われる」と日本の教育の現状について提言している。

 日本だけでなく世界を視野に教育の現場を変えようとしているようだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/243324f42d6295da225cc401e54c20dabb56b66b



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索