Samurai Goal

NEWS


スポンサード リンク





“鹿島、断固拒否”ポルティモネンセの鈴木優磨へのオファーに難色示す 

IMG_0347
1 2018/07/22(日) 15:54:04.53 _USER9
ポルトガル1部のポルティモネンセは、鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨の獲得を試みていたが、鹿島は放出を拒んだようだ。ポルトガル『オ・ジョーゴ』が21日付で伝えた。

 ポルティモネンセはFW中島翔哉の所属するクラブであり、過去には現鹿島のFW金崎夢生も所属。積極的に日本人選手の獲得に動いており、この夏には金崎の復帰や浦和レッズのMF柏木陽介の獲得を望んでいるとも噂されていた。

 金崎と同じく鹿島でプレーする鈴木もポルティモネンセのターゲットの一人だったようだ。だが同クラブのロディネイ・サンパイオ会長は『オ・ジョーゴ』に対し、鈴木の獲得が難航していることを認めた。鹿島が放出を望んでいないためだという。

 一方、ポルティモネンセには流通経済大学のDF小池裕太の加入が見込まれ、すでにチームに合流してプレシーズンに参加している。だが日本側での手続き上の何らかの問題のためポルティモネンセでの選手登録はまだ完了しておらず、現時点では「未来にやや不確定な部分がある」状況だと伝えられいる。

7/22(日) 14:16配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00282509-footballc-socc

柴崎岳にポルト移籍説浮上!スペインに残るべき?それともCLを選ぶべき? 

GettyImages-852033294-800x533
1 2018/07/22(日) 15:56:58.63 _USER9
日本代表MF柴崎岳がポルトガル王者ポルトの補強候補に浮上しているという。ポルトガル紙「レコルド」が、スペインメディアの報道を引用する形で伝えている。

 2011年にJ1リーグの鹿島アントラーズに入団した柴崎は、2016年1月に念願だったスペインリーグへ移籍。2部テネリフェを経て、昨季は1部ヘタフェで22試合1得点の成績を残した。ロシア・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーにも選出されると、全4試合に出場。長短のパスを駆使して絶妙なゲームメイクを見せるだけでなく、中盤での守備でも存在感を示した。

 世界的な評価を上げた柴崎は、ベスト16敗退後にACミランやドルトムントが熱視線を送っているとイタリアメディアで報じられたが、ポルトガルの強豪も獲得に関心を示しているという。ポルトガル紙「レコルド」は、「シバサキが任命される」との見出しで取り上げ、「日本人は2018年のワールドカップで目立った。昨日、スペインメディアでドラゴンズ(ポルトの愛称)の補強候補として選ばれた」と言及。獲得には1200万~1500万ユーロ(約16億~20億円)がかかる見込みだと記している。

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を持つポルトは、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)の新天地候補にも浮上しており、日本側から見れば今夏の移籍市場を賑わせる存在となっている。憧れのスペインに残るのか、それともポルトガルの名門で新たな挑戦に挑むのか――。次代の日本代表を背負うゲームメーカーは、キャリアの分岐点に立っている。

7/22(日) 15:39配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00123676-soccermzw-socc

韓国の有望株、イ・ガンインに契約解除金額100億円超え! 

6474_11186_641
1 2018/07/22(日) 16:15:13.86 _USER9
 バレンシアは現地時間21日、韓国人MFイ・ガンインと2022年までの契約を交わしたことを発表した。

 イ・ガンインは、2011年にバレンシアの下部組織に入ってから、順調にステップアップを続けている17歳のMF。かつてレアル・マドリーからの関心も話題になった有望株だ。

 バレンシアはその有望株を簡単に失うつもりはなく、契約解除の違約金は8000万ユーロ(約104億円)に設定された。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00282485-footballc-socc

香川真司が抱負を語る!!『香川真司というものを、より確立させる』 

gKvrKcwo
1 2018/07/22(日) 12:36:24.99 _USER9
「個人的には僕のスタイル、香川真司というものを、より確立させていきたい」

 香川真司がかつてのホームグラウンドに帰ってきた。21日に古巣セレッソ大阪の本拠地ヤンマースタジアム長居で行なわれた西日本豪雨災害チャリティーイベント「#Shinji Dream Special in Osaka」に主催者として参加。小学生低学年の子どもたちとサッカーで触れ合った後、約3000人の来場者を前にワールドカップを振り返り、そして今後への思いを語った。
 
「ブラジル・ワールドカップが終わってからの4年間、厳しい立場、逆境を経験してきた中で、それと向き合ってきたからこそ、今回、こうやってプレーできたのかなと感じています。その経験が今回のワールドカップに対して生きていたと思います」
 
 グループリーグ初戦のコロンビア戦では自らが獲得したPKを決め、チームに貴重な先制点をもたらした。それ以降も不動のトップ下として西野ジャパンの攻撃陣をけん引し、前評判の低かったチームをベスト16に押し上げる原動力となった。だが、決勝トーナメント1回戦ではベルギーに2-3と惜敗。力不足を痛感させられた。
 
「言っても、歴史を作れなかった。負けたので悔しい思いがあります。その中で何を得たかというと、僕も29歳、30歳となっていく中で、改めて自分の新たなチャレンジをしたい。このワールドカップで新たな可能性を感じることができたので。個人的には僕のスタイル、香川真司というものを、より確立させていきたい。結局は、あの舞台で1点しか取れなかった。それを力に変えて、個人技や個人の能力を伸ばして、チャレンジし続けていきたい」
 
 史上初のベスト8を懸けたベルギーとの一戦では、見事なボールコントロールから乾のゴールをアシストしたとはいえ、自らはゴールを奪うことはできなかった。フェライニやE・アザール、ルカクら強烈な個の能力を備えたベルギーに後半途中から圧倒され、2-0からまさかの逆転負けを喫する結果となった。そのショックは計り知れず、再び前を向くまでには時間を要したものの、オフの期間に頭の中を整理してきた。

今オフの移籍の可能性を問われた香川は…

 香川真司の確立――。
 イベント後の報道陣による囲み取材では、より具体的に進化への思いを語った。
 
「あそこ(ワールドカップ)で痛感した、個人個人の強さやスキル、能力の高さ。ベルギー戦もそうだし、感じることが多かった。あそこの局面で僕自身がトライして、もうワンステップ上がるためには、個で局面を打開したり、そういう要素を身につけたい。絶対的なストロングポイントが必要だなと、改めて感じたんで。それを問いただしていきたいし、ドルトムントには個の力が強い選手がいる中で、今後、そういう選手に対しても負けないぐらいの自分のストロングを明確に作り出していきたい」
 
 現在、欧州では香川に対してトルコの強豪、ガラタサライやベシクタシュが獲得に向けて興味を示していると伝えられている。今オフの移籍の可能性を問われた香川は「それは今後。まずドルトムントに帰ってから話しますし、具体的に今はそういうのはないんで。まずはドルトムントに集中して、プレシーズンを送りたいなと思っています」と話すに止めた。
 
 ワールドカップという大きな舞台を戦い終えて、新たな挑戦に打って出るのか。去就に注目は集まるものの、いずれの決断であっても、日本代表の背番号10は成長することを追い求めていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00044356-sdigestw-socc&p=2

【動画】イニエスタ&トーレス、Jリーグデビュー完了!!場内の盛り上がりがヤバかった! 

1 2018/07/22(日) 20:15:26.92 _USER9
鳥栖加入のトーレス、イニエスタに続きJリーグデビュー!後半に途中出場
7/22(日) 20:13配信 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000160-spnannex-socc

<鳥栖・仙台>前半、ベンチから試合を見守るトーレス(左から5人目)(撮影・岡田 丈靖)
no title


◇明治安田生命J1リーグ 鳥栖―仙台(2018年7月22日 ベアスタ)

明治安田生命J1リーグは22日、各地で第17節の9試合が行われ、鳥栖に新加入したFWフェルナンド・トーレス(34)がJリーグデビューを果たした。

午後7時キックオフの鳥栖―仙台戦(ベアスタ)で、トーレスはベンチスタート。サポーターが出場を待ち望む中、0―0の後半開始早々、ピッチに入った。

 この日、スペインの強豪バルセロナから神戸に完全移籍で加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が、午後6時からの湘南戦に途中出場。日本中が注目するスター2人がついにJのピッチに立った。

酒井ゴリがW杯に触れる「結果を出せたようで出せていない」 

GettyImages-872850474-800x600
1 2018/07/22(日) 13:19:17.59 _USER9
日本代表DF酒井宏樹(28)=マルセイユ=が22日、所属チームに合流するため、羽田空港に姿を現した。出発前に報道陣の取材に応じ、ロシアW杯について「結果が出せたように見えて出せてない大会。各個人悔しさがあると思う。それをつなげればいい。僕自身悔しい思いをした」と振り返った。ロシアW杯では4試合すべてにフル出場し、16強入りに大きく貢献した。

 昨季はリーグ戦では33試合に出場。欧州リーグでも14試合に出場し、4月12日のライプチヒ(オーストリア)戦では後半ロスタイムに、マルセイユでの初得点をマークした。

 今季は8月10日(日本時間同11日)の開幕戦でトゥールーズとホームで対戦する。欧州リーグでも再び頂点を目指す戦いに挑む。イタリア代表FWバロテッリがチームメートになる可能性もあると欧州では報道されている。「選手として素晴らしい選手。マルセイユが本気で選手を取りにいってるのは素晴らしいこと」と話した。

 W杯については「僕としてはベルギーかフランスに優勝して欲しかった。日本が負けてからはほとんど(W杯は)見ていない」。W杯でフランスが優勝しただけにリーグは盛り上がりを見せることは必至。その中で、再びサイドバックとして成長を遂げてみせる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000090-sph-socc

堂安律「イ・スンウには絶対負けない!!」闘志むき出しのインタビュー 

6b740499c449df06b
1 2018/07/22(日) 16:48:03.93 _USER9
ムバッペ、イ・サンウは意識する。

 ――2年前にNumberに出てもらった時は、ガンバ大阪のU-23。当時は自分の理想と現実のギャップが大きすぎると言っていましたが、あれから1年、2年でだいぶ追いついてきたのでは? 

 「まだまだです。いまの理想で言えば、ロシアW杯に出てますよ。実際、オランダであと5点でも取っていれば選ばれていただろうし」

 ――現在19歳(インタビュー当時)ですが、同年代で意識している選手はいますか? 

 「ムバッペ。同世代ではダントツですもん。フランス代表の10番ですし、年俸12億ぐらい稼いでるらしい。そういう選手を引きずり下ろせるように、日々練習しているんで」

 ――個人競技だと顕著ですが、サッカーでも子供時代からライバル関係が続くことは多々ありますよね。堂安選手の場合は? 

 「ムバッペは接点がないですが、韓国代表のイ・スンウはまさにそうですね。最初は中3だったかな。ガンバでスペイン遠征に行ったときにあいつはバルサにいて、でも僕が点を取って勝ったんですよ。大会MVPが僕で、得点王があいつやったんです。

 で高1になったら、あいつは韓国代表でAFC U-16に来ていて、僕は日本代表のキャプテンでした。そのときは独走されて2点決められました。その後、ワールドユースであいつもおれも3点取って。だから1勝1分1敗。でも、あいつはバルサからベローナに行って1点しか取ってないけどA代表でW杯へ。イタリアはレベル高いから、そういう評価なんでしょうね。でもイ・スンウには絶対負けないですよ」

一部抜粋

7/22(日) 11:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00831394-number-socc&p=5

“アフリカ勢全滅”W杯で輝けなかった原因はいったい何? 

GettyImages-639308572-800x533
1 2018/07/22(日) 12:50:41.58 _USER9
[ラバト 21日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会では、アフリカ勢が1次リーグで全滅。出場した5カ国のコーチ陣や関係者らが敗因を検証するという。

W杯ロシア大会ではエジプト、モロッコ、チュニジア、ナイジェリア、セネガルが1次リーグで敗退。W杯決勝トーナメントにアフリカ勢が残らなかったのは、1982年スペイン大会以来だった。

アフリカ・サッカー連盟とモロッコ・サッカー連盟は22日と23日、ラバトでW杯ロシア大会の結果を振り返るシンポジウムを実施する予定。不本意な結果に終わった原因について話し合うという。

シンポジウムに出席するという元ナイジェリア代表のエマニュエル・アムニケ氏は「アフリカ勢とアフリカ大陸にとって残念な結果だった」と発言。「アフリカ勢にこれまで以上の成績を残してほしいと、大勢の人が期待していたが、それは実現しなかった」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000008-reut-spo

現役最高の『GKランキングトップ10』1位に輝いたのはW杯不出場の怪物! 

29416669_188128228658776_4843428817198383104_n
1 2018/07/22(日) 08:02:25.34 _USER9
イギリス誌『FourFourTwo』が現役のGKランキングトップ10を発表し、スロベニア代表GKヤン・オブラクを1位に選出した。

『FourFourTwo』は、現役のGKを独自にランク付け。リヴァプールは19日、GKとして歴代最高額となる6250万ユーロ(約81億9000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億1000万円)で、ローマからGKアリソンを獲得。このブラジル代表の正守護神は、5位にランク付けされている。

3位は、ロシア・ワールドカップでも活躍し、現在はレアル・マドリー移籍が取りざたされるベルギー代表GKティボー・クルトゥワ。2位には、近年のマンチェスター・ユナイテッドで素晴らしい活躍を続けるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが選ばれた。

そして1位には、ロシアW杯は不出場となったアトレティコ・マドリーに所属するGKヤン・オブラクが選ばれている。『FourFourTwo』はオブラクについて、「シメオネ時代のアトレティコで不可欠な存在となっている。25歳にして全てを備えており、ボックス内での指示や巧みなポジショニング、素晴らしいショットストップ能力に加えて一貫性がある」と絶賛しており、「今現在、世界最高のGKであり、その座に今後も長くとどまりそうだ」と評した。

『FourFourTwo』が選出した現役GKランキングは以下のとおり

1位:ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー)
2位:ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
3位:ティボー・クルトゥワ(チェルシー)
4位:マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
5位:アリソン(リヴァプール)
6位:ジャンルイジ・ブッフォン(パリ・サンジェルマン)
7位:エデルソン(マンチェスター・シティ)
8位:マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
9位:ウーゴ・ロリス(トッテナム)
10位:サミル・ハンダノヴィッチ(インテル)

7/21(土) 17:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000014-goal-socc

ネイマール“ガチ反論”開始!!「分かる?マジで痛いんだって!」 

201807150001-spnavi_2018071500001_view
1 2018/07/22(日) 07:42:04.54 _USER9
2018年7月22日 7時12分
「分かる? マジで痛いんだって!」ネイマールがついに“過剰演技”への批判に弁明&反論!

 ブラジルの至宝ネイマールが、ついにみずからの言葉で“風潮”に反論した。

 ロシア・ワールドカップの準々決勝ベルギー戦でブラジルは1-2の惜敗を喫し、ネイマールにとって2度目の檜舞台は幕を閉じた。悲嘆に暮れたスーパースターは試合後のミックスゾーンをスルーし、その後はブラジルでテレビのインタビュー取材には応じたものの、公の場にはいっさい姿を見せていない。

 そんななか、現地7月19日にサンパウロで開催されたイベントに登場。自身が代表を務める財団のチャリティーイベントで、思いの丈を語ったのである。

 沈黙を守っている間、巷ではSNSを中心に“ネイマールチャレンジ”が大流行。「ネイマール!」と言われたら倒れ込んで痛がる素振りを見せるリアクションで、世界中に拡散している。実はネイマ―ルはイベント前日に自身のインスタグラムで、子どもたちと“ネイマールチャレンジ”で楽しむ様子を投稿した。まさに自虐ネタだったが、こう考えていたようだ。

「ずっとそうやって茶化されているのは見ていたし、あれ自体はひとつのユーモアだと捉えている。昨日も子どもたちとふざけ合っているところを投稿したくらいだしね。まあそれはそれとして、僕のスタイルっていうのは、あくまでドリブルで仕掛けるところにある。対峙する相手にどんどん勝負を挑むんだ。これは昔から変わらないし、いっさいの妥協がない。彼らの前に立って、『おっとごめんよ、ゴールを決めたいからそこを通してくれないかい?』とお願いして通してくれる? そんなわけはないよね。みんな必死で止めにくるよ。反則してでも止めにくる。たいていの場合、僕は彼らより速いし軽やかだからね。で、レフェリーはなにをしてくれるのか。彼らはジャッジするためにいるんじゃないのかい?」

 では、痛がりすぎだ、オーバージェスチャーだと揶揄されていることについては?

「あのね、分かる? だれが好き好んでタックルに顔を歪めてばかりいる? マジで痛いし、実際に怪我を負わされるんだよ! だいたいゲームのあと、アイシングをして4、5時間はじっとしているくらいさ。まあいろいろと複雑な想いはあるけど、こればかりは経験しないと分かってもらえないのかもしれないな」

 常にブラジル代表のエースとして特大の重圧を受けている点については、「そこはさすがにもう慣れたよ。負けたらすべての責任は僕にある、そんな自覚を持って取り組んできたからね。かなり精神的に鍛えられたかもしれない」とクールに答えた。

 今夏のレアル・マドリー行きが盛んに噂されてきたが、そのイベントでもパリ・サンジェルマン残留を明言。ワールドカップから続いていたネガティブな空気を一掃しようと、努めて明るく振る舞っていた印象だ。

 新シーズンではさらにバージョンアップしたネイマールが見られるか。注目されるところだ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15046752/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索