スクリーンショット 2021-10-13 13.21.37

スポンサード リンク




 アジア最終予選で1勝2敗と黒星が先行し、7大会連続7度目のワールドカップ出場へ黄信号が灯っていた日本代表が、死闘の末にオーストラリア代表を撃破した。
 
 ホームの埼玉スタジアムで12日に行われた第4戦。システムを[4-2-3-1]から[4-3-3]へ変更した森保一監督は、さらにインサイドハーフに今最終予選で初先発の守田英正(26・サンタ・クララ)と田中碧(23・フォルトゥナ・デュッセルドルフ)を起用。田中は開始8分に代表初ゴールを決めて先制し、指揮官の期待に応えた。
 
 後半25分に直接フリーキックを叩き込まれて同点とされたが、終了間際の同41分には途中出場のFW浅野拓磨(26・ボーフム)が強引に放ったシュートが相手のオウンゴールを誘発。開幕から3連勝だったオーストラリアを2-1で下した。
 
 中国代表を3-2で下したサウジアラビア代表が連勝を4に伸ばし、オーストラリアを抜いてグループBの首位に、ベトナム代表に3-1で逆転勝ちしたオマーン代表が日本と勝ち点6で並び、総得点で上回って3位にそれぞれ浮上。日本は4位と苦しい位置につけるものの、強敵からもぎ取った白星を残り6試合での巻き返しにつなげる。

先制点はインサイドハーフで起用された田中碧
 
 勝利を告げる主審のホイッスルが鳴り響いた瞬間、最前線に位置取っていた田中はピッチ上で仰向けになって、埼玉スタジアムの上に広がる夜空を見つめた。
 
 両足に異変が生じたのは試合終了間際だった。少しでも負荷をかければ、たちまちつってしまう。交代枠はひとつ余っていたが、交代できる回数がすでに上限に達していた。チームメイトに相談した上で、田中はポジションをインサイドハーフから上げていた。
 
「90分間立ちたい気持ちはありましたけど、自分の全力を100%出し続けないと力的にも通用しない相手だったので。最初から飛ばして、最後は走れませんでした」
 
 出し惜しみなどするものか――こう誓っていた田中が先制点を決めた。
 
 開始わずか8分。ペナルティーエリアの左角あたりまで攻め込んだMF南野拓実(26・リバプール)が、反転から迷わずに右足を一閃。強烈な弾道はMFジャクソン・アーバインの左足をかすめてわずかにコースを変え、クリアしようと必死に伸ばしたDFアジズ・ベヒッチの左足も届かずに対角線を切り裂いていく。
 
 最後にボールを収めたのは、ペナルティーエリア内の右側へ攻め上がっていた田中。右足でのトラップから身体の向きを変え、間髪入れずに再び右足から放たれた一撃がオーストラリアのキャプテン、守護神マシュー・ライアンの牙城に風穴を開けた。

「素晴らしい先輩方がいるなかで選ばれた責任があるし、日本代表の進退がかかった試合でもあった。正直、僕のサッカー人生でこれ以上の緊張はない。この試合が終わって引退してもいいと思えるくらい、後悔のないプレーをしようと思っていたので」
 
 移籍して間もない状況が考慮されて9月シリーズは招集が見送られ、0-1で屈した日本時間8日未明のサウジアラビア戦をリザーブで見届けた東京五輪代表の23歳は、出番が訪れるとしてもダブルボランチの一角だと想定していた。
 
 しかし、一敗も許されない崖っぷちで森保監督が選んだのは、慣れ親しんだシステムの[4-2-3-1]ではなかった。ほぼぶっつけ本番の[4-3-3]で田中は守田とともに、アンカーの遠藤航(28・シュツットガルト)の前でインサイドハーフを託された。
 
 システムだけでなく選手も変え、しかも今最終予選で初先発となる田中と守田を左右対で起用した理由を、森保監督は試合後のオンライン会見でこう説明した。
 
「今回の代表活動におけるトレーニングで、2人は非常に存在感のある取り組みをしていた。まずは2人のコンディションのよさを見て先発で起用しようと考え、そしてオーストラリアとのマッチアップを考えたときに日本のストロングポイントを出せて、相手のよさを消せる戦い方を考えたときに、今日の形が一番いいと判断しました」
 
 チームの心臓に君臨する遠藤との共存を考えたときに、ボランチの柴崎岳(29・レガネス)とトップ下の鎌田大地(25・アイントラハト・フランクフルト)を田中と守田に代え、その上で逆三角形型にする中盤がまず決まった。
 
 キーパーと最終ラインはそのままなので、おのずと前線は3トップになる。真ん中の大迫勇也(31・ヴィッセル神戸)、左の南野に加えて、右には累積警告による出場停止が明けた伊東純也(28・ヘンク)を配置。攻守両面で前線へより人数をかける、過去のデータにはなかった日本の戦い方がオーストラリアを混乱させ続けた。
 
 もっとも、カギを握る3人の中盤の連動性を練り上げる時間は、サウジアラビア戦後の移動をへて、9日から再開された練習のなかで十分に取れたとは言い難い。
 
 それでも田中と守田は昨シーズンまでの川崎フロンターレで、遠藤と守田は今年前半のA代表戦で、そして遠藤と田中は今夏の東京五輪でコンビを組んでいる。たとえ即興の形でも、3人の卓越した個人戦術は必ず至高のハーモニーを奏でる。信じて送り出した森保監督は「私が特別何かをしたことはない」と、誰よりも選手たちを称えた。

「選手たちがベースの部分を確認しながら、形が変わるところ、役割が少し変わるところをトレーニングから、そしてピッチの外でもすごく密にコミュニケーションを取りながらいい準備をしてくれた。選手たちが意識を高く持ち、お互いのイメージを合わせながら試合に臨んでくれたことがパフォーマンスに直結した一番の理由だと思う」
 
 意識を共有する作業は、戦術面以外でもチーム内に浸透している。
 
 たとえばオーストラリア戦前日に、キャプテンのDF吉田麻也(33・サンプドリア)が「サッカーに携わるすべての人たちの死活問題になる」と訴えた、カタールワールドカップ出場を逃しかねない現状は、田中が「日本の進退がかかった試合」と言及したように、森保ジャパンに関わる全員が抱く危機感と化していた。
 
 南野に代わって後半33分に投入された浅野も、ピッチに入る刹那に「僕たちがいま、崖っぷちに立たされているのは全員が承知している」と自らに言い聞かせていた。
 
「だからといって、誰一人としてあきらめている選手はいない。僕自身も、絶対に自分が試合を決めるんだ、という強い気持ちで試合に入りました」
 
 後半25分に日本は同点に追いつかれていた。守田が相手選手を倒したとして宣告されたPKがVARの介入をへて直接フリーキックに変更され九死に一生を得た直後に、MFアイディン・フルスティッチに豪快な一撃を叩き込まれていた。
 
 浅野の執念が勝ち越しゴールを生み出したのは後半41分だった。
 
 吉田からのロングフィードを絶妙のトラップで収め、素早い反転からペナルティーエリア内の左側へ侵入。DFトレント・セインズブリーがブロックに飛び込んできても怯まずに左足を振り抜くと、シュートはその右足に当たってコースを山なりに変えた。
 
 キーパーのライアンが必死に伸ばした左手を介して、さらに軌道を変えたボールは右ポストを直撃してはね返ってくる。絶対にあきらめてなるものかと、FW古橋亨梧(26・セルティック)が必死に詰める。果たして、ボールは古橋をマークしてきたベヒッチの左すねのあたりに当たり、ゴールのなかへ転がり込んだ。
 
 記録はオウンゴールながら、浅野は我を忘れたように喜び、すでにベンチへ下がっていたDF長友佑都(35・FC東京)と大迫、リザーブのメンバーらが手荒い祝福にかけつける。ベンチ前では森保監督と横内昭展コーチが拳でタッチを交わしていた。
 
 経験したことのない逆境を分かち合い、打倒・オーストラリアをかけて一丸となったチームを象徴する泥臭い決勝ゴール。逆境のなかには采配が問題視される森保監督の解任をネット上で求める、ファン・サポーターの厳しい声も含まれている。
 
「今日の試合だけで、特に進退がかかっているとは思っていない。代表監督に就任してからは常に、試合を終えた後に監督としての道が続くのか、あるいは終わるのかという岐路に立たされていると思っているので」

 自身を取り巻く状況についてこう言及した森保監督は、システムおよび先発メンバーの変更に始まり、サイドでの起用が批判されていた古橋をセルティックと同じセンターフォワードで起用し、サウジアラビア戦で失点につながるパスミスを犯した柴崎を、ゴールに絡む仕事を託して決勝点が決まる1分前に投入した自らの采配をこう振り返った。
 
「プレッシャーがかかる厳しい状況だったが、私自身の心構えとしては守りに入らないように、勝利をつかみ取るために前向きな言動や采配をしたいと考えていた。采配が積極的だったかどうかは、(メディアの)みなさんの評価にお任せしたい」
 
 キックオフ前の時点で開幕3連勝をマークし、グループBの首位に立っていた難敵オーストラリアを止めた。最初の危機は脱したが、吉田が試合後に「首の皮一枚でつながっている」と語ったように、日本が苦境に立たされている状況は変わらない。
 
 日本時間13日未明に行われた他の試合でサウジアラビアとオマーンが勝利し、前者は開幕4連勝で首位に、後者は総得点で日本を上回って3位にそれぞれ浮上した。来たる11月シリーズは日本が敵地でベトナムと対戦する裏でサウジアラビアとオーストラリアの直接対決が、さらに日本が雪辱を期すオマーンとのアウェイ戦が組まれている。
 
 カタールワールドカップ出場権を無条件で手にできる、グループBの2位以内をかけた戦いへ。田中が東京五輪世代を代表して「先輩方の素晴らしい経験も大事だし、若い選手の勢いも時には必要だと思う」とさらなる活躍を見すえれば、浅野は「誰一人として、ここで満足している選手はいない」と日本の巻き返しを誓った。
 
 先発メンバーの顔ぶれとシステムが硬直化していると、不振の原因にあげられてきた采配を大きく覆して手にした白星。逆境の真っ只中で森保監督が腹を括ったとも受け取れるオーストラリア戦が、アジア最終予選のターニングポイントになるかもしれない。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)



2021/10/13(水)
田嶋が会長でいる限り日本サッカーは衰退する

サッカー批評49より、犬飼元会長のインタビューを引用します

僕が決定的に嫌だったのは、僕の次の会長のことも考えていかなきゃいけないと川渕さんに言ったら「田嶋しかありえない」と言ったんです。僕は「えっ?!あれは一番ダメですよ」と言った。基本的に方針がブレるし、その場その場でいろんな人に良い顔しているだけでアイデアもないし、二年間つきあったけどサッカーに対する提案一つ無い。「あれこそ駄目です。」と僕は言ったんです。そうしたら川渕さんは物凄く不満そうな顔をしてね、「じゃあお前、他にいるのか?」と訊くから「外から呼んでこなきゃダメです」と言ったら、もう次の日には僕がそう言ったことを田嶋は知っていたんだよ。ああ、川渕さんと通じているんだなぁと思って。

サッカー批評49より引用

2021/10/13(水)
大迫、柴崎、長友、酒井はこの2連戦で衰えを露呈したかな。
盛り上げ役として数人ベンチに置いとく分にはいいけど、これを機に世代交代にシフトしていいと思う。

2021/10/13(水)
10試合ある内の1つを勝ったにすぎない。
尻に火がついた状況で、過去の固定スタメンを変更して、結果がついただけ。
もちろん、結果を出すことは重要だが
森保の何かが大幅に変わったとは思えない。
来月のオマーンのアウェーやオーストラリアで負ければこの勝ちも意味のないものに。

初戦やサウジの敗退含め
オリンピックでの無能さや2次予選もガチガチのメンバーで戦ったツケはずっと残る。
今日の勝ちがあっても
森保に対する評価は変わらない。

2021/10/13(水) 
中盤3人GOODやね。
田中も良かったが守田はほとんどバックパス無いし常に前線に供給してたのは他の選手も見習ってほしいね

2021/10/13(水)
結果的には勝てたけど、根本的な問題は解決してないと思う。試合中のうまくいかない時の打開策や、世代交代など課題はそのまま。
この辺は岡田監督の場合斬新にシステムや戦術を変えたり一気に世代交代させる大胆さがあるけど、森保監督はそういうタイプではないから、問題はまた生じると思う。

2021/10/13(水) 
柴崎をつかうならトップ下だよ。ボランチが合うと思えない。それにミスしたら点取られる重要なポジションだから、もう少し守備力高い人にするべき。

2021/10/13(水)
采配が積極的だったとは全く思わない。
大迫⇒古橋は怪我した為の早めの交代。
失点してからの交代は10分後にまさかの同ポジションでの1枚交代。この時点で交代枠が余るのは容易に考えられた。
そして最後の交代もまたもや同ポジションのボランチとSBの2枚替え。点を取る為に2トップに変えるなども無く、ましてや点を取る為の交代には到底思えなかった。
結果的に中山は高さ対策にはなったが、この試合でもはっきり言って、試合中の采配みてもやはりW杯どころかこの先の最終予選でもこの監督じゃ厳しいといえる内容だったかと思う。

選手を変えるだけが采配と思っているのだろう。
交代選手でチームに示すことも出来なければ、フォーメションを変えて流れを引き寄せるなども見た事が無い。

2021/10/13(水) 
森保の采配っと言うより選手が攻めないと行けないと言う危機感の方が大きい。古橋投入も遅すぎるっと言うか、大迫より優れているのに何故スタメンで起用しないかが疑問。

2021/10/13(水) 
こーなる前から、こういう交代カードの切り方をしていれば全力を尽くしたと言えると思う。

しかし2敗の責任は取らなくてはダメです。

森保さんお疲れ様でした。

2021/10/13(水) 
大迫は決めきれないですね。豪はキューエル、ビドゥカ、ブレシア-ノの頃から比べると弱いですね。単純にクロスを入れられていたら2~3失点してたのではないでしょうか。次節のベトナム戦も攻めあぐむ予感がしてドローかカウンターに沈む気がします。豪戦の森保はニヤケタ表情も無く少し締まった顔つきになった様に見えました。前に出すぎて第4審判から注意を受けてましたよね。就任時から、そうしろよと思いました。

2021/10/13(水)
オーストラリアの監督はいち早くチームの異変に気付き修正を図っていた。(森保には出来ない)
今回は3ボランチが機能し、運も味方し、たまたま日本が上回ったが、先発も森保本意のスタイルではないし、試合中の修正能力も皆無。
勝ったことで、進退問題封印は違うと思う。
田嶋も浮かれてる場合じゃない。

2021/10/13(水)
采配と相手へのスカウティングがしっかりしてれば、勝てた試合を落としてる指揮官と何もしないでまだ3戦とか言ってる協会。

サウジ戦後の吉田の発言があったように、危機感は選手たちの方がその何倍も何百倍も感じてて、ここで勝たないと、っていう気持ちの問題だったと思う。

脳なし協会と指揮官に用はない。
しっかり日本のサッカーを強く、また、見たいと思わせるようなサッカーをしてくれる環境を作って欲しい。

2021/10/13(水) 
マスコミはこれで優勝したかのような持ち上げ方はしないで欲しい。たかがこの一勝で興奮しないで、監督、会長の退任の必要性を全面に出して欲しい。
最初から世代交代とフォーメーションを頭使ってやっていたら、と誰もが思うよね。自分の進退の窮地に追い込まれて漸く若い世代を使ってみたこの監督、大問題よ。
なんか気持ち悪いのは、最後の交代に柴崎を、リベンジのチャンスをあげたみたいなお情けの使い方!慰めだと思うけど、代表クラスでそれが見えると、ホントこの監督のレベルの低さが露呈されている。
ベテラン勢はもう引退していただいて、田中碧と、三苫も呼んで、久保や堂安も戻れば代表チームが刷新されると思う。
監督、会長の辞任は必須。

2021/10/13(水) 
この日の勝利に、森保はあまり関係ないでしょう。布陣とメンバーに、吉田、遠藤辺りの進言があったのでしょう。スタメン、システムの変更は選手達の自主性で決めたと、吉田の試合後のインタビューを聞いていて感じとれた。

吉田「相手のウイークポイントを考えて、前からの守備が出来る形に決めました」森保氏が抽象的で的を得ない発言に終始していたこと比べて、吉田は指揮官の発言だった。前回の「結果が出なければ、監督、スタッフを含めて自分自身は責任をとる覚悟は出来ている」これも指揮官の発言と言える。

遠藤は「中盤(遠藤、守田、田中碧)の三人が、どこにいても同じプレーが出来る」というコメントを出した。

吉田と遠藤を中心に決めたように感じた。勿論、長友、酒井、大迫、南野辺りも混じり話あった気がする。バシっと先頭に立ち押しきったのは、発言を聞く限り吉田と遠藤だと思う。戦術、メンバー選考の目等、二人の方が高い気がする

2021/10/13(水)
確かに昨日勝って首の皮一枚繋がったが、この10月2連戦は勝ち点ノルマ4だと思うんだよね。逆にサウジ戦勝って、昨日負けてたらもっと騒いでると思うし、勝ち点は3で変わらないわけだから
昨日勝って監督交代って言うのが1番望ましいと思う。

2021/10/13(水) 
正直、システム変更は森保監督の提案ではないと思ってる。
恐らく選手側から直談判があって変更を決めたのではないだろうか。
森保監督になのかコーチになのか技術委員長の反町さんになのかは分からないけど。

このタイミングでシステム変更出来る監督なのであれば、五輪でもそれ以外の試合でもこのシステムを採用しているだろうし、試合途中で可変してるはず。
招集メンバーを見ても4-3-3でやることを想定してるとは思えない。

こういう事実を置き去りにして森保監督の采配が~と言うのは危険。

2021/10/13(水) 
二位通過の可能性が残ったのはホントに良かったですが、森保さんのクビが繋がってしまうのはどうでしょう。
監督は調子の良い選手をとのコメントしてましたし、戦術も代えてきました。じゃあ今までは何?
協会からこの試合引き分け以下ならクビと言われていたとの想像はつきますが、それでやっと事の重大さに気がついたのでは?
そんな方に任せてて大丈夫だと思えない。
仕切り直しのここで監督交替したほうが良いと思います。

2021/10/13(水)
このフォーメーションでブレずに。
大迫は体力温存させて武器として使えばええと思うよ。ゴールへの執念はわかったが、トップなのにまだ結果が出てない。

2021/10/13(水)
調子の良い選手ねぇ…。ならば選考の時点で調子の良い選手も選ぶべき。浅野は昨日たまたま仕事できた形になったけど…。本来、前田大然とか鈴木優磨とか三笘薫とか、もっと呼ぶべき人いるでしょうに…。
勝つには勝ったけど、スタメン以外の交代策には疑問しかない。まず大迫古橋の交代は、パッシブなものであって積極的ではないし、ピッチ上で誰が疲れているのか、見極めて先に手を打つべきものじゃないのか?田中碧はかなりハードワークしてたから、後半途中からかなりヘバってたけどその交代なしに、守田がイエロー貰うハメになってたし、守田と柴崎の交代もパッシブなもので、結局田中碧は交代させなかった。板倉もいるんだし交代枠も余ってるのに、解せない采配が続く。
勘弁して欲しい。

2021/10/13(水) 
勝ったけれども課題はまだ残るなあ。
長友の劣化は多く指摘されてるけど、下げるとピッチ上のモチベーターがいない気がする。(いや全試合全員がこのし合いくらいの気合いでいられれば別だけど)
とはいえ、本選の年齢を考えると世代交代は必須だよねえ。
アンカー+IH2枚というか流動的なトレスボランチというか、今回は意表を突いたのと、早めに先取点取れたことでうまくいったけど消耗の激しいシステムだし相手に中盤厚くされ我慢比べに持ち込まれると、監督の采配手腕ではどうだろうか?
客観的に見て選手の意地は評価するが「勝ちに不思議の勝ちあり、~」の域ではないかと。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ