スクリーンショット 2022-07-06 12.57.32

スポンサード リンク




アトレティコ・マドリーはポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(22)の売却を検討しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。

2019年夏にベンフィカからアトレティコへと加入したジョアン・フェリックスだが、1億2720万ユーロ(約178億円)とも言われる移籍金に見合った活躍が出来ていないと、批判の対象になることも多い。だが、昨季は年明け以降に本領を発揮し、低迷していたチームのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に大きく貢献した。

2022-23シーズンは1年を通した活躍が期待される22歳だが、ジャーナリストのエドゥアルド・インダ氏によると、アトレティコでの将来は必ずしも保証されていないとのこと。今年4月にアトレティコのエンリケ・セレソ会長が、「ジョアンはラ・リーガとこのクラブにふさわしい選手で、彼が去るべき理由は何ひとつない」とも語っていたが、財務上の問題が付き纏っているようだ。

その中で若きポルトガル代表FWはチーム内で最も高額な移籍金が望めるプレーヤーであり、金額次第では今夏の売却も躊躇しない考えとみられている。

なお、ジョアン・フェリックスに対してはマンチェスター・シティが関心を寄せている模様。しかし、今夏すでにノルウェー代表FWアーリング・ハーランドやイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスに大金を費やしているため、少なくとも今夏の獲得は現実的でないと目されている。

超WORLDサッカー!










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ