スクリーンショット 2021-08-02 7.34.45

スポンサード リンク




堂安にはあのゴラッソの再現を期待したい

 ニュージーランドとの準々決勝は、イエローカードの恐怖とも戦う一戦だった。この試合を前に、堂安、冨安、中山、田中、遠藤があと1回の警告で次戦出場停止になる状況だった。準決勝以降も見据えれば、ここでカードをもらうわけにはいかないというプレッシャーが彼らにあることは想像できた。

 実際、ニュージーランド戦では、堂安、田中、遠藤あたりがかなり慎重に守備をしている印象だった。準決勝に進めば累積警告が一旦リセットされるので、「この一戦さえ“無傷”で乗り切れば」という計算があってもおかしくないだろう。

 結果、このニュージーランド戦でイエローカードをもらった冨安はスペインとの準決勝に出られなくなったが、幸い、堂安、田中、遠藤、中山は「あと1枚で…」という呪縛から解放されることになった。

 これは日本にとってかなりポジティブなことだ。フランス戦、ニュージーランド戦をどこか窮屈そうに戦っているように映った田中と遠藤のボランチコンビが揃ってスペイン戦に、しかもイエローカードをリセットされた状態で出場できるのだから。

 強豪のスペインを倒すには中盤の攻防が大きな鍵。そこで主導権を握るには、遠藤と田中の吹っ切れたプレーが不可欠だろう。いずれにせよ、準決勝では思い切り暴れてくれ!!、とふたりにメッセージをおくりたい。
 
 また、フランス戦、ニュージーランド戦でゴールがなかった“10番”堂安にも、その悔しさをスペイン戦で晴らしてほしいという意味で期待したい。スペインとのテストマッチで決めたゴラッソをこの大舞台で再現できたら、チームに特大の勢いをもたらすことができる。

 久保にスポットライトが当たりがちだが、やはり10番の堂安の活躍なくしてスペイン撃破は達成できないだろう。やる時はやる選手だと信じているし、それを誰よりも理解しているのはきっと本人だ。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)



2021/08/02(月) 
冨安はクリアの仕方とかハイボール処理見てると、危ない場面あったりと身体重そうだったな。コンディションあまり良くなさそうだった。
ここで1度しっかり休んで欲しい。

2021/08/02(月) 
冨安残念だけど
怪我明けのパフォーマンス考えたら
遜色ない板倉と
強制ローテーション考えれば悪くない

ただボランチの2人は
どっちかかけたら崩壊しそうなので
良かったですね

2021/08/02(月)  
冨安の変わりがフローニンゲン年間MVPのCB板倉とか日本も頼もしくなったな…

2021/08/02(月) 
遠藤と田中って、その響きなんだろって思ってたら
ココリコやんって気づいた

2021/08/02(月) 
120分通してカードでてないのは評価高いんじゃないか!怪我もしてないし!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ