スクリーンショット 2021-09-21 10.32.38

スポンサード リンク




 9月18日のJ1リーグ第29節で、浦和レッズがセレッソ大阪に2-0で完勝した。C大阪は「ACLの浦項スティーラーズ戦から中2日」という気の毒な状態ではあったが、浦和が攻守ともに圧倒。「2点しか入らなかったのが不思議なゲーム」だった。

 浦和は8月14日の第24節でサガン鳥栖に2-1で勝利して以来、リーグ戦の6試合で5勝1分という成績。さらに、その間、ルヴァンカップ準々決勝ではリーグで首位を走る川崎フロンターレとの2試合も引き分けて、アウェーゴールの差で川崎を退けて準決勝進出を決めている。また、8月には天皇杯のラウンド16で京都サンガFCにも勝利。浦和レッズは、どうやら安定感のあるチームとして成長してきたようである。

 今シーズン、浦和は徳島ヴォルティスをJ2優勝(J1昇格)に導いたスペイン人指導者、リカルド・ロドリゲスを監督として招聘し、また積極的な補強も敢行して“名門再建”に乗り出した。

 徳島で高度な戦術を駆使するチームを作ったロドリゲス監督への期待感は大きかったが、同時にチーム作りには時間がかかることも十分に予想できた(ロドリゲス監督は4シーズンかけて、徳島を強化してきた)。実際、リーグ戦が始まってからも、浦和は勝ったり負けたりを繰り返して良い状態は続かなかったし、3月には横浜F・マリノスに0-3、川崎フロンターレに0-5と、上位相手には大敗も経験した。

 しかし、チーム状態も徐々に改善され、オリンピックによる中断をはさんで8月に入ると前述のように好調を維持。第29節終了時点で15勝6分8敗の勝点51に到達。勝点ではヴィッセル神戸、サガン鳥栖と並んで4位タイ。得失点差で6位となっている(ただし、神戸は残り試合が1試合多い)。

■安定感をもたらした攻守のバランスの良さ
 
 さて、8月以来の浦和の安定感ある戦いぶりをどう評価したらいいのだろうか。

 もちろん、J1リーグの優勝争いはすでに川崎と横浜F・マリノスの両チームに絞られているが、浦和にはまだACL圏内の3位を狙える位置に付けている(3位の名古屋グランパスとの勝点差はわずかに2だ)。いや、そんなことよりも知りたいのはただ一つ、「来シーズン、浦和は優勝を狙えるのだろうか?」ということだ。

 最近の浦和の安定感をもたらしているのは、攻守のバランスの良さである。具体的に言えば組織的な守備ができていることだ。

 個人能力だけで守っていると、ボールを奪い返した瞬間には選手の配置がバラバラになっているため、すぐに攻撃につなげられず、再びボールを失って守備に追いやられることになる。だが、組織として守って狙いどころでボールを取れれば、ボールを奪った瞬間に選手の配置が整っているからすぐに前線にボールを送り込むことができる。

 そして、組織的に攻めることができれば、ボールを失った瞬間に味方の選手はしっかりとポジションを取っているので、すぐに再びボールを奪いに行ける。

 攻撃の時はもちろん、守備の時間でも常に組織を維持しなければならないのだ。

 こうした組織(つまり選手同士の距離感など)はトレーニングを通じて作り上げていくしかない。そして、良い指導者が時間をかければ、当然、組織力は身に着いてくる。

■メンバーの顔ぶれに見える変化の様子
 
 こうして、ロドリゲス監督の下でのトレーニングが進んだことによって、浦和には“組織”が生まれてきた。

 そのことは、最近になってメンバーが固定されてきたことにも現われている。

 C大阪戦のスターティングメンバーはこんな形だった。

 GKが西川周作。そして、DFラインには右から酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩の4人。ボランチが柴戸海と平野佑一で、サイドハーフは右が関根貴大、左が汰木康也。そして、ツートップに小泉佳穂と江坂任。

 このところ、ロドリゲス監督は基本的にこのメンバーを先発起用することが多い。

 まず気が付くのは、この11人のうち昨シーズンも浦和でプレーしていたのがGKの西川を含めてわずか4人にすぎないこと。昨年までのレッズの“顔”だった興梠慎三は出場機会を失っているし、武藤雄樹は柏レイソルに移籍してしまった。また、最近ではDFの槙野智章も宇賀神友弥もベンチを温めることが多い。

 しかも、前述の先発11人のうち、酒井、ショルツ、平野、江坂の4人は今シーズンの途中、浦和に加わったばかりの選手なのだ。新しい監督が、新しい選手を集めて、新しい組織を作る……。チーム作りに時間がかかるのは当然のことではある。

後藤健生



2021/09/21(火) 
中断明けから浦和は上位チームとの対決は少なくこれからが正念場。
これを見ずに来季は語れないでしょう。

とにかくこれから!

2021/09/21(火) 
浦和にはまだACL圏内の3位を狙える位置に付けている。いや、そんなことよりも知りたいのはただ一つ、「来シーズン、浦和は優勝を狙えるのだろうか?」ということだ。

→そんなことよりって・・・。
来シーズンのことを語るより、今が大事だろ!
今はカップ戦のタイトルとリーグで3位に入ること。

2021/09/21(火) 
ユンカーだけでなく、スコアラーが必要。ACL制覇を見据えるなら、強力なFWを補強して欲しい。

2021/09/21(火) 
絶対的レギュラーだった西川を1度スタメンを外したのも競争を煽る意味では良かったかもね。今までは何回ミスしてもスタメンを外されることは無かったし。他の監督なら出来なかったと思う。

2021/09/21(火) 
ACLも来季優勝もサポーターはどちらも期待している。目の前の一試合一試合に集中して頑張って欲しい。これからリーグ戦上位陣との試合やルヴァン杯を控えている。正念場を乗り越えてチームとしてまた一つ大きくなって欲しい!

2021/09/21(火) 
GKが西川周作。そして、DFラインには右から酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩の4人。ボランチが柴戸海と平野佑一で、サイドハーフは右が関根貴大、左が汰木康也。そして、ツートップに小泉佳穂と江坂任。この11人のうち昨シーズンも浦和でプレーしていたのがGKの西川を含めてわずか4人にすぎないこと。

岩波、柴戸、関根、汰木、果たして誰が忘れられているのでしょうか、、、

2021/09/21(火) 
今季は天皇杯とルヴァンが具体的に狙えるタイトルで、天皇杯はACL出場を懸けて戦える。浦和にとってACL出場権は来季の補強も分厚く出来るメリットもある。

今今のサッカーを見る限り監督の目指すところからするとまだ1/2にも達していないのではないか。伸びしろだらけでそら恐ろしい気がする。

今季終了後さらに選手の出入りは多くなることが予想されるが、求められる運動量をやどこからでも得点可能なサッカーを目指すとなるとそれも当然か。

2021/09/21(火) 
> しかし、チーム状態も徐々に改善され、オリンピックによる中断をはさんで8月に入ると前述のように好調を維持。

中断期間明けの数試合は不安がよぎったけどな。
『勝っただけ』とも言うべき、内容がよくない試合が続いた。
もっともそういう時でも勝ち点を拾えてたことが今に繋がっているけど。

内容や展開は、小泉のいる・いないで結構変わることがあるから、その部分はより安定した戦いをしていくための課題だと思う。

まぁ去年までを思えばかなり贅沢な悩みだが。

2021/09/21(火)  
皆言ってるけど
最後のピースは点取り屋だよな
ユンカーの特性、カウンター特化、フィジカル係わる仕事はできない
ならば、フィジカルで圧せる選手がいるな
木下がどうなるか
ロドリゲスならチャンスは来るぜ
うしろ、なかと、生きのいい選手が揃いつつある現状
木下がそういう仕事で結果を出せば優勝が見えてくる
それも圧勝で

2021/09/21(火)  
リカさんの下で興梠の復活を願っています。
返信0sns***** | 2時間前 
これだけの新メンバーを巧みに操り、高順位。

すげー監督だよ。

2021/09/21(火) 
リカルドは全く忖度しないからね。
自分が使いたい鮮度のいい選手を使う。
来年あたりはもって顔ぶれ変わると思うよ!
今のレギュラーも来年のベンチにすら入らない可能性は余裕である

2021/09/21(火)  
ACL二度制覇したのは浦和だけ。
今季3位に入って、来季のACLを含む多冠に挑戦してもらいたい。

2021/09/21(火) 
ロドリゲス監督は戦術眼、選手起用に関しても高評価。若い世代の育成と言うよりは監督の評価で選手をチョイスして補強している。数年後には日本代表の監督姿を観たい。代表監督に向いていると勝手に思っています。
風間さんにユース代表の監督に。

2021/09/21(火) 
やっぱり監督って大事ですね。
代表も。

2021/09/21(火)  
とりあえず次節、次々節が真価問われる2戦

2021/09/21(火) 
来期アベック優勝も夢じゃない。ただしロドリゲスが5大リーグからのオファーを受けなければだけど。

2021/09/21(火)  
西川、岩波、柴戸、関根、汰木
昨シーズンから浦和にいたのは5人だけど、、

2021/09/21(火)  
ぜひ直ぐでなくても近い将来 日本代表監督をお願いしたい…

2021/09/21(火) 
来季のチャンピオンには、木下のフィットが不可欠











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ