スクリーンショット 2023-10-09 12.30.41

スポンサード リンク

 天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会は10月8日に準決勝を迎え、等々力陸上競技場では川崎フロンターレとアビスパ福岡が激突した。川崎Fが先制、福岡が追いつき、川崎Fが突き放す展開で、最後は4-2のスコアで川崎Fが決勝にコマを進めた。12月9日の決勝はロアッソ熊本を4-0 で下した柏レイソルが相手だ。


■2023年10月8日 天皇杯準決勝(@等々力/観衆18,547人)
川崎F 4-2 福岡
得点:(川)山村和也、橘田健人、マルシーニョ、レアンドロ・ダミアン
   (福)金森健志、鶴野怜樹

「チームはまだ生きている」と長谷部監督
 
 始まりは川崎Fだった。川崎Fは開始から間もない5分に左CKを脇坂泰斗がニアに蹴り、走り込んだ山村和也がうまくヘッドで合わせてゴールに送り届けた。試合のスタートであっけなくゴールが生まれて、そのまま川崎Fがリズムよく攻めながら追加点をうかがった。

 福岡にとっては重たいこの流れを少しずつ切り崩そうと、長いパスを効果的に織り交ぜてピッチを大きく使い、押し込んでからはコンビネーションでサイドを崩していく。

 そんな一進一退のバランスが福岡のほうにぐっと傾くことになったのが、前半の終わりに訪れた二つのビッグシーンだ。川崎Fがマルシーニョの抜け出しからGK村上昌謙に倒されてPKを得ると、レアンドロ・ダミアンがシュート。しかし、ほぼ真ん中に飛んだボールは村上がブロックして、川崎Fの追加点を防いだ。

 これが40分のこと。その2分後には右サイド深くに入った福岡が、紺野和也のドリブル、井手口陽介のワンタッチパス、山岸祐也のすり抜けと個性を組み合わせて突破すると、山岸のマイナスの折り返しに金森健志が突っ込んで、同点に追いついてみせた。

 福岡にとっては、PKストップからの同点ゴールと意気上がる展開になった。逆に川崎Fは「メンタル的に少し落ちた」と鬼木達監督にとっても心配の種になった。しかし、ここでハーフタイム。一度リセットしたことで、また一進一退の攻防に戻った。

 勝負を決めたのは、後半に入ってもどちらが「やり続けられたか」だっただろう。こぼれ球への反応と個々の技術、コンビネーションと自分たちの強みを連続して表現したのは、川崎Fのほう。53分、左から登里享平がクロス、こぼれ球を橘田健人が左足で思い切り狙うとDFに当たってゴールに飛び込んだ。

 70分には福岡のCKを防ぐと、GKチョン・ソンリョンがすかさず前線へ。DFの裏に走り抜けたマルシーニョが、飛び出してきた村上の頭上をきれいに抜くループシュートで、リードを2点に広げた。81分には脇坂の左CKを、ファーサイドで待ち構えたレアンドロ・ダミアンがヘッドで決めて4-1。PK失敗の悔しさをゴールで晴らし、ユニフォームを脱いで喜びを爆発させた。

 福岡は長身のウェリントン、三國ケネディエブスを最前線に送り込んで、空中戦でゴールをを狙っていく。90+6分には前線に送ったボールを相手と競り合いながら抜け出した鶴野怜樹が左足でねじ込んだが、ここまで。この直後に試合が終了し、4-2で逃げ切った川崎Fが決勝進出を決めた。

 クラブ初の天皇杯決勝進出を逃した福岡だが、長谷部茂利監督は「チームはまだ生きている」と下を向いていない。

「いい時間帯もあったのですが、それが短かったですし、チャンスの回数も少なかった。ただ、粘り強く自分たちらしい戦いはある程度はできました」

 負けたことと同様に悔やんだのが、「もっとできる」という思い。

「(1点目は)いい形で取れたと思いますが、その回数が少ないと思います。前半からボールを動かしてポケットを取りに行く回数は少なくて、もう少しできたという残念な気持ちと、でもあそこで点を取れたのは良かったという思いがあります。川崎の守備が良かったかというと、そこまでうまくいっていないという算段の中でのいいプレーでしたが、自分の中では複雑で、もっとできた、もっとやれると思っているんです」

 それは、選手への信頼があるからこそ。続いては、名古屋グランパスとのJリーグYBCルヴァンカップ準決勝が控えている。タイトルを一つは失ったが、もう一つをつかみ取るためにこの90分を自信に変える意欲だ。

 3大会ぶりの決勝に導いた川崎Fの鬼木監督は「ホッとしている」と笑顔。前半最後の失点からリカバーできたことをポイントの一つに挙げた。

「(ハーフタイムには)冷静にならなければいけないですが、やらなくてはいけないことを話しました。シンプルですけど、正しいポジションに早く入るとか、相手がこちらの何を嫌がっているか理解してサッカーをしよう、と」

 その意識づけが、後半に相手陣内に押し込んで激しいトランジションでボールを奪ってゴールを狙い続けたプレーに反映されていた。

▶その他の結果
■2023年10月8日 天皇杯準決勝(@三協F柏/観衆12,351人)
柏 4-0 熊本
得点:(柏)戸嶋祥郎、片山瑛一、細谷真大、高嶺朋樹

サッカーマガジンWeb編集部



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ