スクリーンショット 2021-08-04 7.18.13

スポンサード リンク




 またしても鬼門を突破できなかった。これまでに2度挑み、ともに敗れている五輪の準決勝で、快進撃を続けてきた男子サッカーのU-24日本代表が涙を飲んだ。
 
 東京五輪12日目の3日に埼玉スタジアムで行われた準決勝。優勝候補のU-24スペイン代表に試合を支配されながら、キャプテンのDF吉田麻也(サンプドリア)を中心に必死に耐え忍んだ日本だったが、ともに無得点のまま迎えた延長後半10分に、FWマルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)に痛恨の決勝ゴールを奪われた。
 
 金メダル獲得の夢を絶たれた日本は、U-24メキシコ代表と対戦する6日の3位決定戦(埼玉スタジアム)で、53年前のメキシコ五輪に並ぶ銅メダルを目指す。7日の決勝(横浜国際総合競技場)はスペインと、五輪連覇を狙うU-24ブラジル代表の顔合わせになった。

「出すことは全部やって負けた」
 
 ベンチの前に座って両ひざを抱えたまま、MF久保建英(レアル・マドリード)は虚ろな視線をピッチへ送っていた。延長戦突入とともにMF三好康児(ロイヤル・アントワープ)と交代。夢の終わりを告げるホイッスルをピッチの外で聞いた。
 
「何もないですね。出すこと全部やって負けたので、涙も出てこないですし。うん、なんでしょう………まあ次ですね」
 
 試合後のフラッシュインタビューに応じる姿が、ショックの大きさを物語っていた。いつもならばインタビュアーを見つめてそらさない視線が終始、下へ向けられていた。声のトーンも明らかに低い。言葉が途切れた合間には大きく息をついた。
 
 涙も出てこない――は真逆の感情を押し殺すための、精いっぱいの強がりだったのだろう。スペインの印象を問われた久保は、伏し目がちのまま必死に言葉を紡いだ。
 
「上手かったし、強かったし、自分たちもしっかりとプランを練って臨んだつもりでしたけど、あと一歩及ばなかったかなと思います」
 
 並々ならぬ決意を抱いて臨んだ大一番だった。PK戦の末にU-24ニュージーランド代表を下し、ベスト4進出を決めた7月31日の準々決勝の直後。延長戦を含めて120分間プレーするもゴールに絡めなかった久保は「チームを助けられず、自分自身、迷惑をかけけしまった」と反省の弁を漏らしながら、準決勝での活躍を誓っていた。
 
「グループリーグが始まるときから、準決勝は普通にいけばスペインだろうなと思っていた。自分のなかで(目の前の試合を)ひとつひとつという話はしていましたけど、自分はここに100パーセントの力で、いや、120パーセント、150パーセントでチームを勝たせたい。どうせあと2試合やるなら、最終日に決勝の舞台で戦いたいので」

 日本よりひとあし早く終わっていた、延長戦だけで3ゴールを奪ったスペインが5-2でU-24コートジボワール代表を下した準々決勝が久保を高揚させた。第2の母国と言っていい国と約束の場所で対峙できる。武者震いを覚えていたからこそ、ビッグマウスにも聞こえる言葉で自らにいい意味でのプレッシャーをかけた。
 
 川崎フロンターレの下部組織でプレーしていた2011年夏に、当時小学校3年だった久保はラ・リーガの名門バルセロナのカンテラ(下部組織)の入団テストに合格。スペインでプロになる夢を描きながら、異国の地で心技体を磨き続けた。
 
 年代別に分けられたチームを順調に昇格していったが、バルセロナが18歳未満の外国人選手の獲得および登録違反で制裁措置を受け、久保も公式戦への出場停止処分を受ける対象になった。処分が解除される見通しがまったく立たない状況で、思い悩んだ末にバルセロナを退団した久保は2015年春に帰国し、FC東京の下部組織に加入した。
 
 母国で再出発をスタートさせた久保の胸中で、しかし、スペインへ抱いた憧憬の念は消えなかった。国際移籍が可能になる18歳で再び海を渡る決意を固め18歳の誕生日となる2019年6月4日で満了となる異例のプロ契約をFC東京と結んだ。
 
 一時的に所属クラブなしとなった直後の同年6月14日に、オファーを受けたレアル・マドリードと電撃契約。夢を成就させた久保は最初のシーズンをマジョルカ、昨シーズンをビジャレアルおよびヘタフェに期限付き移籍して武者修行を積んだ。
 
 自らの土台を作ってくれたのがスペインならば、才能を大きく花開かせ、日の丸を背負う存在へと導いてくれたのもスペインとなる。東京五輪に臨むU-24代表へ正式に選出され、事前キャンプに参加していた7月中旬。壮行試合としてU-24スペイン戦が組まれていた日程に感謝するかのように、久保はこんな言葉を残している。
 
「僕がいまここにいるのはスペインを含めて、これまでに巡りあった指導者やチームメイトたちのおかげであり、同時に自分の努力の結果でもあると思っています。いままでめげずにやってきた自分を素直に褒めたいという気持ちもありますけど、まだスタートラインに立っているだけであり、始まりよりも終わりが大事だと思っています」
 
 久保が言及した「終わり」とは、短期的な視点で言えば金メダル獲得をチームの目標として共有している東京五輪であり、長期的には現役を引退する時点で残している実績や数字となる。そして、前者の組み合わせ抽選を終えたときに抱いた、日本はグループAを、スペインはグループCを首位で勝ち抜いた先の対峙する準決勝を迎えた。

 グループリーグの3試合ですべてゴールを決め、日本に先制点と3連勝をもたらしてきた久保は、スペインが試合を支配し続ける展開でチャンスをうかがい続けた。
 
 前半終了間際には右サイドからドリブルでカウンターを発動させる。ペナルティーエリアの右側から利き足とは逆の右足で鋭いラストパスを通したが、走り込んできたMF旗手怜央(川崎フロンターレ)が放ったシュートは相手のブロックで防がれた。
 
 後半33分にはMF堂安律(PSVアイントホーフェン)のパスを受けて、ペナルティーエリア内の左側へ侵入。角度のない位置から左足でシュートを放ったが、ニアサイドを狙った強烈な一撃は先のユーロ2020でも活躍した守護神ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)にセーブされた。これが枠のなかに飛んだ、日本の初めてのシュートだった。
 
 そして、ともに5試合連続で先発してきた堂安とともにベンチへ下がった延長戦。勝利を託した思いは、ペナルティーエリアの右角あたりでパスを受けたアセンシオが振り向きざまに放った、日本の一瞬の隙を突いたゴラッソに打ち破られる。
 
 再三の攻守を見せてきた20歳の守護神、谷晃生(湘南ベルマーレ)もなす術がなかった完璧な一撃が、緩やかな弧を描きながらゴール左隅へ突き刺さる。それまでベンチに座っていた久保はベンチ前に出て仲間たちを鼓舞するも、吉田を最前線に上げたパワープレーも実らないまま、ブラジルが待つ決勝へとつながる扉は閉ざされた。
 
「悔しいですね。個人的にはけっこう気持ちが厳しいですけど……」
 
 途切れそうになる気持ちを奮い立たせるように、チームに経験と新たな力を加えてくれた3人のオーバーエイジのうち、前々回のロンドン五輪の準決勝でメキシコに、3位決定戦で韓国に敗れた吉田、DF酒井宏樹(浦和レッズ)の名前を久保はあげている。
 
「麻也さんと宏樹君はここ(五輪)で4位になっているから、メダルを獲りにいこうという話になって。個人的にも2人にそういう思いをさせたくないので、自分の100パーセントの力を出して、メダルだけは取って帰りたいと思います」
 
 歴史は繰り返されるというべきか。1968年のメキシコ五輪の3位決定戦では、開催国メキシコをFW釜本邦茂の2ゴールで撃破した日本が銅メダルを獲得した。53年の歳月を経て東京で開催されている五輪で、開催国日本とメキシコが再び銅メダルを争う。
 
 吉田も努めて前を向きながら、フラッシュインタビューで言葉を紡いだ。
 
「次、勝つしかないですね。あまり精神面を話すのは好きではないんですけど、ここまでいたらメダルを取りたいという気持ちが強い方が勝つと思うので。もうひとつ自分たちを突き動かして、最後、メダリストとして笑って終わりたいと思います」
 
 五輪でよく言われる言葉に、「銀メダルは負けて手にするが、銅メダルは勝って終われる」がある。U-24代表として迎える最後の戦いへ。メダリストになって解散する――を合言葉にしながら、久保をはじめとする選手たちは失意を新たなエネルギーに変換させて、グループリーグ第2戦で2-1の勝利を収めているメキシコとの再戦に臨む。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)



2021/08/04(水)
もしかしたら初の決勝戦。。。と最後の最後まで夢を見させてくれました。選手の皆さんありがとう。

まだ銅メダルの可能性があります。気持ちを切り替えてメキシコ戦、絶対に勝ってください。

2021/08/04(水)
力の差は歴然としていましたね。ディフェンスの活躍してで、よく延長までもつれ込んだと思います。

2021/08/04(水) 
ずっとみてました。
力の差は歴然だったが、何度かチャンスはあった。
あの時決め切れていれば。
個人的に1番惜しかったのは、前半中盤のカウンターの時に、林がずっとオフサイドの位置にいて、パスを出せなかった事。
我慢できずにパスしてオフサイド。
林がラインをよく見て、下がっていればフリーでキーパーと1体1のビッグチャンスだった。

2021/08/04(水) 
力の差はかなりあったけどようやったわ
寄せ甘かったにせよあれ蹴れるアセンシオが凄いわ
3位の可能性あるわけやし頑張ってくれ。銅メダルでもかなり凄い事やねんから。

2021/08/04(水)
ニュージーランドはもし日本が先制していたらゴリゴリのパワープレーできたと思う。スペインは慌てずにボール回しながら同じような形のサッカーをしてきたと思う。じゃあ日本はどうするの?っていうのはずっと残っている課題だと思う。もう一つはベルギー戦のカウンター、今回のアセンシオのゴールのようにうまく試合を落ち着ける(クローズさせる)ことが出来ないことと、守備に重きを置いて点をとらせないのか、あくまでここで決着をつけるのか意思統一が出来てないと思うこと。日本が今後W杯ベスト8あるいは4を目指すときに避けては通れない課題だと思う。

2021/08/04(水)
ディフェンス陣はよくあそこまで耐えたと思う。

延長に入ってスペインが攻め疲れで足が止まってきて、チャンスが来たと思ったけど、やはりアセンシオはワンチャンスを逃さなかった。

後半にアセンシオを入れてきたり、延長の後半開始で選手を1人変えてきたり、スペインの監督は本当に嫌らしい交代をしてきたね。

2021/08/04(水)
想定内とは言え、ボールポゼッションが物語ってたかな。
でも延長後半までよく凌いでくれたと思う。
肝を冷やした吉田のペナルティエリア内の好セーブも、VARがなかったら危なかったし、あのセーブがなければ入れられていたと思う。
延長戦に入ってスペインのバテが現れ、「もしや・・・」と思ったけど甘くなかった。
みんなよくやったよ。
まだ銅の可能性があるし、次も全力で応援させてもらいます。

2021/08/04(水)
ちょっと攻撃面でタレントの数が足らなかったってのが率直な感想。個の力で打開できるのが2列目の堂安と久保の2人で、それでなんとかしろってのはちょっと無理があった。
どんな相手でも点が取れるようなセンターフォワード、ストライカーが出てこないのが日本の永遠の課題。

2021/08/04(水)
こんなに魂込めて応援させてもらった事はないくらい素晴らしい時を共有させて貰いました。
選手の皆さんにはおこがましいですが、自分自身もメキシコ戦に応援のモチベーションを切り替えるのは難しいかも?ですが、切り替えて応援させていただきます。
最期の一戦、悔いなきよう頑張ってください♪

2021/08/04(水) 
日本は良くやったと思います。
 久保選手のインタビュー聞いてると、久保選手自身も相手との力の差を感じていたと思うし、自身の力の無さも同時に感じていたんだなと思う。
ここで反則級のアセンシオ来るかー、、と思いながら見てたけどやっぱりスペインは強かった。
次は必ず勝ってメダリストになってほしい!!

久保選手は、次のパリ五輪でこの悔しさを糧にさらに成長して今回以上に活躍して欲しい!!

2021/08/04(水)
ボールを持つ人間と常に三角形ができるスペインのポジショニングはすごかったな。日本は台形になったり重なったりパスコースなくなったりバラバラ。個人の技術も全員が正直久保選手以上。スペインは優勝するよね。この差を見せつけられたら声も出ないよ。最後のシュートなんて力まず焦らずまるでゴールにパスするみたいに。監督も常に戦況をみて選手交代も先手打つ。何もかも上。でも勝たせてあげたかった。

2021/08/04(水)
日本のディフェンス力は確実に上がっている。 しかしまだ中盤以上のディフェンスへの参加がないと厳しい部分がある。  ディフェンスの頑張りで自陣でボールを奪取した時のカウンターでどうしても前の人員が足りないため決定的な場面を作れないのが得点出来ない要因と思う。 全員で守り、攻撃をするのは大事な事だしそれが日本サッカーであると思うが、確実な得点パターンを確立する必要があると思う。

メキシコオリンピックと同じように、メキシコを倒して銅メダル獲得だー!

2021/08/04(水) 
素人だからよく分からないけど、今までと違いうまくボールを回せなかったのはスペインの守備が堅いのか、日本が余裕無いのか、、まあ、それが力の差なんでしょうね。今まで見ない凡ミス、トラップミスもあり余計に守る時間が増えてたし。得点できそうなシーンあったけど、それはスペインも同じでシュートをボンボンされてたしね。悔しいけど、仕方ないって感じですね〜

2021/08/04(水) 
パウトーレスクラスの選手が出て来ると、久保一人じゃどうにもならない。パジェホになって左サイドだけは攻略出来そうだったが、センターに行くとエリックガルシア、パウトーレスがいる。二人とも元チームメイト。久保が一番解っているでしょう。

2021/08/04(水) 
あの失点シーンはノーチャンスでした。なぜ負けたかは監督やコーチ、選手たちが一番よく分かっていると思うので、気持ちを切り替えてメダル目指して悔いのないゲームをしてもらいたいです。

2021/08/04(水)
アセンシオは一瞬の隙も見逃さず見事なシュートを決めたが内容的にも点差以上の差を感じたのは久保選手だけではないと思う。前を向いて進むしかない。

2021/08/04(水)
久保が150%の力を出すって言ってたんだし、延長でも使って欲しかった。
疲労困憊でも前田より脅威だったろうし、上田より走ってくれたと思う。

2021/08/04(水) 
ベンチワークや控えメンバーの差を感じた。ダブルボランチがバテてきても代わりに投入できるほどの選手がいない。SBもそう。だから尚更交代が遅くなる。アタッカーはほとんど小柄な選手で、パワープレイするのに麻也を上げざるをえない。デカい選手も必要だ。久保の「倒されたアピール」もプラスにならず。

2021/08/04(水)
力の差があったが、もし、ニュージーランド戦が90分で勝てていたら、
スペイン戦が延長に入った時点で日本が大きく体力的に優位に立てた。
どちらも準々決勝120分試合だっただけに。。。。

2021/08/04(水) 
GK谷の好セーブがなかったら90分で決着がついていた試合。願わくばあと5分耐えてPKまで持ち込んで欲しかった。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ