スクリーンショット 2021-08-04 20.55.59

スポンサード リンク




東京五輪2020男子サッカー競技準決勝、Uー24日本代表対Uー24スペイン代表が8月3日に行われた。日本は延長戦にまでもつれ込む死闘の末に0ー1で敗れ、史上初の決勝進出を逃した。日本代表はマルコ・アセンシオの一発に泣いた。まさに、世界との差を実感できた試合になった。

■スペインとの再戦
 Uー24日本代表は東京五輪2020男子サッカー競技準決勝でUー24スペイン代表と対戦。延長戦にまでもつれ込んだ一戦は、マルコ・アセンシオのゴールでスペインが1-0の勝利を収めた。

 東京五輪前に行われたユーロ(欧州選手権)2020に出場した選手6名がUー24スペイン代表として今大会に参加し、世界レベルの選手構成となったスペインに、実力を見せられた形となった。

 東京五輪前のスペインとの強化試合は1-1のドロー。日本もそうだが、スペインもその時とは全く違うチームだっただろう。準決勝までくれば、ほぼ中2日で行われる五輪では両チームの疲労もピークに達していたかもしれない。それでも、最後に決めきる力がスペインにはあった。

■115分まで0-0。均衡を破ったのは…
 日本はCBの吉田麻也と板倉滉、さらにはボランチの遠藤航を中心にスペインの攻撃を凌ぐ。攻撃は久保建英や堂安律などを中心にスペインゴールに迫るものの、ゴールを奪えないまま90分が終了した。そして、森保一監督は90分が終了後、ここまで日本の攻撃を牽引してきた久保と堂安の二人を下げる決断をした。

 後半途中から出場した相馬勇紀が積極的に左サイドで仕掛けチャンスを多く演出。延長前半から出場した前田大然も、スペインゴールに迫るシーンもあった。だが、ゴールには届かず延長後半を迎える。

 日本が失点を喫したのは115分だった。ヘスス・バジェホのスローインから右サイドでミケル・オヤルサバルがボールを受けると、ボールキープから田中碧と中山雄太の間を通すパスを供給。そのボールを受けたアセンシオが反転から左足のシュート。これがファーサイドに決まり、スペインが均衡を破った。

■勝負を決めたアセンシオの左足
 警戒すべき選手の警戒すべき左足でゴールを許してしまった。もちろん、アセンシオの左足は日本の選手の頭の中に入っていただろう。それでも、決めきる力がアセンシオにはあった。単純に、後半途中から出てきて他の選手より体力があったから決めることができたというわけではない。拮抗した状況でも決めることができる世界の実力を見せつけられた。

 それでも、日本が115分までスペインを0に抑えていたのは事実。優勝候補の一角であるスペインをあと一歩のところまで追い詰めていた。世界レベルに近づいていることは自信を持って良いはず。ただ、その一歩の差がとんでもなく大きいのかもしれない。

 8月6日に3位決定戦を迎える日本。果たして。53年ぶりの銅メダルを獲得することができるだろうか。

サッカー批評編集部



2021/08/04(水)
久保&堂安の同時交代は、実際疲れ切っていたからしょうがない。問題は、一番相手にとって攻撃時に脅威となる二人が非効率的な守備、もっと正確に言えば、前四枚が相手のセンターバックとボランチ間をひたすら走り回って追い回すだけでボール取りどころが絞れていない、ことで、攻撃時にエネルギーがほとんど残っていなかった点。
中途半端なんだよね。連戦なんだし疲れが溜まっているなら、例えば60分までは5バックにするとか、久保堂安の少なくともどちらかはベンチスタートにして前田、林、相馬とかで最初はしっかり守備して残り30分に勝負かけるとかさ。

2021/08/04(水)
現時点で既に五輪過去最高に近い成績にも係らず、森保は一度負けるだけで批判されます。
しかし客観的に考えた時、他に誰がいますか?

森保は、4年のJ監督期間中3回制覇と、外人監督を含めても抜群の実績。
しかもそれを西川、槙野など有力選手を毎年引き抜かれていく中、2軍に近い選手で達成。
更には、貧乏かつ移動の多い地方クラブという大きなマイナス面の中で実現。

代表監督としても、従来又はそれ以上の実績。
今回も予選全勝の上、現時点で既に日本過去最高に近い成績。

批判のみなら誰でも簡単。
しかし、従来の代表監督批判と大きく異なる特徴として、森保批判では代替監督を挙げる人がいません。
具体的交替案なしでの勝手な批判は、自国代表を弱体化させるリスクがあります。

そもそも、海外の有名監督を超高額で協会が呼べるならともかく、
実績や根拠のある、現時点での現実的な適任者は、具体的に他に誰なのでしょうか?

2021/08/04(水)
久保堂安下げた時点でPK狙いだろう。また上田と前田を同時に出すなら2トップだろ。1トップに固執するなら、あの時間帯はトップは前田だったな。上田代えてでもトップは前田だった。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ