スクリーンショット 2021-08-04 20.50.15

スポンサード リンク




 U-24日本代表は4日、6日に行われる東京五輪・3位決定戦U-24メキシコ代表戦に向けてトレーニングを行った。

 前日に行われた準決勝スペイン戦。相手に押し込まれながらも粘り強く戦い、得点を許さずに試合を進めた。しかし、0-0のまま迎えた延長後半10分にMFマルコ・アセンシオに強烈な左足のシュートを決められ、0-1の完封負け。目標としてきた金メダルには届かず、3位決定戦に回ることになった。

 激戦から一夜明けたトレーニング。ピッチ上に姿を現したのはGK大迫敬介(広島)、GK鈴木彩艶(浦和)、DF町田浩樹(鹿島)、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF橋岡大樹(シントトロイデン)、DF瀬古歩夢(C大阪)、MF三笘薫(川崎F)の7選手だった。

 その他の選手は室内でトレーニング。ピッチ上に出てきてウォーキングする姿もあり、MF堂安律(PSV)やDF板倉滉(マンチェスター・シティ)、MF三好康児(アントワープ)やFW前田大然(横浜FM)らと森保一監督が言葉をかわす場面も見られた。また、MF田中碧(デュッセルドルフ)とDF旗手怜央(川崎F)はゴール裏で控え組の練習を見守っていた。

 ピッチ上の7選手はフィジカルトレーニングやGKを交えての鳥かごを行うと、町田、冨安、瀬古をパスの出し手に、右に橋岡、左に三笘を配置してクロスやシュート練習をこなす。その後、三笘と冨安、橋岡と瀬古、町田とコーチに分かれて2人1組でのシュート練習に移行。大迫や鈴木がシュートをストップすれば「ナイス!!」との声がかかり、三笘が鮮やかなループシュートを沈めると、橋岡から「なんだそれ!!」、横内昭展コーチから「ブラボー!!」と声が飛ぶなど、雰囲気の良い中、トレーニングは行われた。

 53年ぶりの銅メダル獲得を目指す一戦。3位決定戦メキシコ戦は6日に埼玉スタジアムで開催され、20時キックオフ予定となっている。



2021/08/04(水)
冨安選手とOAもイエロー関係なく出場できるので、鉄壁になることは間違いない。確実に0点で抑えるでしょう。あとは久保選手、スーパーゴールを期待してます!

2021/08/04(水) 
谷選手のビルドアップ危ない。後半の疲れている時間帯に中央経由でビルドアップして、相手にボール取られた場面があった…
リスクを考えて、大きく蹴り出すか、外から回して欲しい。
メキシコは、絶対に狙ってくる。ミスで失点したら勝てない。
頑張れニッポン!!メダリストになれ!

2021/08/04(水)
中二日の鬼日程やでとにかく体を回復させてほしい。メキシコ相手やで走れやんと厳しい気がする。

2021/08/04(水) 
このチームでの最後の1試合絶対勝とう。
ロンドン五輪の時と同じことは繰り返したくない。

2021/08/04(水) 
選手は、後がない!死にものぐるいで皆一戦一戦が勝負と思って戦っていたが、保ーのみにその気持ち、危機感が無かった一線でした。

2021/08/04(水)
W杯でも3決は微妙になったりしがち

2021/08/04(水)
銅は銀よりも価値があるんやで!

2021/08/04(水) 
上田にチャンスを与えて無得点なのは恥ずかしいぞ

2021/08/04(水) 
落ち込んでる暇はないぞ!
切り替えていけ!
期待してる銅!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ